よろしくおながいします。

    暴露

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/08/15(火) 09:57:07.01 ID:CAP_USER9
    ビートたけし(70)が総合司会を務め、関ジャニ∞村上信五(35)が番組を盛り上げる“キャプテン”を務める『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)が、9月9日~10日に放送される。
    ジャニーズ事務所からは、村上含む関ジャニ∞メンバー全員と、NEWS増田貴久(31)、A.B.C-Z塚田僚一(30)の出演が発表されており、放送を楽しみにしているファンは多いようだ。

    毎年生放送で進行していた同番組だが、今年は事前収録の映像が流されることも話題に。
    また、中居正広(44)と明石家さんま(62)が登場し、2000年から毎年『27時間テレビ』の深夜帯に放送されていたコーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」が、今年は放送されないことが決定。
    長年続いたコーナーであり、一般層からの人気も高かっただけに、落胆の声は多い。

    しかし、「さんま・中居の今夜も眠れない」といえば、開始当初から「さんまと中居のどちらかが結婚した場合、本コーナーは終了する」という“お約束”が設けられている。
    現在まで、さんまも中居も結婚するという発表はされていないため、今年同コーナーが放送されないことに違和感を感じる人は多いようだ。
    そんな中、8月12日に放送されたラジオ『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)にて、コーナーを終了するに至った経緯をさんまが語った。

    同コーナーの終了にあたり、さんまが気になっている女性をランキング形式で発表していく「ラブメイト10」も放送されないことを惜しむリスナーからのメッセージを、さんまが紹介。
    その流れから、「『さんま・中居』だけは別でやりたいって言ったんですけども、やっぱ今はジャニーズ事務所側も、『中居を生放送でさんまさんと絡ますのは……』っていうことで、ペケになったんですけども」と、コーナー終了の経緯を説明。
    「オレも大人やから、言うたらあかんこと言わへん。なにを恐れてらっしゃるのかな」とコメントしており、さんま自身はこの終了理由に納得していないようであった。

    また、今年『27時間テレビ』が放送される9月9日は、稲垣吾郎(43)・草なぎ剛(43)・香取慎吾(40)がジャニーズ事務所を退所する日でもあるため、「そんな日に中居が生放送でな、(メンバーと)別れるわけ」と、さんまは中居を気遣ってもいるよう。
    その一方で、「中居も世間に対して正直なコメントも言いたいやろうし、すべて言えることじゃないやろうけども、本当にタチの悪い正論と正論がぶつかり合ったことでしたからね」と、中居になにかを語らせたいという気持ちがあることをうかがわせた。

    さんまのこの発言により、「さんま・中居の今夜も眠れない」の終了は、“ジャニーズ事務所の要求”が少なからずあったことが判明。そのため、ファンからは「この2人に語られたらヤバいことがあるってバレちゃってるじゃん。本当、なにを恐れてるんですか?」「ジャニーズがせっかくの人気企画を終了させたってことか……最悪だな……」「こんなの触れて欲しくない事があるって言ってるのと同義じゃないか……やましいことが無いなら、NG出す必要ないよね?」など、批判や疑問の声がネット上に多数投稿されている。

    さらに、ファンの間では「ジャニーズ事務所はSMAPメンバーが出演する生放送番組を避けているのでは」との臆測が飛び交う事態にまで発展。
    というのも、先日放送終了が発表された香取出演の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)も生放送で、香取自身の口から番組継続について前向きなコメントがあったり、同番組のプロデューサーを務める奥田創史氏からも「当面の目標は20年のお祝いを番組としてもちゃんとできれば」と目標に掲げていたりしていたため、放送開始15周年での終了に納得がいっていないファンはいまだに多い。

    また、中居が司会を担当するバラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)も、今年4月にゴールデンタイムでの生放送に変更。
    火曜深夜枠での放送から、月曜午後8時枠のレギュラー番組としてスタートしたものの、6月・7月とすでに放送が“月1回”の頻度に減少している。
    平均視聴率が5~7%と低水準であることも放送頻度が激減した原因だと考えられるが、ファンからしたら「さんま・中居の今夜も眠れない」『SmaSTATION!!』の終了も、『ミになる図書館』の現状も、事務所に不信感を覚えるひとつの要因になってしまっているようだ。

    SMAPが解散を発表してから1年。
    まだまだ彼らに関する話題は尽きないようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1344774/

    【【芸能】中居正広との共演消滅をさんまが暴露 生放送の”タブー視”に疑問の声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/08/14(月) 04:42:29.34 ID:CAP_USER9
    雨上がり決死隊の宮迫博之の不倫問題が波紋を呼んでいる。
    アトラスでも宮迫不倫事件をきっかけに芸能人の傷の舐め合いに対して視聴者が反感を抱いているという記事を掲載したが、本当に宮迫博之は心から反省しているのであろうか?

