よろしくおながいします。

    絶賛

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2017/12/24(日) 12:19:22.45 ID:CAP_USER9
    X-JAPANのYOSHIKIが防弾少年団を絶賛した。

    YOSHIKIは24日、自身のInstagramに「『ミュージックステーション』の控室に訪問してくれて本当にありがとう。
    皆さんのパフォーマンスを見ることができてとても良かった。防弾少年団は素晴らしい才能を持っているすごいグループだ」という書き込みを掲載した。

    これと共にYOSHIKIは防弾少年団と一緒に撮った写真を掲載した。
    写真の中でYOSHIKIと防弾少年団は揃って“X”ポーズをして注目を集めている。彼らの表情から和気あいあいとした雰囲気を感じることができる。

    2017年12月24日 11時42分 Kstyle
    http://news.livedoor.com/article/detail/14072638/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/3/a3402_1215_0683f3b2_a3402308.jpg

    【【音楽】<X-JAPANのYOSHIKI>防弾少年団を絶賛!一緒に撮った写真を掲載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2017/12/10(日) 18:28:49.25 ID:CAP_USER9
    感染症を理由にコンサートをキャンセルしていたマライア・キャリーが、すっきり痩せたボディでコンサートに復活した。

    11月30日にロサンゼルスで行われた世界エイズデーのコンサートに出席したマライアは、Georgineの黒いボディコンシャスなピンドレスを着て登場。
    デイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると、驚くほどボディがスリムになってウエストにくびれがある上に顔もほっそりしている。

    しかもお肌も艶々で顔もやつれている様子がないことから、ネットユーザーたちからは「減量手術大成功ね」「マライアすごく綺麗になった」
    「47歳とは思えない肌の張り!」「マライアが復活して嬉しい」「おめでとう!」と絶賛の声が寄せられている。

    3日には、元婚約者のジェームズ・パッカーから贈られた30カラットのダイヤモンドの指輪をしてニューヨーク入り。
    「体調も良くなって仕事に復帰!」と発表した通り終始ご機嫌な様子で、3日から始まったニューヨークのコンサートでは、双子の息子と娘のモロッカンとモンローを舞台に招き、
    胸元と右太ももに大きなスリットの入った、引き締まったウエストが強調される真っ赤なボディコンシャスなドレスで登場、完全復活を果たした。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

    12/10(日) 17:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00130188-mvwalk-movi

    写真
    https://news.walkerplus.com/article/130188/726954_615.jpg
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171210-00130188-mvwalk-000-view.jpg

    【【音楽】<マライア・キャリー>激ヤセで美しくカムバック!「47歳とは思えない肌の張り!」「マライアが復活して嬉しい」と絶賛の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/11/03(金) 14:48:41.50 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13840697/
    2017年11月3日 14時0分 トピックニュース

    2日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、同番組のMC・加藤浩次が、「硝子の少年」の歌詞を絶賛した。

    番組では、作詞家・松本隆氏が紫綬褒章受賞者に選ばれたという話題を取り上げた。
    松本氏は、ロックバンド・はっぴいえんどを出発点に、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」の作詞で地位を確立。これまで2100曲以上の作詞を手がけ、ヒット曲を次々と生み出している。

    スタジオでは、松本氏が作詞した歌の一覧がボードを立てて出演者らがコメントを交わしていた。
    加藤はKinKi Kidsが歌った「硝子の少年」を取り上げると、「ホントにね、KinKi Kidsにぴったり合ってたの」「KinKi Kidsが『硝子の少年』に見えてきた」と歌詞の雰囲気を絶賛する。

    さらに「デビュー曲としては完璧な歌詞だなと僕思った記憶があります」と讃え続けていた。

    【【芸能】加藤浩次が「硝子の少年」の歌詞を絶賛「デビュー曲としては完璧な歌詞」‥松本隆氏の作詞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジョーカーマン ★ 2017/10/17(火) 20:11:16.90 ID:CAP_USER9
    NMB48の山本彩が月曜レギュラーを務めるMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(よる10時~)の16日の放送に、X JAPANのボーカル、Toshlがサプライズ登場し、山本の弾き語りを称賛。
    翌日山本はInstagramにて、感動の思いを綴った。

    Toshlのサプライズ登場に一同驚き

    番組中盤、同じく曜日レギュラーのお笑いコンビ・よゐこの濱口優が突然「ちょっとブースの外を皆さんご覧ください」と切り出し、一同は一斉に「ええー!」「まじか!」「本物!?」「ま、幻…?」と驚き。
    濱口がゲストとして招き入れたのは、なんとToshlだった。

    なんでもToshlは濱口とプライベートでも交流があり「濱口さんに呼び出されて…」とサプライズでやって来たそう。
    Toshlは放送後、「ラジオ楽しかったです!」とInstagramにて記念写真を披露した。

