よろしくおながいします。

    出演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/15(金) 19:04:42.21 ID:CAP_USER9
    新曲『初恋』(TBS系火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』イメージソング)がオリコン週間デジタルシングルランキング、Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャートで2週連続1位を獲得し、7枚目のオリジナルアルバム『初恋』のリリースを目前に控える宇多田ヒカル。

    そんな彼女の特別番組『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル』『プロフェッショナル 仕事の流儀 宇多田ヒカルスペシャル』の放送が決定した。『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル』は6月30日22時10分、『プロフェッショナル 仕事の流儀 宇多田ヒカルスペシャル』は7月16日22時より、それぞれNHK総合で放送予定となっている。

    『SONGSスペシャル』への出演は、前作アルバム『Fantome』発売時に出演して以来、1年9ヵ月ぶり。番組内では、7thアルバム『初恋』より、「あなた」「初恋」「Play A Love Song」の3曲を歌唱。歌唱シーン以外では、芥川賞作家の芸人・又吉直樹との初対談が実現、言葉の表現者同士で、宇多田ヒカルの歌詞の魅力についてじっくりと語りあっている。
    ※『Fantome』の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記。

    さらに、小田和正、水野良樹(いきものがかり)からの宇多田ヒカルの「言葉」について思いを語ったビデオメッセージや、元『WIRED』編集長・若林恵氏によるインタビューなど充実の内容となっている。

    そして、『プロフェッショナル 仕事の流儀 宇多田ヒカルスペシャル』は、宇多田ヒカルの音楽制作の現場に、初めてメディアのカメラが入り、アルバム『初恋』の制作過程を追った内容。楽曲づくりにおいて、作詞、作曲、そして編曲まで、すべてをひとりで行う宇多田ヒカルの仕事の流儀に迫る。両番組とも必見だ。

    番組情報

    NHK総合『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル』
    06/30(土) 22:10~23:00
    出演:宇多田ヒカル
    又吉直樹 小田和正 水野良樹(いきものがかり)
    インタビュアー:若林恵

    NHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀 宇多田ヒカルスペシャル』
    07/16(月・祝)22:00~(予定)
    出演:宇多田ヒカル

    2018.06.15
    https://www.m-on-music.jp/0000278089/
    https://www.m-on-music.jp/admin/wp-content/uploads/2018/06/180615-st-171800.jpg

    【【音楽】宇多田ヒカル、NHK『SONGS』&『プロフェッショナル 仕事の流儀』への出演が決定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2018/06/10(日) 20:29:24.76 ID:CAP_USER9
    BABYMETALが9日(現地時間)、イギリス・ドニントンパークで開催された<Download Festival UK>に出演した。

    2年ぶり3度目の出演となった<Download Festival UK>。ガンズ・アンド・ローゼズやオジー・オズボーンなど数多くのアーティストがラインナップされる中、2ndステージのへッドライナー前のポジションにラインナップされたBABYMETALのパフォーマンスを見るため、満員のオーディエンスが集まっていた。オープニングVTRに続いて新曲「IN THE NAME OF」が始まった途端に、左右に大きく広がり待ち構えるオーディエンスの熱気が一気に高まり大歓声が沸き起こった。「メギツネ」「ギミチョコ!!」と立て続けに披露しオーディエンスを煽っていく。

    5月に発表されたばかりの新曲「Distortion」では、コールアンドレスポンスやモッシュが続き、最後の「Road of Resistance」では、あちこちで大きなサークルピットができるほどの盛り上がりで、ステージが終わると久しぶりのイギリスでのパフォーマンスを待ちわびていたオーディエンスからは大きな拍手と歓声が続いた。

    このステージをもってワールドツアーのヨーロッパツアーが終了し、次はいよいよ日本公演となる。10月23日、24日に幕張メッセイベントホール、10月30日、31日に神戸ワールド記念ホールで開催される。また8月1日には昨年、SU-METALにとって初の広島凱旋となった、広島グリーンアリーナでの<LEGEND-S-BAPTISMXX->公演の映像作品が発売されることも決定している。

