よろしくおながいします。

    ラジオ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/19(火) 17:23:10.98 ID:CAP_USER9
    今年でデビュー15周年を迎えるタッキー&翼が、活動休止を発表した。今週放送された滝沢秀明(35)と今井翼(35)がそれぞれメインパーソナリティを務めるラジオでは、活動休止についてコメントが述べられた。

     滝沢がメインパーソナリティを務めるラジオ『タッキーの滝沢電波城』(ニッポン放送)の9月9日放送回の冒頭で、「15周年を迎えたこの9月をもちまして、2人の活動を一時休止することになりました」と報告。「2人でこのまま継続するよりも、一度グループ活動を休止して、それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念をしようとお互いで話し合って、決めることにしました」と理由を明かした。

     また、この発言とほぼ同じ言葉を、今井も自身がメインパーソナリティを務めるラジオ『今井翼のto base』(文化放送)で発している。今井は、「それぞれが個人活動でスキルアップし、成長してタッキー&翼がまた帰ってくることができればな、という思いでの選択」と述べていた。

     節目となるこの時期だけに、記念コンサートやCDリリースの発表への期待が膨らんでいたファンは多いはず。この発表がなぜ今だったかについて滝沢は、「いろいろと話し合いをしていく中で結論に時間がかかってしまって、このタイミングになってしまいました」と説明。2人にとってもこの結論を下すのは、かなり悩んだ末のことだと伝わってくる。

     滝沢は活動休止についての言及だけでとどまったものの、今井はラジオで“滝沢への想い”を明かしていた。今井はラジオで「ボクにとって滝沢というのは13、14歳から一緒にやってきた仲間。いろんな時間を家族以上に過ごしてきた大切な“戦友”」と語り、「タキツバも出会ってもう23年くらい。仕事ではあるんですけど、仕事というものを超えたこれだけの年数。また年数の中には、もっと濃いものがあったりして。それを築ける仲間がいるというのも、とっても感謝すべきことです」と思いを語っている。

     冒頭の発言のあと、2人はそれぞれの思い入れの曲をかけた。滝沢が流した「REAL DX」は、2001年4月にデビュー前のタッキー&翼が披露した曲だ。当時ジャニーズJr.であったKAT-TUN、Kis-My-Ft2、A.B.C-Zなどがバックダンサーを担当した曲であり、12年にリリースされた10周年記念アルバム『TEN』では、新しくJr.がバックを担当したPVが収録され、現在もJr.だけで披露されることが多く、後輩にしっかり引き継がれている楽曲だ。また、今井は「ありがとう」を選曲。2人が2年半のソロ活動を経て久々にリリースした「愛はタカラモノ」(10年)の「タキツバSHOP限定盤」のみに収録されている楽曲で、2人の共作での歌詞が心に響く。どちらも2人のみならず、ファンも思い入れの深い曲であろう。

     彼らが考え抜いて下した活動休止という決断を見守りつつ、もう一度この2曲を披露してくれる日を待ちたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356426/
    2017.09.19 14:00 デイリーニュースオンライン

    【【芸能】タッキー&翼、悩んだ末の決断で…ラジオで活動休止に至った経緯を説明】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 22:04:55.42 ID:CAP_USER9
    2017年09月13日

    カーリー・レイ・ジェプセンがプレイリストを公開!

    J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。9月12日(火)のオンエアでは、カナダ出身のシンガー、カーリー・レイ・ジェプセンさんをゲストにお迎えしました!