    宮迫博之が行なった謝罪会見での、長く頭を下げ続ける冒頭のパフォーマンスや、一部だけは素直に認める発言などは、謝罪会見を演出するプロのマニュアルどおりであり、用意周到にプロによって準備された進行台本に沿って宮迫が名演技で乗り切ったドラマ作品だという辛口の指摘もある。
    また、宮迫が明かした妻の『家族だから、私が助けるよ』という発言も、視聴者の共感を得るために宮迫がかなり盛った創作ではないかとも言われている。

    それどころか、文春砲は宮迫ネタの第二弾を持っていると噂されている。
    あくまでウワサの域を出ないのだが、宮迫にパワハラで罵倒された一般人や、やり捨てられた一般女性がこれまでに文春に駆け込んでいるというのだ。
    今回、宮迫はうまく乗り切ったと思っているかもしれないが、各週刊誌に複数の人間が自分の醜聞を売り込んでいるという危機的状況を自覚すべきではないだろうか。

    http://mnsatlas.com/?p=23864

    【【芸能】<不倫疑惑の宮迫博之> パワハラで罵倒された一般人や、やり捨てされた一般女性の暴露が“文春砲第二弾”に込められるとの噂】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/08/12(土) 08:47:14.16 ID:CAP_USER9
    アルバイトする芸能人といえば、多くの人は売れていない芸人を想像するだろう。
    だが、実際には売れっ子と呼ばれる芸能人であってもバイトに精を出すケースがあると聞いた。
    果たしてそこにはどんな事情があるのか。詳細を取材した。

    「売れていて知名度も年収も高い芸能人であってもアルバイトをすることはあります。
    好奇心や経験を得るためではありません。
    この場合のバイトはお金目的というよりも、お付き合い的な意味合いが強いものです」(プロダクション関係者)

    お付き合いの意味でのアルバイトとは、どういうことなのか。

    「普段から親交が厚い企業から依頼されたり、今後関係を深めたい企業からの依頼が発端となります。
    たとえば、社長の誕生日パーティーに来てほしいとか、個人的に飲みに行きたいなどという依頼を高額なギャラと合わせて提示されるんです。
    たいてい断りますが、相手次第ではアルバイトとして参加させています」(同)

    芸能人がこのような宴会に参加すれば盛り上がることは間違いないだろう。
    しかし、この程度のことなら、大したことではないように思えるのだが。

    「もちろん、これは一例で、それ以上の関係を求められることもあります。つまり、カラダの関係ですね。
    枕営業は仕事を得るために有力者に肉体を提供しますが、アルバイトの場合にはお金の見返りに肉体を提供するというシンプルな関係です。
    金持ちの中には大枚をはたいてでも売れっ子芸能人を抱きたいと考える人間がいます。
    その話を受ける側も、今後のお付き合いなども頭にありますから、断りにくい相手だと受け入れることがあるんです」(同)

    なんとも生々しい話だが、こうした事例が多数あるというから驚きだ。
    そして、どの程度のお金が動いているのか。

    「パーティーへの参加レベルならば200万円から500万円が相場です。
    個人的な自宅飲みなどに参加するとなれば700万円から1000万円、
    それ以上の深いお付き合いとなると、タレントにもよりますが一晩で1000万円オーバーが多いです」(同)

    このようなアルバイトの話は事務所を経由してくるのがほとんどで、つまり半ば“公認“だという。

    「金銭の授受は個人間で行うのでノータッチですが、基本的には事務所の意向で受けているバイトなので、本人を説得した上で応じてもらっています」(同)

    どのレベルまで応じるかはタレントごとに異なるというが、CMを何本も持つような超売れっ子であっても肉体関係の要求に対応する場合もあるというのだから驚きだ。
    やはり芸能界は世間一般の常識でははかれない世界だ。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14075_entry.html

