よろしくおながいします。

    ロック

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 19:50:05.14 ID:CAP_USER9
    2018.4.15 13:31
    ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン

    ボン・ジョヴィが、土曜日(4月14日)米オハイオ州クリーブランドで開かれたロックの殿堂入りの式典で、2013年にバンドを離脱したリッチー・サンボラ(G)、1994年に脱退したアレック・ジョン・サッチ(B)とリユニオンしパフォーマンスした。

    ラジオDJ、ハワード・スターンの紹介により殿堂入りした彼らは、「You Give Love A Bad Name」「It's My Life」「When We Were Us」「Livin' On A Prayer」の4曲をプレイ。リッチーが、彼の離脱後発表されたアルバム『This House Is Not for Sale』(2016年)のリイッシュー盤に収録される「When We Were Us」をライブ・パフォーマンスするのは初めてで、ジョン・ボン・ジョヴィとマイクをシェアする一幕も見られたという。

    ボン・ジョヴィは、デヴィッド・ブライアン(Key)、ジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、ヒュー・マクドナルド(B)、リッチー・サンボラ(G)、アレックス・ジョン・サッチ(B)、ティコ・トーレス(Ds)が殿堂入りした。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    Rock & Roll Hall of Fame: Class of 2018. [bonjovi]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/55f16cab19b14e5a0709d7845bd2055a/5B50D788/t51.2885-15/e35/30078269_624715801202862_8018831832873172992_n.jpg

    https://img.barks.jp/image/review/1000153999/001.jpg
    https://www.barks.jp/news/?id=1000153999

    【【音楽】ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/12/16(土) 21:56:50.72 ID:CAP_USER9
    2017/12/14 16:04掲載

    英国のギター雑誌Total Guitarの読者が選ぶ「2017年のベスト・ギタリスト」発表。
    この1年間に最高だったギタリストを読者の投票で選ぶ企画。
    ロック、メタル、オルタナティヴ、アコースティック、ブルース、新人、そしてベーシストという複数のベストリストあり

    <ベスト・ロック・ギタリスト TOP16>

    16. Dan Auerbach
    15. Steve Morse (Deep Purple)
    14. Tom Morello (Prophets Of Rage)
    13. Dave Grohl, Chris Shiflett, Pat Smear (Foo Fighters)
    12. Rich Robinson, Marc Ford (The Magpie Salute)
    11. Ron 'Bumblefoot' Thal (Art Of Anarchy, Sons Of Apollo)
    10. Paul Gilbert
    9. Steve Vai
    8. Richie Kotzen
    7. John 5
    6. Satchel (Steel Panther)
    5. Justin Hawkins, Dan Hawkins (The Darkness)
    4. Joe Satriani
    3. Slash, Richard Fortus (Guns N' Roses)
    2. Mark Tremonti, Myles Kennedy (Alter Bridge)
    1. Brian May


    <ベスト・メタル・ギタリスト TOP16>

    16. Mark Heylmun, Chris Garza (Suicide Silence)
    15. Lee Malia (Bring Me The Horizon)
    14. Reba Meyers, Eric Balderose (Code Orange)
    13. Ernie C (Body Count)
    12. Herman Li, Sam Totman (DragonForce)
    11. Anders Nystrom (Katatonia)
    10. Brendon Small
    9. Dave Murray, Adrian Smith, Janick Gers (Iron Maiden)
    8. Kurt Ballou (Converge)
    7. Brent Hinds, Bill Kelliher (Mastodon)
    6. Mick Thomson, Jim Root (Slipknot)
    5. Tony Iommi (Black Sabbath)
    4. James Hetfield, Kirk Hammett (Metallica)
    3. Michael Amott, Jeff Loomis (Arch Enemy)
    2. Corey Beaulieu, Matt Heafy (Trivium)
    1. Synyster Gates, Zacky Vengeance (Avenged Sevenfold)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.musicradar.com/tag/guitarpoll17

    >>2以降につづく)


    http://amass.jp/98674/

    【【音楽】英Total Guitar誌の読者が選ぶ「2017年のベスト・ギタリスト」 ロック、メタル、ブルースほか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/10/09(月) 08:01:32.23 ID:yDKcKJ7gd
    百里ある

    【甲本匕ロト「ロックの良し悪しは売上枚数じゃない。聴いた人の感情をどれだけ揺さ振れるかだよ。」←コレ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しずぼん ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/20(火) 21:37:27.41 ID:CAP_USER9
    米オハイオ州クリーブランドにあるロックの殿堂博物館(Rock and Roll Hall of Fame and Museum)が、
    日本・東京にも開館するそうだ。

    まずは秋に “短期間”の展示会を開き、その後、都心のどこかで永続的な博物館の開館を計画しているという。

    ロックの殿堂は、「日本は世界で2番目に大きな音楽市場で、Rock & Roll Hall of Fame初の世界進出の場に相応しい」
    とコメントしている。

