よろしくおながいします。

    リリース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    名無しさん 2018/07/05(木) 19:35:16.44 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/289783
    2018年7月5日 12:00

    大江千里のデビュー35周年記念アルバム「Boys & Girls」が9月5日にリリースされる。

    このアルバムは、現在ピアニストとして活躍する大江が、自身の過去の代表曲をピアノで振り返るセルフカバー作品。1983年5月発売のデビューシングル「ワラビーぬぎすてて」をはじめ、「格好悪いふられ方」「十人十色」といったヒット曲、秦基博によるカバーも話題となった「Rain」など7曲がリメイクされており、さらに現在の大江千里を表現した新曲「Flowers」「A Serene Sky」も収められる。

    また初回限定盤には、セルフカバーされた7曲のオリジナルバージョンに最新のリマスタリングを施したボーナスディスクが追加される。
    アルバム発売に伴い、7月9日に大阪・HMV&BOOKS SHINSAIBASHI、7月14日に東京・HMV&BOOKS SHIBUYAでCD予約イベントの開催が急遽決定。現在は海外に拠点を置く大江が来日し、ミニライブとCD予約者を対象とした特典会を行う。

    ■大江千里「Boys & Girls」収録曲
    01. Rain
    02. ワラビーぬぎすてて(Wallabee shoes)
    03. 格好悪いふられ方(never see you again)
    04. Flowers
    05. 十人十色(10 people, 10 colors)
    06. Boys & Girls
    07. A Serene Sky
    08. You
    09. ありがとう(Arigato)
    初回生産限定盤ボーナスディスク収録曲
    01. Rain(1988年7月21日発売 7thアルバム「1234」収録曲)
    02. ワラビーぬぎすてて(1983年5月21日発売 デビューシングル)
    03. 格好悪いふられ方(1991年7月18日発売 23rdシングル)
    04. 十人十色(1984年11月1日発売 6thシングル)
    05. Boys & Girls(1984年3月5日発売 4thシングル)
    06. You(1987年5月21日発売 12thシングル)
    07. ありがとう(1992年11月6日発売 25thシングル)

    ■大江千里「Boys & Girls」予約イベント
    2018年7月9日(月)大阪府 HMV&BOOKS SHINSAIBASHI イベントスペース
    START 19:00
    内容:ミニライブ&特典会(サイン会を予定)

    2018年7月14日(土)東京都 HMV&BOOKS SHIBUYA イベントスペース
    START 14:00
    内容:ミニライブ&特典会(サイン会を予定)
    no title

    【【悲報】大江千里、セルフカバーをリリースしてしまうwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/06/18(月) 05:53:57.17 ID:CAP_USER9
    [ 2018年6月18日 05:30 ]
    元祖和製パンク「亜無亜危異」 18年ぶりにCDをリリース「意外に当時と変わんない」

     元祖和製パンクバンド「亜無亜危異(アナーキー)」が18年ぶりにCDをリリースする。結成40周年を記念し、アルバム「パンクロックの奴隷」を9月5日に発売。昨年6月にギターの逸見泰成さん(享年57)が亡くなったことがきっかけで「4人でもバンドを続けたい」と今年に入って活動を再開、CDリリースを決めた。

     ボーカルの仲野茂(58)は18年のブランクについて「意外に当時と変わんない。18年という時間はオレたちにとって必要な時間だった」と若々しい。2000年12月のアルバム「FREAKSNEGOTI」以来の作品で「聴くヤツへ言いたいことは特にないけど、新曲作んないとバンドに未来はない」と力強く語った。

     9月16日には東京・恵比寿リキッドルームで単独ライブも行う。メンバー4人の平均年齢は58歳。還暦に近い「アラ還」パンクが、元気のない音楽界で大暴れする。

     亜無亜危異は芸能界にコアなファンが多いことでも知られる。今回の新譜発売に俳優の宇梶剛士(55)は「パンクロック原理主義者、立つ!」と大喜び。歌舞伎俳優の中村獅童(45)は「茂さん、永遠の悪ガキのままで魂の声を叫び続けてください」と期待した。


    18年ぶりにCDリリースする亜無亜危異(左から)小林高夫、寺岡信芳、仲野茂、藤沼伸一Photo By 提供写真
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/18/jpeg/20180618s00041000038000p_view.jpg
    1978年のデビュー当時の亜無亜危異。下段(下段左から)藤沼伸一、仲野茂、小林高夫、(上段左から)逸見泰成さん、寺岡信芳Photo By スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/18/jpeg/20180618s00041000043000p_view.jpg
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/18/kiji/20180617s00041000515000c.html

    【【音楽】元祖和製パンク「亜無亜危異」 18年ぶりにCDをリリース「意外に当時と変わんない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2018/05/16(水) 23:32:44.47 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/282467
    2018年5月16日 23:20

    杉山清貴のニューアルバム「MY SONG MY SOUL」が本日5月16日にリリースされた。

    杉山清貴&オメガトライブ名義でデビューした1983年から、今年で活動35周年を迎えた杉山。
    昨年7月発表の「Driving Music」以来およそ1年ぶりのアルバムとなる「MY SONG MY SOUL」には、ロマンティックなバラードをはじめ、AORやR&Bをベースにしたグルーヴィなナンバーなど11曲が収められている。
    また初回限定盤には収録曲より「月に口づけ」のミュージックビデオとメイキング映像を収録したDVDが同梱される。