    現在番組では、口笛だけは“ポンコツ”だという山本が、口笛で曲を演奏し、その曲名を予測する「さや姉の口笛曲当てクイズ」が期間限定で行われており、それにちなんで山本の口笛に合わせてToshlがセッションすることに。

    セッションは一瞬で終わってしまったものの、普段ギタリストとしての一面も披露している山本は、Toshlとの共演に「凄い経験…」と感激していた。

    山本の弾き語りを称賛

    またToshlは、自身も出演していた9月14日放送のTBS系『UTAGE!まだまだ夏は終わらないぞスペシャル』(よる7:56~)で、山本が1人でギター弾き語りを披露したことを思い起こし、「凄く感動したんですよ」と称賛。
    「もの凄くよかったですよ。途中で止まってしまったんですよ。緊張のあまりと言うか。それがまたよかったんですよ。それでも一生懸命続けて、最後まで歌い切って、凄い感動を呼びました」と、その演奏を絶賛した。

    「胸がいっぱいでございました」感激の思い綴る

    山本はInstagramにて、番組出演者陣とToshlとの記念ショットを投稿。
    「誠に恐縮ながら、私などの口笛に合わせワンフレーズ歌って下さったり、以前、『UTAGE』でご一緒させて頂いた時の演奏に感動したと有難いお言葉を頂き、その心の広さと優しさに、胸がいっぱいでございました、ありがとうございました」と、改めて感謝を綴った。

    http://mdpr.jp/news/detail/1721735

    『UTAGE!まだまだ夏は終わらないぞスペシャル』山本彩
    http://pbs.twimg.com/media/DJvgIIlUEAEqhR0.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/DJvgIIoUMAAk0jc.jpg
    ラジオ「アッパレやってまーす!」Toshlとの記念ショット 山本彩
    http://scontent-sjc2-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/22582368_126590528004503_9215750037567438848_n.jpg

    NMB48 山本彩
    http://pbs.twimg.com/media/DMLejxCUQAUzDCL.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/CjOxppuUYAEpHUO.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/C0bGFRuVIAEwnHa.jpg

    引用元: ・【NMB48】X JAPAN・Toshl、ギタリスト山本彩を絶賛「凄く感動したんですよ」

    【【NMB48】X JAPAN・Toshl、ギタリスト山本彩を絶賛「凄く感動したんですよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/13(金) 05:13:49.69 ID:CAP_USER9
    2017.10.13.

    吉川晃司 映画「マジンガーZ」のエンディング曲歌う…永井豪氏も絶賛

     歌手・吉川晃司(52)が、来年1月13日公開の映画「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」のエンディング曲を担当することが12日、分かった。オファーを受けて楽曲「The Last Letter」を書き下ろしたもの。
    「持てる力は全て出した」と作品の世界観と見事にマッチしたパワーバラードで、原作者の漫画家・永井豪氏も「ハートに染み入る」と作品を聴き感動したという。

     マジンガーZは1970年代に人気を博した巨大ロボットアニメ。搭乗型ロボットアニメの元祖として知られ、ロケットパンチなどの多彩な武器、合体シーンなど、その後のロボットアニメの元祖となった作品だ。

     今回は画業50周年を迎える原作者・永井豪氏のプロジェクトとして映画で復活されるにあたり、製作者サイドがテレビでこの作品を見て育った世代である吉川にエンディング曲の制作をオファーしたことで実現した。

     吉川も同作のファンだったことから快諾。主人公・兜甲児(かぶと・こうじ)とマジンガーZへの思いを込めて、ロボットとパイロットの域を超えた互いの絆、そして哀愁をイメージして楽曲を制作した。

     マジンガーZに影響を受けて育ったという吉川。オファーを受け「とてもうれしい反面、身を引き締めて臨まねば、という思いで自分の持てる力は全て出しました」と自信作をアピール。
    作品についても「マジンガーZと(主人公の)兜甲児が今復活したらこんな話をするんだろうな、マジンガーZを1人の男として捉え、2人の会話や、2人で肩を並べて空を見ている背中、そんな情景を思いながら彼らの男の哀愁や生きざまを描いた」という。

     そんな熱き思いが込められた楽曲に、永井氏も「昔の作品に夢中になった世代の方々が、良い時代のことを思い出せるような、ハートに染み入るステキな曲です」と絶賛している。


    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/10/13/Images/d_10638549.jpg
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/10/13/Images/d_10638551.jpg
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/10/13/Images/d_10638550.jpg
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/10/13/0010638548.shtml

    【【映画】吉川晃司 映画「マジンガーZ」のエンディング曲歌う…永井豪氏も絶賛】の続きを読む

    このページのトップヘ