よろしくおながいします。

    楽曲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/12/06(水) 02:03:17.28 ID:CAP_USER9
    【椎名林檎・秋山竜次/モデルプレス=12月6日】アーティストの椎名林檎が、5日放送の日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」(月~木は23時、金は23時30分)に出演し、女優でキャスターの桐谷美玲と対談を行った。

    ◆椎名林檎、ロバート・秋山への楽曲提供願望

    自らヒット曲を生み出す一方、デビュー間もないころから様々なアーティストやCM、ドラマなどに楽曲提供を行ってきた椎名。桐谷から「今一番楽曲提供したい人は?」と問われると、「秋山さん」とお笑いトリオ・秋山竜次を指名した。

    意外な回答に、桐谷は「秋山さん?」と驚きながらも、秋山がさまざまなキャラクターになりきる“クリエイターズ・ファイル”のファンという椎名に「私も大好きです」と共感。

    椎名は、秋山に曲を書きたい理由について「ご自身で全部なさっちゃうじゃないですか。(他人から)ちゃんとオートクチュールされたものもいいんじゃないですかね」と話した。

    ◆“ブス”を描く椎名林檎 楽曲制作への「使命感」

    誰もが持っている醜くも人間らしい一面、“女性がブスになる瞬間”を描き続けてきたという椎名。その真意について「同じような思いをしたことのある女の子がスカッとしてくれれば」と話し、「昔から、消えてなくなりたいって言っているような女の子が元気になってやっぱり死にたくなくなったとか、そういう事が起きないと意味がないと考えている。ちょっと明日が楽しみになるようなことをしないと、というような使命感でしょうか」と楽曲制作への姿勢を語った。(modelpress編集部)

    情報:日本テレビ

    https://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1732465/
    椎名林檎(左)、楽曲提供したい相手にロバート秋山竜次を指名 (C)モデルプレス
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/modelpress/modelpress_1732465_0-enlarge.jpg

    【【芸能】椎名林檎、いま楽曲提供したい相手はロバート・秋山竜次 理由は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2017/11/23(木) 08:30:23.93 ID:CAP_USER9
    11月17日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日)で、“高校ダンス部が今踊っているヒット曲ランキング”が発表された。
    この日の「ミュージックステーション」は“ダンススペシャル”と銘打たれ、DanceFactでも紹介してきた「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」
    「DAOKO × 岡村靖幸」「MIYAVI × 三浦大知」「荻野目洋子 × 大阪府立登美丘高校ダンス部」など、ダンスパフォーマンスに注目したいアーティストが多く登場。かなりダンス色の濃い内容になっていた。

    同番組の人気企画であるMステランキングでは、高校ダンス部の熱さをフィーチャー。果たして日本の高校ダンス部で踊られている楽曲とは? ランキング形式で改めて紹介!

    ■ 10位:Rising Sun / EXILE

    番組内では、様々な高校の授業で踊られている曲で、手と足の動きが難しく、うまく踊らないとただコミカルに見えてしまうので注意が必要と紹介。
    この曲は東日本大震災の被災地の復興支援を目的としたチャリティーソングであり、めちゃイケで放送された“オカザイル”や、
    メンバーのUSAとTETSUYAが参加した“中学生Rising Sun Project~夢の課外授業SPECIAL2015~”の影響もあるためか、今なお踊り続けられている楽曲だ。

    <紹介された高校>

    常磐高校(第7回 全日本高等学校チームダンス選手権 全国大会出場)、京都文京高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)

    ■ 9位:キミの夢は、ボクの夢。/ ポカリスウェットCM曲

    ダンス動画を一般から募集するキャンペーンを行い、1週間で700作品以上が集まった。ダンス動画を投稿するとCMに使用されるチャンスがあるため、多くのダンス部員が投稿した。
    ここ数年、企業がプロモーションの一貫でダンス動画を利用することが多くなったように思う。一昔前では考えられなかったダンスと企業を結ぶコンテンツだ。

