よろしくおながいします。

    結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★ 2017/10/12(木) 10:29:11.82 ID:CAP_USER9
     元SMAPの中居正広(45才)が、6年にわたって交際していた30代のダンサー・Aさんと破局していたことがわかった。

     今年3月、女性セブンのスクープでふたりの交際は発覚した。Aさんは幼い頃からモダンバレエやジャズダンスを始め、安室奈美恵(40才)のバックダンサーを
    務めたほどの実力者で、最近はAKB48グループの振付師としても活躍している。

     中居とは8年前、AさんがSMAPの振り付けサポートをしていた時に出会った。個人レッスンを通じて打ち解けたふたりが恋に落ち、一緒に住む関係になるまで
    時間はかからなかった。

    「出会ってしばらくして同棲を始めたそうです。念のためか、彼女は中居さんの自宅マンションの目と鼻の先にワンルームマンションを借りていました」(芸能関係者)

     外で食事をすることはほとんどなく、デートはもっぱら自宅。しかし、彼女は「家の中でふたりでいられればいい」というタイプだったこともあり、
    中居も安心して過ごせたという。

    「過去にテレビで『野球』『地元の友達』『麻雀』を“絶対に譲れないもの”として挙げるほどオッサン的な中居さんは女性にとって面倒くさい男ですが、
    Aさんは細かいことを一切言わず、すべて彼の好きなようにさせた。それが中居さんにとっては心地よかったようです。あのズボラな中居さんが6年も同棲生活を
    続けたことからも、結婚も近いのではと噂されていました」(スポーツ紙記者)

     しかも、奇しくもSMAPを解散し、アイドルという“足かせ”がなくなった今、結婚に踏み切るのには充分なタイミングだったはず。しかし、中居が6年間にわたる
    関係の先に選んだのは、ゴールではなくピリオドだった。中居を知る関係者が指摘する。

    「ふたりは長く交際してお互いに結婚も意識していたようですが、急転直下でSMAPが解散することになり、環境が変わりました。中居くんは、TBSで時間や
    形態を変えながら20年近く続けてきた音楽番組が9月末に終了するなど、仕事の面で影響が出た。もともと中居くんが事務所に残留したのは、これまでお世話になった
    スタッフに迷惑をかけられないという理由でした。責任感の強い中居くんとしては“今は結婚ではなく、仕事の正念場”というのが正直なところでしょう」

     Aさんにとっても決断の時期だったようだ。

    「すべて中居さんの好きなようにさせるAさんといえども、年齢的にそろそろ結婚したいという思いがあった。ふたりで話し合った結果“ゴールが見えないなら、
    ここで区切りをつけましょう”と別れに踏み切ったそうです」(Aさんの知人)

     今年に入ってから働きづめだった中居は冒頭の通り、遅めの夏休みを取ってプライベートで東南アジアを旅行する計画を立てていたが、土壇場になってキャンセルした。

    「中居くんが一緒に旅立とうとしていたのはAさんではなかったみたいです。すでに中居くんは次のステージに向かっているようです」(前出・中居を知る関係者)

     一方のAさんにも、別れのショックは見当たらないという。

    「彼女は最近、吹っ切れたようにダンスの仕事に励んでいます。今まで以上に仕事に打ち込んでいますよ」(前出・Aさんの知人)

     ふたりもまた、「新しい地図」を手に、別の道を歩み始めた。

    ※女性セブン2017年10月26日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00000002-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00000002-pseven-ent&p=2

    【【芸能】中居正広、6年交際のダンサー恋人と破局 「結婚より仕事」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/28(木) 22:13:22.48 ID:CAP_USER9
    歌手の氷川きよし(40)が28日、東京・中野サンプラザでファンクラブ限定ライブを行った。

     2000年のデビューから歌ってきた約680曲から、会員による2万件以上のリクエストで選ばれた楽曲を発表。シングル曲1位に最新曲「男の絶唱」、シングル以外のオリジナル曲1位に「かあさん日和」、カバー曲1位に「無法松の一生~度胸千両入り~」が選ばれ、「意外な曲が選ばれておもしろい」と笑顔を見せた。

     GReeeeNが作詞・作曲した「碧し」、フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール超」のオープニング曲「限界突破×サバイバー」(10月25日発売)など27曲で2200人を魅了した。

     今月6日に40歳を迎えた。特製ケーキで祝福され「これからがすごく楽しみ」。15年には喉のポリープ手術を受けており、「歌えない時はしんどかった。今は、一生歌しかないと思える」としみじみ。40代に突入し、結婚について聞かれると「夜に1人ぼっちで寂しい時もあるけど、今は歌を聴いてくれるだけで幸せ。親に孫を見せたいと思うけど、焦ってない」と語った。

     また、17年連続出場中のNHK紅白歌合戦への思いは強く、「日本最大の歌の祭典ですし、ファンの皆さんも喜んでくれると思うので出させていただきたい」と力を込めた。

    9/28(木) 20:03配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000205-sph-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170928-00000205-sph-000-2-view.jpg

