よろしくおながいします。

    理由

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/05/31(木) 22:09:48.77 ID:CAP_USER9
    JON BLISTEIN | 2018/05/31 07:00
    イジー・ストラドリンが語る、ガンズ・アンド・ローゼズ再結成ツアー不参加の理由

    ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、イジー・ストラドリンは、バンドの再結成ツアーに参加しないことを表明した。「物事はうまくいかないこともある」とバンドと距離を置くことを公表。

    ガンズ・アンド・ローゼズの元ギタリスト、イジー・ストラドリンはウォール・ストリート・ジャーナル紙に、現在進行中の再結成ツアーになぜ自分が参加しないのかという短い声明を出した。

    「現在のGnRツアーは他の彼らにとって大成功だ」ストラドリンは言った。「参加しない理由はただ交渉の段階で妥協点に達することができなかったから。けれどそれが人生だ。物事がうまくいかないこともある。」

    2016年にはガンズ・アンド・ローゼズのメンバーの大部分、ボーカルのアクセル・ローズ、ギターのスラッシュ、ベースのダフ・マッケイガンがコーチェラにて再結成し、然るべくして名付けられた‘Not In This Lifetime’ツアーにその一年後乗り出した。元ドラマーのスティーヴン・アドラーがカメオ出演をツアーを通してしたのに対し、ストラドリンは最初から姿を見せることはなかった。

    再結成ツアーが発表された後、ファンとのコミュニケーションのためにストラドリンはTwitterアカウントを立ち上げたが、それ以来あまり利用していない。当時、彼は彼の不参加について簡潔にローリングストーン誌にこう話した。「俺の参加と、スタジオのレコーディングについて推測が飛び交っていた。多くが間違った情報で、ただ俺はガンズ・アンド・ローゼズのメンバーとレコーディングはしていないということをはっきり伝えたかった。現時点でショーには関与していないし、多くのファンが受け取っている情報は正しくない。」

    数ヶ月後ローズがブラジルのGlobo TVでのインタビューでストラドリンが参加しないことについてふれた後、彼はかなり率直なツアーに参加しない理由を述べた。

    ローズはストラドリンがツアー参加について煮え切らない態度だったと述べた。「話した後にこうなるだろうと思うと、次の日にまた違う方向になっていた。」それに対してストラドリンは今は消去したツイートで「でたらめだ。彼らはギャラを公平に分けたくなかっただけだ。それだけさ。次に進もう。」と発表している。

    ガンズ・アンド・ローゼズの「In This Lifetime」ツアーはこの夏のヨーロッパ公演に引き続き行われ、秋のアジア公演も予定されている。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Translated by Ikuko Nishikawa


    | ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、イジー・ストラドリンとスラッシュ (Photo by KMazur/WireImage) |
    http://images.rollingstonejapan.com/articles/28455/ORG/35c4b90682bc409a84f4cc535d09f265.jpg
    http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28455

    【【音楽】イジー・ストラドリンが語る、ガンズ・アンド・ローゼズ再結成ツアー不参加の理由 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2018/05/30(水) 09:46:14.79 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1769345
    2018.05.29 08:00

    アーティストの青山テルマが、6月1日放送の番組「有吉ジャポン」(TBS、毎週金曜深夜24時20分~)にゲスト出演する。
    番組では今回、「渋谷復活を目指す!“渋谷サー人”」をテーマに、渋谷のギャル文化を紹介。渋谷の街を盛り上げるため、イベント開催など20年にわたり活動してきたという“渋谷サー人”(サークルに属する人)の実態に迫る

    スタジオゲストとして登場する青山は、番組でギャルサーに向けた新曲「世界の中心~We are the world」を発表。7月25日にリリースする新アルバム「HIGHSCHOOL GAL」のリードトラックで、“パラパラ・パーティ・アンセム” となっている。番組では豪華ゲスト&渋谷ギャル50人が大集結の“衝撃超盛り”MV撮影風景を紹介する。