    <紹介された高校>

    長田高校、呉宮原高校(第7回 全日本高等学校チームダンス選手権 全国大会出場)、三島高校

    ■ 8位:インフルエンサー / 乃木坂46

    番組内では、乃木坂46史上最高難度の高速ダンスが特徴で、真似しようとする高校生がたくさんいたが、難しさゆえ、独自の振りと組み合わせる高校生もいたと紹介。
    楽曲のタイトル通り、流行りを生み出すものに高校生は敏感だ。手振りが多いのとセクシーさもある振付なので、女子が真似したいと思う振付ではないだろうか。

    <紹介された高校>

    武蔵丘高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)


    ■ 7位:ダンシング・ヒーロー / 荻野目洋子

    番組内では、大阪府立登美丘高校ダンス部のバブリーダンスがキッカケで、様々なダンス部が楽曲を使用していると紹介。色々な振付でが多い。
    登美丘高校ダンス部のバブリーダンス以外にも、高校によってアクロバットや小道具を使うなど、同じ曲でもバリエーションが違う「ダンシング・ヒーロー」が踊られている。
    ランキングは7位であるが、高校生ダンス部がインフルエンサーになったという点では、今年一番の注目度だったといえるだろう

    <紹介された高校>

    光が丘女子高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)、昭和第一学園高校(第10回 日本高校ダンス部選手権 全国大会出場)

    つづく

    11/22(水) 12:00配信 ザ・テレビジョン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00128706-the_tv-ent

    【【音楽】<今、高校ダンス部がもっとも踊っている楽曲を発表!> 3位:恋 / 星野源 2位:AGEHA / GENERATIONS 1位:TT / TWICE】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/11/04(土) 18:34:08.07 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/255427
    2017年11月4日 0:00

    KICK THE CAN CREWの楽曲「クリスマス・イブRap」が11月8日に配信リリースされる。

    「クリスマス・イブRap」は山下達郎「クリスマス・イブ」をサンプリングした楽曲で、2001年11月にKICK THE CAN CREWのメジャー4枚目のシングルとして発表され大ヒットを記録。
    しかしオリジナルアルバムには収録されておらず、デジタル配信も長らく行われていなかった。そんな1曲が、クリスマスシーズンを前に配信が決定した。

    なおKICK THE CAN CREWは本日11月4日に「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017」の一環で東京・ベルサール渋谷ガーデンで行われるイベント「SOUND JUNCTION 渋谷音楽交差点」に出演し、12月1日からはライブツアーを開催する。各公演で「クリスマス・イブRap」の生披露にも期待がかかるところだ。

    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1104/extra/news_xlarge_KICKTHECANCREW_jkt201711.jpg

    【【音楽】KICK THE CAN CREW「クリスマス・イブRap」ついに配信へ 山下達郎「クリスマス・イブ」をサンプリングした楽曲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/17(火) 21:48:33.07 ID:CAP_USER9
    10/17(火) 18:30

    MIYAVI vs KenKenの楽曲“Flashback”がTVアニメ『刻刻』主題歌に決定

    MIYAVIが11月8日(水)にリリースするアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.2』に収録の“Flashback / MIYAVI vs KenKen”が、テレビアニメ『刻刻』主題歌に決定した。

    『刻刻』は、2018年1月よりTOKYO MX、BS11にて毎週日曜24:30から放送予定で、Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信予定となっている。

    この楽曲に対してMIYAVIは以下のようにコメントしている。

    この一瞬を、止めたい。
    けれど、止められない。止めてはいけない。
    死にゆくアンドレを、刻の止まった世界で見守る樹里ちゃんの気持ち、
    痛み、もどかしさ、やるせなさ、無力感を表現させていただきました。
    アクション・シーンに関しては、「淡々と、刻が、流れていく」という、
    無情で、暴力的な側面をオーケストレーション・ヒットと共に、形にしてみました。


