よろしくおながいします。

    椎名林檎

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しにして頂戴 2015/02/05(木) 18:04:39.59 ID:???
    椎名林檎 - 青春の瞬き
    http://www.youtube.com/watch?v=Cayh-Wyd0Jc



    Royksopp - What Else Is There? (HD)
    http://www.youtube.com/watch?v=KLpkXtM-VI8


    【【盗作】椎名林檎またまたパクリが発覚!【夫婦】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/05/27(日) 18:14:10.61 ID:T94+GbT60
    https://youtu.be/Iu6CnessrC8




    「椎名林檎」という芸名は、高校1、2年生の時、「ここでキスして。」「ギブス」「茜さす帰路照らされど」「虚言症」などの作品を初めてJASRACへ著作者登録をする際に筆名が必要となり、
    あくまで一時的なつもりで使用したのが始まりで、なぜ「林檎」と命名したかについては、自身のバンド活動もドラマーから始まったということもあってビートルズのドラマーだったリンゴ・スターの名前を借用したと語っている。


    椎名林檎、本日デビュー20周年
    https://i.imgur.com/s2unY7i.jpg

    http://skream.jp/news/2018/05/sheena_ringo_live_gyao_streaming.php

    【【悲報】椎名林檎さん、15歳時点で「ここでキスして」「ギプス」など作曲してしまうwwywwyww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2018/05/28(月) 20:57:29.40 ID:CAP_USER9
    シンガー・ソングライターの椎名林檎が27日にデビュー20周年記念日を迎えたことを記念し、持ち歌全188曲のサブスクリプション型(定額制)
    配信サービスを開始した。

     1998年5月27日、シングル「幸福論」でメジャーデビューした椎名は、CDシングル/アルバム全29タイトル、デジタル配信作品を含め、
    全188曲を発表。そのすべての楽曲をApple Music、Spotify、LINE MUSIC、Amazon Musicなどで順次配信する。

     また、約4年ぶりとなるアリーナツアー『椎名林檎(生)林檎博’18 ―不惑の余裕―』の開催も決定。10月20日の静岡・エコパアリーナを皮切りに、
    11月30日の福岡・マリンメッセ福岡まで4都市で8公演が行われる。

     デビュー20周年記念日を迎えた椎名は公式ツイッターで「きょうという日を迎えても変わらずどんと構えているつもりでしたがいつもに増して
    温かいお便りをありがとうございます。どっこい緊張して参りました。思えばそんな繰り返しの二◯年、あっちゅうまでした。今後はもっと半笑いで
    茶化していただける大人を目指します。引き続きどうぞご贔屓に。毎度あり!」とファンにメッセージを送っている。

    ■『椎名林檎(生)林檎博’18 -不惑の余裕-』
    10月20日(土):静岡・エコパアリーナ
    10月21日(日):静岡・エコパアリーナ
    11月2日(金):大阪・大阪城ホール
    11月3日(土・祝):大阪・大阪城ホール
    11月22日(木):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
    11月24日(土):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
    11月25日(日):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
    11月30日(金):福岡・マリンメッセ福岡

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000352-oric-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180528-00000352-oric-000-2-view.jpg

    【【音楽】椎名林檎、20周年記念で全188曲サブスク解禁 4年ぶりアリーナツアーも決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/12/23(土) 21:32:11.21 ID:CAP_USER9
    椎名林檎と共演したハマ・オカモト「姫のお供は約2年ぶり」
    2017.12.23 19:15
    http://japan.techinsight.jp/2017/12/maki12231559.html
    http://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2017/12/hamaokamoto_okaomotoreiji_msta_20171222.jpg
    ハマ・オカモトとオカモトレイジ(画像は『ハマ・オカモト 2017年12月22日付Instagram「姫の演奏にお供するのは約2年ぶりでした。」』のスクリーンショット)

    12月22日、テレビ朝日系で生放送された『MUSIC STATION SUPER LIVE 2017』で椎名林檎と松崎ナオが『おとなの掟』をテレビ初披露した。
    テレビドラマ『カルテット』主題歌として番組限定ユニット「Doughnuts Hole」が歌ったものを、原作者の椎名がセルフカバーしたものだ。

    松崎ナオ(41)は椎名林檎(39)と同じ1998年にデビューしている。同世代でもあり気が合うようで、椎名が2002年に出したカバーアルバム
    『唄ひ手冥利~其ノ壱~』収録の『木綿のハンカチーフ』でゲストボーカルを務めた。今回は20周年を迎える2人のコラボによる『おとなの掟』が実現、22日に配信限定でリリースされた。

    『Mステスーパーライブ』のステージにて彼女たちをサポートしたバンドで、ベースを担当したのがハマ・オカモトである。
    彼は出演後に『ハマ・オカモト hama_okamoto Instagram』で「姫の演奏にお供するのは約2年ぶりでした」と振り返っている。

    2015年9月23日、およそ10時間にわたり放送された『MUSIC STATION ウルトラFES』で椎名林檎が『丸の内サディスティック』をパフォーマンスした際に、
    バックバンドをハマ・オカモトとオカモトレイジ、浮雲(長岡亮介)、ヒイズミマサユ機、村田陽一が務めた。

    久々に椎名林檎と共演して「松崎さんも最高でしたね。名越さんとは念願叶って初対面」というハマ・オカモト。名越由貴夫は長髪のギタリストである。
    また「ドラムの方ははじめましての人でした」とオカモトレイジとの2ショットを公開しており、OKAMOTO’S以外でも一緒になることが多いようだ。

    【【芸能】椎名林檎と共演したハマ・オカモト「姫のお供は約2年ぶり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/12/06(水) 02:03:17.28 ID:CAP_USER9
    【椎名林檎・秋山竜次/モデルプレス=12月6日】アーティストの椎名林檎が、5日放送の日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」(月~木は23時、金は23時30分)に出演し、女優でキャスターの桐谷美玲と対談を行った。

    ◆椎名林檎、ロバート・秋山への楽曲提供願望

    自らヒット曲を生み出す一方、デビュー間もないころから様々なアーティストやCM、ドラマなどに楽曲提供を行ってきた椎名。桐谷から「今一番楽曲提供したい人は?」と問われると、「秋山さん」とお笑いトリオ・秋山竜次を指名した。

    意外な回答に、桐谷は「秋山さん?」と驚きながらも、秋山がさまざまなキャラクターになりきる“クリエイターズ・ファイル”のファンという椎名に「私も大好きです」と共感。

    椎名は、秋山に曲を書きたい理由について「ご自身で全部なさっちゃうじゃないですか。(他人から)ちゃんとオートクチュールされたものもいいんじゃないですかね」と話した。

    ◆“ブス”を描く椎名林檎 楽曲制作への「使命感」

    誰もが持っている醜くも人間らしい一面、“女性がブスになる瞬間”を描き続けてきたという椎名。その真意について「同じような思いをしたことのある女の子がスカッとしてくれれば」と話し、「昔から、消えてなくなりたいって言っているような女の子が元気になってやっぱり死にたくなくなったとか、そういう事が起きないと意味がないと考えている。ちょっと明日が楽しみになるようなことをしないと、というような使命感でしょうか」と楽曲制作への姿勢を語った。(modelpress編集部)

    情報:日本テレビ

    https://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1732465/
    椎名林檎(左)、楽曲提供したい相手にロバート秋山竜次を指名 (C)モデルプレス
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/modelpress/modelpress_1732465_0-enlarge.jpg

    【【芸能】椎名林檎、いま楽曲提供したい相手はロバート・秋山竜次 理由は?】の続きを読む

    このページのトップヘ