よろしくおながいします。

    発表

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/16(水) 09:41:39.19 ID:CAP_USER9
    ゲストの半生のターニングポイントに出会った曲を紹介し、さまざまなエピソードトークを繰り広げる中居正広MCの「Momm!!」(TBS)の14日放送のゲストに、今春拠点を東京に移し頑張る女性お笑いコンビ尼神インター(誠子・渚)が登場した。

    小沢一敬(スピードワゴン)、福田彩乃、指原莉乃(HKT48)、千賀健永(舞祭組/Kis-My-Ft2)が聞き手となり、自分たちのエピソードを話しながら楽しく番組は進行。東京に上京して3か月の2人、渚は笹塚、誠子は中目黒に住んでいると言うと、指原は「(誠子の)イメージと違う。西東京。」と23区外に住むイメージだと指摘。

    そんな誠子は男性と付き合った経験がゼロというが、恋愛のネタが多いとあって、結婚式の二次会や、女子会に参加して、”女の子観察”に余念がないという。そんな誠子がたくさんの女子をリサーチして思った、”男性は避けた方が良い女性のタイプ”を公開した。

    ひとつめは「何でも両手で持つ女」。か弱い、可愛いアピールだとし、さらにカバンを両手で持つ女もいると指摘すると、小沢が「上級編は後ろで両手持ちだよね」とけしかけ、指原は

    「(お酒飲むときの)おっきめの器とか両手で持って、うるせーバーカ!」と断罪する。ふたつめは「スタバでカスタムしすぎる女」。メニューにあるものを素直にもらえない、だいぶ我の強い女です」と訴える。

    ここで指原は「ま、男性の前でアピールするのは仕方ないと思うんです。それよりもインスタとかtwitterで自分の充実ぶりを伝えてくる女が一番無理なんですよ。」と主張。

    中居が「どういうことですか?」と水を向けると「やたらとナイトプール行くとか」と即答。スタジオがドッと沸いた。「それがいま1位なんですけど、2位は音楽好きでもないのに、フェス行ったリストバンド載せる女がむちゃくちゃムカつく」と止まらない。

    さらに「音楽好きなひとはいいんですけど、”夏のイベント”として、フェスに行ってる自分を見せたいみたいな感じで、後ろ姿でこんな(手を突き上げる仕草)」と格好まで披露し、スタジオ全員の共感を集めていた。小沢からは「話が具体的すぎて、誰かいるね?」と指摘され爆笑していた指原、果たして個人的な誰かのエピソードを話したのか?

    2017年8月15日 17時0分 dwango.jp news
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13476302/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/4/c4084_1373_a59ace6792e5cac3123e707f25c069a7.jpg

    引用元: ・【芸能】<指原莉乃> 「いまSNSでムカつく女を発表!」「自分の充実ぶりを伝えてくる女が一番無理なんですよ」と主張©2ch.net

    【【芸能】<指原莉乃> 「いまSNSでムカつく女を発表!」「自分の充実ぶりを伝えてくる女が一番無理なんですよ」と主張】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 的井 圭一 ★@無断転載は禁止 【特別重大報道】©2ch.net 2017/08/14(月) 13:59:30.83 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    sssp://img.2ch.net/premium/1051729.gif
    スティーヴ・ヴァイ(Steve Vai)が「我を忘れるくらい興奮したギタリスト10人」を発表。
    英国の音楽と楽器のサイトMusicRadar企画。
    その中で「歴代最高のギタリストは?」と尋ねられたヴァイは「“ベストギタリスト”という言葉には、あまり同意できない。
    そんな主観的なものをベスト・カテゴリーに入れるのは品位を乱すものだと思う。
    だが、もしもどうしてもそれを言わなければならないなら私はアラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)を選ぶだろう」とも述べています。

    1. Some random nine year-old kid
    ※ヴァイが6歳の頃に見た9歳のギタリスト。
    名前は分からないようです。「これが、この楽器と私との愛の関係の始まりだった」とも述べています。

    2. Jimmy Page
    http://cdn.mos.cms.futurecdn.net/gKALrGgWj9nQTRVjH5YDWV-650-80.jpg

    3. Joe Satriani
    http://cdn.mos.cms.futurecdn.net/4qeS2VTBf8goeJUSK6dgyG-650-80.jpg

    4. Carlos Santana

    5. Brian May

    6. Al Di Meola

    7. Allan Holdsworth

    8. Edward Van Halen

    9. Yngwie Malmsteen

    10. Tosin Abasi

    各ギタリスト毎のコメントもある詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.musicradar.com/news/steve-vai-these-are-the-guitarists-that-blew-my-mind

    他の画像はソース先で
    amass 2017/08/14 03:39掲載
    http://amass.jp/92795/

    【【音楽】スティーヴ・ヴァイが「我を忘れるくらい興奮したギタリスト10人」「歴代最高のギタリスト」を発表】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 15年生 ★@無断転載は禁止 2017/08/15(火) 07:50:34.82 ID:CAP_USER9
    【夢みるアドレセンス/モデルプレス=8月13日】
    アイドルグループ・夢みるアドレセンス(通称:夢アド)が13日、結成5周年を記念したツアー
    『5th Anniversary Tour “真夏の夜のYUME LAND”』の東京公演を都内で開催。新メンバーを募集することを発表した。

