よろしくおながいします。

    軌跡

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/06/13(水) 22:40:01.72 ID:CAP_USER9
    時計2018/6/13 15:17神戸新聞NEXT
    (写真)
    主宰する劇団で高校生らに演劇指導をする北原雅樹さん=加古川市加古川町寺家町(撮影・大森 武)
    (写真)
    トラック運転手をしていた頃の北原さん(本人提供)


     高校生の時にお笑いコンビでデビューした俳優の北原雅樹さん(41)。アイドル並みの人気を博し、ドラマにも出演したが、ほどなく勢いは衰え、芸能界を引退した。
    いったんは会社員として働いたが、再び表現者の道を歩むように。波瀾(はらん)万丈の軌跡で「今が一番幸せ」と話す。(塩津あかね)

     デザイン事務所や司法書士事務所、トラックの運転手と、さまざまな職を経験した。

     僕は挫折しまくっている。そのたびに「社会に必要とされていない」と落ち込んだが、妻と子どもがいた。家族に必要だと思うと頑張るしかなかった。

     高校時代にお笑いコンビで人気を集め、「笑っていいとも!」などにレギュラー出演したり、ドラマで内田有紀さんら人気俳優と共演したりした。あっという間に駆け上がったが、落ちるのも早かった。数年でみるみる仕事が減っていった。

     俳優として生きていこうと思ったが(出演依頼が途切れるようになり)、家族を養うため、東京のデザイン事務所で契約社員として働き始めた。
    本やパソコンを見て、自分たちのホームページやチラシを作っていた経歴が買われた。それでも俳優の仕事が入ることがあり、勤務先を休むしかない。収入を補うために、イベントの会場設営の仕事も始めた。
    当時は、俳優にしがみつくために時間稼ぎをしている状態。実際は収入の大半を俳優以外の仕事から得ており、(家計を安定させるため)芸能界から引退しようと決断した。

     両親が阪神・淡路大震災後に移り住んだ加古川市内のデザイン事務所に正社員として就職。営業で社長に同行すると、訪問先のみんなが、芸能人だった僕としゃべりたがる。
    次第に社長に疎まれ、半年ほどで閑職に。会社でずっとパソコンの画面を眺めるだけの日々が続いた。

     ちょうど2人目の子どもが生まれ、給料も良かったので退職したくてもできない。東京で「俳優を辞めたんねん」と大口をたたいた手前、すごく我慢して働いていた。胃潰瘍で吐血し、やせていった。
    妻に「死ぬから(デザイン事務所を)辞めて」と懇願され、司法書士事務所に転職した。ここでも正社員だったが仕事が激減したので、8カ月でリストラされてしまった。

    ▼最低点の履歴書

     転機は2011年。ハローワークの職員の一言だった。

     職探しのために履歴書を書いて、採点してもらうと最低点だった。どこにも受からないと。びっしりと書き込んだのに「君が何をしていたかが全く書かれていない」と言われた。
    芸能界にいたことは、恥ずかしくて全て隠していた。「芸能界でそこそこ売れていて…」という話をすると、「なんで俳優をやらへんねん。それをやったらいい」と助言してくれた。
    帰りの車の中で涙があふれた。妻にもう一回、俳優をやりたいと告げると「私はずっとそう言っているけど」と。自分で無理だと思って妻の言葉を聞き流していた。

     人づてに、地元コミュニティー放送局「BAN-BANネットワークス」のキャスターを紹介してもらい、売り込んだ。すぐに返事をもらえず、別の仕事をしないといけない。
    手に職を付けようと通っていたフォークリフトの安全講習で知り合った人の紹介で、トラックの運転手を数カ月続けた。

     そんな中、タレントだった妻と2人で週1回、ラジオとテレビの同時放送をする仕事が入った。1年間、放送が終わった後、スタジオにこもって、しゃべる特訓をした。今はニュースや天気予報など、全部自分で読むことができるようになった。

    ▼好きなことをやる

          ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011349396.shtml

    【【芸能】元グレチキ、波瀾万丈の軌跡 胃潰瘍で吐血、リストラ…を経て 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/11/07(火) 04:39:54.52 ID:CAP_USER9
    2017.11.07.
    マッチ 2年ぶり新曲「軌跡」 ジャニー社長が初めて命名「やっと認めてくれた」


