よろしくおながいします。

    日本公演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/13(水) 22:54:31.35 ID:CAP_USER9
    韓国の人気男性グループ「東方神起」のユンホさん(32)が、日本公演のステージ上で「猿」を真似たようなジェスチャーをしたことが、インターネット上で「差別的だ」と物議を醸している。

    2018年6月10日、日産スタジアム(横浜市)で行われたコンサート。7万人超の観衆が見守るなか、ユンホさんは突如として猿マネのような変顔を披露。そして、オランウータンやゴリラを彷彿とさせる動きを見せたのだ。


    ■サッカーアジア杯の日韓戦でも

    いわゆる「猿マネ」ジェスチャーは、日韓でたびたび物議を醸してきた。

    2011年には、サッカーアジア杯の日韓戦で、キ・ソンヨン選手がゴール後のパフォーマンスで、テレビカメラに向かって猿の真似をした。これが人種差別にあたるとして、日韓両国のメディアから厳しい批判を集めた。

    当初、ソンヨン選手はパフォーマンスの対象は日本人ではないと否定していた。だが、翌12年に出演したテレビ番組では、「客席に旭日旗が見えたため、思わずやってしまった」などと振り返っていた。つまり、日本人を侮辱する意図があったと、暗に認めたのだ。

    また13年2月には、元SMAPの草なぎ剛さんが韓国のバラエティー番組に出演した際、共演者の男性タレントが草なぎさんに向けて猿マネをしたことが騒動に。このとき、男性タレントの所属事務所は現地メディアの取材に「軽率だった」と謝罪している。

    このように、日本人に対する侮辱行為だとして問題視されてきた「猿マネ」行為。それとよく似たジェスチャーを、多くの日本人が見守るステージ上で披露したユンホさんに対し、国内のツイッターユーザーからは、

    「意図しなくても差別表現に引っかかったなら、本人も素直に誤解生んだ事を詫びた方が良い」
    「海外で仕事するならなおさら差別にあたるような行為は知ってないといけない」
    「意図は分からないけど、実際に写真を見たらあまり良い気分にはならなかった」
    といった厳しい批判の声が相次いで上がっている。


    ■観客に自分のマネをするように呼びかけ...

    問題視された行為は、18年6月10日の「東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~」ファイナル公演で行われたもの。ファンのツイートの中には、ユンホさんは観客に自分のマネをするように呼びかけた上で、猿を真似たようなジェスチャーをした、との報告もあった。

    コンサートの模様は同日の衛星放送「WOWOW」で生中継されていたこともあり、ユンホさんが取った行動は多くのネットユーザーの目に留まったようだ。実際、ツイッター上には、ジェスチャー場面をおさめた動画や写真が多数アップされている。

    今回のユンホさんの行動を「侮辱的だ」と批判する意見が出る一方で、東方神起のファンからは擁護意見も目立つ。こうしたユンホさんのパフォーマンスは以前から行われていたもので、決して日本人を揶揄する意図はないというのだ。ツイッターには、

    「ユンホはオランウータン好きで昔からマネはやってて...何故今更炎上騒ぎになるんだ?」
    「ユンホはゴリラが好きなのよ、曲の中の皆真似してね~のコーナーの定番で、皆で楽しんでるの」
    などの声も寄せられている。

    はたして、ユンホさんの真意はどこにあるのか。

    J-CASTニュースは13日午前、東方神起の所属事務所「エスエム・エンタテインメント」日本法人に対し、(1)今回のユンホさんの行動に、差別的な意図はあったのか(2)猿真似のようなジェスチャーをするのは、今回が初めてなのか――などを取材で尋ねたが、同日18時までに回答はなかった。

    なお、東方神起をめぐっては、18年4月にYouTubeで公開したミュージックビデオで使用した世界地図のCGから日本の部分だけが消える編集ミスがあったとして、所属事務所が謝罪したばかりだ。

    2018/6/13 19:11
    https://www.j-cast.com/2018/06/13331296.html

    ★1が立った日時:2018/06/13(水) 19:43:22.35

    前スレ
    【音楽】東方神起ユンホ、日本公演で「猿マネ」 「差別的」と物議、ファン「ゴリラが好きなのよ」★ 2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528892875/

    【【音楽】東方神起ユンホ、日本公演で「猿マネ」 「差別的」と物議、ファン「ゴリラが好きなのよ」★3 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/11/13(月) 21:51:04.88 ID:CAP_USER9
    2017/11/13 01:04

    ジョニー・サンダースが亡くなる20日前に行った1991年の日本公演を収めた2CD+DVDライヴ作品が日本発売決定

    ジョニー・サンダース(Johnny Thunders)が亡くなる20日前の1991年4月3日、川崎のクラブ・チッタで行われたライヴを収録した2CD+DVDライヴ作品『Live in Japan』が日本発売決定。
    日本盤は12月20日発売。リリース元はMSI(ミュージック・シーン)。
    海外盤は英国で11月3日発売。リリース元はSecret Records。

