よろしくおながいします。

    THE

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★ 2017/12/11(月) 23:46:44.77 ID:CAP_USER9
    THE BAWDIESとsumikaが出演したツーマンライブ「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC vol.12」の模様が1月19日(金)にスペースシャワーTVで放送される。

    このライブは12月7日に広島・広島CLUB QUATTROで行われたTHE BAWDIESとsumikaによる初のツーマン企画。
    1組目に登場したsumikaは片岡健太(Vo, G)が「僕らは弱小バンドですが、心から尊敬できない人とは知名度が上の人であろうと、
    それからいっぱいお金をもらっても対バンしないというルールがあります。今日は尊敬と愛情を持ってやっていきます!」と力強く語り、
    「Answer」から「『伝言歌』」まで計8曲を披露した。

    後半のTHE BAWDIESはROY(Vo, B)が「なつき方が可愛い! 兄弟いないから、ROY兄と呼んでくれるのがうれしい!」とはしゃぎ、
    sumikaの気持ちに応えるように「IT'S TOO LATE」から「JUST BE COOL」まで11曲を熱演。
    アンコールではTHE BAWDIESに片岡を交え、「Daydream Believer」をアコースティックバージョンでセッションするひと幕もあった。
    これらのステージの様子を1時間に凝縮して1月19日(金)にオンエアされるので、当日足を運べなかったファンはお見逃しなく。
    https://natalie.mu/music/news/260464

    【【音楽】“ビートルズの再来”THE BAWDIESとsumikaの初ツーマンが1月にオンエア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/12/06(水) 22:36:30.33 ID:CAP_USER9
    2017年12月6日 21:30

    THE BLUE HEARTSのアナログEP 17枚組リリース、あの「1985」ソノシートも封入

    THE BLUE HEARTSが発表した全シングルの7inchアナログとソノシート1枚をセットにしたボックスセット「シングル・レコード・ボックス・セット」が本日12月6日に発売された。

    このボックスはメルダック時代の7枚のシングルと、ワーナー時代の9枚のシングル、そして1985年12月24日のクリスマスライブで来場者全員に配布された初の自主作成ソノシート「1985」で構成。このうち12枚は今回初めてアナログでの発売となる。

    ボックスにはこのほか特典として、デビュー2年後の全米ツアー時に撮影された未公開写真が満載させれた写真集と、ドーナッツ盤対応のTHE BLUE HEARTSオリジナルアダプターが封入される。


    ◆THE BLUE HEARTS「シングル・レコード・ボックス・セット」収録内容
    メルダック編

    01. 1985(ソノシート)
    02. 人にやさしく / ハンマー(48億のブルース)
    03. リンダリンダ / 僕はここに立っているよ
    04. キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー) / チェインギャング
    05. ブルーハーツのテーマ / チェルノブイリ / シャララ※初EP化
    06. TRAIN-TRAIN / 無言電話のブルース
    07. ラブレター / 電光石火(※初EP化)
    08. 青空 / 平成のブルース(※初EP化)

    ワーナー編(※すべて初EP化)

    09. 情熱の薔薇 / 鉄砲
    10. 首つり台から / シンデレラ(灰の中から)
    11. あの娘にタッチ / わーわー<ライブ・ヴァージョン>
    12. TOO MUCH PAIN / 泣かないで恋人よ
    13. 夢 / 皆殺しのメロディ<LIVE VERSION> / 東京ゾンビ(ロシアンルーレット)<LIVE VERSION>
    14. 旅人 / 台風
    15. 1000のバイオリン / 俺は俺の死を死にたい(Alternative version) / 1001のバイオリン
    16.(2枚組)PARTY / CHANCE PARTY(original karaoke) / CHANCE(original karaoke)
    17. 夕暮れ / すてごま<LIVE VERSION> / 夜の盗賊団


    THE BLUE HEARTS
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2017/0719/thebluehearts_art201707_fixw_730_hq.jpg
    THE BLUE HEARTS「シングル・レコード・ボックス・セット」
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2017/1206/thebluehearts_jkt201712_fixw_640_hq.jpg
    https://natalie.mu/music/news/259888

    【【音楽】THE BLUE HEARTSのアナログEP 17枚組リリース、あの「1985」ソノシートも封入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★ 2017/11/29(水) 00:48:41.66 ID:CAP_USER9
    2018年にデビュー10周年、結成15周年目を迎えるTHE BAWDIESの対バンツアー「EXPLOSION OF MUSIC MONSTERS」のファイナル公演が
    26日新木場STUDIO COASTにて開催された。

    全公演ソールドアウトとなった今回のツアー。名古屋ではSiM、大阪ではマキシマム ザ ホルモンとの熱い対バンを経て辿りついたツアーファイナルの東京公演は、
    9mm Parabellum Bullet、the dresscodes with B、石毛&ノブ(lovefilm)という、それぞれTHE BAWDIESとは、
    10年におよぶ深い付き合いによる“同志"とも言えるミュージシャンを対バン相手に迎えて行われた。

