よろしくおながいします。

    SMAP

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2018/05/11(金) 05:59:16.54 ID:CAP_USER9
    ニッポン放送定例社長会見が9日都内の同局で行われ、会見の中で編成局長が、中居正広(45)がパーソナリティーを務める「中居正広ON&ON AIR」の4月7日放送回で、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人の楽曲「雨あがりのステップ」を流したことに言及したことを、一部スポーツ紙が報じている。

     同曲は3人がパラスポーツを応援していることから、チャリティーソングとしてiTunes Store限定で3月19日にリリースされていた。

     中居は番組の1曲目に同曲をオンエア。CMが明けると、「なんだ?この歌…これは売れないな。僕も以前に、ちょっと音楽に携わることがあったんで。詳しいわけじゃないですけども」とSMAP時代の活動に言及。

     曲の感想について、「あの、なんていうんだろ…こう、かすれ声とか、もうちょっと雑な声が入っていないと…これは売れないですね」と、冗談っぽくダメ出ししていた。

     記事によると、その件について同局の編成局長は、「リスナーから、ハガキや封書で、かなりの反響があった。好意的な声が多かった」と明らかに。

     また、ジャニーズ事務所のタレントの番組が、4月からラジオ番組が聴けるネットサービス「ラジコ」の、エリアフリーおよびタイムフリーへの参加を開始。そのため、「ラジコを使用する人が非常に増えた」とも語ったという。

     「元SMAPの3人は『ロト・ナンバーズ』の新CMに出演するなど順調に活動。一方、ジャニーズに残った中居と木村拓哉は間違ってもコラボすることはない。そのジャニーズは元TOKIOの山口達也の事件で“逆風”が吹き荒れている。その風当たりを緩めるために、ファンのためにSMAPのいまだに実現していない解散ライブを実現させれば、ジャニーズのイメージも回復できそう。徐々に実現してもおかしくなさそうな流れになって来たと思われる」(芸能記者)

     SMAPファンのためにも再集結してほしいものだ。

    2018年5月10日 22時20分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14697154/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/3/7300b_188_269b63c3_e46d3bc7.jpg

    【【ラジオ】<SMAPの再集結> 山口達也氏事件の風当たりを緩めるために実現も?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2018/05/09(水) 17:47:50.12 ID:CAP_USER9
     KinKi Kidsの堂本剛が7日深夜放送の文化放送『KinKi Kidsどんなもんヤ!』の中で、2016年末をもって解散した5人組グループ・SMAPへの変わらぬ愛情を語った。

     この日の放送では、リスナーから中居正広が司会を務めたTBS系『CDTV祝25周年SP』(4月7日放送)の中で、KinKi Kidsと中居の絡みに微笑ましくなったとの声が寄せられた。

     この番組の中で、中居は突発性難聴を罹患している剛に「耳大丈夫なの?」と心配し、剛は調子は戻っていないものの、「中居くんよりはうまく歌いますよ」とネタで
    切り返すなど仲むつまじいやりとりがあった。剛はその生放送の前、楽屋で中居から「耳大丈夫なのか」と心配され、「全然ダメですね」と率直に切り返し、
    中居は「そうか、全然なのか」との会話があったことを明かした。

     このエピソードを語ったのに続け、剛はSMAPという存在が、自身にとって大きなものであることを語る。
    「SMAPの皆さんは、僕にとっては本当にお兄ちゃんという存在なんですよね。誰が特にとか、そういう思いのない人たちなんで」とし、「いつまで経ってもっていうのは
    変なんですが、『いつまでも弟、弟してんなよ』っていうところもあると思うんですが、どこかお兄ちゃんなんで」と、どれだけ時間を経てもその存在の意味は変わらないことを述べた。

     さらに、剛は自身が入院した際には「中居さんもそうですし、木村さんもメールくださいまして」と打ち明ける。「色々とご心配をおかけした中で、
    お兄ちゃんにね、弟って強がれる瞬間もあるんですけど、逆に甘えてしまう瞬間も多くなっちゃうんです」と本音を続けた。

     中居から「耳大丈夫か」と尋ねられた際、「全然大丈夫」と“強がる”こともできたと話す剛だが、実際は「全然ダメですね、厳しいですね、簡単には治らないみたいです」
    と“甘え”、難聴を患った経緯を説明したという。

     「大変だなあ」などと剛の話を聞いていたという中居だったが、剛は「『お前も全部はしゃべられへんかもしれへんけど、自分の言葉で少しでも本音に近いことを
    しゃべれたら良いんじゃない』っていう感覚で振ってくださったと思う」と受け止め、生放送での中居につながったという。

     「中居くんよりはうまく歌いますよ」と切り返した剛に、中居はKinKi Kidsのステージ後、「うまく歌えたようですね~」と声をかけた。剛は「笑いに変えてくれて、
    愛情を感じた時間でした」と感謝の気持ちを語った。