    前日に来日したばかりのカーリーさん。何度も日本に来ているので来日中はしっかり、ショッピングの時間や、寿司を食べに行く時間もとっているそうで、「カナダやアメリカにも寿司はあるけれど、ちょっと違うの。ソースが付いていたり…日本のほうが美味しいし新鮮だしヘルシーなの」と語っていました。

    そんな彼女、9月13日(水)に最新作「Cut To The Feeling~Emotion Side B+」を日本でリリースします。この作品について「元々、前作『Emotion』のときに200曲くらい作っていて。そのうち40曲から、さらに絞ったものが『Emotion』になったんだけど、それ以外のTOP40に入った曲を入れたのと、映画『フェリシーと夢のトウシューズ』のために書いた『Cut To The Feeling』が入っているの。バカンス中だったんだけどヒットしたから呼び戻されて…(笑)」と語りました。

    さらに「Cut To The Feeling」について、この映画では声優もやっているカーリーさんに、『何か作品に合う、盛り上がる曲はないかな?』と相談があり、『ひとつだけ、屋上で踊るようなそんな感じの曲があるんだけど…』という話から、この曲が映画で起用された経緯を明かしてくれました。

    近作の80年代を意識した楽曲については「80年代は感情的な曲が多いし、歌詞も細かいところもある、でもサウンドは新しくないけど新鮮なんです。さらに新しいアルバムに向けて曲を書いているんだけど、今度は、70年代サウンド。ディスコ時代に戻るような感じで、それで髪も金髪に染めてるんです(笑)」と語る彼女。「来年初めくらいにはできたらいいけど、曲に磨きをかけることと髪を伸ばすことが大事ね(笑)」とコメント、早ければ最新アルバムは来年の早い時期に期待できそうですね。

    オンエアではさらに、カーリーさんお気に入りのプレイリストを公開して貰いました! 選んだ曲はアリエル・ピンク「Baby」、ヴルフペック「Back Pocket」、ビッグ・シーフ「Paul」、ソフトヘア「Lying Has To Stop」、ヴァレリー・ジューン「Wanna Be On Your Mind」の5曲。それぞれの聴きどころや、ヴルフペックについては「こういう曲が書きたい、くやしい!」など率直に語っていました。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://www.j-wave.co.jp/blog/news/assets_c/2017/09/170912_3-thumb-480x300-68424.jpg
    http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/09/post-4142.html

    【【ラジオ】カーリー・レイ・ジェプセンがプレイリストを公開!】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 22:05:42.79 ID:CAP_USER9
    2017年09月15日

    山下達郎がこの一年で一番聴いているアルバム

    J-WAVEでオンエア中の「~JK RADIO~TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「OLFA PLAY IT LOUD!」。9月15日(金)のオンエアでは、山下達郎さんに、おすすめの一曲、William Bellの「I Will Take Care Of You」を紹介していただきました。

    「William Bellは、メンフィスのR&Bのシンガーでして、もう70代ですが、バリバリの現役シンガーです。この一年は、昨年発売されたアルバム『This Is Where I Live』を一番聴いています。

    だんだん年をとってくると、やっぱり、ルーツ・ミュージックに近づいてきます。ルーツ・ミュージックは古びないし…時代のトレンドに左右されない強さがありますので今も聴けますし、10年後でもちゃんと聴けるというものです。こういうのがうらやましいですね。
    始めから、ブルースベーシックな音楽をやってりゃ良かったと、時々思うことがありますが(笑)、いずれにしても素晴らしいアルバムです。『I Will Take Care Of You』は、William Bellのこのアルバムに収録されていて、優しい優しい、ラブソングであります」(山下さん)

    William Bellは、アメリカ・テネシー州メンフィス出身のソウルシンガーです。先のグラミー賞で、アルバム「This Is Where I Live」がThe Best Americana Albumを受賞しました。
    1960年代から活躍し、爆発的なヒットはなかったものの、デビューシングルの「You Don't Miss Your Water」は、オーティス・レディングにカバーされるなど、数多くのアーティストに影響を与えました。
    曲を聴いたカビラも「現在、78歳! 声が若々しいです!」と絶賛していました。

    さて、山下さんの通算50枚目のシングル「REBORN」が、9月13日(水)にリリースされました。映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の主題歌にもなっています。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/09/post-4159.html

    【【ラジオ】山下達郎がこの一年で一番聴いているアルバム】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/13(水) 22:50:01.81 ID:CAP_USER9
    2017/09/13

