よろしくおながいします。

    山下智久

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/10/01(日) 12:17:14.29 ID:CAP_USER9
    月9ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)が、平均視聴率16.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という最高視聴率で終了した。現在この結果が、フジテレビ内のさまざまなところに影響を与えているようだ。

     2017年に入ってからは、西内まりや(23)主演の『突然ですが、明日結婚します』や嵐の相葉雅紀(34)主演の『貴族探偵』(ともに同)が、全話平均1ケタ台と散々な結果で終わるなど、本作放送前までの作品は、平均視聴率が2ケタとなることは稀であった。“月9消滅論”さえ囁かれていたが、これを何とか『コード・ブルー』が歯止めをかけるかたちとなったようだ。

     映画化の話もまとまり、ますますフジテレビが力を入れる『コード・ブルー』だが、同時にこの波にプレッシャーをかけられているのが、ジャニーズ事務所のようだ。とくに木村拓哉(44)にその視線が大きく向けられているのだという。

     木村主演の映画『マスカレード・ホテル』が来年に公開されます。この映画は、フジテレビと東宝が制作した作品で、フジテレビは今後この宣伝にも力を入れることになると言われているようです。木村にとっては、事務所とフジテレビの期待を一気に背負うかたちになってしまいました。映画がコケてしまえば、『コード・ブルー』の主演である山下智久(32)の顔にも泥を塗ってしまいます。同時に木村自身の評価も大きく下がってしまうでしょう。また、フジテレビにとっても『コード・ブルー』で復活した勢いがまた衰えてしまうことになりかねない」(芸能記者)

     木村にとっては、次の仕事を左右する分岐点となるようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1360140/
    2017.10.01 12:05 デイリーニュースオンライン

    【【芸能】山下智久『コード・ブルー』の大成功で木村拓哉の立場に微妙な変化が】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/26(火) 07:41:32.89 ID:CAP_USER9
    「今作で3シリーズ目ですので、気心の知れた仲同士。
    山下さんや新垣さん、戸田さんは2次会のカラオケ店で朝の5時まで大盛り上がりでした」(会の参加者)

    9月18日に放送を終え、全話平均視聴率が14・8%と今夏の視聴率ナンバー1ドラマに輝いた『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)。
    最終回の3日後に行われた打ち上げには主演の山下智久や新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介など、豪華キャストが集結した。

    「ドラマの最後には映画化も発表され、この日は映画に向けての決起集会的な意味も持った会でしたね。
    お開きの際には“また現場で会おう!”と、再会を誓い合っている人もいました」(前出・会の参加者)

    ヒットドラマの映画化ということで興行収入も期待されるところだが、意外にもすんなり決定とはいかなかったようだ。

    「実はドラマの第3シリーズの制作が決まった昨年末の段階で、すでに映画化の話も出ていました。しかし山下さんが所属するジャニーズ事務所は、この話に乗り気ではなかったそう。

    なんでも“第1話の視聴率を見てから決めたい”と制作側に提言してきたとか」(テレビ局関係者)

    第1、第2シリーズともに高視聴率を記録していた同作だが、最後の放送から7年が経過しているため、また同じ結果を出すことができるのか事務所も二の足を踏んでいたのだという。
    また、現在の山下の“アイドル事情”も不安要素のひとつだったようで、

    「山下さんの人気が、今どれほどのものなのかということが読めなかったことも大きいと思います。

    直近のライブでは以前ほどの動員が見込めていなかったといいますし、石原さとみさんとの熱愛報道が出てファンが離れたという話も聞きます。
    映画化が正式決定してしまう前に、ドラマの視聴率で彼の人気を確かめたかったのでしょう」(芸能プロ関係者)

    そんな事務所の心配をよそに、第1話の視聴率は16・3%と今クールでトップの数字をマーク。
    山下は無事に“人気チェック”を通過し映画化も決定したというわけだ。

    この件についてフジテレビに問い合わせてみると、

    「決定の経緯については、お答えしておりませんが、みなさまにご満足いただける作品にするべく全力で取り組みますので、ご期待いただきたいと思います」(広報部)

