よろしくおながいします。

    週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/08/08(火) 16:19:36.82 ID:CAP_USER9
    今年6月、〈ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる〉などと、不穏なツイートを連投して以降、所属事務所とのトラブルが囁かれていたモデルのローラ(27)。
    「週刊文春」の取材によって、トラブルの原因は彼女と所属事務所「LIBERA」の間で交わされた“奴隷契約書”だと判明した。

    2010年、ローラは「専属芸術家契約書」にサインさせられているのだが、事務所関係者によれば、A4サイズで計5枚におよぶ書面には次のような一文が記されていた。

    〈本契約の有効期間は2010年7月1日から2020年6月末日までの満10年間とする〉

    「しかも契約満了を迎えても、自動的に10年間の契約が更新されることになっている。
    またローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約でした。
    まさに現在、問題視されている“奴隷契約”そのものです」(事務所関係者)

    所属事務所は「週刊文春」の取材に、代理人を通じて、「(ツイッターの内容が事務所社長と彼女のトラブルという)認識はありません。
    所属タレントの契約内容は開示できません。(契約をめぐるトラブルについて)そのような事実はありません」と回答した。

    近年、日本の芸能界では、所属タレントと事務所間で契約トラブルが多発。
    一般社会とかけ離れた芸能界特有の契約慣行に対し、厳しい目が注がれており、今年7月には、公正取引委員会が調査に乗り出した。
    8月9日発売の「週刊文春」では、事務所とローラの契約をめぐるトラブルに加え、ロサンゼルスでのローラ本人への直撃取材の模様を詳報している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170808-00003690-bunshun-ent

    引用元: ・【週刊文春】ローラ独占取材 “最近裏切られたことがあって…” 不穏なツイートの原因は所属事務と交わした「10年奴隷契約」だった! [無断転載禁止]©2ch.net

    【【週刊文春】ローラ独占取材 “最近裏切られたことがあって…” 不穏なツイートの原因は所属事務と交わした「10年奴隷契約」だった!】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 影のたけし軍団ρ ★@無断転載は禁止 2017/06/25(日) 09:50:29.46 ID:CAP_USER9
    6/25(日) 7:00配信

    きょう6月25日は、アイドルグループ欅坂46の平手友梨奈の誕生日である。

    2001(平成13)年、愛知県生まれの16歳。中学2年生だった一昨年8月、
    「自分の可能性を見つけたい」と思って受けた欅坂46の1期生オーディションに合格、芸能活動を開始。

    昨年4月リリースのグループのデビュー曲「サイレントマジョリティー」でセンターを務めた。
    年末にはデビュー8ヵ月にしてNHK紅白歌合戦にも出場している。今春、高校に進学した。

    「サイレントマジョリティー」以後もシングル曲でセンターに立つ平手。
    ミュージックビデオやテレビ出演で歌い踊る姿は圧倒的な存在感を示し、多くの人の心をとらえる。

    写真家の荒木経惟は、テレビの歌番組で踊る彼女の姿を偶然見かけて、撮影を希望したという(『SWITCH』2016年11月号)。
    そのクールな表情、鋭い視線から、1970年代に10代でデビューした山口百恵と重ねる向きもある。

    しかし、テレビのバラエティやラジオ番組ではほかのメンバーと無邪気にはしゃぐなど、曲とは違い、普通の10代らしい一面を見せる。
    この二面性こそ、彼女の魅力かもしれない。

    余談ながらアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公・碇シンジは2001年6月6日生まれという設定で、平手とは同級生ということになる。

    奇しくも、シンジが汎用人型決戦兵器であるエヴァンゲリオンのパイロットになったのと、
    平手が欅坂46に加入したのは同じく2015年、14歳のときだった。
    http://bunshun.jp/articles/-/3038

    【【週刊文春】 ご存知ですか? 6月25日は欅坂46・平手友梨奈の誕生日です】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 04:03:35.38 ID:CAP_USER9
    5月24日、警視庁渋谷署に大麻取締法違反容疑で逮捕されたジャニーズ事務所所属の人気グループ「KAT-TUN」の元メンバー・田中聖(31)。
    最近まで田中と交際していたという元グラビアアイドルの女性が、「週刊文春」に交際当時の薬物乱用の実情を明かした。

    「私はいつも彼に『コカインだけは絶対やっちゃダメだよ』って言っていました。
    でも、ある日、彼は『注射以外のあらゆる薬物を試したことがある』って白状したんです。
    人間不信になって何回も自殺しようとして精神科に運ばれたこともあった。
    その度にタトゥーが増えていったんです。
    聖にとって、タトゥーはリストカットと同じようなものだったみたいです」

    田中は日常的に大麻やコカインを使用していたという。
    田中の知人もこう証言する。

    「彼から『野菜が美味しかった』『自転車 年に3回ぐらいしかやらん』というLINEが届いたのは今年四月。
    “野菜”は大麻、“自転車”はコカインの隠語だよ。コカインは通称チャーリー。派生して自転車(※チャリンコから)。
    彼はいつも大麻を尻の間に挟んで運んでいて、コカインのパケを害虫退治のスプレー缶の中に20個くらい隠してた」