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0322/sugiyamakiyotaka_art201803_fixw_640_hq.jpg

    【【音楽】杉山清貴、今年でデビュー35周年 ニューアルバム「MY SONG MY SOUL」リリース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/05/04(金) 22:57:29.88 ID:CAP_USER9
    2018.5.4 16:25
    ガンズ・アンド・ローゼズ、『アペタイト・フォー・ディストラクション』超豪華ボックスをリリース

    ガンズ・アンド・ローゼズのデビュー・アルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』(1987年)が、最新リマスターや未発表音源、レア音源、グッズなどを加えた超豪華ボックス『アペタイト・フォー・ディストラクション: ロックト・アンド・ローデッド・エディション』として6月29日(金)に発売されることが明らかになっている。

    1987年7月21日のオリジナル・アルバム発売から約30年の時を超えて登場する『ロックト・アンド・ローデッド・エディション』。リリースの発表を前に、英国ロンドンの路上には謎のビルボードが出現し、新ウェブサイト「GNR.FM」も開設されるなど話題を呼んでいた。リマスター・アルバムはボックス・セットのほか、アクセル・ローズ個人所蔵の未発表写真入りブックレットが同梱された4CD+1Blu-rayのスーパー・デラックス・エディション、2CDのデラックス・エディション、1CD、2LP、デジタル、ストリーミングの各形態でのリリースも決定している。

    『アペタイト・フォー・ディストラクション: ロックト・アンド・ローデッド・エディション』はCD4枚、Blu-ray disc1枚、12インチLP7枚、7インチ7枚と各種グッズ、ブックレットからなる豪華なボックス・セットで、オリジナルのステレオ・アナログ・テープから新たにリマスタリングされたアルバム本編と、当時のEPやB面からリマスターされた12のトラックのコンピレーション、さらにサウンド・シティでのレコーディング・セッションからの未発表デモ音源や、プロデューサーのマイク・クリンクによる未発表トラックが収められる。

    これらの未発表音源には、当初『アペタイト・フォー・ディストラクション』用に執筆されたという「November Rain」(1991年)の初期進行中のデモ2作や、エルヴィス・プレスリーの「Heartbreak Hotel」、エアロスミスの「Mama Kin」、ザ・ローリング・ストーンズの「Jumpin' Jack Flash」、そして未完成のトラック/ジャム「The Plague」「New Work Tune」なども含まれる。

    (以下略、リリース詳細はソースにてご確認ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000154687/002.jpg
    https://img.barks.jp/image/review/1000154687/009.jpg
    https://img.barks.jp/image/review/1000154687/003.jpg
    https://img.barks.jp/image/review/1000154687/004.jpg
    https://img.barks.jp/image/review/1000154687/001.jpg

    ※動画はソースにてご確認ください。
    https://www.barks.jp/news/?id=1000154687

    【【音楽】ガンズ・アンド・ローゼズ、『アペタイト・フォー・ディストラクション』超豪華ボックスをリリース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/12/12(火) 22:30:04.44 ID:CAP_USER9
    2017/12/12

    セレーナ・ゴメス、来年ニューALのリリースを明言「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」

     2017年12月11日、セレーナ・ゴメスがBBCの『The Radio 1 Breakfast Show』に出演し、司会のニック・グリムショーと今後のアルバム・リリースの予定などについて語った。

     セレーナはその前日に、スタジオでマイクの前に立つ自分の写真をインスタグラムに投稿し、「目下。来年まで。私がいるのはここ」とキャプションに添えていた。
    司会のグリムショーは、先日行われた【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード】のスピーチでも「来年は最高のアルバムを作る」と彼女が発言していたことにも触れ、彼女に単刀直入に来年の予定について尋ねた。

     発言の真意について聞かれた彼女は、「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」と明言し、
    「私の今年1年がどんなものだったかみんな知っていると言ってもいいでしょう。私は自分の音楽に心血を注いでいる。チャートや数字のことは関係ない。
    自分の音楽のためにどうクリエイティブになれるかということが大事だった」と語っている。
    また彼女は、「次のアルバムのインスピレーションが本調子になっていると無事に言えるから、(アルバムは)すぐに出るわ」とも話している。

     20年近く音楽活動を続けてきた今、ようやく自分が関心がある音楽に打ち込めるようになった気がすると彼女は明かしており、体調もいいそうだ。
    「自分が掘り下げたいような新たな音楽の領域を作り出して、人を驚かせることを楽しめる状態にいるのが嬉しくて。
    健康の為に少し休業していて、それは良かったんだけど、もう戻ってくるから!」と彼女は語っている。

     人気子役として芸能界入りし、キャリアが長いだけあって「年をとりすぎているかしら?」と冗談を言う25歳の彼女だが、
    「変かもしれないけど、自分はまだ何も始めてすらいないと感じることが多いのよ。
    長い間やっているけれど、一時期……20代だし、成長するのはいつだって厄介じゃない?
    私がつながりを持てたことがない人たちは、まだまだたくさんいるから」と、当分辞める気はないと話している。


    Currently. Until the next year. Here’s where I’ll be.[selenagomez]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/24327980_1611693865536391_5148696894821629952_n.jpg

    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000058/58333/610x_image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58333/2

    【【音楽】セレーナ・ゴメス、来年ニューALのリリースを明言「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」】の続きを読む

    このページのトップヘ