よろしくおながいします。

    安室奈美恵

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/12/25(月) 09:27:31.47 ID:CAP_USER9
    安室奈美恵の「紅白持ち時間20分」に業界から不満爆発
    2017.12.21 19:31
    https://myjitsu.jp/archives/39165
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2017/12/amuro_namie.jpg

    安室奈美恵が『第68回NHK紅白歌合戦』に出場することが決まった。紅組や白組といった組み分けとは関係ない特別出演で、スポーツ紙の報道によれば割り当て時間は異例の20分に及ぶという。

    「ほかの歌手や芸能プロダクションの関係者から不満が出ています。安室が特別扱い過ぎるというのです」(音楽ライター)

    安室は昨年、リオデジャネイロ五輪のNHKのテーマソングに『Hero』が採用されていたが、紅白歌合戦には出場していなかった。

    「紅白は、各出場者が披露するのは1曲で、時間も2~3分です。しかし安室は昨年、出場の打診があったときに、自分だけダンスと曲で10分が必要だと要求し、その結果、落選しています。
    しかし今回は、引退前に最後のテレビでの歌唱ということになりそうなので、長時間出演を認めたのです」(NHK関係者)

    紅白歌合戦はNHKホールからの生中継で番組が進んでいくが、安室は他の場所からの中継で出演するという。

    「ここまで特別扱いをしても、安室の出演時には視聴率が40%に届かないだろうという見方もあります。直前で目玉の出演者として発表されましたが、NHKの期待通りの結果が出るかどうか…」(前出・ライター)

    引用元: ・【芸能】安室奈美恵の「紅白持ち時間20分」に業界から不満爆発

    【【芸能】安室奈美恵の「紅白持ち時間20分」に業界から不満爆発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Egg ★ 2017/12/20(水) 10:23:07.47 ID:CAP_USER9
    来年9月16日での引退を表明している歌手の安室奈美恵(40)が、大みそかに行われる「第68回NHK紅白歌合戦」に特別出演歌手として出場することが19日、同局から発表された。14年ぶり10回目となる。

     NHKホールとは別の場所からの生中継で、16年リオ五輪のNHKテーマソング「Hero」を歌うことが有力だ。当初は出場が絶望視されていた安室だが、ギリギリになって急転出場したそのワケとは。

     ライブでこそ自身が輝く舞台と信じる安室は、2010年7月のテレ朝系「ミュージックステーション」以来、テレビの生番組で歌うことはなかった。だから安室の紅白は「出場は絶対無理」と言われていた。それが急転した。この日、NHKの関係者は驚きと喜びの表情を浮かべた。

     来年9月で引退する安室が紅白に出場するチャンスは、今年だけだ。NHKは局一丸となって交渉にあたった。特集番組「安室奈美恵 告白」(11月23日放送)の制作は安室にNHKの熱意を伝えることになった。安室は2時間にわたるインタビューの中で、「紅白」などに出演した際の映像を見ながら、14歳でデビューしてから結婚、出産を経て復帰し、引退を決意するまでを、時に涙を流しながら振り返った。

     同じ失敗は繰り返せなかった。昨年は、昨年末で解散することを表明していたSMAPの出場に向けて粘り強く交渉を続けたが、放送8日前に断念。2年連続で失態をさらすことは許されない。全力で安室を口説いた。

     その思いと、安室をめぐる環境がうまくマッチした。安室は来年2月から5大ドームツアーをスタート。当初の動員予定の65万人に対し、チケット申し込み希望者320万通が殺到したことで、追加2公演が決まった。12年74万人を動員した小田和正を抜き、ソロとして史上最大規模のツアーとなるが、それでも動員見込みは、アジアツアーと合わせても80万人だ。

     安室の歌を見ることができないファンが大勢出ることは、何よりも悲しいことと感じただろう。安室はファンのために、テレビで歌わないポリシーを最後の最後で曲げたのかもしれない。

     歌う演出についてはこれから最終的な詰めの作業が行われるとみられるが、ゆかりある場所からの生中継が有力。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、昨年から紅白のテーマは「夢を歌おう」。安室が担当した16年リオ五輪のテーマ曲「Hero」を歌うとみられる。

     もう、実現しないと思われていた安室の14年ぶりの紅白は、日本中の注目を集めることは間違いない。

     ◆安室 奈美恵(あむろ・なみえ)本名同じ。1977年9月20日、沖縄県生まれ。40歳。沖縄アクターズスクール出身。92年に「SUPER MONKEY’S」のメンバーとしてデビュー。95年にソロ活動を開始。96年のアルバム「SWEET 19 BLUES」が300万枚突破。97年にTRFのSAMと結婚し、98年に長男を出産。2002年に離婚。

    2017年12月20日 6時1分 スポーツ報知
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14052717/

    【音楽】<安室奈美恵>NHK紅白歌合戦に「特別出演歌手」として出場決定!14年ぶり10回目の出場★3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513715133/