    とコメント。着々と準備が進んでいるようだが、

    「第3シリーズから脚本家が代わり、恋愛要素やコメディー要素が増えました。
    これまでのような“骨太な医療ドラマ”を期待していた『コード・ブルー』ファンからは否定的な意見も噴出していましたが、
    映画版も今作と同じ脚本家で進めるようですね」(前出・テレビ局関係者)

    ドラマで成功しただけにストーリーを大手術! なんてことはないだろう

    http://news.livedoor.com/article/detail/13663101/
    2017年9月26日 4時0分 週刊女性PRIME

    【【芸能】山下智久『コード・ブルー』映画化にジャニーズ事務所が簡単にOKを出さなかった理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/20(水) 08:04:40.44 ID:CAP_USER9
     山下智久(32)が主演を務める『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の最終話が9月18日に放送され、平均視聴率は16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。有終の美を飾った。

     本作は、救命救急の最前線に「ドクターヘリ」で駆けつける藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)たち若いフライトドクターたちの葛藤と成長を描く本格医療ドラマ。

     最終話は、開通前の地下鉄線路内で発生した崩落事故の現場に向かった翔北救命センターのフライトドクターたち。現場で治療をしていた藍沢は滴り落ちる地下水が気になり、無線で白石に建設業者に確認するよう指示しようとした。しかしその時、再び天井が崩落してしまう。白石は、現場にいる藍沢、フライトナース・雪村双葉(馬場ふみか)、フライトドクター・緋山美帆子(戸田恵梨香)、新人フェロー・名取颯馬(Hey!Say!JUMP有岡大貴)の無事を確認するも、フライトドクター・藤川一男(浅利陽介)の無事が確認ができず。その藤川は再崩落の直前、子どもを助けようしてがれきの下敷きになり、身動きが取れずにいた。その場を動けず泣きじゃくる子どもに対して藤川は瀕死の状態の中でも「数を数えながら前に進めば駅にたどり着くから」と子どもを笑顔で勇気付ける。子どもは、藤川からもらった小さなライトを握りしめて前に進むのだった。

     そして、駅にたどり着いた子どもの姿を見つけた新人フェロー・横峯あかり(新木優子)は、子どもが手にしているライトが藤川のものであることに気づき、藤川の居所を突き止める。指揮をとる自分のせいで藤川を危険な目に遭わせたと動揺する白石は、自ら藤川のもとに向かおうとするが藍沢がそれを制止。「お前はここにいろ。お前だから信じて任せられるんだ。指示を出すという形でオレたちを守ってくれ」と、白石を残し藍沢は藤川救出に向かうのだった……。

     緊迫したシーンの連続となった最終話。第9話の最後では、いかにも山下演じる藍沢が瀕死の状態なのかと思わせておきながら、ふたを開ければ藤川がピンチという驚きの展開に、ネット上では藤川の安否を心配する声が。藍沢が藤川のもとにたどり着き処置をし始めるシーンには、「藍沢先生! 藤川先生を助けて!!」とファンは固唾をのんで見守っていたようだ。また、有岡演じる名取も、最後に自身が経営する病院へ「戻れ」と言う父親に対し、救命に残ると自分の意志を伝え、成長した姿を見せた。これにはファンも感慨深かったようで、「名取先生、本当成長したね」「お父さんにちゃんと言えてよかったね!」との反響があった。

     しかし一方で、主役である山下の活躍するところが、藤川を助けるシーンしかなかったことに納得がいってない山下ファンも多くいるよう。「山Pは主役でしょ? なんで最終回も出番少ないの?」「脚本家変わって真面目な医療ドラマって感じもなくなり、さらには山Pの出番が全話通して少なくなった……悲しい」「山Pのことをこの脚本家は嫌いなの? だったら『コード・ブルー』の脚本受けるな!」など、脚本に対する苦言が多数見受けられた。