    パラパラブームは世代が少し上になるため、当時パラパラを踊った記憶がないという青山。今回なぜパラパラに挑戦したのか。
    その理由について「パラパラって簡単で、みんなで盛り上がれるじゃないですか。みんなが笑えて参加できるものってどんな時代も必要だと思うんです。デビューしてこれまでやってきて、このキャラも解禁して、猫をかぶる必要もなくなって。バラードというよりも、みんなで楽しみたいという気持ちの方が最近大きいんです。そこでライブのときにみんなで踊れて、盛り上がれる曲って何だろう、と思ったときに『パラパラがいいかも』と思って、今回挑戦しました」とその思いを告白。

    なお今回の楽曲は、青山が渋谷の街を歩いている時に感じたインスピレーションから生まれた“パラパラ”サウンド全開のハイエナジーなパーティ・チューン。

    ミュージック・ビデオでもそのテンションと時代感が全編に表現され、渋谷を舞台にギャル50人が映像に大集結。90年代にギャル誌元祖としてトレンドをリードし、今年3月に復刊した「egg」の現役モデル達、かつて“ガングロ”と呼ばれ渋谷を席巻したファッションを継承する強め“黒肌”ギャルユニット“Black Diamond”メンバー、そして制服&ルーズソックスギャル…パラパラ全盛期に渋谷文化を象徴した様々なスタイルのギャルが一堂に会した超“盛り”ミュージック・ビデオが完成。
    渋谷のシンボル・スポット“109”エントランス前で撮影された、青山とギャル30人によるパラパラ・ダンス・シーンは圧巻。ゴージャスかつ印象的な映像が楽曲の世界を象徴している。

    90年代に渋谷のギャルを中心に一世を風靡したパラパラは今、再びムーブメントが起こりつつある。

    FxxkingRabbit(ファッキングラビッツ)がパラパラを踊る「イイ波のってん☆NIGHT」はすでにSNSでブームとなっており、若い世代はこぞって口パク動画を投稿。きゃりーぱみゅぱみゅなどの著名人も反応、テレビ番組に取り上げられるなど、大きな注目を浴びている。

    ほかにも「egg」モデルたちが歌詞や振り、歌も全て自分たちで作り上げたパラパラ楽曲のリリースを発表したり、路上でパラパラを踊る10代も見られるようになってきているなど、まさに今パラパラが再熱している。(続きはソースをご覧下さい)

    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/ZubW/nm/ZubWivNEYRK6kuBnnOU0jWO4l1Adqe2afIUpxpN20qc.jpg
    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/MvbA/nm/MvbAUpCERuZIxFroxD5b4Bx2OsncwPmLZqAnVpw95DQ.jpg
    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/m2Bi/nm/m2BifPgF5Vi0k_6raOclW4V37ylM78iOK6xSkKCwkzQ.jpg

    【【テレビ】青山テルマ、新曲で“パラパラ”に挑戦した理由 ギャル50人と渋谷109などで踊りまくる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Fender ★ 2018/05/04(金) 18:57:41.60 ID:CAP_USER9
    http://realsound.jp/tech/2018/05/post-190037.html
    http://realsound.jp/tech/2018/05/post-190037_2.html

    楽器業界での勤務経験もある音楽ライターの冬将軍氏に話を聞いた。

    「“経営破綻”と言っても、ギブソンおよび、エピフォンのギター生産開発及び販売事業は継続していくそうです。
    旧経営陣がそのまま企業に残ることができる法律。あくまで会社の再生を目的としたもので、日本の倒産法である会社更生法とは異なり、
    民事再生法に近いものです。ユナイテッド航空やアメリカン航空はチャプター11申請後にしっかり再生していて、
    アメリカン航空に関しては、現在世界最大規模の航空会社になっているほど。

    また、自動車メーカーのクライスラーは申請からわずか1カ月で再建に成功しています。ギブソンも再建する可能性は十分あるでしょう。
    債権者数にして過半数かつ債権額にして3分の2以上の賛成により承認されなければならない、と定められており、今回ギブソンは承認されています。
    つまりそれは、負債を返済できる見込みがあるということです」