    【【音楽】<氷川きよし>40代突入も結婚は「焦ってない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 22:13:33.78 ID:CAP_USER9
    2017.9.23

    ピート・タウンゼント、結婚

    ザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼント(72歳)が、20年以上に渡り公私共々彼の良きパートナーであり続けてきたレイチェル・フラー(44歳)と、昨年12月に結婚していたことを明かした。

    タウンゼントは水曜日(9月20日)、婚姻届に署名する2人の写真をFacebookに投稿し、
    「レイチェルがオーケストラル・アレンジャーとしての素晴らしい才能を発揮し、僕がブロードウェイ俳優のようにパフォーマンスした<Classic Quadrophenia>北米ツアーが成功裡に終わり……、彼女と僕が昨年12月に結婚したことを発表するときがきた」と、報告した。

    「これは僕ら両方にとって、とてもとてもハッピーなことだ。僕らは1996年10月、ザ・フーがNYでスタートした初の<Quadrophenia>リバイバル・ツアーの準備をしていたリハーサル・スタジオで出会い、20年以上一緒にいる。計算しろ! 
    21年だ。その後少しして、1997年12月にデートするようになった」

    これまで結婚したことを家族にしか知らせていなかったのは、「僕らは自分勝手だから」だそう。

    タウンゼントは1968年に学生時代からの恋人と結婚、3人の子供が誕生したが、1994年に別離。これが2度目の結婚となる。

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000147130/001.jpg
    https://www.barks.jp/news/?id=1000147130

    【【音楽】ザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼントが結婚】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/24(日) 12:59:40.15 ID:CAP_USER9
    8月末にNMB48を卒業した須藤凜々花(20)が24日、TBS系『アッコにおまかせ!』に生出演し、来年の4月に結婚することを発表した。

     番組のエンディングで「(来年)4月にしようと思っています」と宣言。MCの和田アキ子が「お幸せに」と祝福しながら「そこまでキッチリ言って大丈夫だった?」と気遣うも、「ハイ。いっぱい相談して決めたので」と笑顔を見せた。


    9/24(日) 12:54配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000309-oric-ent

    【【テレビ】<NMB48を卒業した須藤凜々花>来年4月に結婚を宣言! 生放送『アッコにおまかせ!』で発表】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/21(木) 07:06:42.13 ID:CAP_USER9
     安室奈美恵(40)が来年9月16日での引退を発表したことを受け、大みそかの「NHK紅白歌合戦」に集大成の大トリ出場を果たすことが確実になった。9回連続出場となった03年以来、14年ぶりの大舞台が劇的引退の記念碑となる。

     安室は95年「NHK紅白歌合戦」に初出場。ロングブーツ、ヒョウ柄など若い女性を中心にした“アムラー”旋風とともに、瞬く間に年末の顔となった。

     産休を控えた97年は紅組トリで「CAN YOU CELEBRATE?」を歌唱。翌98年の紅白では同じ曲で公の場に復帰を果たし、歌手別最高の瞬間視聴率64・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。関係者は「安室にとって紅白は大ブレークから結婚、出産まで、人生の節目をともにした存在」とその特別さを語る。

     以後、03年まで毎年出場を続けることになるが、02年にZeebra(46)らと組んだプロジェクトをきっかけにR&Bやヒップホップ志向を固めた安室は、04年からは紅白をシンボルとした日本のミュージックシーンから、明確に一線を引くことになる。

     日本の中でのトップシンガーから、ビヨンセ(36)やクリスティーナ・アギレラ(36)ら、世界に通用する歌って踊れる「ディーバ」への飛躍を明確な目標とし、以降は事務所からの独立をはじめ、信じた道へと歩みを進めてきた。

     そんな安室が、昨年のNHKリオ五輪・パラリンピックのテーマソング「Hero」を手掛けたときに取り沙汰され始めたのが、40歳での引退だった。「五輪テーマの提供は、日本と世界との懸け橋に足る存在になれたという自負」と関係者は語る。それでも昨年、NHKの三顧の礼にもかかわらず、安室は紅白の舞台を踏まなかった。そこには「本当に、思い入れの舞台に立つのは来年と、心に誓っていたのでは」とNHK関係者は証言する。

     NHKは、引退がホームページで告知されるのとほぼ同時に真っ先にニュース速報を流した。これから1年、あらゆる集大成を遂げる道程に紅白はある。今年が歌手として最後の大みそか。「伝説の歌姫」となる中で、安室が出るべき場所は「大トリ」しかない。

    [ 2017年9月21日 06:06 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/kiji/20170920s00041000243000c.html
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/jpeg/20170920s00041000406000p_view.jpg
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/jpeg/20170921s00041000033000p_view.jpg

    【【芸能】安室、紅白大トリ確実 結婚、出産、復帰…節目ともにした特別な場所】の続きを読む

    このページのトップヘ