    “Billboard JAPAN HOT100”カウントダウン番組がニッポン放送で10月より開始 パーソナリティはキャイ~ン天野ひろゆき

     2017年10月7日から、ニッポン放送の新番組『billboard JAPAN HOT100 COUNTDOWN』がスタートする。番組のパーソナリティはキャイ~ンの天野ひろゆきが担当する。

     『billboard JAPAN HOT100 COUNTDOWN』は、ニッポン放送とBillboard JAPANがタッグを組んだ土曜日の大型番組。
    3時間30分の音楽ランキング番組となり、毎週発表される総合チャート“Billboard JAPAN Hot100”のTOP20をオンエアするほか、天野の持ち味を活かしたコーナーも予定。
    ラジオならではのフリートークやリスナーとのコミュニケーションにも注目される。

     天野は、1996年に“ブラックビスケッツ”の一員としてアーティスト・デビューし『紅白歌合戦』にも出場した。また、これまでにも音楽番組の司会を担当した経験を持つ。ニッポン放送では現在『キャイ~ンの家電ソムリエ』をコンビで担当中。
    1995年には『キャイ~ン天野ひろゆきのMEGAうま!ラジオバーガー!!』を担当しており、ニッポン放送で単独での生放送レギュラー・パーソナリティは同番組以来、22年ぶりのこととなる。

    <天野ひろゆき コメント>
    久しぶりにニッポン放送の生放送パーソナリティに帰ってきました!
    今度は音楽番組なので、土曜日の午後のリスナーにリラックスした時間をお届けしたいですね!
    ぜひ楽しんで、聴いてください!
    22年前は半年だけだったので、まずは7か月を目指して頑張ります!!(笑)


    ◎番組概要
    ニッポン放送『billboard JAPAN HOT100 COUNTDOWN』
    2017年10月7日(土)スタート
    毎週土曜日 午後1時~午後4時30分(生放送)
    パーソナリティ:天野ひろゆき
    アシスタント:増山さやか(ニッポン放送アナウンサー)


    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000055/55354/image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/55354/2

    【【ラジオ】“Billboard JAPAN HOT100”カウントダウン番組がニッポン放送で10月より開始 パーソナリティはキャイ~ン天野ひろゆき】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★@無断転載は禁止 2017/09/10(日) 01:20:29.87 ID:CAP_USER9
     ビュー15周年を迎えた今月から活動を休止することを3日に発表したアイドルユニット
    「タッキー&翼」の滝沢秀明(35)が9日放送のニッポン放送「タッキーの滝沢電波城」
    (土曜後10・30)に出演。番組冒頭、活動休止に言及し「結論に時間がかかった」などと語った。

     「ご存知の方もいらっしゃると思いますが、タッキー&翼は15周年を迎えたこの9月を
    もちまして、2人の活動を一時休止することになりました」と切り出し
    「これは2人でこのまま継続するよりも、一度グループ活動を休止して、それぞれが
    スキルアップを目指した個人活動に専念をしようと。お互いで話し合って決めることにしました。
    今後、成長した2人、成長したタッキー&翼に戻って、皆さんの前に立ちたいなという
    気持ちがあり、今回の決断に至りました」と報告した。

     関係者によると、約1年前から今後について話し合ってきたといい、滝沢も
    「今回、いろいろと話し合いをしていく中で、結論に時間がかかってしまって、
    このタイミングになってしまいました」と説明。「今後、皆さんにさらに笑顔になって
    いただけるように(活動休止中は)とにかく無駄がない時間にしたいなと思っております。
    これからの滝沢、翼に期待してください。引き続き、応援よろしくお願いいたします」と
    ファンに呼び掛けた。

     3日の発表の際には、直筆メッセージで「この判断が間違っていなかったと後に思えるように、
    今後も頑張りたいと思います。引き続き、応援よろしくお願いします」とつづっていた。

     18日に放送されるテレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション 
    ウルトラFES 2017」への出演を節目に、休止期間に入る。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000160-spnannex-ent

    【【芸能】滝沢秀明 ラジオでタキツバ活動休止に言及「結論に時間かかった」「無駄がない時間に」】の続きを読む

    このページのトップヘ