よろしくおながいします。

    訃報

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    名無しさん 2018/07/15(日) 13:44:52.44 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/291257
    2018年7月15日 12:05

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂(Dr)が、今年5月に食道静脈瘤破裂のため死去していたことが所属事務所のスタジオ・ローズから発表された。47歳だった。

    体調不良のため2016年2月より活動を休止していた丸山。葬儀はすでに家族の意向を尊重し、近親者のみで執り行われた。丸山の訃報に際し、サニーデイ・サービスの曽我部恵一(Vo, G)は「すぐに、ではなくても、生きていればいつかはまた三人で音を出せると信じていたし、そんな最高なことが起こるのが人生だと思っていました」「自分がいま音楽をやっているのは、晴茂くんと出会い、彼に力をもらったからです。ぼくがひとりで作った歌をみんなが聴けるカラフルな音楽にしてくれたのは晴茂くんです」とメッセージを送っている。

    曽我部恵一 コメント
    晴茂くんが、亡くなりました。

    彼はもう何年も自分の抱えるアルコールの問題を克服しようと戦っていました。
    2015年の夏を最後に、いっしょに音は出していませんでしたが、ぼくたちは彼が戻ってくるのを待っていました。

    すぐに、ではなくても、生きていればいつかはまた三人で音を出せると信じていたし、そんな最高なことが起こるのが人生だと思っていました。

    晴茂くんはぼくの大事な友だちでした。
    ドラマーがなかなか決まらずくすぶっていたサニーデイに入ってくれたとき、彼はすでにプロの仕事を経験していて、ぼくたちにとっては音楽的な先輩と言った感じでした。こんなすごい人が叩いてくれる!そこでやっとサニーデイはバンドとしてのスタートが切れたのです。
    おまけになかなか東京人とフランクに接せられない地方出身のぼくと田中でしたが、何故か晴茂くんとはすんなり自然と打ち解けることができました。
    たぶん三人とも、似たような部分でシャイだったのでしょう。
    まるで、ずっと昔から友だちだったような感覚でした。

    それから経験したありとあらゆること、素晴らしい時間や景色、サニーデイの音楽、これらすべては更新されることなく永遠のものになってしまいました。

    晴茂くんはやさしい人でした。
    純粋な人、という言葉は彼にこそ使っていいものだと思います。
    なにごとにも臆することなく、心から正直に行動できる人でした。本物のパンクスで、本物のロックンローラーでした。
    計算高いタイプのぼくはよく彼に「晴茂くんは天使だから」なんてことを言っていました。そんなとき晴茂くんは決まって不思議そうな顔でぼくを見るのでした。
    ぼくは晴茂くんが大好きでした。

    サニーデイ・サービスを愛してくれたすべてのみなさん。晴茂くんのビートに身を委ね、彼を応援し、彼の復帰を待ってくれたすべてのみなさんに、感謝いたします。
    どうもありがとうございました。

    自分がいま音楽をやっているのは、晴茂くんと出会い、彼に力をもらったからです。
    ぼくがひとりで作った歌をみんなが聴けるカラフルな音楽にしてくれたのは晴茂くんです。
    いつもぼくの家族を心配してくれたこと、あなたのはにかんだような笑顔、あなたの冗談、あなたのやさしさ、ひたむきさ、自由さ。
    ありがとう、晴茂くん。
    さようなら。

    平成30年7月15日
    曽我部恵一

    左から丸山晴茂(Dr)、曽我部恵一(Vo, G)、田中貴(B)
    no title

    【【訃報】サニーデイ・サービスのドラマー丸山晴茂さん5月に死去していた…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2018/06/23(土) 15:19:14.99 ID:CAP_USER9
    https://nme-jp.com/news/57155/
    2018.6.23

    元パンテラのドラマーであるヴィニー・ポールが亡くなった。享年54歳だった。

    「ヴィニー・ポールとして知られるヴィンセント・ポール・アボットが亡くなりました」とパンテラのフェイスブックは声明で発表している。「ポールはパンテラとヘルイェーといったバンドでのドラマーとしての仕事で最も知られています。現時点でこれ以上の情報はありません。遺族はプライバシーへの配慮を求めています」

    ヴィニー・ポールは弟のダイムバッグ・ダレルと共にパンテラを結成している。パンテラは2003年に解散し、ダメージプランを結成するが、2004年12月8日ダメージプランとしてコロンバスで公演を行っている最中にダイムバッグ・ダレルは銃撃で命を落としている。

    生前、ヴィニー・ポールはパンテラの再結成について常に否定しており、次のように語っている。「興味ないね。だって、ダイムがいないわけだからね。俺にとって、ダイムがいなかったら、パンテラはないんだ。それが理由だよ」

    音楽界からも追悼の声が寄せられている。
    (続きはソースをご覧下さい)

    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/06/VinniePaul-720x480.jpg

    【【訃報】元パンテラ(PANTERA)のドラマー、ヴィニー・ポールが逝去 享年54歳 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/21(木) 00:47:08.00 ID:CAP_USER9
    https://www.wwe.com/article/vader-passes-away?sf192206987=1

    Vader passes away

    https://www.wwe.com/f/styles/gallery_img_l/public/all/2018/03/031_WM13_03231997_0396--cac8d0e5d25b896d81c3f0657daf9ed9.jpg

    WWE is saddened to learn that Leon White, better known to WWE audiences as Vader, passed away Monday night at the age of 63.