    2018.6.10 10:15
    https://www.barks.jp/news/?id=1000156113

    写真
    https://img.barks.jp/image/review/1000156113/baby1.jpg

    https://img.barks.jp/image/review/1000156113/baby2.jpg

    https://img.barks.jp/image/review/1000156113/baby4.jpg

    https://img.barks.jp/image/review/1000156113/baby3.jpg

    【【音楽】<BABYMETAL>2年ぶりの<Download Festival UK>出演でヨーロッパツアー閉幕! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/10(日) 00:05:53.70 ID:CAP_USER9
    櫻井翔、日テレ『THE MUSIC DAY』で6年連続総合司会 7・7に11時間生放送
    6/9(土) 22:00配信 オリコン
    https://www.oricon.co.jp/news/2113263/full/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000402-oric-ent

    『THE MUSIC DAY』総合司会を務める櫻井翔 (C)日本テレビ
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20180609/2113263_201806090257530001528549209c.jpg

    人気グループ・嵐の櫻井翔が、7月7日に放送される日本テレビ系夏の大型音楽特番『THE MUSIC DAY』(正午スタート)で、6年連続で総合司会を務めることがわかった。
    昨年より1時間拡大して11時間、千葉・幕張メッセより生放送。今年のテーマは「伝えたい歌」。ベテランから若手まで様々なアーティストが70組集まり、名曲から新曲、そして10個のスペシャルメドレーで、音楽を題材にした『最高のエンターテインメントショー』を届ける。

    第1段で発表されたメドレーは、ハスキーボイスメドレー(大友康平、葛城ユキ、椿鬼奴、中村あゆみ、もんたよしのり ※曲間MC 天龍源一郎)、星空メドレー(絢香、嵐、EXILE TRIBE<TAKAHIRO×NESMITH×SHOKICHIほか>、THE ALFEE、SEKAI NO OWARI、横山だいすけ&Little Glee Monster)など。そのほか順次発表予定。

    また同番組は同局がアジア各国で展開するGEM(ジェム)チャンネルでゴールデンプライムタイム部分を同時放送し、アジア中の音楽ファンに日本の歌を伝える。このほか司会は羽鳥慎一アナ、進行は徳島えりか(日本テレビアナウンサー)が務める。

    ■櫻井翔コメント
    「今年は昨年から1時間拡大して、11時間の生放送となります。最新の楽曲はもちろん、往年の名曲もたくさん登場して、リアルタイムで知らなかった世代にとって“音楽との出会いの場”になればいいなと思っています。
    (THE MUSIC DAYは)自分自身がアーティストとして参加できることも光栄ですけど、憧れのアーティストをMCとして紹介できる喜び、間近で演奏やパフォーマンスを見られることもとても楽しみです。
    今年は、この番組でしか見ることのできないメドレーが10個登場します。嵐としてはメドレーの中で華を添えられたら」

    【【ジャニーズ】嵐・櫻井翔、日テレ『THE MUSIC DAY』で6年連続総合司会 7・7に11時間生放送 今年は70組のアーティストが出演 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2018/06/04(月) 23:34:56.19 ID:CAP_USER9
     9月に引退する歌手安室奈美恵(40)が4日、NHK総合の「ニュース・ウォッチ9」に出演し、ラストツアーについて「さよならを言える場所を設けてもらったことをすごく感謝している」とファンに別れを告げる場所があることを感謝した。

    また、長男から「ママの息子で良かった」といつか思ってもらえるように仕事と向き合ったきたと明かした。

     安室は二十歳で結婚、出産し、1年休業した。人気絶頂の中でファンの前からいったん消えた。この時の心境について、「まるまる1年休んで急に不安になったりとか焦りが出てくる時期があった」と告白。