    以下、日本盤インフォメーションより

    バックを務めるのは1988年から彼のツアー・バンドとして結成されたオッドボールズ。
    メンバーは女優としても活動していたアリソン・ゴーディ(vo)、グレン・マトロックのバンド、フィルスティンズのメンバーだったクリス・ムスト(ds)、
    スウェーデン出身のスティーヴ・クラソン(g)、スチュワート・ケネディ(b)、ジェイミー・ヒース(sax)の5人。
    「イン・コールド・ブラッド」「サッド・ヴァケイション」「ソー・アローン」などの代表曲に加え、ニューヨーク・ドールズ時代の「人格の危機」、「パイプライン」「ハング・オン・スルーピー」のカヴァーなど22曲収録。
    アンコールではジョニーがRCサクセションの『COVERS』に参加した縁で交友があった忌野清志郎が飛び入り参加し「グロリア」「ボーン・トゥ・ルーズ」「アイ・ワナ・ビー・ラヴド」を披露。
    正直画質は良くありませんが歴史的な価値のある作品になっています。DVDは5.1ch音声で収録。解説: 大鷹俊一。

    >>2以降につづく)


    http://amass.jp/97224/

    【【音楽】ジョニー・サンダースが亡くなる20日前に行った1991年の日本公演を収めた2CD+DVDライヴ作品が日本発売決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    みつを ★ 2017/10/17(火) 06:36:23.04 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3146950?cx_part=topstory&cx_position=3

    【10月17日 AFP】英シンガー・ソングライターのエド・シーラン(Ed Sheeran)(26)は16日、インスタグラム(Instagram)上での投稿で、自転車事故で負傷し、予定されているコンサートが中止になる可能性があることを明らかにした。

     シーランは1570万人のフォロワーに向け、「ちょっとした自転車の事故に遭って、医師の助言を待っているところ。今後のコンサートの一部に影響が出るかもしれない」というメッセージと共に、ギプスをして腕をつっている写真を投稿した。英紙デーリー・メール(Daily Mail)は、事故は首都ロンドン(London)で15日に起きたと報じている。

     シーランは、日本や韓国、中国・香港(Hong Kong)、フィリピン、シンガポール、マレーシア、タイ、インドを巡る大規模なアジアツアーを目前に控えており、最初のコンサートが22日に台湾の台北(Taipei)で予定されている。さらにアラブ首長国連邦(UAE)での公演も決まっている。

     シーランの楽曲は世界各国で大ヒットを記録しており、最新アルバム「ディバイド(Divide)」では、音楽ストリーミングサービス世界最大手「スポティファイ(Spotify)」でのリリース初日にそれまでの最多記録のほぼ2倍近い5700万人が視聴するという新記録を樹立している。(c)AFP

    2017年10月17日 4:06 発信地:ロンドン/英国

    米ニューヨークで公演するエド・シーラン(2017年7月6日撮影)。(c)AFP/ANGELA WEISS
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/7/700x460/img_374d8caaf0d99d9db1c46bbb5503cb3b168409.jpg

    引用元: ・【音楽】エド・シーラン、自転車事故でけが 日本公演に影響の恐れ

    【【音楽】エド・シーラン、自転車事故でけが 日本公演に影響の恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/14(木) 19:41:01.40 ID:CAP_USER9
    2017-09-14 18:25:33

    ドナルド・フェイゲン、急病により日本公演を中止

    ドナルド・フェイゲンが、体調不良により、今週アメリカで予定していた4公演をキャンセルした。残念なことに、来週開催されるはずだった日本公演の中止も発表された。

    新バンド、ザ・ナイトフライヤーズとともに北米ツアーを行なっていたフェイゲンは、火曜日(9月12日)、その夜ポートランドで予定していた公演をはじめ、シアトル(13日)、サラトガ(15日)、サンフランシスコ(16日)のツアー最後の4公演の中止を告知した。この地域の新聞『Mercury News』によると、プレスリリースには病気とだけあり、症状等具体的な説明はなかったという。

    彼は、スティーリー・ダンのバンド・メイト、ウォルター・ベッカーが亡くなった日(9月3日)の公演もキャンセルしていた。

    フェイゲンは月曜日(11日)、10月にアメリカでスティーリー・ダンの新ツアーを開催すると発表したばかり。これらの公演にも影響があるのか、まだ言及されていない。

    主催者からのアナウンスは以下のとおり。

       ◆   ◆   ◆

    ■DONALD FAGEN & THE NIGHTFLYERS 公演開催中止のお知らせ

    9/20(水) フェスティバルホール・9/22(金) 名古屋国際会議場 センチュリーホールにて開催予定だった「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」は、ドナルド・フェイゲン氏の急病により、来日公演への出演がキャンセルとなりました。
    なお、9/23(土)・24(日)横浜赤レンガにて開催予定でした「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017」への出演もキャンセルとなります。それに伴い「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017」の開催も中止となりました。