    White began his sports-entertainment career in the mid-1980s after retiring from the NFL due to injury. He rose to national prominence in Verne Gagne’s American Wrestling Association before joining New Japan Pro Wrestling as the masked Big Van Vader. He went on to become one of the promotion’s biggest stars and most feared competitors.

    Vader then transitioned to World Championship Wrestling, where he would make the biggest mark of his career. He engaged in memorable rivalries with the likes of Sting and Ron Simmons, becoming a dominant, three-time WCW World Champion in the process.

    In 1996, Vader joined the WWE roster, where he squared off against Superstars such as Shawn Michaels and The Undertaker. He also found success on the small screen with a recurring guest role on the popular 1990s television program, “Boy Meets World.”

    WWE extends its condolences to White’s family, friends and fans.

    https://www.wwe.com/f/styles/gallery_img_l/public/all/2018/06/019_RR_01191997_0001--fd0af31d9e31629a7a2102be18c5fb4a.jpg

    【【訃報】皇帝戦士ビッグバン・ベイダー死去 63歳 プロレスラー 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/06/12(火) 22:54:21.33 ID:CAP_USER9
    2018/06/12 22:05
    プログレッシブ・ロックのパイオニア的存在で、コロシアム(Colosseum)、テンペスト(TEMPEST)、コロシアムII(Colosseum II)などでの活躍で知られるドラマーのジョン・ハイズマン(Jon Hiseman)が6月12日、脳腫瘍のため死去。娘のアナ・グレーシーが自身のFacebookページで亡くなったことを伝えています。73歳でした。

    英プログレ誌Progによれば、ジョンは最近、癌性の脳腫瘍を除去する手術を受けたものの、手術はうまくいかずに、6月1日に地元のホスピスに入院していました。

    Ana Gracey
    https://www.facebook.com/anagracey/posts/10157453947973032

    https://cdn.mos.cms.futurecdn.net/VzNwro6Rg8e7NmqKJPWz3S-650-80.jpg
    https://www.loudersound.com/news/colosseum-founder-jon-hiseman-dies-aged-73


    http://amass.jp/106344/

    【【訃報】英プログレバンド、コロシアムのジョン・ハイズマンが死去 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/12(火) 03:15:43.42 ID:CAP_USER9
    森田童子さん死去していた「高校教師」主題歌ヒット
    2018年6月12日1時57分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806120000007.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00236070-nksports-ent

    JASRACの会報。2018年4月24日逝去。65歳。
    https://pbs.twimg.com/media/Dfap7uGU0AAeNf8.jpg

    森田童子さん
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/11/jpeg/20180612s00041000019000p_view.jpg

    ぼくたちの失敗
    https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51s2lrV8zbL._SL500_.jpg

    UNIVERSAL MUSIC JAPANのホームページより
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201806120000007-w500_0.jpg

    1976年(昭51)年に「ぼくたちの失敗」がヒットするなど、1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍し、1983年(昭58)に引退した森田童子さん(もりた・どうじ=本名不明)が、4月24日に亡くなっていたことが11日、分かった。65歳だった。
    日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に、訃報が掲載された。死因は明らかにされていない。

    森田さんは、1975年(昭50)に「さよなら ぼくの
    ともだち」でデビュー。若さとむなしさが充満する歌詞と、語り掛けるような歌声が特徴で「孤立無援の唄」や「男のくせに泣いてくれた」などヒット曲を出した。
    ライブハウスを中心に活動を展開し、若者に支持されたが、83年に東京・新宿ロフトでの公演後、活動を休止した。明確な引退宣言はなかったが、引退後は主婦として暮らし、表舞台には出なかった。

    その中、1993年(平5)に「ぼくたちの失敗」がTBSドラマ「高校教師」の主題歌となり再ブームを呼んだ。2016年には、最新技術でリマスターされたアルバム全集や全曲集の楽譜も出版されるなど、再び脚光を浴びていた。

    ◆森田童子(もりた・どうじ) 1952年(昭27)、東京生まれ。本名不明。芸名の由来は「笛吹童子」から。70年に学園闘争で友人が捕まったのを機に高校を中退し、歌手デビュー。
    「マザー・スカイ」「ア・ボーイ」などのアルバムを出し、83年の「狼少年」を最後に結婚のため引退。

    ★1がたった時間:2018/06/12(火) 00:56:26.55
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528732586/

    【【訃報】森田童子さん、4月に死去していた 65歳 「ドラマ「高校教師」主題歌「ぼくたちの失敗」、「たとえば僕が死んだら」がヒット ★2 】の続きを読む

    このページのトップヘ