よろしくおながいします。

    人気

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: サイカイへのショートカット ★ 2017/11/22(水) 17:23:00.82 ID:CAP_USER9
    米俳優・歌手のD・キャシディさん死去、フロリダの病院で
    11/22(水) 16:49配信 ロイター Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000059-reut-ent

    写真は1995年10月撮影(2017年 ロイター/Andrew Shaw)
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171122-00000059-reut-000-view.jpg

    [21日 ロイター] - TVドラマ「パートリッジ・ファミリー」などで1970年代に人気を博した米俳優・歌手のデビッド・キャシディさんが21日、入院していた病院で死去した。67歳だった。広報担当者が明らかにした。

    数日前から臓器不全のため、フロリダの病院に入院していた。

    家族の発表によると、キャシディさんは愛する人々に見守られて息を引き取ったという。

    キャシディさんは約2年前、初期の認知症と診断された。

    「チェリッシュ」「悲しき初恋」などのヒットで70年代に大活躍したキャシディさんだが、晩年は飲酒や金銭的な問題を抱えていた。

    【【芸能】米俳優・歌手のD・キャシディさん死去、フロリダの病院で 67歳 70年代に人気】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/09/21(木) 08:35:33.79 ID:CAP_USER9
    30代メンバー中心のAAA 10代からの人気が衰えない理由
    2017.09.21
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/213935

     紅白7年連続出場、10代に人気のアーティストAAA(トリプル・エー)の全国ドームツアーに潜入、人気の秘密を探った。

     エイベックス主催のオーディションを勝ち抜いた逸材を集めた実力派ユニットで、メンバーは浦田直也(34)をリーダーに、西島隆弘(30)、日高光啓(30)、與真司郎(28)、末吉秀太(30)、紅一点の宇野実彩子(31)の6人。

     今年3月に伊藤千晃(30)が妊娠・結婚で脱退するまで10年近く男女7人編成で人気を確立してきた。彼らの特徴を一言で言えば「リア充」。
    「グループ交際や部活のような青春っぽさ、リア充感がいい」(18歳・大学生)。自分も“友達として”メンバーに加わりたくなるような存在なのだ。

     14日、東京ドームに集まったファンは10代から20代前半の肉食には程遠い“マイルド系”男女。
    平日木曜の18時開演という早さもあり、圧倒的に10代が多く、カップル率も高い。アイドル好きに多い、コッテリファッションやヤンキーファッションも少ない。

     結成12年ともなれば極端なオタク、オバサンも増えていくものだが、そういった偏ったタイプも少ない。観客は皆ツアー専用の箱型ライト(2600円)を購入。
    ライトは演出側が遠隔操作、曲によってすべて同じ色、同じタイミングで点灯し、一体感があって楽しそうだ。
    この日はテーマ曲を歌う10月スタートの月9ドラマ「民衆の敵」(フジテレビ系)の宣伝で主演の篠原涼子(44)、千葉雄大(28)らも登場した。

     コンサート中、気が付いたのは、メンバーの肌露出が異常に少ないこと。裸になるメンバーはおらず、1人が腹筋をチラ見せしただけ。ジャニーズもEXILEもライブではたいてい半裸。
    肌露出とキラキラ衣装で“非日常感”を演出、妄想を過剰なまでにあおる。そういったトゥーマッチな色気はオタクやオバサンの大好物でもあるからだ。
    しかし、AAAにはそれがない分、ファンが自然に卒業し、ファン層がいつも10代の若者で安定しているのかもしれない。

     最近はどの市場でもエッジの利いた“1強独占”が常。色気でも、男らしさでもなく、普通の感覚で心をつかむAAA。息の長い活躍ができる理由はそこにあるようだ。

    【【芸能】30代メンバー中心のAAA 10代からの人気が衰えない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: investment ★@無断転載は禁止 2017/08/25(金) 17:14:01.48 ID:CAP_USER9
    とある女子大生の「流行」をめぐり、ネット上、特に掲示板サイト「2ちゃんねる」のユーザーが色めき立っている。「お疲れンゴ」――語尾に「ンゴ」をつけて会話するのがトレンドだというのだ。

