よろしくおながいします。

    日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 元ジャニーズJr. ★ 2017/12/11(月) 08:35:09.12 ID:CAP_USER9
    活動休止中の英人気グループ、ワン・ダイレクション(以下1D)のハリー・スタイルズが7・8日の両日、
    東京・EX THEATER ROPPONGIでソロでは初となる来日公演を開催した。「日本と東京が大好きだか
    らここでツアーを終えたかった」というハリーは、1Dの楽曲を含めた計15曲を披露し、9月にスタート
    させたワールドツアーの第1部を東京で締めくくった。

    スタジアムクラスの会場でライブをしていた1D時代には考えられないような至近距離で見られる会場
    とあり、スーツ姿にギターを抱えたハリーが登場すると、アリーナ前方ブロックがステージに向かって
    一気に圧縮。会場はいきなり興奮のるつぼと化した。

    1D時代同様、さまざまな日本語でリップサービスするハリーは「ただいま。こんにちは、ハリーです」
    とあいさつし、お得意の「ガンバリマース!」宣言も。「元気ですか?」と呼びかけ、観客から「元気!」と
    声が返ってくると、「楽しんでネ」「チョーかわいい」「日本に住みたい」「帰りたくない」と旺盛なサービス
    精神でファンを歓喜させた。

    時にギターを演奏しながら、時にハンドマイクでステージを縦横無尽に走り回りながらソロ1stアルバム
    『ハリー・スタイルズ』の全収録曲を披露。さらには1Dの「ストックホルム・シンドローム」「ホワット・メイク
    ス・ユー・ビューティフル」をロックアレンジで歌い、アリアナ・グランデの「ジャスト・ア・リトル・ビット・オブ
    ・ユア・ハート」もカバーした。

    最終日のアンコールでは、フロアを見下ろすバルコニーに現れると、マイクを使わずにアコースティック
    ギター弾き語りでリトル・ビッグ・タウンの「ガール・クラッシュ」を熱唱。ラストはソロデビュー曲「サイン・
    オブ・ザ・タイムズ」でフィナーレを迎え、投げキスを振りまいてステージを後にした。

     なお、来年は規模を拡大したツアーで再来日することが決まっており、5月10日に兵庫・神戸ワールド
    記念ホール、5月12日に千葉・幕張メッセ公演が行われる予定。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000300-oric-musi

    【【音楽】1Dハリー・スタイルズ、東京で初ソロツアーに幕「日本に住みたい」「帰りたくない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 音泉光征 ★ 2017/11/30(木) 04:03:39.52
    日韓大型アイドルプロジェクト「PRODUCE48」始動

     韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」主催のアジア最大級の音楽授賞式「2017 MAMA in Japa
    n」が29日、横浜アリーナで開催され、2018年の大型プロジェクト「PRODUCE48」をサプライズ発表
    した。

     日本を代表する国民的アイドルグループ「AKB48」のシステムと、「Mnet」で放送された韓国の公開オー
    ディション番組「PRODUCE101」のシステムをコラボさせた番組「PRODUCE48」を18年に放送す
    る。

     16年に韓国ガールズグループ「I.O.I(アイオーアイ)」、17年のシーズン2では韓国ボーイズグループ
    「Wanna One(ワナワン)」を誕生させた「PRODUCE101」は、韓国で社会現象を巻き起こし、多
    くのスターを輩出している。

     秋元康氏(59)がプロデュースする“会いにいけるアイドル”「AKB48」のシステムと、“国民自らがアイ
    ドルデビューメンバーを選抜する”「PRODUCE101」のシステムがコラボした番組「PRODUCE48」
    について、この日の段階では詳細は明らかにされなかった。

     関係者は「『Mnet』のスタッフから秋元氏へ熱烈なオファーがあり、プロデュースが実現した。同番組を通じ
    て、日本と韓国からメンバーを選抜した、グローバルガールズグループが誕生することになるでしょう。両国で大き
    な関心を集めることになるはず」と力を込めた。

     この日の授賞式では、AKB48グループ総監督の横山由依(24)らがI.O.I出身メンバーらとコラボパフ
    ォーマンを披露。「PRODUCE101」シーズン1のテーマ曲である「PICK ME」、AKB48の「ヘビ
    ーローテーション」「恋するフォーチュンクッキー」の3曲を熱唱し、会場から大歓声を浴びた。
     https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/843793/