    田中は西麻布で会員制バーを経営するなどルール違反行為があったとして2013年、事務所から契約を解除されている。
    6月1日(木)発売の「週刊文春」では、六本木や西麻布を舞台にしたジャニーズ所属タレントの知られざる行状について詳報している。

    http://blogos.com/article/226195/

    【【週刊文春】田中聖の元交際女性「自殺未遂のたびにタトゥーが増えた。彼にとってタトゥーはリスカと同じ。あらゆる薬物を試したとも」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 05:42:40.48 ID:CAP_USER9
    香取慎吾がCM契約をしていた『みやぎ米』のとの契約が打ち切られたことが分かった。
    香取は、昨年9月27日に行われたみやぎ米のイベントに現れた際には、大きな話題になっていた。

    「香取は一昨年から『ごはんマネジャー(GM)』を務めていて、『ごはん大好き。来るべくしてGMに就任させていただきました』と、みやぎ米のイベントで発言していました。
    このときはテンションが妙な高さで、集まった取材陣の多くが驚いていました」(スポーツ紙記者)

    『SMAP』の解散問題の渦中で、ただでさえ雰囲気が異常であるのに、香取はイベント中ずっとハイテンションだったという。

    「香取は『ごはんをぺロッと食べちゃう』とPRしていたのですが、何となく目の焦点が合わず、泳いでいました。
    その上で突然に『今年もますます頑張ります』と発言したのです。この言葉には耳を疑いました」(同・記者)

    ■香取のCM契約は残り1社のみ

    年内は残り3カ月しかない時期に、「今年もますます頑張ります」という不自然な言葉。
    年初にこういう意気込みを口にするのであれば普通だが、10月目前に言う適切な言葉ではないはずだ。

    「どうも聞きようによっては、もう残り少ないCMなので『もっと頑張ります』と言ったと思われます。
    “ますます”は“もっと”の置き換えではないかと。結局、予想は当たり、香取のCMは3月で切れました」(女性誌記者)

    香取の残るCMは食品メーカー1社のみ。
    隠し子について報道した『週刊文春』は、それも風前のともしびで、《まもなく消える》と記事にしている。

    「週刊文春は現在、『週刊新潮』の中吊り広告を事前に入手したとする“記事盗用”疑惑で、マスコミとしてのモラルを疑われています。
    ジャニーズ事務所の“よいしょ記事”も目に余り、“香取淘汰”の話はジャニーズ事務所の意向を受けた記事だったようです」(同・記者)

    現在のバラエティー番組のレギュラーもいつまで続くか分からない。
    “まもなく消える”は現実味を帯びてきている。

    https://myjitsu.jp/archives/23173

    【【芸能】「香取慎吾はまもなく消える」と報じた週刊文春の予告が現実に…CM契約は残り1社のみ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/18(木) 04:05:30.96 ID:CAP_USER9
    世間を賑わせたニュース、納得のいかないニュースの真相をとことん追求するニッポン放送『須田慎一郎のニュースアウトサイダー』。「週刊文春」編集長・新谷学を迎えて、連発されるスクープの取材の裏側を聞いた。

    記者はスクープを取るためにアンテナを張って常にかかとを浮かせている

    東島衣里アナウンサー)今回は政界、芸能界の裏側をすべて知る、「週刊文春」編集長・新谷学さんにお越しいただきました。

    須田慎一郎)「文春砲」などと言われますが、他の週刊誌があまたにあるけれども、他の週刊誌はスクープが年に1回とか2回とかせいぜい3回。ただ週刊文春に私たち読者が求めているのは、毎週毎週びっくりするようなニュースが載っているのではないのか。記事が出ているのではないのかということ。どうやってそのスクープを毎週毎週持ってくるのか。これよく聞かれません?

    新谷学 編集長)聞かれますねえ。極めてシンプルで、現場の記者の一人一人が自分たちの仕事はスクープを取ってくること、ネタを取ってくることとわかっているので、物凄くアンテナを張り巡らせて、常にかかとが浮いている状態。何かちょっとでも面白いと思ったら聞き逃さないで最初の一歩が出るという状況にいるので、その積み重ねですよね。スクープってやっぱり手間・暇・金がかかるわけですよ。コストがかかってしかも名誉棄損で訴えられる。そういうリスクも伴うわけで、コストがかかってリスクが伴うところからは、他のメディアがだんだんその土俵から降り始めている中で、馬鹿みたいに愚直に「スクープ! スクープ!」と言い続けて振り返ったら、わりと突き抜けた存在になれたというのが現状ですかね。

    >>2以降に続きます

    5/18(木) 0:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00010000-nshaberu-ent&p=1

    関連スレ
    【マスコミ】週刊文春、ライバル誌「盗み見」の疑い 週刊新潮の中づり広告を業者から事前入手か 新潮側「スクープつぶされたことも」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494963111/

    【【マスコミ】『文春砲』をどうやって生み出すのか?「週刊文春」編集長に直撃!】の続きを読む

    このページのトップヘ