よろしくおながいします。

    AKB

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し募集中。。。 2017/10/12(木) 10:18:01.36 0
    DVD・BD合算5600枚w


    週間DVD・BD音楽合算 2017/10/16付
    順 前 
    位 週 週間   累計
    *1 初 *29,5-- *29,5-- Hi-STANDARD / Live at AIR JAM 2000 17/10/04
    *2 初 *13,0-- *13,0-- アルスマグナ / チョークスリーパーまり子先生 17/10/04
    *3 初 **7,7-- **7,7-- DOBERMAN INFINITY / DOBERMAN INFINITY 3周年特別記念公演「ⅲ~three~」 17/10/04
    *4 *5 **7,7-- 145,9-- 安室奈美恵 / namie amuro LIVE STYLE 2016-2017 17/05/03
    *5 初 **5,6-- **5,6-- AKB48 / あの頃がいっぱい~AKB48ミュージックビデオ集~ COMPLETE BOX~ 17/10/04
    *6 初 **3,4-- **3,4-- HAWAIIAN6 / 20YEARS 17/10/04
    *7 -- **3,1-- 330,1-- 安室奈美恵 / namie amuro 5 Major Domes Tour 2012- 13/02/27
    *8 *1 **2,3-- *31,0-- Aqours / ラブライブ!サンシャイン!! Aqours First LoveLive!- Memorial BOX- 17/09/27
    *9 初 **2,0-- **2,0-- 下野紘 / 下野紘 Birthday Live Event 2017 -Running High- 17/10/04
    10 *2 **1,7-- **9,7-- iKON / iKON JAPAN DOME TOUR 2017 17/09/27

    【AKBのMV集が大爆死wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/26(火) 09:48:25.50 ID:CAP_USER9
    25日深夜放送のTBS系音楽番組「Momm!!」最終回で、AKB48の渡辺麻友(23)が自身の結婚式ではAKBの曲を1曲も流さないだろうと語った。

    「結婚式の登場で流したい曲」としてディズニーアニメ「アラジン」の代表曲「A Whole New World」を選択。
    「聴くだけで涙腺が…」とまゆゆ。
    MCの中居正広(45)から「AKBじゃないんですか?」と指摘されると「AKBは流しません」と断言し、どよめかせた。

    「確かに結婚の曲もあるんですけど、あんまり自分の結婚式では流したくない…」。
    中居から「みんなが求めてるんじゃないですか? だんなさんの親族だったり。当時の衣装を着て…」と追求されても
    「いや~、求めてない。大丈夫です。自分たちの曲もいい曲ですけど、そこまで持ち込みたくない。ちょっと申し訳ないですけどAKBは1曲も入れない」とNOを貫いた。

    「うちのメンバーもたぶん入れないですよ」と自身だけでなくグループ内でも主流の考えであると主張。
    「AKB、何があったの?」といぶかしがる中居が「たかみな(高橋みなみ)とか全曲AKBな気がする」と話すと、まゆゆも「たかみなさんは、あり得そう」と同意していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13663895/
    2017年9月26日 8時5分 スポーツ報知

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/f/2fbf6_60_678597fdedbdef29e8725a27d79bc54c.jpg

    【【芸能】渡辺麻友、結婚式ではAKBの曲を「申し訳ないけど1曲も入れない」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 47の素敵な(庭)@無断転載は禁止 (アウアウカー Sa07-Djk3) 2017/09/04(月) 18:24:18.47 ID:1HFI5hMoa

    【LINEアンケート「好きなアイドルグループ」1位Perfume 2位乃木坂 AKBは5位! 男性支持は圧倒的に乃木坂が1位!】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ひろし ★@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 21:48:46.72 ID:CAP_USER9
     AKB48の指原莉乃(24)がMCを務める9日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(水曜・後9時)に出演。セレブな自宅を公開したゲストのタレント・若槻千夏(33)に自分の将来を相談する場面があった。

     第2子出産後、バラエティー番組初出演となった若槻。タレント活動のかたわら設立したファッション会社で人気キャラクター「クマタン」をプロデュースし、起業家としても成功を収めているが、この日は多数のソファーが並ぶ豪邸のリビングを公開した。

     指原が「バラエティーだけで、ここまで行けるのかな?」と思わず聞くと、「バラエティー1本じゃ無理。続けることに意味がある」と若槻。それに対し、指原が「AKB卒業したら、バラエティーだけでやっていきたいんです」と思わず告白するシーンもあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000175-sph-ent