    ではギブソンはそもそも、なぜ経営破綻にまで追い込まれてしまったのだろうか。

    「オンキヨーやティアック、オランダのフィリップスのオーディオ事業であるウークスの買収が一因でしょう。
    中でもウークスに関しては買収金額に見合った回収ができていないと言われています。実は、ギブソンはギター事業だけで見ると黒字だったので、
    今後は買収した企業を手放してギター事業に徹することによって、会社自体の再建を図っていくようです」

     再建のキーパーソンは誰なのか。冬将軍氏は、ギブソンCEOのヘンリー・ジャスキヴィッツを挙げる。

    「彼はもともと投資家で、1986年に倒産しかけていたギブソンを買収して救ったやり手です。
    80年代に、その概念すらまだなかったヴィンテージに目をつけ、リイシュー(復刻)モデルを作ったり、
    フラットマンドリンやバンジョーの生産を復活させるなど、古き良きギブソンを目指した。今の多くの人が知っているギブソンの姿は、
    このヘンリー・ジャスキヴィッツが作り上げたものなんです。

    ギブソンは1902年に創業し、最盛期とも呼ばれる1944?1969年はChicago Musical Instrumentsの傘下でした。その後業績不振に陥り、
    コングロマリット(全く異なる業種に参入する企業形態)が流行した1969年に、
    パナマに拠点を置くビールやセメントを扱っていたエクアドルの複合企業ECL(のちにNorlin Corporationに社名変更)に買収されます。
    この“Norlin Era”(ノーリン期)と呼ばれる時代は、木の切れ端を寄せ集めてプラスチックでラミネートしたギターをはじめ、デ
    ザインや機能性含めて“B級ギター”や“ビザールギター”に属されるような数多くの“迷器”を作っていたこともあり、
    多くのギターファンから迷走期、低迷期と呼ばれています。
    老舗ながら、現CEOが入るまでは経営自体はあまりうまくなかった企業だと言えるでしょう」

     万一ギブソンが倒産した場合、ギブソンというギターブランドもなくなってしまうのだろうか。

    「もちろん再生が失敗し、本当に倒産することもあるかもしれません。
    しかし、たとえそうなったとしてもブランドとしてギブソンがなくなることはあり得ないと思います。
    企業規模が保てない最悪の状態になったとしても、ブランドと特許を管理しながら他社にOEM生産を委ねるという事業形態も十分考えられます。

    ギブソンと並んで伝統ある楽器メーカー、グレッチは何度か経営不振に陥り、1967年にはボールドウィンというピアノメーカーに買収され、
    1980年にギターの製造を中止しています。その後、Stray Catsのブライアン・セッツァーが使ったことで人気が再熱。
    そして、1985年に会社は創業者であるグレッチ一族の手に戻り、1989年からリイシューモデルを中心としたラインナップで製造を再開するんですが、
    現在に至るまで製造を担当しているのは日本の企業です。商標ライセンスと権利を持つブランドと、製造事業は別だという在り方ですね」

     冬将軍氏は最後に、「あくまで『会社を再建するため』の米連邦破産法第11章申請であり、
    今回の経営破綻は、ギブソンブランドを守るための現段階における最良の手段だったのでは」と指摘した。

     世界中で長年にわたり愛されてきたギブソン。これからも多くのアーティストとリスナーから支持されるブランドであり続けてほしいものだ。

    【【音楽】ギターのギブソン 事実上の経営破綻を選んだ理由 老舗ブランドが消える可能性は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2018/05/02(水) 07:14:13.93 ID:CAP_USER9
     4月25日にTOKIOのメンバー山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検されたという報道から、早くも1週間が経過しようとしている。

     今回の山口の報道および無期限謹慎発表により、彼の単独出演番組およびTOKIOの出演番組は放送差し替えなどの対応に追われており、その混乱はしばらく続きそうだ。

     その一方、山口の在籍するTOKIOについては、今後のライブ活動および音楽ユニットとしての今後については発表がないままである。TOKIOは来年2019年にはデビュー25周年を迎え、メモリアルイヤーを記念するようなライブが行われる、という期待もあったが、要となるベースの山口が不在の中、どこまで活動できるかは不透明のままだ。

