よろしくおながいします。

    NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/21(木) 02:05:01.38 ID:CAP_USER9
    W杯テーマ曲に「選んだNHKが悪い」 「盛り上がらなさにビビった」
    6/20(水) 19:28配信 J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/06/20331849.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000013-jct-ent

    https://www.j-cast.com/assets_c/2018/06/news_20180620192012-thumb-645xauto-139527.jpg

    サッカー・ロシアW杯のNHKテーマソング「VOLT-AGE」の評判が芳しくない。若者に人気のロックバンド「Suchmos(サチモス)」が手掛けた楽曲なのだが、インターネット上に「全然ボルテージ上がらない」との感想が溢れているのだ。

    実際、コロンビア戦から一夜明けた2018年6月20日夕現在、ツイッターの検索欄にバンド名を入力すると、予想ワードには上から順に「盛り上がらない」「微妙」と表示される状況になっている。

    ■「サチモス好きやけど全然合ってないと思う」

    今回のNHKテーマソングが大きな注目を集めたのは、日本代表が大金星を挙げた2018年6月19日夜のコロンビア戦がきっかけだ。

    スポーツ各紙の報道によれば、NHK中継の平均視聴率は脅威の48.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。最高視聴率は、日本の勝利が確定した試合終了間際で、その数字は55.4%(同)にまで達した。

    前半を1-1の同点で折り返し、多くの視聴者が固唾を飲んで後半開始のホイッスルを待ったハーフタイム。この場面でNHKは、サチモスが「VOLT-AGE」を披露したライブの模様を放送したのだ。

    ここで初めて、ロシアW杯でのNHKテーマソングを聴いた人も多かったようだ。ライブ映像が中継で流れた直後から、ツイッターやネット掲示板に、

     「これがW杯テーマソング?うーん...」
     「あまりの盛り上がらなさにビビったのは僕だけではないはず」
     「サチモス好きやけど全然合ってないと思う」

    といった驚きや困惑の声が相次いで寄せられたのだ。

    さらには、コロンビア戦の勝利を伝えたサチモス公式ツイッターの投稿にも、「もうちょっと盛り上げる曲書けませんでした?」「全く盛り上がらないワールドカップのテーマソング。最悪」との批判が寄せられる騒ぎとなっている。

    ■サチモスらしい「渋くてオシャレ」な印象の楽曲
    確かに今回の「VOLT-AGE」は、落ち着いた雰囲気の楽曲だ。

    ゆったりと落ち着いた雰囲気の楽器帯にあわせて、ボーカルも単調なフレーズを淡々とした調子で繰り返す。サチモスらしい「渋くてオシャレ」な印象の楽曲で、音楽ファンからの評価は上々のようだ。

    だが、過去のW杯で使われたNHKテーマソングは、椎名林檎さんの「NIPPON」やSuperflyの「タマシイレボリューション」など、いずれもアップテンポかつキャッチーなメロディが特徴的だった。こうしたイメージも強いだけに、

     「曲はいいけど、W杯のテーマソングには合っていないのでは」

    といった感想を抱いたユーザーが多かったようなのだ。

    実際、バンドのファンなどからは「Suchmosは悪くないんだよ これをテーマソングに選んだNHKが悪いんだよ」「NHKのW杯のテーマソング、選ぶバンド間違えてませんか」といった擁護意見も目立っている。

    ■ライブ観覧客も...
    なお、今回のNHK中継のハーフタイム時に流れたライブ映像は、東京・渋谷のNHKホールで試合当日に行われた「NHK フットボールフェスティバル」でのパフォーマンスを録画したものだった。

    このイベントの後半には、日本代表戦のパブリックビューイングもあったことから、会場には3000人超のサポーターが集結。だが、サチモスのライブ時の映像を見ると、客席は棒立ち状態。曲に合わせて体を揺らしている人の姿すら、あまり確認できなかった。

    それだけに、視聴者からはネット上に「お通夜みたい」「観てて辛かった」といった揶揄の声も飛ぶ事態。さらには、このイベントに参加し、サチモスのライブも観覧したという代表サポーターもツイッターで、

     「にしても試合前のSuchmosのライブは微妙すぎた笑 曲の入り全然テンション上がらないしサビもいまいち笑」

    と率直な感想を漏らしていた。

    ★1がたった時間:2018/06/20(水) 20:29:53.55
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529508676/

