よろしくおながいします。

    人気

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/08(火) 13:55:31.93 ID:CAP_USER9
    ももいろクローバーZが、「ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会」を開催した。2日間で述べ100,902人を動員し、この夏で最も大規模なコンサートを行った女性アイドルグループとなった。アイドル戦国時代と言われ続けながらも、殆どのアイドルグループがドームでのコンサート・ライブも果たせない中、なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか?

    今回、味の素スタジアムでの取材をする中で気づいたのは、「親子連れの多さ」だ。最近では、NMB48吉田朱里のように、アイドル活動以外で女性人気を獲得する例もあるが、ももクロの人気は異質。「しっかりとした」キッズルームや授乳室が完備している女性アイドルグループのライブは多くの取材をしているが見たことが無い。また、年配者のファンの姿も多く見かけ、まさに老若男女どの年代のファンも存在することが大規模コンサートになると解る。
    なぜか?

    ライブを一度体験すればまた見たくなる。友人にすすめる、親と行く、子供を連れて行く…ももクロのファンの輪はライブを行うごとに拡大していく。中には会場に通うことで友だちを見つけ「モノノフ」を増やしていく面々も。こんな現象が起きるのも、ももクロのライブが誰が見ても楽しく、笑顔になり、元気をもらえる構成になっているからだ。

    女性アイドルグループは男性ファンが殆どを占める中で、良くも悪くもファンを満足させるためにセクシーな楽曲や男性目線で可愛く思える演出に偏る傾向にある。そういった状況をいち早く脱却できたももクロのライブは、構成の幅がぐっと広がり子供から老人まで、男女問わず楽しめる内容に毎回なる。そして、会場へ足を運んだファンを満足させるからリピーターが増える。好循環が生まれている。

    また、統計をキチンと取ったわけではないが、会場へ足を運んだ肌感覚として「箱推し」が他のアイドルグループよりも圧倒的に多く感じる。それは、序列や順位付けを行うことを望んでいないメンバーたちの思いを、しっかりとファンも理解し応援をしているからだろう。もちろんそれぞれ推しのカラーを身にまとっているが、会場の温かさは箱推しの雰囲気だ。

    ファンの間でも場所取り、グッズの争奪戦などなど会場でも多々熾烈な争いを目にすることがアイドル現場では多いが、ももクロファンは自ら行動を律し、自分たちもまた楽しい会場を作る努力をしている。モノノフに話を聞けば頑張っているももクロメンバーに対するリスペクトで、ファンも行動には責任をもっていると話していた。だからこそ、今回のライブでももクロも運営もオープニングで「タッグパートナー」として会場の全景を映し「モノノフ」とアナウンスしファンを紹介、称えることが出来たのだろう。

    アイドルとファンの理想的な関係が、ももいろクローバーZには備わっている。そこに、壮大で洒落の利いた演出が施され様々な豪華出演者が登場するのだから、中毒者が続出するのもうなずける。

    アイドルであることを貫き通すももクロだが、すでにそのライブはアイドルの枠を越えている。来年の10周年に向け、スケールのでかすぎるとんでもないライブやイベントの告知がサプライズ発表されたが、まだまだ進化し続けるももいろクローバーZの人気は更に拡大していきそうだ。(取材/編集部・高橋学)Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z

    2017/08/06 news.dwango.jp
    https://news.dwango.jp/2017/08/06/143719/idol/

    写真
    https://news-img.dwango.jp/wp-content/uploads/2017/08/b17c1dd2f834491f2f24d0b550a2f2a8-1024x683.jpg

    2017/08/07(月) 23:19:31.42
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502115571/

    引用元: ・【芸能】<ももいろクローバーZ>なぜスタジアムライブを成功させられるのか?なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか? ★2©2ch.net

    【【芸能】<ももいろクローバーZ>なぜスタジアムライブを成功させられるのか?なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか? ★2】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ranran roo ★@無断転載は禁止 ©2ch.net (★ 9936-g/m6) 2017/08/07(月) 01:30:47.94 ID:CAP_USER9

    「TWICEを知らない人は一人もいません。ママムー、ブラックピンク、レッドベルベットの人気も徐々に上がってきましたし。東京渋谷のタワーレコードが再び韓流の聖地となっています」