    ライブの終盤、メンバーから11月にニューシングルのリリースが決定した事、ファンクラブが発足した事をアナウンス。
    そしてアンコール終了後、会場に設置されたスクリーンにて新メンバー募集の告知がされると、会場には大きなざわめきが起こった。

    メンバーの荻野可鈴は「5年前にはこうしてアイドルとしての活動が続いている事や、ユメトモの前に立ってライブをする事が、
    こんなにも幸せを感じる瞬間になっているなんて思いもよりませんでした」と万感の思いを吐露。ファンに向けて「これからも私たちと
    一緒に物語を描いてください」と感謝の気持ちを伝えた。


    『夢アド5周年記念ツアー』
     同ツアーは、7月の北海道を皮切りに全国5大都市で開催。3月にリリースされたベストアルバム「5」の収録曲を中心に、
     7月にリリースした最新シングル「ララララ・ライフ」や、インディーズ時代の楽曲も網羅しており、ファンと一体になって熱狂した。

    (modelpress編集部)
     ※一部構成を変えてあります。
     https://mdpr.jp/music/detail/1707022


    ライブの模様
    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/44/bf9/w720c-e_8233925fb74d1a787557148a54e4fd474cd9a1f95ce4950c.JPG
    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/cd/a11/w720c-e_1730b475d122c11ffac4d32c1cdb837ffd01424c9274a6b9.JPG

    荻野可鈴 https://cdn.mdpr.jp/photo/images/f2/c6f/w600c-e_98f27bee607d06dbc6d0b5a0cae4143475b3e9e8ddcb1958.JPG
    小林れい https://cdn.mdpr.jp/photo/images/33/e41/w600c-e_da63edda0eb7a78dff712325918a85aeeb4c76bdd8c3e8a8.JPG
    志田友美 https://cdn.mdpr.jp/photo/images/93/cfe/w600c-e_61ff7e7373732d013751705aeffcd125032aa2b098ef0e40.JPG
    京佳 https://cdn.mdpr.jp/photo/images/f6/cd9/w600c-e_68f8004ed8a686debd20cf2045a2704d1d3ed8f0cfd78f09.JPG

    【【アイドル】夢みるアドレセンス、新メンバー募集を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/08/11(金) 21:36:16.31 ID:CAP_USER9
    2017/08/11 07:13

    「1990年代のベスト・メタル・ソング TOP100」を英Metal Hammerが発表

    「1990年代のベスト・メタル・ソング TOP100」を英国のメタル誌Metal Hammerが発表。
    同じアルバムから2曲以上選ばない「各アルバム1曲のみ」というルールをもとにセレクトしています。
    なお、同誌の最新号(7月末発売)では90年代のメタル・シーンを特集しています


    1. Korn - Blind (Korn, 1994)
    2. Pantera - Walk (Vulgar Display Of Power, 1992)
    3. Machine Head - Davidian (Burn My Eyes, 1994)
    4. Rage Against The Machine - Killing In The Name (Rage Against The Machine, 1991)
    5. Sepultura - Roots Bloody Roots (Roots, 1996)
    6. Metallica - Sad But True (Metallica, 1991)
    7. Nine Inch Nails - Closer (The Downward Spiral, 1994)
    8. Soundgarden - Black Hole Sun (Superunknown, 1994)
    9. Slipknot - (sic) (Slipknot, 1999)
    10. Nirvana - Smells Like Teen Spirit (Nevermind, 1991)

    11. System Of A Down - Sugar (System Of A Down, 1998)
    12. Alice In Chains - Rooster (Dirt, 1992)
    13. Deftones - My Own Summer (Shove It) (Around The Fur, 1997)
    14. Marilyn Manson - The Beautiful People (Antichrist Superstar, 1996)
    15. Megadeth - Hangar 18 (Rust In Peace, 1990)
    16. Emperor - I Am the Black Wizards (In The Nightside Eclipse, 1994)
    17. Pantera - Cowboys From Hell (Cowboys From Hell, 1990)
    18. Sepultura - Refuse/Resist (Chaos A.D., 1993)
    19. Judas Priest - Painkiller (Painkiller, 1990)
    20. Rammstein - Du Hast (Sehnsucht, 1997)


    >>2以降に21位以下)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://teamrock.com/feature/2017-08-10/the-100-best-metal-songs-of-the-90s
    http://amass.jp/92703/

    【【音楽】「1990年代のベスト・メタル・ソング TOP100」を英Metal Hammerが発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/08/11(金) 18:50:25.03 ID:CAP_USER9
    2017/08/09 19:12

    「ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのベスト・ソング TOP10」を英The Guardianが発表

    「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)のベスト・ソング TOP10」を英国の新聞The Guardianのサイトが発表。同紙のサイトがシリーズ展開しているベストリスト企画「10 of the best」のヴェルヴェッツ編。The Guardianのベストリスト企画は毎回その独特なセレクトが話題となっています。


    10. Sweet Jane (1970)

    9. Rock and Roll (1970)

    8. What Goes On (1969)

    7. Pale Blue Eyes (1969)

    6. Sister Ray (1968)

    5. White Light/White Heat (1968)

    4. Venus in Furs (1967)

    3. Heroin (1967)

    2. I’m Waiting for the Man (1967)

    1. Sunday Morning (1967)


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.theguardian.com/music/musicblog/2017/aug/09/the-velvet-underground-10-of-the-best


    http://amass.jp/92603/

    【【音楽】「ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのベスト・ソング TOP10」を英The Guardianが発表】の続きを読む

    このページのトップヘ