     歌手・近藤真彦(53)の新曲のタイトルを、所属するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)が「軌跡」と命名したことが6日、分かった。
    ジャニー社長が、デビュー37年になる近藤の曲名を考案したのは初。約2年ぶりとなる53枚目のシングルは12月3日に発売される。
    レーシングチーム「KONDO RACING」のオーナーでもあり、芸能との二足のわらじで活動してきた自身に対する社長からの“プレゼント”に、近藤は「やっと認めてくれた」と感慨に浸った。

     歌手として再び走り出すマッチに、ジャニー社長から最高のプレゼントが届いた。

     デビュー35周年でNHK紅白歌合戦のトリを務めてから約2年。ニューシングルは8月頃から「スタッフがざわつき始めた」ことや、2年ぶりに開催するディナーショーに新曲が必要だったことから準備に入った。
    ファンである英ロックバンド「ベイ・シティ・ローラーズ」に似たブリティッシュロック調の1曲に決めた。

     当初はジャニー社長に歌詞を依頼したが、舞台演出が続くだけに「忙しくて無理」と断られた。それでも、完成した楽曲を聴いた社長から「軌跡」の2文字が贈られた。
    過去にデビュー曲「スニーカーぶる~す」や「ギンギラギンにさりげなく」などの曲名に助言はあったが、命名は初めてだった。

     80年代をトップアイドルとして駆け抜け、98年からレース中心に活動し、05年に芸能界へ本格復帰した事務所の“長男”に対し、ジャニー社長は
    「芸能の道とレースの道、二足のわらじで刻んだマッチの深い轍(わだち)の跡…『軌跡』という言葉は、今のマッチのためにある字であり、意味だと思う」と愛情あふれるコメント。
    近藤は「『二足のわらじで走ってきたタイヤの跡を少し見て良い時期なんじゃないか』というメッセージと思っている。やっと認めてくれた」と喜んだ。

     最終的に松井五郎氏が歌詞を手掛けた「軌跡」を歌うと、ハードスケジュールなどから「早く田舎に帰りたい」と思った絶頂時を思い出すという。

     「近道しないで来た。37年、よく頑張って来られた」

     大切な楽曲は今年の最高の吉日・天赦日(てんしゃにち)にあたる12月3日に発売、ジャケット写真は「出世の石段」がある東京・愛宕神社で撮影された。
    10日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」でありったけの思いを込めて初披露する。

     「デビュー40年までは走りますよ」と力強く言い切った近藤。東京五輪イヤーに迎える節目へ向け、アクセルを踏み始めた。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/07/0010711324.shtml

    【【音楽】マッチ 2年ぶり新曲「軌跡」 ジャニー社長が初めて命名「やっと認めてくれた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/07/26(水) 22:13:43.34 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/242407
    2017年7月26日 22:03

    WAX RECORDSから発表された音源をまとめたレーベルコンピレーションアルバム「WAX RECORDS BEST SELECTION」が本日7月26日にリリースされた。

    WAX RECORDSは、日本初のパンク&オルタナティブロック専門レーベルとして1987年に徳間ジャパンコミュニケーションズ内に設立されたレーベル。
    今作にはこのレーベルからリリースされた、INU、THE STALIN、THE STAR CLUB、FRICTION、CHIKO HIGE、E.D.P.S、恒松正敏、あぶらだこ、S.O.B、赤痢、P-MODEL、カーネーション、少年ナイフ、面影ラッキーホールの音源が18トラック収められている。

    ■V.A.「WAX RECORDS BEST SELECTION」収録曲
    01. フェイド アウト / INU
    02. 365 / THE STALIN
    03. 泥棒 / THE STALIN
    04. 天プラ / THE STALIN
    05. HELLO NEW PUNKS / THE STAR CLUB
    06. URBAN GUERRILLA / THE STAR CLUB
    07. CRAZY DREAM / FRICTION
    08. FEINT / CHIKO HIGE
    09. TO RULE THE NIGHT / E.D.P.S
    10. のぞいてみろよ / TSUNEMATSU MASATOSHI
    11. ティラノの非苦知 / あぶらだこ
    12. 陰徳 / あぶらだこ
    13. EGO FIX / S.O.B
    14. 駄馬 / 赤痢
    15. HOLLAND ELEMENT / P-MODEL
    16. 夜の煙突 / カーネーション
    17. ロケットにのって / 少年ナイフ
    18. 俺のせいで甲子園に行けなかった / 面影ラッキーホール

    http://cdn2.natalie.mu/media/1707/0726/extra/news_xlarge_TKCA-74537_WAXBEST.jpg

    【【音楽】INU、THE STALIN、FRICTION、S.O.B、P-MODELら収録!パンク&オルタナティブロック専門レーベル、WAXレコードの軌跡を1枚に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/05/07(日) 05:14:19.28 ID:CAP_USER9
    2017-05-06 09:00:00