    掲示板では、「リアルで使うなよ」「パクられた」などの反応があがっている。

    このトレンドは、2017年8月24日放送のバラエティー「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で紹介された。

    この日は、ゲストが若者の街を調査するという企画で東京・北千住をロケ。ゲストが女子大生に取材し、いまのブームを聞いた。そこで飛び出したのが、

    「語尾に『ンゴ』をつけて喋るのが流行っています」

    使用例として、「お疲れンゴ」をあげている。

    実際、女子大生の利用者が多いSNS「インスタグラム」では、25日時点で「#ンゴ」が約2300件ヒット。「夏先取ったぁンゴ」「盛れないンゴ」といった用例が確認できる。

    全体的には、

    「ガトーショコラ作ったンゴ」
    「パンケーキおいしかったンゴ」
    「(リンゴをかじる仕草をした自撮り写真とともに)ンゴ!!!!!」

    など食関連の投稿に比較的用いられているようだが、使用シーンは特段決まっていない印象を受ける。
    実は、ネット用語と相性が良い若者言葉

    「○○ンゴ」は、2ちゃんねる発祥のネットスラングだ。2ちゃんねるの掲示板「なんでも実況J(なんJ)」で2008年、当時楽天に所属していたドミンゴ投手が、9回裏2点リードから登板するも、1アウトもとれずにサヨナラ弾を浴びたことから生まれた。主に、

    「遅刻したンゴ」
    「気力がないンゴ」

    など、失態を犯した際や、思い通りにコトが進まない時に使用されることが多い。

    「なんJ」発のネットスラングは数多くあり、掲示板の名前にちなみ「なんJ語」ともいう。当のなんJ民たちはこの流行に、

    「たまらなく辛い気持ちになってくるンゴねぇ...」
    「ワイらは最先端のJD(※女子大生)だった?」

    と、なんだか複雑なようだ。

    それではなぜ、10年近くも前に誕生した「ネット文化」が、いま、女子大生の間で流行っているのか。

    ニュースサイト「オリコン」が17年7月23日に配信した記事で、示唆に富む考察を紹介している。記事では、男性ファッション誌「men's egg(メンズエッグ)」の元編集者・井上キャバ男氏が、近年のギャル語(若者言葉)を以下のように分析。

    「ネット掲示板が一般の高校生にも浸透し、2ちゃん用語への抵抗感も薄れている。だから、リズム感の良いものや、パロディ色の強いネットスラングがあるとすぐに浸透する。ネットで長年使われている言葉を若い子が見て、それが新しい言葉だと思って使いだすため、古い2ちゃん用語が一周回って、あらためてギャル語として復活するケースがある」

    なお、「マイナビ学生の窓口」が、大学生男女338人を対象にした調査(16年8月実施)では、「なんJ語をリアルで使われると正直引いてしまいますか?」との質問に、「はい」が201人(59.5%)、「いいえ」が137人(40.5%)だった。

    https://www.j-cast.com/2017/08/25306657.html?p=all

    【【話題】なんJ語、女子大生に人気 語尾「ンゴ」流行に2ちゃんねる驚く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/08/21(月) 15:00:00.39 ID:CAP_USER9
    「おーい!はに丸」のすみれちゃんで人気 相原愛さんは今
    2017.08.21
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/211606
    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/211/606/2ae2f8b35f817960ee3117e943551fff20170816150215817.jpg
    当時と変わらぬスタイルはジム通いの賜物(提供写真)

     1983年から89年までの6年間、NHK教育テレビで放送された幼児向け番組「おーい!はに丸」。
    その歌のお姉さん“すみれちゃん”として出演し、キュートなルックスとさわやかな歌声で子どもたちの人気を集めたのが相原愛さん(当時の芸名は羽生愛)だ。今、どうしているのか?