    「でも、あの時焦りと不安を感じて調節できる自分になれた。あの1年がなければ、その後に感じた不安や焦りが出て来た時に自分で自分を信じてあげることができなかったりとか、ブレーキをかけてあげることができなかったと思う。1年休んだ時は不安も焦りもあったけれどもすごく大切な1年だったと思います」と振り返った。

     桑子真帆アナウンサーから「自分と向き合った」と聞かれ、安室は「向き合いました。初めて。いやっていうほど」と苦笑いのような表情に。

    続けて、「でも、1年間休ませ下さいって言ったのは自分だったので復帰するわけにもいかず。焦りと…焦っている自分と向き合ってまたさらに焦って。初めてとことん自分と向き合った瞬間だったので、1つ成長したような1年でした」と自身の成長にとって非常に大切な期間だったと述べた。

     ナレーションでは「活動再開後は初めて作詞に挑戦。生まれてきた息子への思いを歌った」として、安室が「Say the word」を歌い踊る映像が流れた。

    息子の存在意義について安室は「大きいですね。何をするにも息子を考えて」と返答。「できるだけ歌詞も注意して。英語でスラングがないかとか」と教育上の配慮も忘れていないことをあげた。

     また、「私が何かしてしまうと彼が後ろ指をさされてしまうと思って。いつか『ママの息子で良かった』と思ってもらうには仕事にどういう姿勢で向かえばいいのか」と息子に誇らしく思ってもらえる母親であるように生きてきたことを語った。

    デイリースポーツ 6/4(月) 22:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000126-dal-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180604-00000126-dal-000-9-view.jpg

    【【音楽】<安室奈美恵>NHKニュースウォッチ9に出演! 20歳で出産した長男へ…ママの息子で良かったと思ってもらえるように 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ニーニーφ ★ 2018/05/30(水) 08:47:42.04 ID:CAP_USER9
     外務省から日・ASEAN(東南アジア諸国連)の特別大使を委嘱されている歌手で俳優の杉良太郎(73)が
    実行委員会会長を務める「第2回日・ASEAN音楽祭」が10月4日に東京・渋谷のNHKホールで開催されることが決まった。

     2013年以来5年ぶりで、国内からは杉のほかに伍代夏子(56)、関ジャニ∞、乃木坂46、三代目J Soul Brothersの登坂広臣(31)と
    今市隆二(31)、w-inds.の7組が出演。ピコ太郎と女優の西田ひかる(45)が司会を務める。

     ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの加盟10カ国からは、
    人気トップクラスの歌手たちが集まる。4泊5日の行程が組み込まれており、杉が考案する東京観光プランで日本の文化を番組や
    個人のSNSなどで紹介してもらう新たな試みも。

     国内組で注目されるのが関ジャニ∞だ。杉と40年近く親交のあるジャニーズ事務所の藤島メリー副社長が、
    音楽祭の開催を知ったときに協力を申し出てくれたという。杉は「今年デビュー15周年を迎え、
    アジアツアーを目標とする関ジャニ∞が戦略的にもぴったりだと推薦をいただきました」。

     村上信五(36)は「このようなすばらしい音楽祭から声をかけていただけたことを大変うれしく思っております。
    関ジャニ∞が音楽を楽しんでいる姿をASEAN諸国の皆さまにも体感していただけるよう、精いっぱい、
    そして力強くパフォーマンスさせていただきます」とコメントを寄せた。

     音楽祭の模様は各国で放送されるほか、アプリを通じて世界中で視聴可能な「NHK World」でも配信される。
    杉は「海外組には日本のメディアまたはプロダクションと提携をして、今後日本から10カ国に情報をスムーズに発信できる状況を作りたい」と語った。

    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018052902000201.html

    【【音楽】日・ASEAN音楽祭、5年ぶりに開催 日本からは杉良太郎、伍代夏子、関ジャニ∞、乃木坂、三代目メンバー、w-indsが出演】の続きを読む

    このページのトップヘ