よろしくおながいします。

    主題歌

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: シャチ ★ 2018/06/26(火) 05:43:35.91 ID:CAP_USER9
    乃木坂46の新曲「空扉(そらとびら)」が、アニメ映画「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」(8月18日公開)の
    主題歌に決まったことが25日、分かった。同曲は8月8日発売の21枚目シングル(タイトル未定)に収録される。

     乃木坂46の楽曲がアニメ作品とタイアップするのは4曲目。同作の瓜生恭子プロデューサーは
    「夏休みにぴったりな作品なので、子どもから大人まで幅広い層の皆さんに楽しんでもらえたらと思い、
    幅広い層の方に愛されている乃木坂46に主題歌をお願いしました。
    原作者の鈴木央先生も大ファンです!」とオファーの経緯を説明した。

     アニメの映画化を記念して上演が決まった舞台「七つの大罪 The STAGE」(8月3日初日、
    東京・天王洲銀河劇場など)に出演するメンバーの梅澤美波(19)は
    「大好きな作品にいろいろな面から関わり応援できるのはとてもうれしいことですし、たくさんの方の目に届くように、
    全力で盛り上げていけたらと思っています!」とアピール。「空扉」は爽快感がある夏らしいナンバーだと明かし、
    「作品の勢いをもっともっと加速できるように、一生懸命頑張ります!」と意気込んだ。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00249829-nksports-ent

    【【音楽】乃木坂46の新曲がアニメ映画「七つの大罪」の主題歌に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/12(火) 00:17:41.32 ID:CAP_USER9
    永井真理子:名曲「ミラクル・ガール」を語る 活動再開後テレビ初披露
    6/11(月) 23:00配信 MANTANWEB(まんたんウェブ)
    https://mantan-web.jp/article/20180611dog00m200026000c.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000028-mantan-ent

    「Anison Days」に出演する(左から)酒井ミキオさん、永井真理子さん、森口博子さん
    https://storage.mantan-web.jp/images/2018/06/11/20180611dog00m200026000c/001_size10.jpg

    https://storage.mantan-web.jp/images/2018/06/11/20180611dog00m200026000c/002_size10.jpg

    浦沢直樹さんのマンガ「YAWARA!」(C)浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館
    https://storage.mantan-web.jp/images/2018/06/04/20180604dog00m200023000c/001_size8.jpg

    歌手の永井真理子さんが、25日に放送されるアニメソングに特化した音楽番組「Anison Days」(BS11)に出演する。
    2017年に活動を再開したことも話題になった永井さんは、テレビアニメ「YAWARA!」の主題歌「ミラクル・ガール」を活動再開後、テレビで初披露する。
    収録終了後、取材に応じた永井さんは「ライブでは歌っていますが、テレビではすごく久しぶりですね。多分、二十数年ぶり?」と話した。

    永井さんは「ミラクル・ガール」を歌い「新鮮でしたね。新曲を歌ったような感じでした。ライブではアレンジして歌っているのですが、原曲に近いアレンジは久しぶりだったので」とコメント。
    「永井真理子イコール『ミラクル・ガール』というイメージを持っている方も多く、特別な曲ですね。自分にとっては全ての曲が同じくらい可愛いけど、不思議と独り歩きしたような強烈な曲です」という思いがあるという。

    「Anison Days」のMCを務める森口博子さんとは、かつてバラエティー番組「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」などで共演したことがある。
    森口さんは「当時から、真理子さんの優しさ、エネルギーを感じていました。今回、番組で『ミラクル・ガール』を歌っていただけるなんて、貴重ですし、ありがたいです。大好き! キュンとしました」と話す。

    活動を再開した永井さんは、今後の活動について「自分の音楽を大事にして、追求しながら、自分のスピードでやりたいことをやり尽くしていきたいです」と意欲を燃やしていた。

    「Anison Days」は、毎回、ゲストを招き、アニソンを生演奏で披露する音楽番組。シンガー・ソングライターの酒井ミキオさんがサブMCと演奏を担当する。
    BS11で毎週月曜午後11時に放送。永井さんは25日の放送に出演する。

    【【芸能】永井真理子:「YAWARA!」の主題歌、名曲「ミラクル・ガール」を語る 活動再開後テレビ初披露 25日に放送「Anison Days」にて 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/12(火) 03:15:43.42 ID:CAP_USER9
    森田童子さん死去していた「高校教師」主題歌ヒット
    2018年6月12日1時57分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806120000007.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00236070-nksports-ent

    JASRACの会報。2018年4月24日逝去。65歳。
    https://pbs.twimg.com/media/Dfap7uGU0AAeNf8.jpg

    森田童子さん
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/11/jpeg/20180612s00041000019000p_view.jpg

    ぼくたちの失敗
    https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51s2lrV8zbL._SL500_.jpg

    UNIVERSAL MUSIC JAPANのホームページより
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201806120000007-w500_0.jpg

    1976年(昭51)年に「ぼくたちの失敗」がヒットするなど、1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍し、1983年(昭58)に引退した森田童子さん(もりた・どうじ=本名不明)が、4月24日に亡くなっていたことが11日、分かった。65歳だった。
    日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に、訃報が掲載された。死因は明らかにされていない。

