よろしくおながいします。

    日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/06/22(金) 22:48:35.13 ID:CAP_USER9
    2018/06/22
    ノエル・ギャラガー、最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かす

    ノエル・ギャラガーは最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かしている。

    世界各地をツアーで訪れるノエル・ギャラガーだが、カルチャー・サイト「ラッド・バイブル」によるインタヴューに応じて、一連のユニークな質問に答えている。

    インタヴューの中でノエル・ギャラガーは窓の外を眺めることが好きなことを指摘され、窓から眺める理想的なシチュエーションについて訊かれると、日本のホテルの名前を答えている。「そこから眺めるのが特別好きな窓があるんだけど、東京のホテルの40何階とかにあるやつでさ。パークハイアットだな。東京を一望できるんだ。いい眺めだよ」

    インタヴューではその他にも様々な質問に答えており、「セックスにお金を払ったことはあるか?」という質問に対しては笑いながら「いや、俺はないよ」と答えている。

    ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは先日、“God Help Us All (Demo)”のリリック・ビデオが公開されている。

    “God Help Us All (Demo)”は先日、シングルとしてリリースされた“It’s A Beautiful World”のカップリング曲としてリリースされている。日本では『フー・ビルト・ザ・ムーン?』のボーナス・トラックとして収録されている楽曲でもある。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/12/noel-gallagher_2-1-720x457.jpg
    https://nme-jp.com/news/57151/

    【【音楽】ノエル・ギャラガー、最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かす 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/16(土) 06:10:18.21 ID:CAP_USER9
    映画「君の名は。」の主題歌で注目を集めた人気ロックバンド「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」の新曲「HINOMARU」が話題だ。「軍歌を思わせる」と歌詞に賛否の声があがり、国会でも言及された。どんな歌詞なのか。

     「HINOMARU」は、フジテレビのサッカーワールドカップのテーマソング「カタルシスト」のカップリング曲として6日に発売された。
    「この身体に流れゆくは 気高きこの御国(おくに)の御霊(みたま)」「日出づる国の 御名の下に」
    「たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ」と歌う。

     ネットでは「美しい」「国歌にしてほしい」と好意的な声が上がる一方、
    「軍歌のようだ」「戦争を想起させる」などの臆測も広がった。ボーカルの野田洋次郎さんはインスタグラムで6日、見解を公表。

    「日本は自分達の国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます」
    「純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました」と明かした。

    https://www.asahi.com/articles/ASL6D42L6L6DUCVL006.html

    ★1が立った日時:2018/06/15(金) 18:05:06.22

    前スレ
    【HINOMARU騒動】RADWIMPS「日本は自分達の国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます」★3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529065879/

    関連スレ
    【音楽】RADWIMPS 「HINOMARU」 がAmazonランキングで1位に !
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529034011/
    【音楽】RADの「HINOMARU」騒動、抗議集会に発展か 告知の主催側「2度と歌わないこと求める」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528978305/

    【音楽】エヴァ「残酷な天使のテーゼ」作詞家の及川眠子がRAD「HINOMARU」の歌詞を高く評価「いい歌じゃん」「これの何があかんの?」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529029178/
    【芸能】千眼美子、RADの新曲を「愛国心満載のただただ、ええ曲」と評価 「日本が好きな人、嫌いな人、浮き彫りになった」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528791159/

    【音楽】ゆず新曲に「美しい日本」「国旗・国歌」「靖国の桜」北川さん「自分が大切だって思うことは、ちゃんと伝えたくて」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523348846/

    【【HINOMARU騒動】RADWIMPS「日本は自分達の国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます」★4 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/06/01(金) 21:46:25.13 ID:CAP_USER9
    2018.6.1 金曜日
    ジャック・ジョンソン、フジロック出演を記念して日本だけのベスト盤がリリースされることが決定

    フジロックフェスティバル ’18への出演が決定しているジャック・ジョンソンが、この来日を記念して日本のファンのためだけにキャリア初となるベスト・アルバムをリリースすることが発表されている。

    2001年にアルバム『ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ』でデビューして以来、ジャック・ジョンソンは7枚のオリジナル・アルバムをリリースしており、今回リリースされる『ザ・エッセンシャルズ』と題されたベスト盤には数々の代表曲に加え、未発表ヴァージョンの“Big Sur (Mike D Remix)”も収録される。

    リリースの詳細は以下の通り。

    ジャック・ジョンソン
    ベスト・アルバム『ザ・エッセンシャルズ』
    UICU-1299 / ¥2,500(税抜価格)+税
    7月4日発売予定
    1. バナナ・パンケーキ
    2. ホライゾン・ハズ・ビーン・ディフィーティッド
    3. ベター・トゥゲザー
    4. フレイク
    5. グッド・ピープル
    6. シッティング・ウェイティング・ウィッシング
    7. ゴーン
    8. バブル・トーズ
    9. アップサイド・ダウン
    10. イフ・アイ・ハッド・アイズ
    11. アイ・ガット・ユー
    12. ホープ
    13. ユー・アンド・ユア・ハート
    14. ロデオ・クラウンズ
    15. マイ・マインド・イズ・フォー・セール
    16. ウェイスティング・タイム
    17. ホーム
    18. ビッグ・サー(マイクD・リミックス)*未発表ヴァージョン


