よろしくおながいします。

    Say

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: オムコシ ★ 2017/12/01(金) 00:28:58.33 ID:CAP_USER9
    2017年11月30日 映画 マンガ
    (写真)
    映画「鋼の錬金術師」のワンシーン(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会



     荒川弘さんのマンガを基に、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん主演で実写化した映画「鋼の錬金術師(ハガレン)」(曽利文彦監督)が
    12月1日から丸の内ピカデリー(東京都千代田区)ほかで公開される。「鋼の錬金術師」は2001~10年にマンガ誌「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されたマンガ。
    錬金術が科学のように発達した世界を舞台に、エドワード・エルリック(エド)と弟のアルフォンス(アル)の兄弟が、失った体を取り戻す旅を繰り広げる。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

     https://mantan-web.jp/article/20171130dog00m200021000c.html

    【【映画】 注目映画紹介:「鋼の錬金術師」Hey!Say!JUMP山田涼介がエドを熱演 錬成シーン&真理の扉は必見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/11/15(水) 04:44:01.39 ID:CAP_USER9
    11/15(水) 4:00 スポニチアネックス

    Hey!Say!JUMP初紅白内定 10周年節目に“悲願”成就

     デビュー10周年を迎えたHey!Say!JUMPが、大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場することが14日までに内定した。

     2007年11月14日にデビュー。最近はメンバーそれぞれが映画やドラマ、バラエティーで活躍。12月から初の3大ドームツアーを開催するなど、グループの人気と知名度も上昇していた。「局側もこうした人気と実績を評価し、早い段階からジャニーズに出場をオファーしていた」(同局関係者)という。

     山田涼介(24)と知念侑李(23)は3人組「NYC」として09~12年の紅白に出場したことがある。

     JUMPは10周年記念日であるこの日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で記念イベントを行った。同所は、デビューのきっかけになった「ワールドカップバレー2007」が開かれた思い出の地。大会中継のスペシャルサポーターとして、開会式や試合前のコートで何度もパフォーマンスを披露した。

     あれから10年。当時歌っていたデビュー曲「Ultra Music Power」で開幕すると、八乙女光(26)は「ここは凄く思い出深い場所」としみじみ。有岡大貴(26)はアリーナ席を見渡して「みんながいる所で踊っていたもんね」と振り返った。山田は「皆さんと10周年をこういう形で迎えられたことをうれしく思います」とあいさつ。記念日を迎えた喜びを約1万人のファンと分かち合った。

     メモリヤルイヤーを最高の形で迎えたJUMP。10年分の感謝と、さらなる飛躍への決意を込めて大舞台に向かう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000002-spnannex-ent

    【【テレビ】Hey!Say!JUMP初紅白内定 10周年節目に“悲願”成就】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/13(月) 08:23:43.85 ID:CAP_USER9
    Hey!Say!JUMP伊野尾慧(27)が木曜レギュラーとして出演している情報番組『めざましテレビ』(11月9日放送、フジテレビ系)内のコーナー「イノ調」。
    大学時代に建築を学んだ伊野尾が豊富な知識で建築物をレポートする姿が、ファンの間で評判を呼んでいる。

    今回のテーマは「街で気になるヘンな建物」ということで、伊野尾がまず訪れたのは東京・表参道にあるパイナップルケーキ専門店「サニーヒルズ南青山店」。
    この店は、芸術的な“木組み”で覆われたインパクトのある外観をしており、伊野尾は建物を見た瞬間「こ~れはすごいな~。かなり衝撃的な外観じゃないですか?」と驚き。
    さらに、大学でこの建物のことを学んだことを明かした。
    伊野尾によるとこの建物は、2020年の東京オリンピックでも使用される、新国立競技場の設計を手がけた建築家・隈研吾のデザインなのだとか。

    店の中に入った伊野尾は、室内に花壇があるという変わった作りに感心。
    「森の中から外を観ているような感じがしますよね」「木組みのところとかさ、木漏れ日が入ってくるような!」とワクワクした様子で、建築学科ならではのコメントをしていた。
    そして、伊野尾は天井部分の木の組み方を見て大興奮。その様子に「全然わからないんですけど……何がすごいんですか?」と思わず質問した番組スタッフに対し、
    伊野尾は「ここ撮ったほうが良いよ! 普通こんなに木を組んでいることないよ! これ大工さんの技術に相当なレベルがないと、実現するのは大変ですよね」と力説。
    釘を使わずに組まれた“職人技”に触れ、建築学科ならではの着眼点で見どころを説明していた。