     剛は、近藤真彦や少年隊ら数いる先輩の中でも、
    「今でも一番緊張する先輩なんです」とSMAPについて語る。「SMAPという、このアイドルっていう世界ですごい光でしたからね。その光のまぶしさに目も心も
    色々なものがくらむくらい、それくらいの僕にとってはそういう人たちだし、1人1人もそういう人なんで、そういうふうにお声がけしてくださったのは幸せだなと思いました」
    と続け、中居や木村らSMAPメンバーに対する深い愛情を口にしていた。

    ミュージックヴォイス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00010002-musicv-ent

    【【芸能】KinKi Kids堂本剛「SMAPは光」入院時に中居&木村からメール「いつまでもお兄ちゃん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/11/02(木) 19:20:11.28 ID:CAP_USER9
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/57073/2

     椎名林檎のニューアルバムとなるセルフカバーアルバム第二弾『逆輸入 ~航空局~』が、2017年12月6日にリリースされる。

     今年、椎名林檎はTVアニメ『昭和元禄落語心中-助六再び篇-』の主題歌として林原めぐみ扮する“みよ吉”へ提供した「今際の死神」、TBS火曜ドラマ『カルテット』の主題歌「おとなの掟」、GINZA-SIXグランド・オープンへ寄せた楽曲「目抜き通り」など、様々な場面へ粛々と詞曲を書き下ろし、折々の季節をほんのり彩ってきた。

     今作『逆輸入 ~航空局~』には、2000年から2017年にかけて、石川さゆり、栗山千明、柴咲コウ、SMAP、高畑充希、ともさかりえ、Doughnuts Hole(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)、林原めぐみ、深津絵里へ提供してきた楽曲を収録。
    前作『逆輸入 ~港湾局~』は一曲ずつ別々の編曲家を迎えたアルバムだったが、今作は斎藤ネコ、村田陽一、名越由貴夫、朝川朋之といった、近年の椎名プロダクトに欠かせない音楽家との綿密なやり取りを経て完成した作品となっている。

     さらに、デビュー20周年を迎える2018年には、約3年ぶりのツアーとなる全国ホールツアーの開催も決定。
    ツアータイトルは【椎名林檎「ひょっとしてレコ発2018」】。全国17開場23公演を予定。
    今作『逆輸入 ~航空局~』初回限定生産盤、通常盤(初回プレス分のみ)には、特典としてチケット先行予約受付シリアルナンバーが封入される。

    ◎リリース情報
    椎名林檎セルフカバー・アルバム第二弾
    『逆輸入 ~航空局~』
    2017/12/06 RELEASE
    特設サイト:
    http://sp.universal-music.co.jp/ringo/reimport-vol2/
    (続きはソースをご覧下さい)
    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000057/57073/image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000057/57073/sub_image132678.jpg
    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000057/57073/sub_image132679.jpg

    【【音楽】椎名林檎、 SMAPへの提供曲含むセルフカバーアルバム発売 2018年に約3年ぶりのツアー開催】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    豆次郎 ★ 2017/10/17(火) 03:12:36.82 ID:CAP_USER9
    10/16(月) 13:42配信
    BuzzFeed Japan
    新しい地図に「広告界のSMAP」結集 豪華すぎるメンバーが話題に

    ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんによる共同ファンサイト「新しい地図」が、来年公開の映画「クソ野郎と美しき世界」の制作を発表しました。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

    あわせて「新しい地図 本格始動」と題した動画も配信。先月公開された動画では、誰のものかわからない後ろ姿が話題を呼びましたが、今回は稲垣さん、草なぎさん、香取さんの3人が登場しています。

    「道なき道をいこう」「こわくなんかない」「もしも迷ったら耳を澄まそう」といったメッセージとともに、当初は隠されていた3人の顔が露わになるスタイリッシュな映像です。

    映像とともに注目が集まっているのが、豪華すぎる制作陣。

    クリエイティブ・ディレクターに名を連ねる多田琢さん、山崎隆明さん、権八成裕さんは、いずれもSMAPに浅からぬ縁がある人たちです。

    多田さんはペプシネックスゼロの桃太郎シリーズなどで知られ、木村拓哉さんの富士通FMVやJRAなどSMAP関係の仕事が少なくありません。「ススメ!」という曲の作詞も手がけています。

    山崎隆明さんは、大滝秀治さんが「お前の話はつまらん!」と話すキンチョールのCMや、のんさんとキリンジの楽曲を掛け合わせたLINEモバイルのCMで有名。木村拓哉さんのタマホームのCMや「チョモランマの唄」の作詞・作曲に携わるなど、SMAPにもゆかりがあります。

