よろしくおながいします。

    AKB48

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 動物園φ ★ 2017/10/04(水) 12:26:48.02 ID:CAP_USER9
    10/4(水) 7:00配信
    文春オンライン

     契約違反問題で昨年AKBグループから独立した?中国・上海発のSNH48が愛国アイドル路線を爆走中。オタクを愛国戦士に“フライングゲット”したい習近平政権の愛国キャンペーン最前線をルポライターの安田峰俊さんがレポート。

     ◆◆◆

     今年10月1日、中国は68回目の国慶節(建国記念日)を迎えた。同月の18日に第2期習近平政権の顔ぶれを決める共産党大会が予定されていることから、今年は特に露骨な愛国キャンペーンが展開されている。

     例えば国営放送CCTVは国慶節に合わせて『厲害了、我的国(スゲえぞ、わが国)』と題した中国スゴイ番組を大々的に放送。内容は高速鉄道建設やイノベイションなど各方面における中国の偉大さを自画自賛するものだ。

     この波は社会全体に及んでいる。例えば上記の番組中で紹介されたシェアサイクル大手のofo社とモバイク社は、タイヤに「スゲえぞ、わが国」と書かれた国慶節バージョンの自転車車両を中国全土の160以上の都市で大量に配置するという、別な意味で中国スゲえと思わせる行動に出ているほどだ。

     中国スゲえの愛国キャンペーンに乗っているのはシェアサイクル業界だけではない。かつてAKB48の姉妹グループで、昨年6月に独立したSNH48も同様だ。彼女らはもともと2012年に秋元康のプロデュースによって上海で結成されたアイドルグループで、かつてはSKE48やAKB48と兼任する形で宮澤佐江・鈴木まりやの日本人メンバーも参加、日中エンタメ交流の一角を担う存在だった。

     だが、やがてSNH48の中国側運営会社が、秋元康のチェックを経ない中国国内オリジナル楽曲をリリースしたり、BEJ48(北京)やGNZ48(広州)などの姉妹グループを日本側運営会社AKSの許可を得ず設立するなどしたことで、AKSは「契約違反」であると激怒。昨年6月10日にSNH48は独立を宣言し、これに先立ち宮澤・鈴木の日本人メンバーも上海を去った。(※上記の「契約違反」については双方の見解が異なるため、本記事では詳述しない)

     その後の彼女らは中国の地場アイドルグループとして、AKSグループ時代以来の専用劇場・SNH48星夢劇院を拠点に活動を続行。やがて独立騒動の火種となったBEJ48やGNZ48に加えて、SHY48(瀋陽)・CKG48(重慶)・CGT48(成都、結成準備中)といった独自の姉妹グループをどんどん展開する。さながら水をぶっかけられたグレムリンのごとく、謎の大量増殖と独自の進化を繰り広げるようになったのである。

    https://youtu.be/WfWU9KuifzM


    ※AKSとの手切れ以前のSNH48メンバーが歌っていた『ポニーテールとシュシュ』の中国語版『馬尾与髪圏』のMV。歌唱のレベルやカメラワークはAKB48の本家MVよりも数ランク落ちる印象だ。

     SNH48はこの「脱日本化」事件以降、中国の純国産アイドルとして国内市場を見据えたマーケティングを開始するようになった。その一環としておこなわれはじめたのが、現代中国に吹き荒れる愛国ブームへの接近だ。

    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171004-00004366-bunshun-int

    【【国際】AKB48が中国で謎の大量増殖 SNH48、BEJ48、GNZ48、SHY48、CKG48、CGT48 愛国アイドル化も】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 音泉光征 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/21(木) 20:38:01.47
    摂食障害、強迫的な症状に苦しみ…元AKB光宗薫、10月より活動休止

    活動休止を発表した光宗薫(画像は2014年撮影のもの)
     元AKB48で、モデル・女優の光宗薫が21日、「突然ではありますが、2017年10月より芸能活動を休止致します」とTwitterで活動休
    止を発表した。(11時30分現在、光宗のTwitterアカウントは非公開に)

     「お伝えしたいこと。」と題して直筆のメッセージを投稿した光宗は、「私は10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり
    、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と告白。芸能界の入ってからのこれまでの約6年間は
    「様々な表現に携わるこの仕事を続けたいという私の強い希望の下、周りの方々にサポートしていただき現在まで続けることが出来
    ていました」と明かす。