    【【サッカー】W杯テーマ曲、Suchmos「VOLT-AGE」の評判が芳しくない。「選んだNHKが悪い」「盛り上がらなさにビビった」「お通夜みたい」★5 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/15(金) 19:04:42.21 ID:CAP_USER9
    新曲『初恋』(TBS系火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』イメージソング)がオリコン週間デジタルシングルランキング、Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャートで2週連続1位を獲得し、7枚目のオリジナルアルバム『初恋』のリリースを目前に控える宇多田ヒカル。

    そんな彼女の特別番組『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル』『プロフェッショナル 仕事の流儀 宇多田ヒカルスペシャル』の放送が決定した。『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル』は6月30日22時10分、『プロフェッショナル 仕事の流儀 宇多田ヒカルスペシャル』は7月16日22時より、それぞれNHK総合で放送予定となっている。

    『SONGSスペシャル』への出演は、前作アルバム『Fantome』発売時に出演して以来、1年9ヵ月ぶり。番組内では、7thアルバム『初恋』より、「あなた」「初恋」「Play A Love Song」の3曲を歌唱。歌唱シーン以外では、芥川賞作家の芸人・又吉直樹との初対談が実現、言葉の表現者同士で、宇多田ヒカルの歌詞の魅力についてじっくりと語りあっている。
    ※『Fantome』の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記。

    さらに、小田和正、水野良樹(いきものがかり)からの宇多田ヒカルの「言葉」について思いを語ったビデオメッセージや、元『WIRED』編集長・若林恵氏によるインタビューなど充実の内容となっている。

    そして、『プロフェッショナル 仕事の流儀 宇多田ヒカルスペシャル』は、宇多田ヒカルの音楽制作の現場に、初めてメディアのカメラが入り、アルバム『初恋』の制作過程を追った内容。楽曲づくりにおいて、作詞、作曲、そして編曲まで、すべてをひとりで行う宇多田ヒカルの仕事の流儀に迫る。両番組とも必見だ。

    番組情報

    NHK総合『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル』
    06/30(土) 22:10~23:00
    出演:宇多田ヒカル
    又吉直樹 小田和正 水野良樹(いきものがかり)
    インタビュアー:若林恵

    NHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀 宇多田ヒカルスペシャル』
    07/16(月・祝)22:00~(予定)
    出演:宇多田ヒカル

    2018.06.15
    https://www.m-on-music.jp/0000278089/
    https://www.m-on-music.jp/admin/wp-content/uploads/2018/06/180615-st-171800.jpg

    【【音楽】宇多田ヒカル、NHK『SONGS』&『プロフェッショナル 仕事の流儀』への出演が決定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/07(木) 19:35:24.76 ID:CAP_USER9
     NHKの上田良一会長(68)の定例会見が7日、東京・渋谷の同局で開かれた。

     未成年への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったTOKIO元メンバーの山口達也(46)の事件を受け、Eテレの番組「Rの法則」の打ち切りが決まったことによる損害賠償について、「現在、内部で精査を進めていると聞いています」と上田会長。

     後番組については会見に同席した編成幹部が「どういう番組にしていくか、いつから放送か、まさに今、現場で詰めているところです」とだけ答えた。

    2018年6月7日18時51分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180607-OHT1T50157.html

    ■NHK「Rの法則」 損害賠償「内部で精査進めている」

     NHKが7日、東京・渋谷の同局で定例会長会見を行い、元TOKIOの山口達也(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検(のちに起訴猶予処分)され、ジャニーズ事務所を契約解除されたことを受け、打ち切りになったEテレ「Rの法則」(月~木曜後6・55)について言及した。

     5月の定例会見では「NHKの番組は受信料で成り立っている」として、山口やジャニーズ事務所に対する損害賠償請求を検討していることを発表していたが、上田良一会長(69)は「現在、内部で精査を進めているということを聞いております」とコメント。後番組については「10代の視聴者に見ていただいた番組なのでそういう形のものを開発できるようにと現場に話している」とし、「いつから放送できるかなど、現場で詰めて検討している段階です」とした。

    [ 2018年6月7日 19:05 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/07/kiji/20180607s00041000250000c.html