    Produce 101 PRODUCE 48 = PRODUCE101 + AKB48 171129 EP.22
    https://www.youtube.com/watch?v=p4FalpoEbe4



    画像
    http://i.imgur.com/dv7JCDi.jpg
    http://i.imgur.com/P5jyqjd.jpg

    【アイドル】秋元康、日韓大型アイドル企画「PRODUCE48」始動 日本と韓国からメンバーを選抜 グローバルアイドル誕生
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511965778/
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【【アイドル】秋元康、日韓大型アイドル企画「PRODUCE48」始動 日本と韓国からメンバーを選抜 グローバルアイドル誕生★2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きのこ記者φ ★ 2017/11/20(月) 20:22:55.17 ID:CAP_USER9
    パンクロックの元祖とも言われる伝説のロックバンド、ラモーンズ。

    バンドはメンバーチェンジを繰り返しながら1996年に解散。それから20年以上がたち、
    2014年にはバンドのオリジナルメンバー4人は全てこの世を去った。
    しかし、「Blitzkreig Bop(電撃バップ)」や「Do You Remember Rock‘N’Roll Radio?(リメンバー・ロックンロール・レイディオ?)」など、
    簡潔にしてインパクトのある楽曲は、現在でも人気は高い。しかし、そのファンクラブが現在も活動を続けているのは、世界で唯一、日本だけだという。

    ファンクラブの会長で、音楽雑誌『BURRN!』創刊メンバーでもあるyuki kuroyanagiさんが10万字の書き下ろしと多数の未発表写真で
    構成した書籍『Thank You RAMONES』(リトルモア刊)が、10月末に発売された。

    メンバーのジョニー・ラモーンと88年から文通を続け、他のメンバーとも交流があったyukiさんが07年に発表した著書
    『I Love RAMONES』の「その後」を記した本という位置づけになる。
    今もファンクラブの入会希望者の中には、バンドが実際に活動した時代を知らない若い世代も多い。
    本書中で、yukiさんは、そんなファンたちとニューヨークやLA、ラモーンズ「聖地巡礼」の旅に出る――。

    ・メンバーの人間らしさが分かる本
    著者と同じくラモーンズを愛し、98年にはジョーイ・ラモーンがプロデュースしたアルバム「父母?NY(フボラブニューヨーク)」をリリース、
    「ROCKAWAY BEACH」や「WART HOG」などラモーンズのカバーも行っているパンクバンド、ロリータ18号。
    11月18日からスタートした東名阪ツアーを直前に控えた、ボーカリスト・石坂マサヨさんが『Thank You RAMONES』の感想を聞かせてくれた。

    「yukiさんは、特にジョニーが身近な存在で、だからこそ書ける面白さをまず感じました。文章もどこかポップで読みやすく、どんどん読めちゃいます」

    yukiさんが前著『I Love RAMONES』を記したきっかけの一つが、04年公開のラモーンズ初のドキュメンタリー映画『エンド・オブ・ザ・センチュリー』だった。
    作品内で、ジョニーがジョーイの彼女を奪い、その後二人は口をきくことなくバンド活動を続けたなどという描写があった。

    今回の『Thank You?』の前書きにもその経緯がこう書かれている。
    <ジョニーがヒールとして描かれていたことが悔しかった>
    それから10年。オリジナルメンバー4人はこの世を去ったが、編集者に言われたこんな言葉がyukiさんに「その後」を書かせた。
    「yukiさんにとってラモーンズは過去。でも、今日から彼らを聴くファンにとってラモーンズはいま、そして夢なんですよ」

    ロリータ18号・マサヨさんは言う。
    「ジョニーのことがあまりよく描かれていなかった映画が1冊目のきっかけで、それを払拭するために書かれた文章からは、
    ジョニーの人間性がすごくよく伝わりますよね。外国のバンドって、直接接する機会がなかなかなくて、ライブを見ても、
    見られるのはその姿だけなので、そのミュージシャンがどんな人で、どんなことを考えてるのかまではなかなかわからない。
    ある意味アニメのキャラクターと同じレベルみたいなところもあると思うんです。それが、どんな人間だったのか、
    ラモーンズっていうすごいバンドも、自分たちと変わらない同じ人間がやってるバンドなんだ、彼らの人間らしいところなんかがよく分かる2冊だと思います」

    https://www.excite.co.jp/News/bit/E1510808413990.html

    【【音楽】伝説的バンド「ラモーンズ」 ファンクラブが今も活動しているのは日本だけ…会長が本をリリース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: みつを ★ 2017/11/15(水) 07:57:58.15 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3150575?act=all