     しかし、近年は状態が落ち着かず、「強い気持ちを持つ程バランスが取れなくなり 好きな活動も徐々に辛いだけのものに代わっ
    ていました」とのこと。「そこで、再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました」と活動休止の決断を下した
    理由を説明し、「応援して下さった方々に感謝します。この先も、宜しくお願い致します」とファンに呼び掛けた。

     光宗は2011年に神戸コレクションモデルオーディションでグランプリを受賞し、2011年12月にAKB48に加入した直後からCM出演を果
    たすなど“スーパー研究生”として注目されたが、2012年10月に体調不良を理由に同グループの活動を辞退。2013年9月に公開された
    『劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-』で女優復帰し、同10月にはボールペン画個展を開くなど活動の場を広げていた
    。(朝倉健人)
    https://www.cinematoday.jp/news/N0094594

    元AKB48 光宗薫
    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/32/dad04de44288bdba98b1b7e37d421f25.jpg
    http://livedoor.blogimg.jp/subculakb/imgs/9/2/92bbc7a3.jpg
    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/michinao/20120220/20120220090358.jpg
    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/michinao/20120220/20120220090355.jpg
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【【AKB48】 光宗薫 「脅迫的な摂食障害、拘束してもらわなければならない状態」 10月から活動休止】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 18:41:49.26 ID:CAP_USER9
    http://image.dailynewsonline.jp/media/e/9/e9f1839b3165f61f94568fb98ec90d323322d8e0_w=666_h=329_t=r_hs=ef5239f0ea869f53ef7aed2139173d02.jpeg

    「AKB48」による4年ぶりのミュージックビデオ集「あの頃がいっぱい?AKB48ミュージックビデオ集? COMPLETE BOX」が10月4日にリリースされることを記念して、全国47都道府県のTSUTAYAでイベントが開催されることが分かった。

    DVD&Blu-rayでリリースされる同商品は、「AKB48」の32ndシングル『恋するフォーチュンクッキー』から48thシングル『願いごとの持ち腐れ』までのミュージックビデオなどを収録。

    特典映像には、メンバーによる撮影秘話やエピソードがたくさん収められているほか、ジャケット写真はAKB48グループのメンバー総勢322名をグループ総監督の横山由依が撮影したショットが使用されている。

    さらに、発売日当日の午後6時からは同商品の発売を記念してAKB48グループメンバーが、全国のTSUTAYAで日頃の感謝を込めて、
    同日同時刻にレコード店に登場するお渡し会「あの頃がいっぱい~AKB48ミュージックビデオ集~発売記念 TSUTAYA全国47都道府県同時イベント」の開催が決定。

    なお、イベントの詳細についてはTSUTAYAのサイトを参照のこと。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355956/
    2017.09.17 17:00 Japan芸能カルチャー研究所

    【【芸能】「AKB48」史上初、全国47都道府県のTSUTAYAでイベント開催】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 18:41:49.26 ID:CAP_USER9
    http://image.dailynewsonline.jp/media/e/9/e9f1839b3165f61f94568fb98ec90d323322d8e0_w=666_h=329_t=r_hs=ef5239f0ea869f53ef7aed2139173d02.jpeg

    「AKB48」による4年ぶりのミュージックビデオ集「あの頃がいっぱい?AKB48ミュージックビデオ集? COMPLETE BOX」が10月4日にリリースされることを記念して、全国47都道府県のTSUTAYAでイベントが開催されることが分かった。

    DVD&Blu-rayでリリースされる同商品は、「AKB48」の32ndシングル『恋するフォーチュンクッキー』から48thシングル『願いごとの持ち腐れ』までのミュージックビデオなどを収録。

    特典映像には、メンバーによる撮影秘話やエピソードがたくさん収められているほか、ジャケット写真はAKB48グループのメンバー総勢322名をグループ総監督の横山由依が撮影したショットが使用されている。

    さらに、発売日当日の午後6時からは同商品の発売を記念してAKB48グループメンバーが、全国のTSUTAYAで日頃の感謝を込めて、
    同日同時刻にレコード店に登場するお渡し会「あの頃がいっぱい~AKB48ミュージックビデオ集~発売記念 TSUTAYA全国47都道府県同時イベント」の開催が決定。

    なお、イベントの詳細についてはTSUTAYAのサイトを参照のこと。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355956/
    2017.09.17 17:00 Japan芸能カルチャー研究所

