よろしくおながいします。

    芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/12/11(月) 05:41:06.57 ID:CAP_USER9
     歌手・工藤静香(47)の名曲ばかりのトリビュートミニアルバム『Shizuka Kudo Tribute』が20日に発売される。同作は男性声優7人が参加する話題作で、6日に解禁されたメイキング映像第1弾では森久保祥太郎(43)、下野紘(37)、鈴村健一(43)、梅原裕一郎(26)、谷山紀章(42)、関智一(45)、梶裕貴(32)ら全員の美声も初お披露目された。

     今年、ソロデビュー30周年を迎えた工藤。1月から公式インスタグラムを開設したほか、メモリアルイヤーを機にテレビ復帰も果たし、安全地帯の玉置浩二(58)やB'zの松本孝弘(56)といった大物アーティストの楽曲提供を受けた記念アルバム『凛』のリリースも話題となった。一見、順調そうに見えるソロデビュー30周年だが、その内情はあまりにも落差がある。

    「工藤本人もソロデビュー30周年にはかなり意気込んでいたようですが、周囲が思ったように盛り上がらない。一昨年から続くSMAP解散騒動でのイメージダウンが著しく、往年のファンですら離れてしまったとも。8月に発売された記念アルバムもオリコンが発表した週間CDアルバムランキングの結果は21位で、初動売り上げはわずか2950枚。必死の宣伝活動も虚しく、枚数はまったく伸びませんでした」(スポーツ紙記者)

     1990年代後半に女性歌手として不動の地位を築いた工藤だが、昨年のSMAPの解散騒動でネガティブなイメージがついてしまい、人気低下に歯止めがかからない状態だ。夫・木村拓哉(45)の仕事に口出しもしていると報じられ、インスタグラムでプライベート情報を発信する度に木村のファン以外からも総スカンを食らう惨状に。

    「工藤としては、メモリアルイヤーの締めくくりとして紅白出場が目標にあったがそれもあえなく落選してしまった。記念アルバムの売り上げ不振に加えて紅白落選とあっては、今後の芸能活動は難しい。まるで近年の和田アキ子(67)のような印象になりつつあります」(前出・記者)

     30周年のお祝いが終わった後の工藤は、せめて夫のサポートに専念する方が賢明なのかもしれない。それはそれでファンの反感を買いそうだが。

    文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
    >>1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1383830/

    【【芸能】総スカン食らう工藤静香の惨状 歌手活動に暗雲?アルバム不振に紅白落選で”和田アキ子化”の懸念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/12/09(土) 20:24:16.59 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/14005822/
    2017年12月9日 14時5分 トピックニュース

    8日深夜放送の「バズリズム02」(日本テレビ系)で、歌手のaikoが、自身の結婚観を明かした。
    デビュー20周年を迎えるaikoがゲストとして出演。日常から生み出したという名曲の制作秘話やプライベートについて、MCのバカリズムとマギーと語り合った。

    この中で番組は、私生活のaikoを「ストック人間」だと説明。aikoは心配性で、「洗濯槽用のカビキラー」や「入浴剤」「歯ブラシ」などの生活雑貨を大量に保管していないと気がすまないらしい。

    その他、全く浪費しないというaikoの私生活が紹介される。その生活ぶりから、バカリズムが「絶対いい奥さんになる」「何で結婚しないんだろう」と、同い年で未婚のaikoに疑問を漏らすと、aikoは「だから破綻しているんです。人間が」と自身を説明したのだ。

    スタジオが爆笑に包まれる中、バカリズムは、生活雑貨のストック癖は「奥さんとしてはすごくちゃんとしてるし申し分ない」とフォロー。
    だが、aikoは、「同じ時間に絶対寝られへん」「ひとり遊びも絶対せなあかん」「ああいうストックも絶対ないとイヤやし」と不安要素を挙げた上で、「(自分は人と)一緒に行動ができないんですよね」と結婚生活に不向きだと語った。

    ここで、マギーが、生活リズムについてaikoとバカリズムの相性が良さそうだと指摘すると、バカリズムが「(僕と)結婚します?」と軽はずみに発言。さらなる笑いを誘っていた。

    【【芸能】歌手・aikoが結婚できない理由を自己分析「破綻しているんです。人間が」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/12/08(金) 04:51:44.79 ID:CAP_USER9
     「ハロー!プロジェクト」の女性6人組アイドルグループ・こぶしファクトリーの田口夏実がグループから脱退したことを6日、所属事務所が公式ホームページ(HP)で発表した。

     HPでは田口との専属マネージメント契約を終了したことを報告。その理由を、「ここ数か月の本人の行動や出来事について、本人及びご両親とも話をしました。そのうえで、こぶしファクトリー、並びにハロー!プロジェクトのメンバーとして自覚と責任を欠くものであったと判断し、途中解約に至りました」と説明した。

     同グループは今年7月、藤井梨央に「ルールに反する事案が発覚」。改善もみられなかったため、契約が解除となった。また同月、「不安神経症」と診断された小川麗奈も9月にグループを卒業。今年だけで、3人がグループを脱退した。

     HPではその件にも触れ、「この一年で、3人のメンバーが去ることになりました。(残りの)メンバー5人と話し合い、全員、前を向いて活動していく、という意志を確認することができました」としている。