    2017年11月15日 5:40 発信地:日本

    【11月15日 時事通信社】来日したロシアの国民的ロックバンド「ムミー・トローリ」のリーダー、イリヤ・ラグテンコさん(49)が14日、東京都内で時事通信のインタビューに応じ「日ロ交流は一日にして成らないが、今、始めなければならない」と呼び掛けた。北方領土問題などが両国間に存在することは認めながらも、まずは音楽や映画、アニメ、ファッションといった現代文化を通じて相互理解を深めるべきだと提案した。

     ラグテンコさんは、日本と歴史的関係が深い極東のウラジオストク育ち。30日に渋谷クラブクアトロで東京初の単独コンサートを開く。

     日本とロシアが互いに「遠い隣国」とも言われる中、ラグテンコさんは「ウラジオストクは地理的に日本に近いだけでなく(漁業や中古車輸入を通じた)知日的な都市だ」と紹介。プーチン政権がアジア重視を打ち出す中、ロシア全体に日本語の専門家を増やすなど「知日政策」が必要だと独自の構想を披露した。

     同じロシア人でも首都モスクワ市民にとっては、日本どころか、ウラジオストクの知識も乏しいとロシアの実情を語るラグテンコさん。あまりに遠くて「ウラジオストクは日本国内にある。蛇口をひねると日本のビールが出てくる」と冗談もささやかれるほどだという。

     ロシアの指導者、プーチン大統領に関しては「サンクトペテルブルクの会議で何度も握手している。自然や野生動物の大の愛好家だ」と述べた。極東で絶滅が危惧されるアムールトラの保護活動に尽力していることを評価した。

     ラグテンコさんは、ロシアのロック音楽を「物悲しく、欧米ほどリズミカルではないかもしれない」と控えめに紹介した。ただ、30日の公演を前に「ムミー・トローリのコンサートは、若いロシア人女性が最前列に陣取ることで有名だ。ステージに行けば、日本人もきっと楽しんでもらえると思う」と笑顔で来場を呼び掛けた。(c)時事通信社

    【【音楽】日本とロシア両国交流「今始めよう」ロシアの人気バンド「ムミー・トローリ」呼び掛け 11月30日に東京初公演 渋谷クアトロ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: れいおφ ★ 2017/10/10(火) 14:04:22.48 ID:CAP_USER9
    2017年10月9日、「台湾人の好きな日本の女性グループ」を選ぶネット調査で、
    国民的グループのAKB48がトップに選ばれた。聯合報が伝えた。

    台湾のネット調査サイト「DailyView網路温度計」が昨年9月からの1年間を対象に、
    SNSユーザーの声やニュースサイトに取り上げられた回数などのデータを集計して発表した。

    このランキングで1位に輝いたのは、台湾でも知名度の高いAKB48だった。
    なお台湾でも、海外4組目の姉妹グループとして、TPE48が来年誕生する予定だ。

    2位には意外な名前が挙がり、セクシー女優たちによるユニットの恵比寿・マスカッツ(・は星印)が選ばれている。

    3~7位には乃木坂46、NMB48、HKT48、SKE48、NGT48と秋元康氏プロデュースのアイドルグループが並んだ。

    8位は台湾でも90年代に人気沸騰後、根強い人気をキープしているモーニング娘。だった(現在はモーニング娘。‘17 )。

    9位は「アイドルとメタルの融合」という奇抜なコンセプトで世界中に知られるようになったBABYMETAL。

    そして10位に登場したのは、アニメや歴史情報番組の主題歌で知られる3人組ボーカルユニットの
    Kalafina(カラフィナ)で、その美しい歌声とハーモニーが台湾でも注目されている。

    「DailyView網路温度計」では先日、「台湾人の好きな日本の男性グループ」も発表しており、
    トップ3は嵐、RADWIMPS、ONE OK ROCKとなっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13726975/

    【【調査】「台湾人の好きな日本の女性グループ」 1位AKB、2位恵比寿マスカッツ、3位乃木坂、4位~7位AKB48G、8位モー娘。、9位BABYMETAL】の続きを読む

    このページのトップヘ