    川添智久(LINDBERG)プロデュースによる4人組ガールズロックバンドRagnaRock(ラグナロック)が、6月7日(水)に1st EP『RagnaRock I』でCDデビューする。

    RagnaRockは、MO@NA(Vo)、蟻-aRi-(Gt)、なこ(Ba)、MaNa(Dr)の4人で結成。
    2016年、あるバンドメンバー募集オーディションで知り合った彼女達が「とにかくロックが好き」「どうしても音楽をやりたい」という気持ちのもと、川添智久の心を動かした。
    今回のプロデュースでは川添、そして彼の所属するLINDBERGの血統が注ぎ込まれた内容も見どころだ。

    1st EPのリードトラック「TAKE OFF」は、川添がライブで盛り上がることを前提に作った楽曲で数年前からストックしており、
    「ひたむきで夢を諦めない無邪気でピュアなガールズバンドに提供したいと温めていた渾身の一曲」と語る。
    楽曲には川添自身もコーラスとしても参加しているとのこと。

    EPのタイトル『RagnaRock I』も、かつてのLINDBERGアルバムタイトルを彷彿とさせる。
    収録曲は、いずれもパンキッシュでストレートなロック。いま大空へと羽ばたこうとしているメンバーたちが等身大で表現するポジティブソングばかりを5曲集めた。

    RagnaRockはCDリリースに先立ち、5月16日(火)渋谷TAKE OFF 7にてデビューライブに出演する。
    そこはかつて、LINDBERG「出発の地」となった場所でもある。

    1st EP『RagnaRock I』
    2017年6月7日(水)発売
    (中略)
    【CD収録曲】
    1. TAKE OFF
    2. せーの!
    3. 太陽のように
    4. Go My Way
    5. ARRIVE

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    RagnaRock
    https://img.barks.jp/image/review/1000141698/main_w660.jpg
    https://img.barks.jp/image/review/1000141698/jkt_w660.jpg
    川添智久(LINDBERG)
    https://img.barks.jp/image/review/1000141698/kawazoe_w660.jpg
    https://www.barks.jp/news/?id=1000141698

    【【音楽】LINDBERGの軌跡をなぞるRagnaRock、デビュー決定。プロデュースは川添智久】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/02/01(水) 22:32:26.13 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/stage/news/219101
    2017年2月1日 18:26

    堂本光一主演「Endless SHOCK」が、本日2月1日に東京・帝国劇場にて開幕した。
    2000年にスタートした「SHOCK」シリーズは、堂本が座長を務めるミュージカル。
    今作には堂本に加え、屋良朝幸や前田美波里、福田悠太、松崎祐介、浜中文一、寺西拓人、松田元太、松倉海斗、松浦雅、石川直が出演する。

    さらに、本日2月1日から東京・読売新聞ビル 3階にて、展覧会「読売新聞・報知新聞『SHOCK』記事展 2000~2017」がスタート。
    本展では、過去17年間に報じられた「SHOCK」の記事から厳選した47点が、27枚のパネルとして展示される。
    また2月1・8日発刊の読売新聞夕刊に掲載される特集記事を、特大カラーパネルとして掲示。なお特大パネルは2月14日に設置される。

    「Endless SHOCK」の東京公演は3月31日まで。なお同日には、公演回数1500回を達成予定だ。
    その後、9月には大阪・梅田芸術劇場、10月に福岡・博多座にて上演される。

    ■「Endless SHOCK」
    2017年2月1日(水)~3月31日(金)
    東京都 帝国劇場

    2017年9月
    大阪府 梅田芸術劇場

    2017年10月
    福岡県 博多座

    作・演出・構成:ジャニー喜多川
    出演:堂本光一 / 屋良朝幸 / 福田悠太、松崎祐介、浜中文一、寺西拓人、松田元太、松倉海斗、松浦雅、石川直 / 前田美波里

    ■読売新聞・報知新聞「SHOCK」記事展 2000~2017
    2017年2月1日(水)~4月7日(金)9:00~21:00
    東京都 読売新聞ビル 3階

    【【舞台】堂本光一主演「SHOCK」がまもなく1500公演、17年間の軌跡追った記事展も】の続きを読む

    このページのトップヘ