    【【芸能】「AKB48」史上初、全国47都道府県のTSUTAYAでイベント開催】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 影のたけし軍団ρ ★@無断転載は禁止 2017/09/15(金) 09:20:18.64 ID:CAP_USER9
    ここ数日でAKB48に1つのうねりが起き始めている。ツイッター上で、にわかに盛り上がってきているのは、
    「#AKB48単独シングル希望」というワード。それは、10日に、11月22日発売の通算50枚目のシングルの選抜メンバーが発表されることに由来する。

    渡辺麻友が最後のセンターを務めるシングルの選抜メンバーは、人数が多めの28人。このメンバー構成に、ファンから反論が起こっているのだ。

    物議を醸しているといっても、変わったことが起きたわけではない。
    むしろ、今までと、ほぼ代わり映えのない構成。そのいつまでも変わらない状況に、ついに反対意見の声が上がったということなのだ。

    AKBのシングルは、大ブレークをする直前から、実は純粋なAKBメンバーの楽曲ではなくなっていた。
    SKE48などの姉妹グループのメンバーも加わって、選抜メンバーが構成されてきた。
    それでも、当時は、姉妹グループもSKEだけ。9割は純AKBメンバーで構成できたので、大きな問題にはならなかった。

    ところが、現在のAKB48グループは、国内に6つに増えた。
    それぞれからメンバーを選ぶとなると、必然的に純AKBメンバーの選抜のイスは少なくなる。
    今作も、28人中AKBメンバーは半分以下の12人。もはや「AKB48シングル」ではなくて、「AKB48グループシングル」というわけだ。

    この状態で、最も弊害なのは、AKBメンバーの多くが選抜メンバーにはなれないということ。だから「Mステ」のようなテレビの音楽番組に出演できない。
    それは、いつまでたっても知名度アップや人気メンバーになることが難しいことを意味する。

    いまだに世間一般のAKBのイメージは、前田敦子や大島優子、板野友美ら元祖神セブンのままだ。
    それは、若手が育たない、人材不足というわけではなく、この構造上の問題が、一番影響しているのだ。
    もしも、AKB選抜に入るHKT48指原莉乃、NMB48山本彩、SKE48松井珠理奈らが外れたら、その分、生え抜きAKBメンバーにチャンスが回ってくるのだ。

    では、なぜ、AKB側は、実質的な“AKB48グループオールスター選抜”を、AKBシングルの選抜に据えるのだろうか。
    ギネス記録を更新し続ける「AKBシングルの連続ミリオンセールス」というメンツは、その理由の1つだろう。

    姉妹グループを巻き込むシングルだからこそ、AKB48は、全48グループが一同に介する日本一巨大な握手会を開催しているという側面もある。
    それに、生みの親の秋元康総合プロデューサーにとってみれば、「姉妹グループも含めたすべてが『AKB48』という一大プロジェクトなのだ」という部分もあるだろう。

    実際に、純AKBだけでシングルを発売したら、ミリオンセールスには届かないのは明らかだし、
    それはブランドイメージのダウンになる。なるべく避けたいと思うのも、商売上では分からなくはない。

    ただ、そこにこだわり続けることで、AKBファンが、姉妹グループや乃木坂46や欅坂46などの、ほかのアイドルグループに流れているのも現実。
    AKB48プロジェクトという巨木は、枝葉を多く増やしたが、かつて幹だった部分は空洞化してしまった。

    AKBメンバーは、どれだけ努力しても、トップアイドルへの狭き門に阻まれ続けて、いよいよ心が折れかかってきている。
    そんなよどんだ雰囲気に耐えられなくなったファンが、声を上げ始めたというわけなのだ。

    かくいうAKB48担当歴の長い私も、今日15日発売のAKB48グループ新聞9月号の編集後記で、
    この「AKB48選抜問題」について私見をつづった。多くの純AKBメンバーも、悲しみに沈む心境をSNSで吐露している。
    誰がどう見ても、現体制が限界に達したということなのだろう。

    さて、今後はどうなるのか。私は、年間4枚のシングルのうち、AKB48選抜総選挙の投票権付きシングルと、
    その総選挙結果を受けて上位16人が選抜メンバーとなるシングル(いわゆる総選挙選抜シングル)の2枚は、
    これまで通りに“AKB48グループ選抜”にしておいて、秋と春に発売の2枚は、純AKBメンバーで選抜を選ぶのが良いのではないかと、考えている。
    http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01709150023.html

    【【日刊スポーツ】 AKB48 年間4枚のシングルのうち、秋と春に発売の2枚は、純AKBメンバーで選抜を選べ】の続きを読む

    このページのトップヘ