    森田さんは、1975年(昭50)に「さよなら ぼくの
    ともだち」でデビュー。若さとむなしさが充満する歌詞と、語り掛けるような歌声が特徴で「孤立無援の唄」や「男のくせに泣いてくれた」などヒット曲を出した。
    ライブハウスを中心に活動を展開し、若者に支持されたが、83年に東京・新宿ロフトでの公演後、活動を休止した。明確な引退宣言はなかったが、引退後は主婦として暮らし、表舞台には出なかった。

    その中、1993年(平5)に「ぼくたちの失敗」がTBSドラマ「高校教師」の主題歌となり再ブームを呼んだ。2016年には、最新技術でリマスターされたアルバム全集や全曲集の楽譜も出版されるなど、再び脚光を浴びていた。

    ◆森田童子(もりた・どうじ) 1952年(昭27)、東京生まれ。本名不明。芸名の由来は「笛吹童子」から。70年に学園闘争で友人が捕まったのを機に高校を中退し、歌手デビュー。
    「マザー・スカイ」「ア・ボーイ」などのアルバムを出し、83年の「狼少年」を最後に結婚のため引退。

    ★1がたった時間:2018/06/12(火) 00:56:26.55
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528732586/

    【【訃報】森田童子さん、4月に死去していた 65歳 「ドラマ「高校教師」主題歌「ぼくたちの失敗」、「たとえば僕が死んだら」がヒット ★2 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/05/09(水) 04:41:57.73 ID:CAP_USER9
    2018-05-09 04:00
    映画『パンク侍』主題歌にセックス・ピストルズ「アナーキー・イン・ザ・U.K.」 邦画では初

     英パンクバンド、セックス・ピストルズの代表曲「アナーキー・イン・ザ・U.K.」が、俳優・綾野剛が主演する映画『パンク侍、斬られて候』(6月30日公開)の主題歌に起用されたことが8日、わかった。日本映画の主題歌に同バンドの楽曲が公式に使用されるのは今回が初となる。

     同作は、町田康氏の小説を実写化。脚本はNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』や、2019年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』を手がける宮藤官九郎氏、監督は『爆裂都市 BURST CITY』(82年)、『シャニダールの花』(13年)などの石井岳龍氏が担当。綾野は、“超人的剣客”にして“テキトーなプータロー侍”の主人公・掛十之進を演じる。

     セックス・ピストルズはパンクロックの代名詞ともいえる伝説のバンドで、後の音楽界に多大な影響を与えた。これまで彼らの伝記映画など、同バンドの音楽が使用された映像作品は多いが、日本映画の主題歌として公式に楽曲が使用されるのは今回が初めて。同曲は1977年に発表されたアルバム『Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols:勝手にしやがれ!!』に収録されており、バンドの代表曲の一つ。

     石井監督は、音楽の常識を塗り替えた歴史的楽曲を主題歌に起用したことについて「今回はこれしかない。あなーきー・いんざ・行(ゆ)けー!!」と楽曲になぞらえコメントしている。

     同日、これまで映画のビジュアルや特報に登場し話題となっていた“将軍の格好をした猿”「大臼延珍(デウス ノブウズ)」役を俳優の永瀬正敏が務めていることも明らかになった。永瀬は「僕は石井監督の作品4回目なんですけど、呼んでいただける度にとてもうれしいです。今回は町田康さんの原作ですし、世の中驚いちゃうんじゃないですかね。カテゴライズできない映画。ニューシネマができるんだと思います」と意気込んでいる。


    『パンク侍、斬られて候』主題歌にセックス・ピストルズ「アナーキー・イン・ザ・U.K.」 (C)ユニバーサル ミュージック
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20180509/2111007_201805090836951001525806019c.jpg
    大臼延珍を演じる永瀬正敏 (C)エイベックス通信放送
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20180509/2111007_201805090837077001525806019c.jpg
    https://www.oricon.co.jp/news/2111007/full/

    【【映画】『パンク侍』主題歌にセックス・ピストルズ「アナーキー・イン・ザ・U.K.」 邦画では初】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/04/10(火) 05:04:09.82 ID:CAP_USER9
    4/10(火) 5:00 スポーツ報知
    安室「Body Feels EXIT」が菜々緒主演日テレ系ドラマの主題歌に

     歌手の安室奈美恵(40)の1995年の代表曲「Body Feels EXIT」が、日本テレビ系連続ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(14日スタート、土曜・後10時)の主題歌に起用されたことが9日、発表された。当時のバージョンではなく、ドラマでは昨年発売のベストアルバム「Finally」のために新たにレコーディングした音源が使用される。

     ドラマは菜々緒(29)が演じる敏腕人事コンサルタントを主人公に、パワハラなど企業で起こる問題が描かれる。制作サイドが「“出口”を見つけるためにポジティブになろうという応援歌が必要と判断。歌詞の世界観がぴったりだった」と白羽の矢を立てた。発売から23年、異例のタイアップとなる。

     ベスト盤は210万枚を突破しているが、新録バージョンはドラマの放送開始日から配信される。安室は「大切に歌い続けてきた『Body―』を選んでいただけたこと、とても光栄に思う。ドラマを更に盛り上げるお手伝いができれば」とコメントを寄せた。


    「Missデビル」の主題歌に起用された安室奈美恵
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180409-00000250-sph-000-2-view.jpg
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000250-sph-ent

    【【音楽】安室「Body Feels EXIT」が菜々緒主演日テレ系ドラマの主題歌に】の続きを読む

    このページのトップヘ