    引用元: ・【芸能】指原莉乃、本音激白「AKB卒業したら、バラエティーだけでやっていきたい」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【芸能】指原莉乃、本音激白「AKB卒業したら、バラエティーだけでやっていきたい」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/31(月) 20:27:14.52 ID:CAP_USER9
     11月に初の東京ドーム公演が決定するなど、現在アイドル業界でノリに乗っているのが乃木坂46。またその関連グループである欅坂46も、デビューシングルから4枚連続でオリコン週間シングルチャート1位を獲得するなど、この“坂道シリーズ”は確固たる人気を得ている。

     一方、数年前までアイドルムーブメントを牽引してきたAKB48は、世代交代が進み、一時の勢いはなくなってしまった印象だ。

     なぜこれらのアイドルグループの勢いに差がついてしまったのか。立教大学経営学部教授の有馬賢治氏にマーケティングの視点から解説してもらった。

    “会いに行けるアイドル”も、もはや珍しくなく


    「ある意味、栄枯盛衰は彼女たちアイドルの宿命といえます。かつては松田聖子や中森明菜が絶大な人気を博し、1990年代はモーニング娘。も社会現象となりましたが、いずれも長期にわたってトップアイドルとしての全盛期の人気を持ち続けられたわけではありません。アイドルシーンとは、市場に流通している商品でいえば、“スイーツ”にたとえられると私は思っています」(有馬氏)

     かつてのナタデココやティラミスのように、その目新しさで店舗に長蛇の列をつくるほど話題となったスイーツは数多いが、その熱も気づけば冷めているもの。一部はスーパーやコンビニに並べられて定番商品化するものもあるが、ブームでいえば一瞬のきらめきだ。それがそのまま時代ごとのアイドルにも当てはまると有馬氏。

    「AKB48は、かつてのアイドルのように偶像的なキャラづくりをせず、“会いに行けるアイドル”として売り出し、様々なトピックをつくることで新たなアイドル像をつくり上げました。

    また、株主総会の議決権(選抜総選挙)や支店的展開(SKE48、NMB48など)といったアイドルと株式会社システムを組み合わせた点もAKBの特徴です。

    近年のヒットアイドルはBABYMETAL(アイドル+メタル)や、ももいろクローバーZ(アイドル+芸人)など、フュージョン(融合)型が増えています。

    一方で、自称も含めたアイドルは地下アイドルも含めれば相当数います。アイドルという市場は、コモディティ(汎用品)化した市場に入ってきたといえるのではないでしょうか」(同)

    アイドルの製品ライフサイクルは急な山

     では、乃木坂や欅坂は、AKBがつくり上げたアイドル像とはどのように違うのだろうか。

    「乃木坂や欅坂は、あえて個人の個性を封印してグループとしてブランディングをしています。メンバー個々の露出よりもグループ全体としてのクオリティで勝負し、人気を見極めてから個人の写真集などで周辺需要をすくい取っているようです。

    アイドルグループとしては原点回帰型のような印象を受けます。最近では“箱推し”という、グループ自体を応援するファンを指す言葉も一般的に使われるようになっていますが、こういったファン層がこの2組には多いのではないでしょうか」(同)

     確かに、総選挙などでメンバー個人同士を競わせるAKBに比べると、グループでの売り出しをメインとするのが坂道シリーズ。アイドルファンも、グループとしてブランディングしているアイドルグループに注目する層が主流になってきたということだろう。

    「もちろん、今でこそ坂道シリーズが人気ですが、このような売り出し方がずっとうまくいくわけではありません。それが、ジャニーズ主導のもと、何十年も『アイドル=偶像』という図式を構築してきた男性アイドルとの違いです。

    商品の市場での売上高と寿命を説明する製品ライフサイクル理論では、売り出しからピークを経て市場から消えていく様子を山型のカーブで描くのですが、男性アイドルが緩やかな山になるのに対して、女性アイドルの場合は急な山となって描かれる場合が多いです。人気が熱しやすく冷めやすいものの典型だといえるでしょう」(同)

     女性アイドルは旬の期間が決して長くはない。だからこそ、輝いているときは多くのファンの心を掴んで放さないのだろう。アイドルもひとつの商品として捉えると、その特徴は市場に出回る食品などと変わらないのかもしれない。

    (解説=有馬賢治/立教大学経営学部教授、構成=A4studio

    2017.07.31 ビジネスジャーナル
    http://biz-journal.jp/i/2017/07/post_20012_entry.html

    写真
    http://biz-journal.jp/images/post_20012_00.jpg

    引用元: ・【芸能】<乃木坂&欅坂>なぜAKBと人気逆転?AKBというビジネスモデルの終焉か©2ch.net

    【【芸能】<乃木坂&欅坂>なぜAKBと人気逆転?AKBというビジネスモデルの終焉か】の続きを読む

    このページのトップヘ