よろしくおながいします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/12/05(火) 21:22:05.27 ID:CAP_USER9
    2017/12/05 16:13

    ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンド 82年日本武道館ライヴが初のアナログ・レコード化

    ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンド(Jaco Pastorius Big Band)が1982年9月1日に行った日本武道館ライヴが初のアナログ・レコード化。
    CD版とは別のアナログレコード用アナログ・マスターテープを製作し、さらに音楽の持つダイナミクスを活かすために、詰め込みすぎず余裕を持ってカッティングしています。
    限定数のみプレス予定。12月20日発売。リリース元はAltus。

    以下、インフォメーションより

    エレクトリック・ベースの革命と同じように、ジャコは作曲力と構想力、想像力でビッグ・バンドでも新しいサウンドを生み出した。
    これはジャコが抱いていたビッグ・バンド・ミュージックへの愛の結晶であり、ジャコの野望が実現したものだ。
    本LPアルバムは、1983年にリリースされた2枚組ライヴ・アルバム「Twins I & II」(ワーナー・ミュージック)に収録されている楽曲ではない''別バージョン''(「インヴィテイション」以外の6曲)が聴けるのがジャコ・ファンにはうれしいところ。
    ジャコのビッグ・バンドは、通常の基本的に全員が対等な関係にある典型的なビッグ・バンドではなく、ジャコのコンボ(ベース、サックス、トランペット、スティール・ドラム、ドラム、パーカッションによるセクステット)による拡大版だった。
    それでいてビッグ・バンドというもの理想の''質感''をとらえているところがジャコの素晴らしさ。
    ジャコ・ビッグ・バンドの大きな特徴は、従来のバンドのようにギターやピアノといったコード楽器がないところで、逆にジャコはホーン・セクションをコード楽器として使い、その間をジャコ独特の歌うようなグルーヴィーなベース・ラインがからんでいくという魅力的なアプローチだった。
    音質も上々。CD盤(ALT-10001)とは別のLP用アナログ・マスターテープを製作、さらに音楽の持つダイナミクスを活かすために、詰め込みすぎず余裕を持ってカッティング。アナログ本来の持ち味を獲得した。より鮮明になったジャコのベースの生々しさは要注目。限定数生産盤。

    ●ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンド
    『ドナ・リー - ライヴ・アット・武道館 '82』
    Jaco Pastorius Big Band
    『Donna Lee - Live At Budokan '82』

    [商品番号 : ALTLP-1031/2] [2LP] [Live Recording] [Limited Edition] [国内プレス] [ALTUS]

    [収録内容]
    1. ドナ・リー [LP1-A]
    2. リバティ・シティー [LP1-B]
    3. インヴィテイション [LP1-B]
    4. ソウル・イントロ ~ ザ・チキン [LP2-A]
    5. ソフィスティケイテッド・レイディー [LP2-A]
    6. エレガント・ピープル [LP2-B]
    7. レザ/ジャイアント・ステップス/レザ [LP2-B]
    * 3. インヴィテイション以外すべてが未発表バージョン

    メンバー: ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンド

    1982年9月1日/東京 日本武道館ライヴ


    http://amass.jp/98227/

    【【音楽】ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンド 82年日本武道館ライヴが初のアナログ・レコード化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/12/03(日) 11:35:37.31 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1731672
    2017.12.02 21:54

    TOKIOと嵐が出演する日本テレビの元日恒例番組『TOKIO 嵐』が、2018年1月1日よる6時から放送されることが決定した。
    今回で8回目となる同番組。よる6時から放送される「ウルトラマンDASH」では、超一流アスリートが奇跡のような難題にチャレンジする。

    その後よる9時からは「嵐にしやがれ元日スペシャル!」を放送。豪華芸能人と嵐が、新年一発目の“ガチな戦い”を繰り広げる。
    さらに、8回目にしてグループの枠を飛び越えた番組初となるスペシャルな共演が実現。

