よろしくおながいします。

    映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/08/16(水) 07:48:15.41 ID:CAP_USER9
    2005年、KAT-TUNの亀梨和也(31)と山下智久(32)がドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)の役の名前でデュオを組み、
    “修二と彰”としてリリースした『青春アミーゴ』がミリオンヒットを記録した。

    二人は今年、“亀と山P”として再びタッグを組み、ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)
    の主題歌『背中越しのチャンス』をリリースしたが、このようにドラマや映画の役柄として楽曲を実際に発表し、大ヒットにつながる例は数多い。

    俳優の桐谷健太(37)はauのCMの役柄である浦島太郎として歌った『海の声』をデジタル配信し、大ヒット。
    『第58回輝く!日本レコード大賞』にて優秀作品賞を受賞したり、『NHK紅白歌合戦』に出場するなど異例の活躍を見せた。

    また、若手イケメン俳優の菅田将暉(24)は、音楽グループ“GReeeeN”の代表曲『キセキ』誕生にまつわる軌跡を描いた映画『キセキ ?あの日のソビト?』に出演。
    共演の成田凌(23)、横浜流星(20)、杉野遥亮(21)とともにGReeeeNの前身グループとなった、“グリーンボーイズ”を演じた。
    さらに4人は実際にCDデビューを果たし、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、『キセキ』と『声』を熱唱して大きな話題を呼んだ。

    2002年公開の映画『黄泉がえり』の主題歌『月のしずく』を役柄のRUI(ルイ)名義で歌い、100万枚を超える大ヒット曲となったのが、女優の柴咲コウ(36)。
    ちなみに柴咲は2004年放送のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)の主題歌『かたち あるもの』を本人名義で歌い、
    60万枚を超える大ヒットを記録。現在まで女優業と歌手活動を続けている。

     “別に”騒動の1年前となる2006年、女優の沢尻エリカ(31)は2006年放送のドラマ『タイヨウのうた』(TBS系)にて、太陽の光に当たれない病気にかかり、
    夜しか活動できないミュージシャンの雨音薫を熱演。役名の“Kaoru Amane”名義で歌手デビューした。
    楽曲はオリコンチャートで2週にわたり1位となるなど大ヒット。騒動がなければ、歌手として活躍できていたかもしれない。

    「ドラマや映画の作品内では楽曲が印象的に使われると、普通にCDをリリースするよりはヒットする確率が高くなります。
    音楽不況の時代ですから、こういった手法は今後も増えていく可能性がありますね」(音楽プロデューサー)――
    この先も、まだまだ“歌ウマ”俳優のデビューが続くかも!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1345107/
    2017.08.16 07:30 日刊大衆

    https://www.youtube.com/watch?v=NTe3CUmDRig


    月のしずく

    引用元: ・【芸能】ドラマ・映画の役柄で歌手デビューした俳優たち [無断転載禁止]©2ch.net

    【【芸能】ドラマ・映画の役柄で歌手デビューした俳優たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 16:05:03.54 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/eiga/news/242119
    2017年7月25日 10:00

    スティーヴン・スピルバーグが監督を務める「Ready Player One(原題)」の特別映像が、YouTubeにて公開された。

    アーネスト・クラインのSF小説「ゲームウォーズ」をもとにした本作は、“オアシス”と呼ばれるバーチャル空間を舞台にしたアクションアドベンチャー。
    主人公ウェイドを「X-MEN:アポカリプス」のタイ・シェリダンが演じ、オリヴィア・クック、サイモン・ペッグ、ベン・メンデルソーン、マーク・ライランス、ダンスボーカルユニットPrizmaXの森崎ウィンらがキャストに名を連ねる。

    映像は、アメリカ・サンディエゴで開催されたイベント、コミコン・インターナショナルにて披露されたもの。
    「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアン、「アイアン・ジャイアント」のアイアン・ジャイアント、「エルム街の悪夢」のフレディ・クルーガー、「AKIRA」で金田が駆るバイクらしきものが次々に登場する。

    スピルバーグはイベントにて、「ここで見せる映像は、短いけど誇りを持って見せられるもの。この先発表される作品のテイストを感じられるものだ」とコメント。
    シェリダンは「このプロジェクトに関われることをとても光栄に感じている。今このコミコンで、みんなとこうしてここにいられることを、とてもうれしく思うよ」と話した。