    また、同曲が流れるテレビアニメ『刻刻』のティザー映像も公開された。


    なお、“Flashback / MIYAVI vs KenKen”は10月20日(金)の81.3FM J-WAVE『AVALON(ナビゲーター:KenKen)』にて楽曲初解禁される。

    ●リリース情報
    『SAMURAI SESSIONS vol.2』
    発売日:2017年11月8日(水)
    初回限定盤(CD+DVD)¥5,000(税別) TYCT-69120
    通常盤(CD)¥3,000(税別) TYCT-60108

    ●番組情報
    テレビアニメ『刻刻』
    2018年1月よりTOKYOMX、BS11にて毎週日曜24時30分より放送予定。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171017-00168413-rorock-000-1-view.jpg
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00168413-rorock-musi

    【【音楽】MIYAVI vs KenKenの楽曲“Flashback”がTVアニメ『刻刻』主題歌に決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/17(木) 01:46:16.35 ID:CAP_USER9
    歌手の広瀬香美が、10日に自身のブログを投稿。海外の大物アーティストの楽曲を批判しているとも取れる内容が話題になっている。

    広瀬は自身のブログでアメリカのロサンゼルスに戻ったことを報告。また、ラジオのヒットチャートに触れながら「Kendrick LamarさんのHumbleという曲があるのですが、もうかれこれ数ヶ月、この曲もヘビロテ、大ヒット中なのです。」と綴った。

    ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)は、昨年開催された第58回グラミー賞で、マイケル・ジャクソンの12部門に次ぐ歴代2位となる11部門にノミネートされたことでも話題となっており、世界を代表するアーティストと言われている。

    日本では、ケンドリック・ラマーの最新アルバム『ダム』(原題:DAMN.)を冠したTシャツが、かねてからHIP HOP好きの芸能人が着用した写真を自身のSNSにアップしたりするなどの人気を博していたが、先日AKB48選抜総選挙にて結婚宣言をした須藤凜々花が、宣言翌日にこのTシャツを着てマスコミの前に姿を現した。

    「DAMN.」は、ちくしょう、くそ、等の意味を持つため、これがこの前日、AKB48・OGの大島優子がFから始まる4文字のワードが書かれた帽子でメッセージを残したことへのアンサーなのではないか?と話題にもなったことで記憶に新しい。

    広瀬はこの大物アーティストの楽曲に対し、続けて「なんだか、私、この曲のイントロがなりだすと、イライラしてくるんです。」と、まさかの発言。

    そして「なんか、言葉では言い表せないのですが、『もっとちゃんと歌ってよ!』って、言いたくなる軽さが、たまらなくイラっと。。。」と、その理由を述べながら、ブログ読者にもイライラがわかるはずと同曲のYouTube動画を紹介した。

    これに対してネットからは「ヒット曲はしつこいくらいヘビープレイされるのが当然だ。」「いちいちディス共感を求めないでくださいね。」「あなたの曲がイライラすると言われたらどういう気持ちですか?」などの意見が相次いだ。

    HIPHOPには思いを伝える手法として相手を貶めたり、メッセージを放つ「dis(ディス)」というパフォーマンスの文化があり、受けた相手側がそれに対してアンサー(ソング)を発表するという流れも根付いている。広瀬の発言はこの文化を踏まえてのあえての発言なのか?意図は16日現在明らかにされていないが、その真意が気になるところだ。

    2017年8月16日 21時0分 E-TALENTBANK
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13481725/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/0/f0f32_1628_cd0ffee0437752e62c8ba5d60f5b782e.jpg

    動画MV Kendrick LamarのHumble
    https://youtu.be/tvTRZJ-4EyI


    引用元: ・【音楽】<広瀬香美>海外の超大物の楽曲に「イライラ」!?ネット「あなたの曲がイライラすると言われたらどういう気持ちですか?」©2ch.net

    【【音楽】<広瀬香美>海外の超大物の楽曲に「イライラ」!?ネット「あなたの曲がイライラすると言われたらどういう気持ちですか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