    権八成裕さんも、SMAPが出演するANAやソフトバンクのCMを担当 。「not alone~幸せになろうよ~」や「ユーモアしちゃうよ」を作詞するなど、やはり深いかかわりがあります。

    広告業界に詳しい関係者は「まさにドリームチーム。広告業界のSMAPといってもいい顔ぶれです。CULEN代表の飯島三智氏が、過去に仕事をした信頼の置けるメンバーを集めたのではないか」と推しはかります。

    五輪エンブレム騒動の佐野研二郎氏の名前も

    もう一つの注目ポイントが、東京五輪のエンブレムが白紙撤回された佐野研二郎さんの名前が、アートディレクターとしてクレジットされていることです。

    前出の関係者は「騒動後、『干された』ように思われがちですが、実際にはそんなことはありません。宇多田ヒカルさん出演のサントリー天然水のCMにも携わっていました」と指摘します。

    佐野さんは2014年、SMAPが総合司会を務めたフジテレビ系「27時間テレビ」のポスターを手がけており、こうした縁で今回もお呼びがかかったのかもしれません。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00010002-bfj-ent
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggPZcrmEYAanVYA6mg_43cQg---x900-y570-q90-exp3h-pril/amd/20171016-00010002-bfj-000-26-view.jpg

    引用元: ・【SMAP】新しい地図に「広告界のSMAP」結集 豪華すぎるメンバーが話題に

    【【SMAP】新しい地図に「広告界のSMAP」結集 豪華すぎるメンバーが話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/26(火) 20:04:27.04 ID:CAP_USER9
    TOKIOやKinKi Kids、嵐など、SMAPに憧れてスターを目指したグループは数多い。だが、そんなジャニーズの後輩たちに5人が見せる態度は全員、バラバラだった。解散・退社騒動を経て離れてしまった元メンバーたちをブレイク前から見守ってきたスタッフたちが明かす本当の彼らの姿とはーー。

    「グループが解散したら個人もダメになる、というのがジャニーさんの信念なんです。実際、フォーリーブス、そして光GENJIにしても、解散後、ソロで大成したメンバーはいません。

     グループは解散せずに、若いグループにファンを移していき、やがて人気が衰えたらアイドルを卒業させて個人活動に切り替えていく。例えば、少年隊みたいなスタイルがいいというわけですね」

     と語るのはジャニーズの歴史に詳しい芸能事務所関係者。でも昨年解散したSMAPはその例外だったという。

    「後輩たちを相乗りさせても、人気が衰えなかったんです。そのぶん、退くことも進むこともできなかったので、結局ずるずると続けてしまった。そんななか、ともに引っ張ってきた木村拓哉と中居正広は口もきかない関係になってしまいました」

     もともと、水と油のような性格だという2人。デビュー前からのSMAPを知る記者は「ほかの3人が緩衝材になっていた」と分析する。

    「木村クンと中居クンは根本的に考え方が合わない。ビジネスマン的な感覚を持ち妥協しない木村クンに対し、中居クンはヤンキー的な情の美学というか……。でも、ほかの3人がいい意味でぽやーっとしてるからよかったんです」

    元スタッフらが書いたSMAP秘話

     あの大ブレイクと長年にわたる活躍は、ちょっとした奇跡だったのだろう。そんな国民的グループ・SMAPの秘密が明かされる1冊が世に出る。途中で脱退した森且行を含む6人の意外な素顔や、嵐をはじめとする「後輩」たちの生の姿を元スタッフたちが描いた『SMAPがいた。僕らがいた』だ。

     そこには、あの『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のこんな舞台ウラも。

    《楽屋はもっぱらふたつ用意され2:3で分かれるパターンだった。ひと部屋は木村と稲垣で、もうひと部屋は中居・香取・草なぎということが多かったのだが……。》

     この楽屋に、当日のゲストだったり、別番組の収録をしているジャニーズの後輩があいさつに訪れることになる。後者で多かったのが『堂本兄弟』(フジテレビ系)をやっていたころのKinKi Kids。

     中居はテレビに映らないところでも、しっかりトーク。「あ、ドラマ見たよ」「本当に見たんですか?」「ごめん、まだ見てねえ。今度見るよ」「もう、お願いしますよ~」なんてお約束っぽいやりとりをしたりする。ときには、こんな下ネタも。

    《「どう? わき毛生えた?」「そんな子どもじゃないです。僕ら!」》

     こうした会話に、香取慎吾も乗っかったりしていた。寡黙な草なぎ剛はその様子を微笑ましく見守るパターンだ。

    つづく

    9/26(火) 16:00配信  週刊女性プライム
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010685-jprime-ent

    【【芸能】<元スタッフらが明かすSMAPの真実>「木村と中居は根本的に考え方が合わない」】の続きを読む

    このページのトップヘ