    「Ready Player One」は2018年に日本公開。

    動画:映画『レディ・プレーヤー・ワン(原題)』コミコン予告【HD】2018年公開
    https://youtu.be/KmvsxSHujaI



    http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1707/0725/extra/news_xlarge_readyplayerone_201707.jpg

    【【映画】「AKIRA」金田のバイクが登場?スピルバーグ「Ready Player One」映像解禁】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/07/24(月) 05:04:26.87 ID:CAP_USER9
    2017-07-24 05:00

    木村拓哉&二宮和也の共演作『検察側の罪人』キャスト発表 ヒロインは吉高由里子

     元SMAPの木村拓哉、嵐の二宮和也が初共演する映画『検察側の罪人』(原田眞人監督、2018年公開)のキャストが24日、発表された。木村、二宮の“正義”を巡る闘いの行方を左右する重要なヒロインを吉高由里子が演じるほか、松重豊、平岳大、八嶋智人、大倉孝二らが出演する。

     原作は『犯人に告ぐ』『クローズド・ノート』の雫井脩介氏によるミステリー小説。エリート検事・最上(木村)と、彼を師と仰ぐ駆け出しの若き検事・沖野(二宮)。2人が担当することになったある殺人事件で、かつて最上にとって大事な人の命を奪い、時効を迎えた未解決殺人事件の容疑者が再浮上する。
    その男を執拗に有罪に仕立てようとする最上と、それに疑問を覚えた沖野の間に徐々に亀裂が走り始め、やがてそれぞれの“正義”のもとに決裂した2人が、敵同士となって対峙していく。

     新たに出演が発表されたのは、検察事務官・橘沙穂役の吉高のほか、正義とは対極を成す社会の必要悪である闇社会のブローカー・諏訪部役の松重、
    最上の重要な決断に影響を及ぼす同級生の国会議員・丹野役の平、沖野と共に検察との闘いに挑んでいく弁護士・小田島役で八嶋、
    凶悪な殺人事件の容疑者の一人である弓岡役の大倉。矢島健一、音尾琢真(TEAM NACS)、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜も出演が発表され、人権派大物弁護士・白川雄馬を山崎努が演じる。

     吉高は、役柄について「幼い頃のある出来事がきっかけで検察事務官になるというすごく信念のある強い女性像です」と説明し、「初めて挑戦する役どころを楽しみながら演じていきたいと思います」と意気込み。
    「木村さん二宮さんそして共演者の方々、スタッフの皆さんと一緒にチームワーク良く撮影に挑めたらなと思います」と話している。

     「私が演じるのは悪い老人の役です」と明かした松重は、原田監督の要望に応えて髪を染めず白髪で臨んだといい、「思ったより白くて、一気に老け込みました。不良にでもならないとやってられない気分です」と告白。
    「木村君も二宮君も以前ガップリ組ませていただいたことがあります。今回はどちらも全く違った関係性なので、どんなことになるやら、乙女のようにワクワクしています」と期待を込めた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    映画『検察側の罪人』に出演する(上段左から)吉高由里子、松重豊、山崎努(中段左から)平岳大、八嶋智人、大倉孝二、矢島健一(下段左から)音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170724/2094586_201707240147960001500840011c.jpg
    http://www.oricon.co.jp/news/2094586/full/

    【【映画】木村拓哉&二宮和也の共演作『検察側の罪人』キャスト発表 ヒロインは吉高由里子】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 17:03:32.83 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/cinema/detail/1701724
    2017.07.20 12:09

    映画『銀魂』(主演:小栗旬、脚本/監督:福田雄一)の公開を記念し、原作者・空知英秋氏の描き下ろしメッセージが全文公開された。

    「皆さんがこの本を手にする頃に既に映画は公開され、ヤフーレビュー等で袋叩きになり やっぱり銀魂は空知先生が一番だな という書き込みを読んで 僕がほくそ笑んでいる頃でしょうが」という邪悪な書き出しから始まる「映画 銀魂 SILVER MEMORIES ビジュアルブック」(集英社刊)に掲載されたメッセージには
    「実写が合わなかった人達、そしてこれから映画を観に行く奇特な人達のためにここさえおさえて見れば絶対面白いよという僕なりのオススメポイントをまとめてみました」とある通り、
    空知氏ならではの11個のオススメポイントが羅列されており、映画を見た人も、これから見る人も楽しめる内容。