    「『ハロプロ』はかつて、モーニング娘。が全盛期のころは、プライベートについて事務所から適切な“指導”があり、表立ったスキャンダル以外でメンバーが脱退する事態に発展することはあまりなかった。しかし、グループの数が増え、プライベートの管理ができなくなってしまったこともあり、問題が続々と浮上。1年でメンバー3人が脱退という異常事態に発展してしまった」(芸能プロ関係者)

     同グループは15年に結成され、同年「日本レコード大賞」の最優秀新人賞を受賞。昨年2月にはセカンドシングルが初めてオリコン週間シングルランキングで1位を獲得したが、今年はメンバーの脱退以外に特に話題にならなかった。

     メンバーが5人体制になっての“出直し”が期待される。


    http://wjn.jp/article/detail/3664993/
    http://images.wjn.jp/article/93/3664993-1-1.jpg

    【【芸能】またメンバーが脱退してしまった『こぶしファクトリー』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/12/06(水) 02:03:17.28 ID:CAP_USER9
    【椎名林檎・秋山竜次/モデルプレス=12月6日】アーティストの椎名林檎が、5日放送の日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」(月~木は23時、金は23時30分)に出演し、女優でキャスターの桐谷美玲と対談を行った。

    ◆椎名林檎、ロバート・秋山への楽曲提供願望

    自らヒット曲を生み出す一方、デビュー間もないころから様々なアーティストやCM、ドラマなどに楽曲提供を行ってきた椎名。桐谷から「今一番楽曲提供したい人は?」と問われると、「秋山さん」とお笑いトリオ・秋山竜次を指名した。

    意外な回答に、桐谷は「秋山さん?」と驚きながらも、秋山がさまざまなキャラクターになりきる“クリエイターズ・ファイル”のファンという椎名に「私も大好きです」と共感。

    椎名は、秋山に曲を書きたい理由について「ご自身で全部なさっちゃうじゃないですか。(他人から)ちゃんとオートクチュールされたものもいいんじゃないですかね」と話した。

    ◆“ブス”を描く椎名林檎 楽曲制作への「使命感」

    誰もが持っている醜くも人間らしい一面、“女性がブスになる瞬間”を描き続けてきたという椎名。その真意について「同じような思いをしたことのある女の子がスカッとしてくれれば」と話し、「昔から、消えてなくなりたいって言っているような女の子が元気になってやっぱり死にたくなくなったとか、そういう事が起きないと意味がないと考えている。ちょっと明日が楽しみになるようなことをしないと、というような使命感でしょうか」と楽曲制作への姿勢を語った。(modelpress編集部)

    情報:日本テレビ

    https://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1732465/
    椎名林檎(左)、楽曲提供したい相手にロバート秋山竜次を指名 (C)モデルプレス
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/modelpress/modelpress_1732465_0-enlarge.jpg

    【【芸能】椎名林檎、いま楽曲提供したい相手はロバート・秋山竜次 理由は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/12/05(火) 04:50:14.29 ID:CAP_USER9
     ヒット曲「春夏秋冬」で知られる男性2人組ヒップホップユニット「Hilcrhyme(ヒルクライム)」のメンバー・DJ KATSUこと斎藤桂広容疑者が1日、大麻取締法違反(所持)の疑いで静岡南署に現行犯逮捕されたことを、各メディアが報じた。

     各メディアによると、斎藤容疑者についての情報を得た同署が捜査を進め、同日に本人立ち会いのもとで家宅捜索したところ、新潟市中央区の自宅の居間で大麻を発見。斎藤容疑者が「事務所」と説明する新潟市内のビルの一室からも、ラップに包まれた乾燥大麻が4包見つかったため逮捕。斎藤容疑者は容疑を認めているという。

     逮捕を受け、2日放送の東海ラジオ「カウントダウン3・2・1!!!」は、収録済みだったヒルクライムの出演について差し替えを決定。東海テレビは、1日深夜に東海地区で放送予定の、ヒルクライムが主題歌「涙の種、幸せの花」を担当していた真矢ミキ主演ドラマ「さくらの親子丼」の最終回拡大版の放送中止を公式サイトなどで発表した。動画配信サイト・フジテレビオンデマンドでの見逃し配信も停止した。

     また、ファンクラブツアー2公演が中止となったことが2日、公式サイトで発表された。

    「『さくらの親子丼』はすでに放送が終了。制作は東海テレビだが、放送はフジだっただけに、放送期間中の逮捕だった場合、担当者は煩わしい“後処理”に奔走させられていただろう。まさに不幸中の幸いだった」(テレビ局関係者)

     ヒルクライムは、斎藤容疑者とTOCによる新潟県出身の2人組。09年にメジャーデビューし、同年の2枚目シングル「春夏秋冬」がミリオンヒット、さらに、インターネット配信で300万ダウンロードを記録するなど大ヒットしていたが、どうやら、斎藤容疑者は稼いだ金をせっせと薬物につぎ込んでいたようだ。

    http://wjn.jp/article/detail/5105952/
    http://images.wjn.jp/article/52/5105952-1-1.jpg

    【【芸能】ヒルクライムのメンバー逮捕の余波】の続きを読む

    このページのトップヘ