    次に訪れたのは、東京・早稲田にあるカラフルなタイルや壁の装飾品が印象的な、ガウディ風の建物。こちらは「ドラード早稲田」という建物で、1階がテナント、2階以上が分譲マンションになっている。
    “日本のガウディ”と呼ばれる建築家・梵寿綱がおよそ20人の芸術家と作り上げた、前衛的なデザインの建築物なのだとか。
    見学可能だという1階の共用スペースで伊野尾は、「超ワクワクしない?」「なにここ、美術館!?」と大喜び。伊野尾が心の底から建築を愛していることがよくわかる場面であった。

    最後に訪れたのは、東京・下北沢にある、廃材を利用して空き家をリノベーションした焼き鳥屋「ヤキトリてっちゃん」。
    外はアルミサッシ、中はスキー板と廃材を再利用した建物を見た伊野尾は「建物が面白いと人がワクワクして寄ってくる」と外観を評価。
    さらに内装については、「さらなる進化の余地がある」とするどい分析。「いろいろなものを壁に張ったりとか、廃品でパワーアップできそうな感じもありますよね」と意見していた。
    このコメントに焼き鳥屋のオーナーも感心し、「さすが“建築家”だね」と賛辞。これに伊野尾は笑いながら、「“建築家”ではないです!」とツッコんでいたが、なんともうれしそうな表情を浮かべていた。

    ネット上では、熱の入った取材をする伊野尾に心打たれたファンから「建築のことになるとテンションが上がってて、ロケしてても楽しそうなのが伝わってきた!」
    「建築に詳しくない人でも興味が持てるように、優しくちょっと面白く伝えてくれる。彼にしかできないお仕事だね」
    「建築科卒だけあって、目のつけどころも、話を聞いてる様子もいい」といったコメントが多数投稿されていた。

    大学で勉強してきた知識が、血肉となって仕事に活きている伊野尾。
    この素晴らしいレポートぶりを見ると、伊野尾が建築関係の“冠番組”を持つ日もそう遠くないかも!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1375194/
    2017.11.13 08:08 デイリーニュースオンライン

    【【芸能】Hey!Say!JUMP伊野尾慧が”ヘンな建物”に大興奮?建築学科ならではの着眼点も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/23(月) 12:45:58.18 ID:CAP_USER9
    人気グループ「Hey!Say!JUMP」のCDデビュー10周年を記念して、11月8日に番組MCを務めるテレビ東京系「リトルトーキョーライフ」(水曜・深夜0時12分)の特番
    「―デビュー10周年記念スペシャル(仮)」が放送されることが22日、分かった。
    番組は特別メドレーが披露されるほか、メンバーが「平成史を騒がせたザンネンな人たち」を直撃する「平成ザンネン事件簿」など、通常より30分拡大して放送される。

    メドレーは、メンバー9人が選曲した楽曲で構成され、10周年の軌跡をたどるものになる。
    デビュー曲「Ultra Music Power」を選んだ山田涼介(24)は「多くの人に『Hey!―』の生まれた曲を知ってもらいたい」と思いを明かした。
    知念侑李(23)も、当時史上最年少として07年12月に行った東京ドーム公演で一度だけ歌ったことのあるという「Too Shy」を選曲。
    「曲数が全然ない中で行ったデビューライブを支えてくれた貴重な曲」と懐かしんだ。

    ジャニーズ事務所で初めて全員が平成生まれのメンバーとして結成されたグループは、11月14日に10周年記念日を迎え、12月から初の東名阪3大ドームツアーをスタート。
    東京D公演は12月29、30日、来年元日の3日間で、大みそかは“空白”になっている。
    メモリアルイヤーにNHK紅白歌合戦の初出場も期待されるが、メンバーは「胸を張って『出たい』と言えるためにも、ドームを頑張りたい」と話している。
    年末に向けて盛り上げを見せていくべく、まずは特番に全力投球する。

