よろしくおながいします。

    発表

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/15(日) 08:34:25.99 ID:CAP_USER9
    2017/10/15 05:07

    読者投票「80年代のベスト・ギター・ソロ TOP25」をUltimate-Guitarが発表

    読者が選んだ「80年代のベスト・ギター・ソロ TOP25」を海外の音楽サイトUltimate-Guitar.Comが発表。


    1. Ozzy Osbourne - Mr. Crowley
    2. Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine
    3. Metallica - Fade to Black
    4. Michael Jackson - Beat It (feat. Eddie Van Halen)
    5. Van Halen - Hot for Teacher
    6. Prince - Purple Rain
    7. Stevie Ray Vaughan and Double Trouble - Texas Flood
    8. Iron Maiden - Powerslave
    9. Rush - Limelight
    10. Dire Straits - Brothers in Arms
    11. Joe Satriani - Surfing With the Alien
    12. ZZ Top - Sharp Dressed Man
    13. Megadeth - Wake Up Dead
    14. Gary Moore - Victims of the Future
    15. Yngwie Malmsteen - Far Beyond the Sun
    16. Harold Faltermeyer & Steve Stevens - Top Gun Anthem
    17. Black Sabbath - Lonely Is the Word
    18. Whitesnake - Crying in the Rain
    19. Pink Floyd - Sorrow
    20. Scorpions - Rock You Like a Hurricane
    21. Skid Row - 18 and Life
    22. Tears for Fears - Everybody Wants to Rule the World
    23. Pixies - Hey
    24. Kenny Loggins - Danger Zone
    25. Dio - Rainbow in the Dark


    ☆選外佳作:

    Black Sabbath - When Death Calls (feat. Brian May)
    Toto - Rosanna
    Allan Holdsworth - Devil Take the Hindmost
    White Lion - Radar Love
    King Crimson - Elephant Talk
    Bon Jovi - Wanted Dead or Alive
    Europe - Superstitious
    Jeff Beck - Where Were You
    Accept - Fast as a Shark
    R.E.M. - The One I Love
    Jane's Addiction - Mountain Song


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.ultimate-guitar.com/articles/features/friday_top_25_greatest_guitar_solos_of_the_80s-68001


    http://amass.jp/95921/

    【【音楽】読者投票「80年代のベスト・ギター・ソロ TOP25」をUltimate-Guitarが発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/10(火) 21:33:19.66 ID:CAP_USER9
    2017.10.10 12:08

    オフスプリング、2018年に新作を発表

    オフスプリングは、2018年にニュー・アルバムのリリースを予定しているそうだ。彼らの新作は2012年の『Days Go By』以来約6年ぶり、10枚目のスタジオ・アルバムとなる。

    先月終わりに出演したブラジルのフェスティバル<Rock In Rio>で、『Multi Show』のリポーターから「そう遠くないうちに新しい音楽が聴けるという噂は本当か?」と問われたフロントマンのデクスター・ホーランドは、「本当だ! いま取り掛かっている最中だ」と答えた。

    ヌードルズ(G)は「俺ら、まあ、しばらくやってるんだ。すでに数曲完成した。もう2、3曲やりたいと思ってる。間違いなく、すぐに何か出せると思うよ。俺らのファンはもう十分待った」と返した。

    ホーランドによると、リリースは「2018年だ、絶対に!」とのこと。

    1989年にデビュー作を発表して以降、スタジオ・アルバムのリリースの間がこれほど開いたのは初めて。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000147676/001.jpg
    https://www.barks.jp/news/?id=1000147676

    【【音楽】オフスプリング、2018年に新作を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 22:15:05.26 ID:CAP_USER9
    2017/09/20 01:26

    「最も背が高いロック・ミュージシャン TOP10」をUltimate-Guitarが発表

    「最も背が高いロック・ミュージシャン TOP10」を海外の音楽サイトUltimate-Guitar.Comが発表。

    10. Ed O’Brien (Radiohead) 6フィート5インチ, 196cm


    9. Tom Scholz (Boston) 6フィート5インチ, 196cm


    8. Danny Carey (Tool) 6フィート5インチ 196cm


    7. Mick Fleetwood (Fleetwood Mac) 6フィート6インチ, 197cm


    6. Adrian Vandenberg (Whitesnake) 6フィート6インチ, 198cm


    5. Jim Root (Slipknot, Stone Sour) 6フィート6インチ, 198cm


    4. Oliver Riedel (Rammstein) 6フィート7インチ, 201cm


    3. Krist Novoselic (Nirvana) 6フィート7インチ, 201cm


    2. Pete Steele (Type O Negative) 6フィート8インチ, 203cm


    1. Arjen Lucassen (Ayreon) 6フィート8インチ, 203cm


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.ultimate-guitar.com/articles/features/10_tallest_rock_musicians-66913
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)
    http://amass.jp/94629/