    石毛&ノブのDJにより開場時から盛り上がりっていたフロアのボルテージは1バンド目のthe dresscodes with Bの登場で一気に最高潮へ。
    ドレスコーズのバックバンドをTHE BAWDIESが務める、この日限りの特別編成バンドであるthe dresscodes with B。
    志磨遼平による日本語詞ボーカルでの「LEMONADE」(原曲:THE BAWDIES)カバーの後、
    ROYと志磨の共作で2012年に他アーティストに提供された楽曲「I Wanna Be Your Man」を初パフォーマンス、
    更に“毛皮のマリーズ"の名曲「ビューティフル」を披露するなど、1曲ごとに客席を括目させる貴重なステージとなった。

    2バンド目は9mm Parabellum Bullet。菅原の「自分たちも10周年を迎えて、それでもこうやって同世代のヤツらと集まれることが嬉しい。
    そしてこんなことが続くように、これからも(自分たちの活動を)演り続けていきたい」というMCのあとに演奏したデビュー曲「Discommunication」から、
    最新曲「サクリファイス」まで、新旧の楽曲を織り交ぜた圧巻のステージ。
    「THE BAWDIESと9mm Parabellum Bullet、全然違う音楽やってるけど、それでも気が合う理由が、ここに来れば分かったでしょ?」 と、
    THE BAWDIESとの関係性を音楽で示してみせた。

    そしてこの日のトリを務めるTHE BAWDIESが大興奮のフロアから喝采を浴びて登場。
    彼らがこの10年間にリリースしてきたシングル曲を中心に、キラーチューンを畳み掛けるように演奏していく攻めのステージ。
    とにかくメンバーが楽しそうに、それでいて疾走感のある圧巻のパフォーマンス。
    ROYが「何年か前は本気で殴り合ってたヤツらと、こうして仲良く一緒にやれるなんて最高だな、と。
    転がり続けて来られて本当に最高だな、と思います」と言う通り、ロックンロールし続けた仲間同士でステージに立てる喜びを爆発させたようなステージを見せた。

    アンコールでは、THE BAWDIESのライブでは恒例となっている小芝居(?)「HOT DOG劇場」で、この日の出演者が一堂に会して名演技を披露。
    そのまま出演者全員で「HOT DOG」の演奏に雪崩れ込み、大団円を迎えライブは終了した。
    https://www.musicman-net.com/artist/71181

    【【音楽】“ビートルズの再来”THE BAWDIESの対バンツアーが完結】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: NO-FUTUREさん 2017/09/21(木) 03:25:22.57 ID:jOCkLzQ6
    http://www.thestarclub.com/
    https://twitter.com/thestarclub
    http://www.slashwithaknife.com/

    THE STAR CLUB(1977~)
    現メンバー
    HIKAGE(1977~)ボーカル
    TORUxxx(1990~1993、2012~)
    HIROSHI(2003~)六代目ベース
    RYO(2001~)九代目ドラム

    【【★40th】THE STAR CLUB【リアルパンク】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/11/22(水) 19:33:17.46 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/257751
    2017年11月22日 7:00

    電気グルーヴが2018年1月5日よりNetflixにて独占配信されるアニメ「DEVILMAN crybaby」の主題歌を担当する。

    「DEVILMAN crybaby」は永井豪のマンガ「デビルマン」を原作としたアニメで、湯浅政明が監督を担当。
    原作の世界観をベースに、人間の欲望が渦巻くセクシャルな描写、デビルマンと悪魔たちが繰り広げる激しい戦いなどが、Netflixならではの形で表現されるという。
    声優にはKEN THE 390、YOUNG DAIS、般若、AFRAといったアーティストが名を連ね、劇伴は牛尾憲輔が手がける。なおKEN THE 390は本作に登場するラップの監修も担当する。

    電気グルーヴはアニメの主題歌として「MAN HUMAN」と題された新曲を提供。またアニメの第9話のスペシャルエンディング曲として、石野卓球と七尾旅人のユニット“卓球と旅人”によるオリジナル曲「今夜だけ」が使用される。

    「MAN HUMAN」は、2018年1月10日にシングルとしてリリースされることが決定。
    シングルは電気グルーヴ名義の「MAN HUMAN」とV.A.名義の「MAN HUMAN / 今夜だけ」の2形態が用意され、電気グルーヴ名義の仕様はインストゥルメンタルを含む3バージョンの「MAN HUMAN」を収録したCDと、今年7月に配信された特別番組「DENKI GROOVE DECADE 10 LIVE STREAMING」の特別編集版DVDの2枚組となる。
    V.A.名義のシングルには「MAN HUMAN(DEVILMAN crybaby Ver.)」と「今夜だけ」の2曲を収録。「MAN HUMAN」と「今夜だけ」はアニメ配信と同タイミングの2018年1月5日よりiTunes Storeで先行配信される。

    さらに電気グルーヴは2018年3月に大阪・Zepp Namba、東京・Zepp Tokyoでワンマンライブを行うことも発表。大阪公演は3月3日に、東京公演は3月16日と17日に開催される。

    伝説のコミックが過激に甦る!『DEVILMAN crybaby』PV第3弾
    https://youtu.be/Qg0i0nm35TE



    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1122/devilman/extra/news_xlarge_devilmancrybaby_visual.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1701/0120/extra/news_xlarge_denkigroove_art201701.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1122/devilman/extra/news_xlarge_KENTHE390_art201711.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1122/devilman/extra/news_xlarge_hannya_art201711.jpg

    【【音楽】電気グルーヴが「デビルマン」に主題歌提供、KEN THE 390や般若が声優で参加】の続きを読む

    このページのトップヘ