    「ウルトラマンDASH」には、嵐から二宮和也が参戦。TOKIOの山口達也とともに広島県尾道市の住宅地で貸切ロケを行い、あのオリンピック選手が陸上十種競技に挑戦する。
    一方、「嵐にしやがれ元日スペシャル!」には、TOKIOから長瀬智也が参戦。嵐の相葉雅紀と房総半島をツーリングする。

    番組公式LINE「2018年元日はTOKIO×嵐」も登場し、さらにパワーアップした内容で放送される。(modelpress編集部)

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/76/b01/w700c-ez_30bd225c4b7166487a7be5b1f1467295b0fd18110d30fe0d.jpg

    【【テレビ】“元日恒例”TOKIO×嵐、放送決定 8回目で初のスペシャル共演実現】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/12/01(金) 17:35:03.42 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/259030
    2017年12月1日 8:00

    岡崎京子の人気マンガを実写化した2018年2月公開の映画「リバーズ・エッジ」の主題歌として、小沢健二が新曲「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を書き下ろした。

    「リバーズ・エッジ」の原作は、岡崎が1993年から「CUTiE」にて連載していた作品。1990年代を舞台に、都会に生きる若者たちの欲望や不安、焦燥感が描かれた。
    今回の実写映画では母親と2人暮らしの女子高生・若草ハルナを二階堂ふみが、ゲイであることからいじめられている同級生・山田一郎を吉沢亮が演じる。このほか上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、森川葵らも出演。監督は行定勲が務める。

    映画化にあたり、かねてから岡崎との深い親交がある小沢に映画製作サイドから主題歌のオファーが寄せられると、小沢はこれを快諾。初の映画主題歌を書き下ろした。
    また、この曲には主演を務める二階堂と吉沢も参加しており、二階堂は「まるで、問いかけるように、思い出を語らうように、寄り添うように、明日に向かう曲を聴きました」、
    吉沢は「初めてデモを聴いた時から今日まで、毎日気が付くと頭の中で流れています」と、それぞれ楽曲の印象を語っている。小沢のオフィシャルサイト「ひふみよ」では「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」の歌詞全文を公開中。

    http://cdn2.natalie.mu/media/1712/1201/riversedge/extra/news_xlarge_riversedge_1201.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1712/1201/riversedge/extra/news_xlarge_riversedge_main.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1712/1201/riversedge/extra/news_xlarge_riversedge_sub.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1712/1201/riversedge/extra/news_xlarge_riversedge_cast.jpg

    【【音楽】小沢健二、岡崎京子原作「リバーズ・エッジ」で初の映画主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」書き下ろす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/08(水) 15:27:22.52 ID:CAP_USER9
    May J.初のフルオーケストラコンサート、豊かな歌声響かせた17曲
    2017年11月7日 11:57
    http://natalie.mu/music/news/255723
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1107/mayj/extra/news_large_11671_DSCF8459.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1107/mayj/extra/news_large_11671_DSCF9467.jpg

    「billboard classics」はbillboardがクラシック音楽の新たな魅力を提示するために開催しているコンサートで、今回はMay J.と東京フィルハーモニー交響楽団・ビルボードクラシックスオーケストラが共演した。
    これまでにオーケストラとの共演経験はあるMay J.だが、フルオーケストラをバックに単独公演を行うのはこれが初めてのこととなる。大きな拍手に迎えられ姿を見せた彼女は華やかなブルーのドレス姿。
    オーケストラが高らかに演奏した1曲目は「Sparkle -輝きを信じて-」で、May J.は朗らかな歌声でこの曲を歌い上げた。

    最初のMCで彼女は「いよいよこの日がやって来ました」とひと言。そして「単独でフルオーケストラとライブをするのは初めてなんです」と、この公演にかける意気込みを言葉ににじませた。
    MCののちに披露されたのは、彼女が大好きだというホイットニー・ヒューストン「I Will Always Love You」のカバー。
    May J.は曲の冒頭をアカペラで歌い、オーケストラは彼女の歌声に寄り添うように優しい音色で曲を彩っていった。