    引用元: ・【音楽】<安室奈美恵>「絶対無理」から急転、ファン思い決断か!?ギリギリになって紅白急転出場したそのワケとは

    【【音楽】<安室奈美恵>「絶対無理」から急転、ファン思い決断か!?ギリギリになって紅白急転出場したそのワケとは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/12/14(木) 21:52:40.60 ID:CAP_USER9
    安室奈美恵の特番が大コケ NHKでもしらけムード
    芸能週刊新潮 2017年12月14日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12140559/
    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2017/12/1712140559_1.jpg
    “アムラー”に支えられて…

     突然の引退発表をきっかけに巻き起こった安室奈美恵(40)フィーバー。
    しかし、その折も折、独占インタビューを報じたNHKの特番が大コケしてしまった。紅白歌合戦出場への“呼び水”ともされていたのに、どんな理由があったのか。
     11月8日にリリースされたベストアルバム「Finally」は、発売第1週で111万枚を突破。ダブルミリオンの達成は、ほぼ確実な勢いである。

     芸能記者に聞くと、
    「さらに、来年2月からはナゴヤドームを皮切りに国内5大ドームツアーと、香港、台湾などの海外公演も始まります。すべてを合わせた観客動員数は70万人。
    それでも、チケットのプラチナ化は免れない。平成の歌姫の最後の姿を目に焼きつけようと、チケット争奪戦が勃発するのは間違いありません」
    安室フィーバーは、序章が始まったばかり。

     ところが、11月23日に放送されたNHKの特番「安室奈美恵『告白』」は、なぜか大コケだったのだ。
    夜10時からオンエアの1時間番組だったが、平均視聴率は9・1%。それに対し、裏番組の「秘密のケンミンSHOWスペシャル」(日テレ系)は、10・1%だった。
    大手紙やスポーツ紙のラテ欄などで、大々的に番組宣伝を行ったのに、同時間帯のトップにすらなれなかったのである。

    【【芸能】安室奈美恵の特番が大コケ NHKでもしらけムード】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2017/12/08(金) 21:22:43.30 ID:CAP_USER9
    来年9月に引退する安室奈美恵(40)のベスト盤「Finally」が、ビルボードジャパンによる

    「17年総合イヤーエンド・チャート」の総合アルバム部門で1位を獲得した。

    同チャート集計期間の先月26日までに148・3万枚(同社調べ)を記録。発売3週間での年間1位は同社史上最短記録。

    ほか楽天ブックス、アマゾン、タワーレコード、HMVと各店舗の年間売り上げも1位を獲得しており“5冠”を達成した。

    2017年12月8日5時0分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712070000822.html

    写真
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201712070000822-w300_0.jpg

    【【音楽】<安室奈美恵>ベスト盤「Finally」5冠達成!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2017/12/06(水) 23:11:56.03 ID:CAP_USER9
    安室奈美恵が手の付けられないほど傲慢になっているという噂が広がっている。親しい音楽ライター、雑誌、新聞記者らにも強硬に“取材規制”を始めたようだ。

    「紅白歌合戦に出場するかどうかで世間が騒いだ。NHKで“独占告白”する特番に出た。急に電話会社のCMに出るなど、一気に注目度が増しました。この人気に、“自分は別格だ”と思い始めているようです」(音楽ライター)

    安室は大手レコード会社の傘下で個人事務所を運営しているが、そのレコード会社を通しての取材制限がかなり厳しくなっているのだという。

    「SAMとの結婚と離婚について話を聞くことは禁止されています。それとともに、彼とのあいだに生まれた子供のことも話題にできません。彼女の母親は親族によって殺害されていますが、それに関しても100%触れてはいけません」(同・ライター)

    そのため、安室が引退へ向かう期間のことを“閉店セール”と揶揄して、その姿勢を非難するメディアもある。

    「しかし、自身で引退を発表し、周囲も強引に話題作りして金もうけをしているように見えます。実際に引退発表後にCM出演も増え、CDの売り上げもトップになりました。さながら“引退バブル”ではないですか」(レコード会社関係者)


    ■ 「引退特需」は一部の人間によるものか

    安室の人気が一般的かどうか疑問だという意見がある。NHKのスペシャル番組『安室奈美恵 告白』は平均視聴率9.1%で、事前に大々的に番組宣伝をしていたにもかかわらず、ふた桁視聴率にはならなかった。

    「20年前に“アムラー”を自称していたような人たちが勝手に騒いでいるようにも見えます。安室はそのころにも男性誌で人気はありませんでした」(男性誌編集者)

    ごく一部のファンだけの騒ぎなのかもしれない。

    まいじつ 2017年12月6日 19時30分
    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171206/Myjitsu_037856.html

    写真
    https://s.eximg.jp/exnews/feed/Myjitsu/Myjitsu_037856_30bd_1_s.jpg

    【【音楽】<安室奈美恵>傲慢になり「取材規制」拡大か】の続きを読む

    このページのトップヘ