    【【芸能】売れっ子芸能人の危険なアルバイト事情を関係者が暴露 “一晩の宅飲み”で700~1000万円レベル、肉体提供だと…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 17:55:59.90 ID:CAP_USER9
    毎年、夏の恒例行事として放送されてきたフジテレビ系列の大型特番『FNS27時間テレビ』が大きく変わろうとしている。
    今年はビートたけしを総合司会に迎えるが、その放送予定は9月だ。
    さらに、内容も歴史をテーマにしたもので、バラエティ色が排除される可能性が高いという。

    視聴率不振に悩むフジテレビだけに、歴史ある大型特番にもメスを入れたと考えられるが、実際にはほかの事情も複雑に絡んでいると関係者から聞いた。

    「今回、放送時期をズラした理由のひとつは、過去の『27時間テレビ』とは全く別の番組になるということをアピールするためだといわれています。
    今年も過去の視聴率とは比較されるでしょうが、時期が違えば大コケしても言い訳できます。
    さらに、もうひとつの理由として、これまでの『27時間テレビ』で行ってきた恒例コーナーを打ち切る言い訳にもなるという点が挙げられます」(テレビ局制作関係者)

    恒例コーナーの打ち切りとはどういうことか。

    「それこそが大ナタを振るった本当の理由といわれていますが、そもそも今年の『27時間テレビ』の放送を考える上で最大のネックだったのが『さんま・中居の今夜も眠れない』でした。
    詳細が発表される日にはまだ中居正広さんがジャニーズ事務所に残留するかどうか不明だったので、例年通り放送した場合、退所報道が出たあとに番組に出演する可能性があったんです。
    それは事務所にとって最悪。そのため、中居さんの動向を把握した上で放送するために9月に放送をズラしたといわれているんですよ。
    仮に残留なら何事もなかったように同コーナーを放送し、事務所を辞めるならコーナーを放送しないという手筈が整えられていました。
    そして残留が決まりましたので、同コーナーを存続する方向で調整されると思います」(同)

    驚くべきことに、SMAP解散の余波によって歴史ある番組の放送時期が変わったのだという。
    だが、結果的には歴史をテーマにするなど番組内容まで変わってしまったのは、なぜなのか。

    「放送を9月にズラしたとしても番組内容がこれまで通りであれば、中居さんが原因で放送時期が変わったと世間一般に悟られる可能性がありました。
    そのため、そもそも同コーナーを放送しなくても不自然でないようにするため、番組コンセプトそのものを変えたといわれています。
    フジとしては話題性がほしいので例年通りに放送したかったのでしょうが、事務所としては去年の経緯もあって出演には後ろ向きでしたから、さまざまな議論の末に番組内容まで変わってしまったわけです」(同)

    何度も議論が重ねられ、放送時期、さらには内容の大幅な変更という結果に行き着いたといわれるが、両社が話し合った片鱗が今年のキャストに現れているという。

    「たけしさんのアシスタント役で関ジャニ∞の村上さんが出ますが、そもそもとしてこうした重要なポストに入っているのは、両社で話し合ったからこそだとささやかれています」(同)

    ビートたけしが出る以上、歴史という真面目なテーマでありながらも面白い内容が期待できるが、ここにもジャニーズの影があったとは驚きだ。

    http://tocana.jp/2017/07/post_13596_entry.html

    引用元: ・【テレビ】すべては中居正広のせい…『FNS27時間テレビ』の内容がガラリと変わる黒すぎる事情とは !? 関係者が暴露「またしても…」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【テレビ】すべては中居正広のせい…『FNS27時間テレビ』の内容がガラリと変わる黒すぎる事情とは !? 関係者が暴露「またしても…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/07/15(土) 05:24:10.39 ID:CAP_USER9
    2017.7.15 05:02

     少年隊・錦織一清(52)が14日、東京・王子の北とぴあ・つつじホールで開幕した舞台「寝盗られ宗介」(17日まで)の会見を同所で行った。

     同作は劇作家、故つかこうへいさんの代表作で、演出を担当する錦織は「つかさんの作品をやると、その中につかさんがいるので会える。良い機会をいただいた」と喜んだ。
    舞台の師匠であるつかさんの厳しさについて「地方公演のとき、新幹線の通路で稽古をさせられた。
    後ろから来る売り子さんたちがつまっていた」と暴露し、笑わせた。


    http://www.sanspo.com/geino/news/20170715/joh17071505020002-n1.html

    【【舞台】少年隊・錦織、“師匠”つかさんの厳しさ暴露「新幹線の通路で稽古」】の続きを読む

    このページのトップヘ