    ◆リトルトーキョーライフ TOKIO・松岡昌宏らジャニーズのタレントが日替わり出演していた「トーキョーライブ22時」の弟番組として14年にスタート。
    当時の番組は「リトルトーキョーライブ」で、Hey! Say! JUMPとジャニーズWESTが週替わりで生出演する番組だった。
    15年7月に「―ライフ」にタイトル変更後は収録放送。現在は質問力を磨く「質問道場」がメイン企画になっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13786156/
    2017年10月23日 6時5分 スポーツ報知

    【【芸能】Hey!Say!JUMP、10周年特番&3大ドームツアー&初紅白へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 黄金伝説 ★ 2017/10/21(土) 05:37:22.14 ID:CAP_USER9
    Hey!Say!JUMP・知念侑李と乃木坂46・北野日奈子が交際中? 裏垢告発DM流出で両者ファンに激震!!

     Hey! Say! JUMPの知念侑李(23)と、乃木坂46の人気メンバー北野日奈子(21)が交際していると告発する文章がネット上に流出して大騒動になっている。

     流出した情報は、北野の友人が送ったダイレクトメールのスクリーンショットで、「突然DM失礼します。乃木坂46の北野日奈子の友達なのですが、最近平成ジャンプの知念くんと付き合いだし、裏垢を作ったり同じ乃木坂メンバーの齋藤飛鳥の悪口を言ったり調子に乗っているので晒してほしいです。裏垢のFFに他のJUMPメンバーらしき人もいたので、結構繋がっていると思います」と書かれている。

     告発者がメッセージとともに添付した北野の裏Twitterアカウントと思われるスクリーンショットには、「また皆でご飯行こ 全国の知念担ごめんなさいwww」と知念ファンを煽る発言や、「飛鳥、加入した時は優しかったのに選抜といる時間多くなって何であんなに見下す感じなの めっちゃうざい」と乃木坂46のセンター常連者・齋藤飛鳥(19)の陰口などが書かれている。

     この流出にはどちらのファンも悲しみを浮かべており、知念ファンは「ごめんなさいとか喧嘩売ってんなこいつ。北野日奈子って誰だよクソ」「北野? 誰それ? こんなブスと知念ちゃんを一緒にすんな」、北野ファンは「きぃちゃんマジかよ。ショックでご飯食べられない」「きぃちゃん嘘でしょ。メンバーの悪口とか最低じゃないか」と声をあげている。

     一方で流出画像が作り物・意図的なデマだという説もある。Twitterのアカウントはいくらでも作ることが可能であり、流出画像には本人だと確定できる情報も一切ないためだ。「さすがにガセでしょ」「この2人が付き合ってたら文春がスクープしてるはず」「書き方がヲタ丸出し」「本当か嘘かわからない情報で騒ぐなんてばかばかしい」といった冷静な意見も多数だ。



     ちなみに北野は、今年8月あたりからライブを欠席するなど体調不良が続いており、9月17日のブログでは「しばらくは皆さんの思いや期待にこたえられない状況が出てきてしまうと思います」と長期療養を示唆していた。

     しかし「乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017」の「~九州シリーズ~」10月18日公演で久々にステージ復帰を果たしている。ライブレポートを投稿しているファンによると、北野は復帰の挨拶の中でやる気に満ち溢れた言葉を発していたそうだ。

     ファンにとってはガセだと信じたい情報だが、以前、同じく乃木坂46の齋藤飛鳥(19)の裏アカウントが流出した際には、同グループの2期性はジャニーズ目当てが多いと書かれていた。北野は奇しくも2期性で、その上、以前はジャニーズJr.の松田元太(18)の自撮り画像に、乃木坂46の星野みなみ(19)、堀未央奈(21)らとともに映っていた疑惑もある。さらに、他AKBグループメンバーとジャニーズタレントのスキャンダルが相次いでいることも、今回の交際疑惑の信憑性を高める。果たして真相は……。

    https://news.infoseek.co.jp/article/messy_55331/

    http://www.asahicom.jp/edu/nogizaka46/img/profile/kitanohinako_prof_14apr.jpg

    【【芸能】Hey!Say!JUMP・知念侑李と乃木坂46・北野日奈子が交際中だとリーク! 裏垢告発DM流出で両者ファンに激震!!】の続きを読む

    このページのトップヘ