    【【NHK】山口達也出演「Rの法則」打ち切りによる損害賠償 上田会長「内部で精査」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/12/23(土) 12:43:00.97 ID:CAP_USER9
    桑田佳祐、安室奈美恵の紅白“特別枠”出演に「もはや歌合戦ではない」
    2017/12/22 18:14
    http://asajo.jp/excerpt/43583
    http://asajo.jp/wp-content/uploads/2017/12/20171222_asajo_kuwata.jpg

     サザンオールスターズの桑田佳祐が、2018年9月で芸能界を引退する安室奈美恵に続き大みそか恒例の「NHK紅白歌合戦」に出場する。

     桑田は、安室同様、白組メンバーではなく特別枠で、年越しライブを行う横浜アリーナからの中継となる予定。
    “今年は目玉がない”といわれてきた紅白だが、ここにきて大物アーティスト2人が、そろって出場となった。

     この発表に、歓喜の声が上がると思われたが、
    「安室ちゃんも桑田さんも実は事前に決定してて、話題作りに後からリリースしたのか?」
    「大晦日にちゃんと会場にきてパフォーマンスしてくれるからこその紅白…でしょ?出たくても選ばれなかった歌手に失礼」
    「安室も桑田も最初から決まってたんだろーね。出る出ないで何度もニュース記事になって良い宣伝になりましたね」
    など、“NHKの演出の一環”だとの批判が高まっている。さらに、桑田も安室も白組、紅組のメンバーではないことに「もはや、紅白に分かれた歌合戦とは呼べない」との意見も多数あった。

     紅白から離れていた桑田と安室が、出演を決めたのはなぜなのか? 芸能ジャーナリストに聞いた。

    「桑田は14年の紅白でサザンオールスターズとして『ピースとハイライト』を歌唱したのですが、これが一部で“反日ソング”と反発を食らった過去があります。
    また、安室は、彼女の腕にあるタトゥーを巡って揉めたことがありました。今回は特別枠とのことで、演出等にNHKが口出ししないとの条件で双方折り合いをつけたようです」

     桑田にせよ、安室にせよ、生のコンサートに足を運びづらいファンは少なくない。そんな人たちのためにも、普段と変わらぬ精いっぱいのパフォーマンスをお願いしたい。

    引用元: ・【NHK】桑田、安室の紅白“特別枠”出演に「もはや歌合戦ではない」の意見多数

    【【NHK】桑田、安室の紅白“特別枠”出演に「もはや歌合戦ではない」の意見多数】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/12/14(木) 21:52:40.60 ID:CAP_USER9
    安室奈美恵の特番が大コケ NHKでもしらけムード
    芸能週刊新潮 2017年12月14日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12140559/
    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2017/12/1712140559_1.jpg
    “アムラー”に支えられて…

     突然の引退発表をきっかけに巻き起こった安室奈美恵(40)フィーバー。
    しかし、その折も折、独占インタビューを報じたNHKの特番が大コケしてしまった。紅白歌合戦出場への“呼び水”ともされていたのに、どんな理由があったのか。
     11月8日にリリースされたベストアルバム「Finally」は、発売第1週で111万枚を突破。ダブルミリオンの達成は、ほぼ確実な勢いである。

     芸能記者に聞くと、
    「さらに、来年2月からはナゴヤドームを皮切りに国内5大ドームツアーと、香港、台湾などの海外公演も始まります。すべてを合わせた観客動員数は70万人。
    それでも、チケットのプラチナ化は免れない。平成の歌姫の最後の姿を目に焼きつけようと、チケット争奪戦が勃発するのは間違いありません」
    安室フィーバーは、序章が始まったばかり。

     ところが、11月23日に放送されたNHKの特番「安室奈美恵『告白』」は、なぜか大コケだったのだ。
    夜10時からオンエアの1時間番組だったが、平均視聴率は9・1%。それに対し、裏番組の「秘密のケンミンSHOWスペシャル」(日テレ系)は、10・1%だった。
    大手紙やスポーツ紙のラテ欄などで、大々的に番組宣伝を行ったのに、同時間帯のトップにすらなれなかったのである。

    【【芸能】安室奈美恵の特番が大コケ NHKでもしらけムード】の続きを読む

    このページのトップヘ