    2日に会った日本の会社に務めるイ・ジンソク氏(35)は、「日本のテレビに出なくても、韓国のガールズグループを積極的に発掘して、ファンになる人々が増えている」と話した。昨年、「オタク進化論」と題した本を出し、東京に3年以上居住している彼は最近、日本国内の韓流の雰囲気が尋常でないと話した。 以下ソース

    東亜日報 イム・ヒユン記者 imi@donga.com
    http://japanese.donga.com/List/3/08/27/1015499/1

    1:2017/08/06(日) 06:56:57.16
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502020299/
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: ・【芸能】「TWICEを知らない人は一人もいません。ママムーの人気も上がってきましたし」 イ・ジンソク氏 ★3 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【芸能】「TWICEを知らない人は一人もいません。ママムーの人気も上がってきましたし」 イ・ジンソク氏 ★3】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ジョーカーマン ★@無断転載は禁止 2017/07/12(水) 12:17:56.61 ID:CAP_USER9
    元℃-uteの岡井千聖が、7月12日(水)26時14分から日本テレビにて放送の『浜ちゃんが』(読売テレビにて6月28日放送回)に出演。
    ソロ活動への不安を漏らす。

    ロケを通じて芸能人の知られざる私生活や趣味を発見する同番組。
    今回は、売れたい、幸せになりたいというゲストを迎え、池田一真(しずる)が進行を務める「“変わりたい”編(開運飯)」の企画を展開する。

    6月に所属していたアイドルグループの℃-uteが解散した岡井は「ソロになって、どういう方向性でいけば良いか、全くわからなくて、進路相談に来ました」と真剣に訴えるが、浜田雅功は「いや、そんな重たい番組ちゃうし……」と困惑する。
    バラエティで活躍している岡井だが「アイドルありきで出させてもらっている。これがバラエティ最後かもしれない」と危機感を訴える。

    また、歌手を勧められると、岡井は「1人でやっていけないです。結構人気なかったんです。CD出しても確実に売れるのは12枚。12人は必ず応援してくれると思います」と、12人の熱狂的なファンの存在を明かす。
    さらに、女優を勧められると「無理。台詞を覚えられないんですよ」と向いてない事をアピールする。
    その流れで岡井は、浜田たちの前で演技に挑戦し、女優の伊藤沙莉も背後から銃で撃たれる芝居を披露する。

    他にもバラエティ系、女子アナ、歌のお姉さんなどを勧めるが、岡井は全く自信がない様子。
    浜田が「じゃあ引退や」とさじを投げると、岡井は「家族で焼き鳥屋をやろうと考えたんです。駅前の焼き鳥屋がメチャメチャ繁盛してるんですよ。丸々パクろうと思って……」と芸能界とは別の仕事も考えている事を告白し、マイナス思考の岡井は「まず、自分に自信を持ちたいですね」と訴える。

    http://www.excite.co.jp/News/tv/20170712/Dogatch_45964.html

    元℃-ute 岡井千聖
    http://68.media.tumblr.com/750d30e9afcf0e593c275cf52622deff/tumblr_orv8drm0tb1s3z0n2o1_1280.jpg
    ℃-ute
    http://stat.profile.ameba.jp/profile_images/20170410/10/ef/qJ/j/o140309351491787860957.jpg

    【【アイドル】元℃-ute岡井千聖、ソロ活動に不安「人気なかった」「家族で焼き鳥屋をやろうと…」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/09(日) 10:31:54.36 ID:CAP_USER9
    たくさん日本語を勉強しました!

     ホールのライトが消えると、「ヤバイヤバイヤバイ!」と近くの席から興奮した観客の声が聞こえてきた。重厚なイントロに続き、ピンクに照らされた9人のシルエットがステージの奥に浮かび上がる。会場がわっと大きな歓声に包まれた。

     7月2日、アジア発9人組ガールズグループ、TWICEがついに日本に降臨した瞬間だった。

     両手の人差し指と親指で矢印を作り、泣いている顔文字の形を作る「TTポーズ」を取り入れた楽曲『TT』のミュージックビデオがYoutubeでの再生2億回を超える“伝説”を生んだTWICE。

     韓国のガールズグループといえば、2010年に日本でデビューした少女時代とKARAが旋風を起こして以来、多くのグループが日本に上陸するも、その後大きなうねりを起こしたグループは存在しなかった。