     さて、TOKIOは1994年9月21日に「LOVE YOU ONLY」をリリースしてCDデビューを果たしたが、実は結成自体はCDデビューより4年も前の1990年4月に行われている(初期のメンバーは城島茂、松岡昌宏、国分太一の3名、のちに山口が合流)。2016年に解散騒動のあったSMAPは「1988年結成」という発表が各メディアでなされていたが、TOKIOに関しては「1994年デビュー」という取り上げ方が一般的で、「結成年」に関しては無視されていることが多い。

     TOKIOの結成年があまり取り上げられないのは、CDデビューに至る4年の間にメンバーが一人、グループから脱退したためという噂が存在する。

     実は、TOKIOは1994年のCDデビューまでは長瀬智也はサポートメンバー扱いであり、90年~94年の間は小島啓という人物がTOKIOに加入していた時期がある。

     小島はTOKIOのメインボーカルを担当していたが、CDデビュー直前の1994年5月にジャニーズ事務所を退所。その結果、これまでサポート扱いだった長瀬が小島に代わり新しく正式なメンバーに抜擢されたのである。

     以来、SMAPの森且行とは違い、小島の名前はジャニーズの歴史から完全抹消され、小島の映っているCDデビュー前の映像はジャニーズ側から一切の使用許可が降りていないほか、他メンバーが小島について言及することはないという。

     小島の脱退の理由は不明だが、一般職に就職するためとも一部メンバーとの不仲ともされているが詳細は明かされていない。

     結成年だけでいえば、30年近い月日が流れているTOKIO。それだけに、今回の山口の事件で「信頼を裏切られた」というメンバーの落胆ぶりは相当なものだったに違いない。

    https://wjn.jp/article/detail/1253237/

    【【芸能】TOKIOメンバーが「デビュー年」を強調する理由…なぜ「結成年」が使えない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/12/23(土) 21:10:57.69 ID:CAP_USER9
    2017.12.23 土曜日

    ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

    ノエル・ギャラガーはオアシスの1994年のシングル“Whatever”のミュージック・ビデオでなぜあんな小汚い格好をしていたのかについて説明している。

    ノエル・ギャラガーはクリスマス週の第1位を獲得していないが、この年最も近くまで迫っていて、イースト17によるクリスマスのクラシック“Stay Another Day”とマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”に負けて、3位に甘んじている。

    “Whatever”の成功にもかかわらず、この曲のミュージック・ビデオでノエルは小汚い格好をしており、その理由について「アラン・カー・クリスマス・チャッティ・マン」という特別番組でアラン・カーに説明している。

    「あの日は酔っ払っていたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。

    「徹夜して飲んでてね。あの時着ていたのは、普段ミュージック・ビデオの撮影の時に着るものじゃなかったんだよ」

    「あの夜は出掛けて、パブに行ったんだ。起きたらメイダ・ヴェールのバス・ターミナルだったんだ」

    彼は次のように続けている。「まだ携帯電話のある時代の前だったからね。ミュージック・ビデオの撮影をどこでやるか知らなかったんだ。誰とも連絡をとる方法がなかったんだよ」

    「俺がタクシーを止めようとしている時にレーベルの奴がたまたま通りかかってね。どこに行くかも知らなかったんだけどさ。でも、素晴らしいビデオにはぴったりだったんじゃないかな」

    クリスマスが好きかどうかを尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「クリスマスは嫌いだよ。俺は2人のアイルランド人にクリスマスにちなんで名付けられたんだけどな!」

    「(クリスマスの)広告を見るとムカつくんだよ。最近放送されてる(ヴォーダホンの)マーティン・フリーマンのやつとかな。ナンセンスだね。あれのどこがクリスマスと関係あるんだ?」

    「クリスマスで何をやんなきゃいけないんだろうね? イエス様にしなきゃならないことは? 誰もイエスのことなんて言ってないだろ」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    Oasis - Whatever [OasisVEVO]
    https://www.youtube.com/watch?v=EHfx9LXzxpw



    Photo: OasisVEVO
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/12/noel-gallagher-whatever-720x458.jpg
    https://nme-jp.com/news/48074/

    【【音楽】ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