    【【音楽】「最も背が高いロック・ミュージシャン TOP10」をUltimate-Guitarが発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/25(月) 21:33:34.14 ID:CAP_USER9
    2017.9.25

    ノエル・ギャラガー、新作リリースを発表「俺はヤバイぐらい天才」

    ノエル・ギャラガーのニュー・アルバム『Who Built The Moon?』が、11月22日(水)に日本先行発売されることが決定した。

    ソロ・プロジェクト“ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ”としての第3弾アルバムとなる同新作は、ノエル自身がプロデュースを手掛けた前作『Chasing Yesterday』から一転、デヴィッド・ホルムスをプロデューサーに迎えてベルファストとロンドンで制作されたという作品だ。ジョニー・マー、ポール・ウェラーの参加も明らかになっている。

    本国レーベルのプレス・リリースによれば、ベルファストとロンドンで制作された新作本編となる11曲のサウンドは「フレンチ・サイケデリック・ポップ、クラシック・エレクトロから、ソウル、ロック、ダンスまで、洗練されたアドベンチャー」が凝縮された仕上がりだという。

    プロデュースを手掛けたホルムスは「(新作を聴いたら)人々は驚くことだろう。(過去の)ノエルの曲の多くはミッド・テンポだが、この作品はかなり面白いことになっている」と述べ、ノエル自身も「俺はヤバイぐらい天才だ」と本作への自信をのぞかせている。

    なお、日本盤CDは世界ボーナス・トラックとなるアコースティック曲に加え、さらにもう1曲を収録した13曲入りで発売。日本独自企画によるDVD付きの初回限定デラックス盤も同時発売される。

    本作リリースに続き、2018年にはワールド・ツアーも予定されているとのことで、本国イギリスでは4月から5月にかけて、マンチェスターやウェンブリーを含むアリーナ公演の開催が決定している。

    Photo by Lawrence Watson

    ■リリース情報
    ニュー・アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?|Who Built The Moon?』
    [国内盤CD(全13曲)]
    2017年11月22日(水)日本先行発売
    ※国内盤ボーナス・トラック収録(初回限定盤・通常盤共通)
    ※歌詞・対訳・解説付

    ・初回生産限定盤(CD+DVD) ¥3,400+税
    ※ハードカバー・ブックレット+3方背ボックス仕様

    ・通常盤(1CD) ¥2,200+税
    ※紙ジャケット仕様

    01. Fort Knox フォート・ノックス
    02. Holy Mountain ホーリー・マウンテン
    03. Keep On Reaching キープ・オン・リーチング
    04. It's A Beautiful World イッツ・ア・ビューティフル・ワールド
    05. She Taught Me How To Fly シー・トート・ミー・ハウ・トゥ・フライ
    06. Be Careful What You Wish For ビー・ケアフル・ホワット・ユー・ウィッシュ・フォー
    07. Black & White Sunshine ブラック & ホワイト・サンシャイン
    08. Interlude (Wednesday Part 1) インタールード (ウェンズデイ・パート1)
    09. If Love Is The Law イフ・ラヴ・イズ・ザ・ロー
    10. The Man Who Built The Moon ザ・マン・フー・ビルト・ザ・ムーン
    11. End Credits (Wednesday Part 2) エンド・クレジッツ (ウェンズデイ・パート2)
    12. Dead In The Water (Live at RTE 2FM Studios, Dublin)
    デッド・イン・ザ・ウォーター (ライヴ・アット RTE 2FM スタジオズ, ダブリン)※世界ボーナス・トラック
    13. God Help Us All ゴッド・ヘルプ・アス・オール ※日本盤CDボーナス・トラック

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000147211/002.jpg
    https://img.barks.jp/image/review/1000147211/001.jpg

    ※動画はソースにてご確認ください。
    https://www.barks.jp/news/?id=1000147211

    【【音楽】ノエル・ギャラガー、新作リリースを発表「俺はヤバイぐらい天才」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/24(日) 12:59:40.15 ID:CAP_USER9
    8月末にNMB48を卒業した須藤凜々花(20)が24日、TBS系『アッコにおまかせ!』に生出演し、来年の4月に結婚することを発表した。

     番組のエンディングで「(来年)4月にしようと思っています」と宣言。MCの和田アキ子が「お幸せに」と祝福しながら「そこまでキッチリ言って大丈夫だった?」と気遣うも、「ハイ。いっぱい相談して決めたので」と笑顔を見せた。


    9/24(日) 12:54配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000309-oric-ent

    【【テレビ】<NMB48を卒業した須藤凜々花>来年4月に結婚を宣言! 生放送『アッコにおまかせ!』で発表】の続きを読む

    このページのトップヘ