    ロックの殿堂博物館には世界中からたくさんの人々が訪れるが、英語に次ぎ最も人気があるのは日本語のパンフレットだそう。
    9月に始まるという展示会の詳細は、まもなく発表される見込み。

    https://www.barks.jp/news/?id=1000143523

    【【音楽】ロックの殿堂博物館、日本でもオープン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ジョーカーマン ★@無断転載は禁止 2017/05/23(火) 10:17:54.74 ID:CAP_USER9
    乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾のアイドルグループとして2016年4月にデビューした欅坂46。
    多感な10代の心情を歌ったメッセージ性の強いデビューシングル『サイレントマジョリティー』がアイドルファン以外にも幅広く支持され、初週売り上げは26万枚を突破。
    女性アーティストにおけるデビューシングルの記録を塗り替えてロケットスタートを切った。

    そこからグループの勢いは右肩上がりが続き、2ndシングル『世界には愛しかない』(16年8月発売)は初週32万枚を記録。
    3rdシングル『二人セゾン』(16年11月発売)は初週44万枚を売り上げ、デビューから3作連続のオリコン週間シングルランキング初登場1位に。
    『二人セゾン』はロングヒットとなり、その後、累計出荷が50万枚を突破して日本レコード協会からダブル・プラチナ認定を受けた。
    乃木坂46はデビューから約1年5カ月かかった地点に(6thシングル『ガールズルール』)、欅坂46はわずか約8カ月で到達した。
    16年末の『NHK紅白歌合戦』にはデビュー約9カ月で初出場を果たし、4thシングル『不協和音』(17年4月発売)は初週63万枚のセールス。
    とどまるところを知らない欅坂46旋風は、世に大きなインパクトを与えている。

    ■予想を上回るスピード感
    欅坂46運営委員会委員長を務めるソニー・ミュージックレーベルズの今野義雄氏は「YouTubeで公開した『サイレントマジョリティー』のミュージックビデオの視聴回数がデビュー前日(16年4月5日)に300万回を超えた頃から、我々の予想をはるかに上回るスピードでファンの方々の支持を集め始めた。紅白のお話をいただいたときも、メンバーたちは果たしてこのものすごい速度をしっかり受け止められているのか、浮かれることなく紅白の舞台の大きさを噛みしめ、最高のパフォーマンスを見せられるのだろうか、と感じて。そのために紅白の前に、自分たちだけのライブを成功させて、自信をつける必要があると考えたんです」と振り返る。

    欅坂46は、紅白の1週間前となる12月24、25日に有明コロシアムで初のワンマンライブを開催。
    2日間の3公演で2万7000人の観客を動員、Abema TVでの生中継は視聴者数162万人を超えた。

    欅坂46がデビューからの1年間で大きく成長した点は、「楽曲をパフォーマンスするときの表現力」と今野氏は話す。

    「欅坂46は、新曲が完成した最初のレッスンで、必ず振り付け担当のTAKAHIRO氏が楽曲のテーマを伝えて、歌詞の意味を全メンバーがしっかり理解することから始めます。その工程にじっくりと時間をかけていることが、メンバーの表現力につながり、欅坂46のパワーの源になっている。メンバー全員の時間を合わせるのがなかなか難しくなっているが、その時間をはしょることはしたくない」(今野氏、以下同)。

    ■ロック界からのオファー相次ぐ
    この新曲を引っさげて、17年はライブ活動にも力を入れていく。
    実は欅坂46へは、ロック界からのオファーも相次いでいるという。
    16年末は「COUNTDOWN JAPAN 16/17」へ出演し、8月には「ROCK IN JAPAN FES.2017」への出演を予定する。
    最近ではグループのセンターを担う平手友梨奈がソロで、ロック専門誌『ROCKIN’ON JAPAN』4月号の1万字インタビューに登場して話題を集めた。

    「COUNTDOWN JAPANでは、アイドルに関心がないだろうロックファンの方たちが、欅坂46のパフォーマンスで盛り上がった。乃木坂46はフランスの女生徒“リセエンヌ”のイメージからスタートしたが、国で言えば欅坂46にはロックやパンクカルチャーを持つ英国の雰囲気を感じている。激しく踊っているときに、髪の毛が乱れて目にかかっても直そうとしない平手友梨奈をはじめとして、存在がロックなのだと思う。今までのアイドルとは違うスタイルを追求するということに、これからもこだわっていきたい」

    (全文)
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170523-00000010-nikkeisty-musi&p=1

    「存在がロック」 欅坂46
    http://pbs.twimg.com/media/C8vA9uSUQAAoBma.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/C8vA9uTV0AImHUO.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/C8vA9xjUwAEBJoj.jpg

    欅坂46 平手友梨奈
    http://pbs.twimg.com/media/Cxy9WfVUcAEbHgT.jpg
    http://pbs.twimg.com/media/C8vA9xOUIAAC7sR.jpg

    欅坂46 『サイレントマジョリティー』
    https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8


    欅坂46 『世界には愛しかない』
    https://www.youtube.com/watch?v=83vyrFFjiqQ


    欅坂46 『二人セゾン』
    https://www.youtube.com/watch?v=mNpPQXMgtmw


    欅坂46 『不協和音』
    https://www.youtube.com/watch?v=gfzuzDrVRVM


    【【欅坂46】とどまるところを知らない欅坂46旋風「平手友梨奈をはじめとして、存在がロック」】の続きを読む

    このページのトップヘ