     ところが、TWICEは日本デビュー前からTTポーズが女子中高生の自撮りで流行るなど大きな話題に。さらに、日本で初めて女性誌の表紙を飾った6月23日発売の『ViVi』(講談社)8月号は、発売前から予約が殺到するほどの反響を呼んで注目された。

     TWICE人気は本物なのか――。日本初の単独公演「TWICE DEBUT SHOWCASE “Touchdown in JAPAN”」が開催された東京体育館に足を運んだ。

     メンバーは、韓国出身のナヨン、ジョンヨン、チェヨン、ダヒョン、ジヒョ、China-Tainan出身のツウィ、そして日本人のサナ、モモ、ミナ。3人は、韓国のメジャーなガールズグループでは初の日本人メンバーだ。テレビ地上波ではいまだ日本人が日本語で歌うことがタブーとされている韓国では、異色の布陣である。

     イベントタイトルにもなっている曲『Touchdown』で登場した9人は、チアリーダーをほうふつさせる白いショート丈のTシャツにブルーのキラキラ光るミニスカート姿。はじけるダンスは、元気でキュートでヘルシー、そして腰と肩をくねらせながらの流し目がセクシーだ。

     韓国でのデビュー曲『Like OOH-AHH -Japanese ver.-』、『CHEER UP--Japanese ver.-』と明るいアップテンポの曲を一気に続けて盛り上げると、あちこちから「サナー!」「モモー!」「ミナー!」と日本人メンバーの名を叫ぶ男子の野太い声が飛ぶ。

     会場は女性7割、男性3割。女性は10代後半~20代前半を中心に、小学生の女の子と40代の母親と思しき組み合わせもちらほら。男性は10代後半から50代ぐらいまでと幅広く、さわやか体育会系男子が数人のグループで来ているのが新鮮だった。

     「One in a million! TWICEでーす!」と全員で声を合わせてあいさつし、トークタイムに。「たくさん日本語を勉強しました!」とチェヨンが言うように、日本初ライブながら通訳なしで全員がたどたどしくもすべて日本語で通したのは、さすがの一言だ。

     逆にビックリしたのは、日本人メンバーの日本語。ピンクやブルーなど色とりどりに輝くペンライトの海を見つめて「キャンディーオーシャン(TWICEの公式ペンライト)、めっちゃきれい~」(モモ)、「ほんまにめっちゃピカピカ~!」と、関西弁、しかも、MCがやたら達者な日本のガールズグループに比べるとテンポがユルユルで、なんとも愛らしい。

    つづく

    7/8(土) 15:01配信 現代ビジネス
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6246226

    2017/07/08(土) 17:54:27.63
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1499504067/

    【【音楽】<TWICE>日本上陸 人気は本物か?★2】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/07/06(木) 21:01:46.50 ID:CAP_USER9
    2017年7月6日16時58分 スポーツ報知

    屈指の美貌で人気…宝塚歌劇宙組娘役・伶美うららが11月に退団

     宝塚歌劇団は6日、宙組の人気娘役・伶美(れいみ)うららが11月に退団すると発表した。トップスター・朝夏まなとのサヨナラ公演「神々の土地」「クラシカル ビジュー」千秋楽(11月19日、東京宝塚劇場)をもって卒業する。

     宙組は前トップ娘役の実咲凜音(みさき・りおん)が4月30日で退団したが、後任は設けていなかった。

     伶美は2009年3月に入団した9年目。4度の新人公演ヒロインを務めるなどキャリア豊富で、劇団屈指の美貌の持ち主。2012年からは池田泉州銀行のイメージキャラクターを務めていた。“人材の宝庫”と言われる95期生からは、月組・愛希(まなき)れいか、実咲、妃海風(ひなみ・ふう、星組=退団)の3人のトップ娘役が誕生していた。


    11月での退団が決まった宝塚歌劇宙組の娘役・伶美うらら
    http://www.hochi.co.jp/photo/20170706/20170706-OHT1I50092-L.jpg
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170706-OHT1T50139.html

    【【芸能】屈指の美貌で人気…宝塚歌劇宙組娘役・伶美うららが11月に退団】の続きを読む

    このページのトップヘ