     ドラマ終了後に2018年映画化が発表されたが、「シーズン3の脚本家を映画でも起用するのかな? だとしたら最悪!」「前の脚本家に戻してほしい」「なんでシーズン1から見てるファンの意見を無視して、どうでもいい恋愛要素入れてくる脚本家使うの? 映画はもとの脚本家さんにしてくださいね。フジテレビ!」と今から映画の脚本に不安を感じているファンもいるようだ。
     
     果たして来年公開の映画は、シリーズ1や2から見ているファンの意見もくみ取った内容となるのか。シリーズ3は終わってしまったが、まだまだ『コード・ブルー』から目が離せない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356640/
    2017.09.20 07:50 デイリーニュースオンライン

    【【芸能】山下智久『コード・ブルー』映画化発表も「脚本家戻せ」とファン猛抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/20(水) 04:49:20.76 ID:CAP_USER9
    2017.09.19 19:23

    山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」

    ジャニーズの山下智久が18日放送のクイズ番組「ネプリーグ」(フジテレビ系)に出演。エゴサーチしていることを告白した。

    ◆山P、エゴサしていた

    18日に主演ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)の最終回を迎え、映画化発表など大きな話題を呼んでいる山下。

    山下は同番組の問題で「インターネットで自分の評価等を調べること」について何というか?というものに「エゴサーチ」と解答し、正解。MCから「山下さん、エゴサーチしたことありますか?」と質問されると「もう、よくしますね」と頻繁に行っていることを告白した。

    エゴサするという山下は世の反響について「気になってしょうがない。このオンエア(ネプリーグ)を観ながら多分調べてると思う」と明かした。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://mdpr.jp/news/detail/1715495

    【【テレビ】山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 20:23:59.56 ID:CAP_USER9
    9話までの全話平均視聴率が14.5%と好調の『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)。
    その立役者として奮闘している山下智久(32)と、兼ねてから交際を噂されている石原さとみ(30)の破局説が浮上した。

    9月14日発売の『女性セブン』(小学館)によると、山下の『コード・ブルー』が終了するかと思いきや、今度は石原のTBS連ドラ収録がスタート。
    さらに山下も新たな仕事に入るなど、あまりに忙しい2人はすれ違いの生活となり、最近は会っていないのこと。
    先日30歳の誕生日を迎えた結婚願望も強い石原に対して、仕事に熱を入れており結婚を考えられない山下は“ケジメ”としての別れを選ぶかもしれないらしい。

    今年7月には、石原が『オリコンニュース』のインタビューにて「大切なものは、20代で築いた」「30代になった今は、その大切なものや人たちを大切にしていきたい」と発言し
    「山下との出会い、結婚を示唆している」、そして「子どものお弁当を毎日作るような実生活を経験したら、演じやすくなるんだろうなとは思います」
    という言葉が「結婚願望を露わしている」と各所で深読みされ、「ゴールイン間近」と囁かれてきた。

    さらには、元SMAPのジャニーズ事務所退社に合わせて、目隠しとして9月に2人の結婚を事務所が認めるという報道もあったが、結局報じられたのは破局危機。
    それも、“ケジメとして破局する”というよくわからない理由だ。これまで報道されてきたように、2人が本当に”真剣交際”で結婚を考えていたのであれば、
    ジャニーズタレントの山下が32歳で結婚するのが難しいことは事前にわかっていたはずで、時期が来るまで待てば良いだろう。今すぐ結婚できないからといって別れるとは何のケジメにもなっていない。

    2013年に交際10年目で結婚した藤原竜也(35)と一般女性や、ジャニーズアイドルであるV6の長野博(44)と白石美帆(39)の結婚など、
    「ケジメ婚」と称される結婚は多々あったが、なぜか破局で“ケジメ”を着けると報じられた山下と石原。
    「女性セブン」がジャニーズ御用達誌として、何か破局説を報じた理由があるのだろうと疑いざるを得ない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355687/
    2017.09.16 19:00 messy / メッシー

    【【芸能】山下智久と石原さとみに「ケジメ破局」報道…理由が不可思議すぎる!!】の続きを読む

    このページのトップヘ