    大阪・名古屋公演のお手持ちのチケットは払い戻しをさせて頂きます。
    払い戻しの期間は9月15日(金)~10月31日(火)、お求めのプレイガイドにて払い戻しをさせて頂きます。
    「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017」の払戻詳細は改めて後日
    http://bluenotejazzfestival.jp/
    にてご案内致します。

    本公演を楽しみにしてくださっていたお客様、関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

    2017年9月14日
    株式会社クリエイティブマンプロダクション
    株式会社キョードー関西
    株式会社キョードー東海

       ◆   ◆   ◆

    ■Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017 開催中止のお知らせ

    2日間ヘッド・ライナーとして出演を予定していました「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」は、ドナルド・フェイゲン氏の急病により、来日および本フェスティバルへの出演がキャンセルとなりました。

    「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」出演キャンセルを受け実行委員会で検討しました結果、本フェスティバルの開催を中止することを決定しました。

    今回のフェスティバルには、国内外の素晴らしいアーティストの皆様に出演いただく予定になっておりました。ヘッド・ライナーである「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」を軸に各アーティストに出演のお願いをし、プログラムを組み立ててきたなかで、主催者としては「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」の出演無くしては、この音楽フェスティバルを成り立たせることは難しいと考え、開催中止という結論に至りました。

    お手持ちのチケットは払い戻しをさせていただきます。払い戻しの方法は2017年9月22日(金)に、Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017公式サイトでご案内いたします。

    本フェスティバルを楽しみにしてくださっていたお客様には、多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

    2017年9月14日
    Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 実行委員会


    https://img.barks.jp/image/review/1000146864/001.jpg
    https://www.barks.jp/news/?id=1000146864

    【【音楽】ドナルド・フェイゲン、急病により日本公演を中止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/07/27(木) 22:06:09.95 ID:CAP_USER9
    2017-07-27 10:13:54

    ロニー・ジェイムス・ディオ、“ディオ復活”ツアー開催。日本公演も

    昨年夏、ドイツのフェスティバル<Wacken Open Air>でお披露目されたロニー・ジェイムス・ディオのホログラムが、ディオの元バンド・メイト(現Dio Disciples)と共に世界ツアーを開催することが発表された。

    <Dio Returns>と名付けられた世界ツアーは、11月30日にフィンランド・ヘルシンキでヨーロッパ・ツアーをスタート。
    現在告知されているのは、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、ポーランド、スペイン、ルーマニア、ベルギー、オランダでの9公演だけだが、
    SNSに投稿されたツアー・ポスターには、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、フランス、ドイツ、日本、メキシコ、ニュージーランド、英国、アメリカ、ベネズエラの国名も見られる。

    『Rolling Stone』誌によると、ヨーロッパのあと、南米、オーストラリア、アジアを周り、北米ツアーは2018年春に行なわれる予定だという。

    ツアーには、ディオ解散時のメンバー、クレイグ・ゴールディ(G)、サイモン・ライト(Ds)、スコット・ウォーレン(Key)にビヨルン・エングレン(B)が参加し、ディオのヴォーカルは過去のライヴからのものを使うそうだ。
    元ジューダス・プリーストのティム・オーウェンズ(Vo)とOni Logan (Lynch Mobシンガー)が参加する公演もあるらしい。

    ディオの奥さんウェンディは今年春、ホログラムに批判的な意見があることに対し、こう話していた。「ポジティブなリアクションもあるし、ネガティブなものもある。実物を観たら…、すごくポジティブだと思うの。
    去年、ドイツで初披露したとき、7万5,000人が完全に、本当に驚き感動していたわ。それにライブ・バンドと一緒だったのは、あれが初めてだった。ロニーと17年間一緒にプレイしていたバンドよ。本当にリアルだった。みんな、泣いてたわ。すごく感動的だった。
    それに、ロニーを観たことがないファンにとっても素晴らしいと思う。彼を観に来ることができるんですもの」

    ギタリストのクレイグ・ゴールディは、世界で80~100公演を開きたいと『Rolling Stone』誌に話している。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000145082/001.jpg
    https://www.barks.jp/news/?id=1000145082

    【【音楽】ロニー・ジェイムス・ディオ、“ディオ復活”ツアー開催。日本公演も】の続きを読む

    このページのトップヘ