    流ちょうなイタリア語と圧巻のファルセットを聴かせた「Time To Say Goodbye」、八代亜紀とのコラボソングとして発表した「母と娘の10,000日 ~未来の扉~」と、その後も彼女は多彩な楽曲を用意して観客を楽しませる。
    第1部の最後はオリジナルナンバーの「Have Dreams!」で、オーケストラの面々は歌声に合わせて指を鳴らし、軽やかに曲の世界観を表現していた。

    【【billboard classics】May J.初のフルオーケストラコンサート、豊かな歌声響かせた17曲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/03(金) 06:36:14.88 ID:CAP_USER9
    女優、大竹しのぶ(60)が11月22日発売のアルバム「ち・ち・ち」で元夫のタレント、明石家さんま(62)とコラボしたことが2日、分かった。
    シンガー・ソングライター、高橋優(33)が作詞作曲した収録曲「キライナヒト」で、大竹が歌い、さんまがツッコむ、かけあいスタイルのナンバー。
    絶妙なツッコミに大竹は「さんまさんの言葉、才能はすごい」とほれ直した!?

    いい夫婦の日に発売するアルバムで、大竹とさんまが“夫婦漫才”のようなナンバーを披露する。
    きっかけは、大竹の誕生日である7月17日に行われた大竹の還暦パーティーだ。

    「ち・ち・ち」は大竹が親交のあるミュージシャンや好きな歌手に楽曲提供を依頼したアルバム。
    高橋は当初、社会派の楽曲を依頼されていたが、同パーティーに出席した際、会場でさんまが明かした夫婦時代の爆笑エピソードを聞き
    「おもしろい。曲にするしかない」と直感。1988年に結婚し、92年に離婚後もバラエティー番組で度々共演するなど、
    長男の二千翔(にちか)さん(32)や長女で歌手、IMALU(28)を含め家族ぐるみで良好な関係を続ける大竹とさんまを表現した「キライナヒト」を書き下ろした。

    曲を聴いた大竹は「最初は戸惑いましたが、なんだか自分たちの人生を肯定されたような気がした」と感謝し、
    曲中のセリフ部分を「本人に言ってもらおう」とさんまに電話して、快諾をもらった。
    2人が一緒に歌を披露するのは初で、9月上旬にレコーディング。
    セリフは最初は3言だけだったが、いざ始まると、さんまがアドリブで全編に渡ってツッコミを入れてきたという。

    同曲ではアップテンポなカントリー調のナンバーに乗せて大竹の美声が響き渡る合間、合間で、
    さんまが「還暦パーティーで元旦那から2万5000円もとるな!!」「俺に殺虫剤かけようとしたやろ!!」と次々にぼやき節。
    さんまが「信楽焼の土産どうした?」と聞けば、大竹は「捨てた」と返す。まるで夫婦漫才のような、絶妙なかけあいの楽曲だ。

    収録は一発OKで、大竹は「やはり、さんまさんの言葉、才能はすごいなと」と元夫に感心。
    「生きている限り人を笑わせるのが、彼の人生です」と改めて尊敬していた。

    ★タイトル「ち・ち・ち」由来は米倉斉加年さん

    アルバムタイトルの「ち・ち・ち」は大竹が女優業を始めた当時、俳優で絵本作家、故米倉斉加年さんに、大事にしろといわれた3つの「ち」が由来。
    知識、知性の「知」、ばかになって物事に取り組む姿勢の「痴」、子供のような無邪気な好奇心の「稚」で、
    アルバムではこの3つの「ち」をテーマに、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(33)らが楽曲を提供。
    バラードやロック、ラブソングなどバラエティーに富んだ楽曲が収録された1枚だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13839245/
    2017年11月3日 5時14分 サンケイスポーツ

    【【芸能】大竹しのぶ、さんまと初の歌コラボ!高橋優が作詞作曲「キライナヒト」】の続きを読む

    このページのトップヘ