    1. 小栗くんのアゴ芸(この映画でしか観れません)

    2. 菅田くんのボタン(あっそういう風になってたんだ)

    3. 環奈ちゃんのハナクソ(10万円で売ってください)

    4. 環奈ちゃんのゲロ(じゃぁ20万でどうですか)

    5. また子のまた(ムラムラします)

    6. まさみのまさ(ムラムラします)

    7. 佐藤二朗(全部面白いです ただし全部ただの二朗です)

    8. 桂を背後から狙うスナイパー(かつら うしろォォォ!!)

    9. 高杉が天人と一緒に立ってる絵ヅラ(いや君はもうとっくにブッ壊れてるよ)

    10. 消えるエリザベス(いやそんな設定ねェよ)

    11. 裏主題歌(これ配信とかしたら また一儲けできますぜ どうですか福田のアニキ)

    (続きはソースをご覧下さい)
    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/aa/4c1/w720c-e_27d12312ee96a845710981e138c50999a7a08db081994180.jpg
    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/aa/ed1/w720c-e_f2fe328c38985a16f80659c1db40cc790f03bd48e7b9a00d.jpeg

    【【映画】「銀魂」原作・空知英秋氏が選ぶ見どころ11個、「小栗くんのアゴ芸」「環奈ちゃんのハナクソ」など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/07/09(日) 21:41:56.74 ID:CAP_USER9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0092771
    2017年7月9日 19時03分

    キアヌ・リーヴスが、スタイリッシュアクション待望の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』を引っ提げ、日本へやってきた。
    今回はチャド・スタエルスキ監督も一緒に! 今アクション映画界に再び活気をもたらしているその2人が、本作でオマージュを捧げた名作から、影響を受けた日本のアニメまでを語った。

    オープニングシーンはバスター・キートン、鏡張りの部屋でのファイトシーンは『燃えよドラゴン』という具合に、生粋のアクションファンである2人がつくった本作は、名作へのオマージュが満載だ。「子供のときから楽しんできた映画にこの作品を捧げたいという想いがあった。結果的に、素晴らしいアクション映画は何によってつくられているのかという歴史を示すことにもなったね。それにこの映画をつくるのは楽しいことなんだ。だからこの映画をあまり真面目に捉えすぎないようにしてほしいと思って、遊び心を取り入れた。この映画を観るときは、思い切り楽しんでほしくてね」とサービス精神旺盛なチャド。

     具体的に影響を受けたものを尋ねると、バスター・キートン、黒澤明、セルジオ・レオーネ、スティーヴン・スピルバーグ、オーソン・ウェールズ、アンドレイ・タルコフスキー、ブルース・リー、フランシス・フォード・コッポラ、ベルナルド・ベルトルッチ……と枚挙にいとまがない。「ベルトルッチからの影響は大きいね。実際に同じロケーションでも撮影したし。いろんな要素を取り入れるのは面白かったよ。音楽でもビジュアルでも、過去の名作にオマージュを捧げているのがわかると思う」と笑うチャドは、もはやアクション映画だけにとどまらないかなりのオタク気質だ。

    その守備範囲は日本のアニメも含むほど。「『攻殻機動隊』はオールタイムベストの1本だね。あとは、『獣兵衛忍風帖』かな。構図に関して影響を受けていると思うよ。フレーミングやカメラアングルなどの美しさにね」と語るチャドに対し、キアヌも「僕のお気に入りは、『AKIRA』に『攻殻機動隊』。それから『獣兵衛忍風帖』。(過去にキアヌ主演で実写化の企画があった)『カウボーイ・ビーパップ』もワケあってよく知っているよ」と日本アニメへの興味を示す。
    (続きはソースをご覧下さい)

    https://img.cinematoday.jp/a/N0092771/_size_560x/_v_1499594580/main.jpg
    https://img.cinematoday.jp/a/N0092771/_size_560x/_v_1499594580/02.jpg

    【【映画】キアヌ・リーヴス、大好きな日本アニメは『AKIRA』『攻殻機動隊』『獣兵衛忍風帖』】の続きを読む

    このページのトップヘ