    ■舞台に向けて歌とダンスの稽古

    「今は『パン・プランニング』というミュージカル制作会社主催の舞台に年間7本ほど出演してまして、ほとんど休む暇がないくらいです。
    30日から新作の舞台が始まるので、毎日が歌とダンスの稽古。でも、止まると死んじゃうといわれる回遊魚と同じで、忙しくしていないと落ち着かないんです」

     都内の喫茶スペースで会った相原さん、こう言って笑った。

     “すみれお姉さん”から30年近く経ち、ご覧のように妖艶さは増したが、スタイルは当時と変わっていない。

    ※全文は記事でご覧下さい。(全4ページ)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/211606
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/211606/2
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/211606/3
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/211606/4

    【【芸能】「おーい!はに丸」のすみれちゃんで人気 相原愛さんは今】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/08(火) 13:55:31.93 ID:CAP_USER9
    ももいろクローバーZが、「ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会」を開催した。2日間で述べ100,902人を動員し、この夏で最も大規模なコンサートを行った女性アイドルグループとなった。アイドル戦国時代と言われ続けながらも、殆どのアイドルグループがドームでのコンサート・ライブも果たせない中、なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか?

    今回、味の素スタジアムでの取材をする中で気づいたのは、「親子連れの多さ」だ。最近では、NMB48吉田朱里のように、アイドル活動以外で女性人気を獲得する例もあるが、ももクロの人気は異質。「しっかりとした」キッズルームや授乳室が完備している女性アイドルグループのライブは多くの取材をしているが見たことが無い。また、年配者のファンの姿も多く見かけ、まさに老若男女どの年代のファンも存在することが大規模コンサートになると解る。
    なぜか?

    ライブを一度体験すればまた見たくなる。友人にすすめる、親と行く、子供を連れて行く…ももクロのファンの輪はライブを行うごとに拡大していく。中には会場に通うことで友だちを見つけ「モノノフ」を増やしていく面々も。こんな現象が起きるのも、ももクロのライブが誰が見ても楽しく、笑顔になり、元気をもらえる構成になっているからだ。

    女性アイドルグループは男性ファンが殆どを占める中で、良くも悪くもファンを満足させるためにセクシーな楽曲や男性目線で可愛く思える演出に偏る傾向にある。そういった状況をいち早く脱却できたももクロのライブは、構成の幅がぐっと広がり子供から老人まで、男女問わず楽しめる内容に毎回なる。そして、会場へ足を運んだファンを満足させるからリピーターが増える。好循環が生まれている。

    また、統計をキチンと取ったわけではないが、会場へ足を運んだ肌感覚として「箱推し」が他のアイドルグループよりも圧倒的に多く感じる。それは、序列や順位付けを行うことを望んでいないメンバーたちの思いを、しっかりとファンも理解し応援をしているからだろう。もちろんそれぞれ推しのカラーを身にまとっているが、会場の温かさは箱推しの雰囲気だ。

    ファンの間でも場所取り、グッズの争奪戦などなど会場でも多々熾烈な争いを目にすることがアイドル現場では多いが、ももクロファンは自ら行動を律し、自分たちもまた楽しい会場を作る努力をしている。モノノフに話を聞けば頑張っているももクロメンバーに対するリスペクトで、ファンも行動には責任をもっていると話していた。だからこそ、今回のライブでももクロも運営もオープニングで「タッグパートナー」として会場の全景を映し「モノノフ」とアナウンスしファンを紹介、称えることが出来たのだろう。

    アイドルとファンの理想的な関係が、ももいろクローバーZには備わっている。そこに、壮大で洒落の利いた演出が施され様々な豪華出演者が登場するのだから、中毒者が続出するのもうなずける。

    アイドルであることを貫き通すももクロだが、すでにそのライブはアイドルの枠を越えている。来年の10周年に向け、スケールのでかすぎるとんでもないライブやイベントの告知がサプライズ発表されたが、まだまだ進化し続けるももいろクローバーZの人気は更に拡大していきそうだ。(取材/編集部・高橋学)Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z

    2017/08/06 news.dwango.jp
    https://news.dwango.jp/2017/08/06/143719/idol/

    写真
    https://news-img.dwango.jp/wp-content/uploads/2017/08/b17c1dd2f834491f2f24d0b550a2f2a8-1024x683.jpg

    2017/08/07(月) 23:19:31.42
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502115571/

    引用元: ・【芸能】<ももいろクローバーZ>なぜスタジアムライブを成功させられるのか?なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか? ★2©2ch.net

    【【芸能】<ももいろクローバーZ>なぜスタジアムライブを成功させられるのか?なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか? ★2】の続きを読む

    このページのトップヘ