    Photo: PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/06/Official-photo_--720x479.jpg
    https://nme-jp.com/news/55941/

    【【音楽】ジャック・ジョンソン、フジロック出演を記念して日本だけのベスト盤がリリースされることが決定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニーニーφ ★ 2018/05/30(水) 08:47:42.04 ID:CAP_USER9
     外務省から日・ASEAN(東南アジア諸国連)の特別大使を委嘱されている歌手で俳優の杉良太郎(73)が
    実行委員会会長を務める「第2回日・ASEAN音楽祭」が10月4日に東京・渋谷のNHKホールで開催されることが決まった。

     2013年以来5年ぶりで、国内からは杉のほかに伍代夏子(56)、関ジャニ∞、乃木坂46、三代目J Soul Brothersの登坂広臣(31)と
    今市隆二(31)、w-inds.の7組が出演。ピコ太郎と女優の西田ひかる(45)が司会を務める。

     ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの加盟10カ国からは、
    人気トップクラスの歌手たちが集まる。4泊5日の行程が組み込まれており、杉が考案する東京観光プランで日本の文化を番組や
    個人のSNSなどで紹介してもらう新たな試みも。

     国内組で注目されるのが関ジャニ∞だ。杉と40年近く親交のあるジャニーズ事務所の藤島メリー副社長が、
    音楽祭の開催を知ったときに協力を申し出てくれたという。杉は「今年デビュー15周年を迎え、
    アジアツアーを目標とする関ジャニ∞が戦略的にもぴったりだと推薦をいただきました」。

     村上信五(36)は「このようなすばらしい音楽祭から声をかけていただけたことを大変うれしく思っております。
    関ジャニ∞が音楽を楽しんでいる姿をASEAN諸国の皆さまにも体感していただけるよう、精いっぱい、
    そして力強くパフォーマンスさせていただきます」とコメントを寄せた。

     音楽祭の模様は各国で放送されるほか、アプリを通じて世界中で視聴可能な「NHK World」でも配信される。
    杉は「海外組には日本のメディアまたはプロダクションと提携をして、今後日本から10カ国に情報をスムーズに発信できる状況を作りたい」と語った。

    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018052902000201.html

    【【音楽】日・ASEAN音楽祭、5年ぶりに開催 日本からは杉良太郎、伍代夏子、関ジャニ∞、乃木坂、三代目メンバー、w-indsが出演】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2018/05/24(木) 21:44:45.93 ID:CAP_USER9
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05240710/?all=1

     サザンオールスターズがデビュー40周年にあたる6月25日(と翌26日)に、NHKホールで記念ライブを行うことが発表された。普段はスタジアム公演が当たり前のサザンだけに、チケットの争奪戦は熾烈を極めることとなるだろう。

     40年前の6月25日は、デビュー曲「勝手にシンドバッド」の発売日である。
    この曲について「日本のロックを変えた」といった評は、リアルタイムで聴いた世代にとっては、決して過大な表現ではないだろう。
     が、一方で洋楽ロックよりもJ-POPの方がはるかに巨大市場となった状況しか知らない世代にとっては、何がそんなに凄かったのか、衝撃的だったのか、ピンと来ないにちがいない。

     音楽評論家のスージー鈴木氏は、著書『サザンオールスターズ 1978-1985』で、「勝手にシンドバッド」の魅力を熱く語っている。以下、同書をもとにその革新性を見てみよう(引用はすべて同書より)。
     スージー氏がまず挙げるのは、「日本語のロック」を確立させた、という点である。

    「今となっては信じられないが、70年代の半ばまで、『日本語はロックに乗らない』と、真面目に考えられていたのである。そんなつまらない固定観念が、『勝手にシンドバッド』1曲によって、ほぼ完全に抹殺された。『日本人が日本語でロックを歌う』という、今となっては至極当たり前な文化を、私たちは享受できるようになった。

     例えば、『早口ボーカル』『巻き舌ボーカル』と言われるほど、日本語を、口腔内を自在に操って発声することが普通になった」

     ここで、ちょっと音楽通ならば「いや、はっぴいえんどがあったじゃないか」などとツッコミを入れるかもしれない。たしかにサザン以前にも「日本語ロック」は存在していたし、素晴らしい作品も生まれてはいた。
     しかし、サザンほどの商業的な成功はおさめていない。「勝手にシンドバッド」はデビュー曲にして、オリコン最高位3位、50万枚というセールスだったのだ。

    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2018/05/1805240600_2.jpg

    >>2以降に続きます

    ★1が立った日時:2018/05/24(木) 12:23:18.61
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527151067/

    【【音楽】もうすぐ40周年、『日本のロックを変えた』サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」は何が凄かったのか★3】の続きを読む

    このページのトップヘ