よろしくおながいします。

    テレビ

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/18(水) 04:54:04.51 ID:CAP_USER9
    2017.10.18 03:00

    いしだ壱成、2度目離婚を突然告白!純一パパから「愛」あるダメ出し

     俳優、いしだ壱成(42)が2014年に再婚した11歳下の一般女性と8月に離婚していたことが17日、分かった。18日放送のフジテレビ系「良かれと思って!」(水曜後10・0)で、バツ2になったことを突然告白。父でタレント、石田純一(63)に直接伝えたいという壱成に、番組は“良かれと思って”対面する機会を用意。離婚の詳細や2度の離婚歴がある父の言葉は放送で明らかになる。

     かつて奔放な恋愛で世間をにぎわせた2世タレントが、父と同じバツ2になっていた!

     告白の場に選んだ同番組は、MCを務めるバカリズム(41)、劇団ひとり(40)、ハライチの澤部佑(31)、メイプル超合金のカズレーザー(33)が、ゲストに“良かれと思って”愛あるダメ出しをするバラエティー。

     9月下旬に収録に臨んだ壱成は「ちょっとここで一つ発表させていただきたいことがございまして…」と切り出すと、「先日、2度目の離婚をしました」と8月に別れたと発表。仰天告白にMC4人も開いた口がふさがらなかった。

     関係者によると、壱成の“わがまま”が原因。妻へのオーダーが厳しく、歩み寄ったものの、すでに機を逃し、約3年3カ月の夫婦生活に終止符を打ったという。

     壱成は03年12月に元タレント(39)と結婚し、同年に長男(13)をもうけるも06年に離婚。その後、二股交際が発覚して所属事務所を解雇されたこともあったが、困難を乗り越え、14年に一般女性と再婚。今月3日には異母妹でタレント、すみれ(27)がハーフの一般男性との交際を報じられ、石田家に明るい話題が続いていたが…。

     2度目の離婚を告白しようと父の石田を食事に誘うも、「顔を見たらどうしても言えなくて…」と明かしたため、番組は後日、直接報告する場をセッティング。2度の離婚を経て、現在は妻でプロゴルファー、東尾理子(41)と幸せな家庭を築いた石田との会話は1時間にもおよび、驚いて残念がる様子や諭す姿もオンエアされる。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    離婚したことを父の石田純一(左)に報告したいしだ壱成。息子の告白に、父は腕を組んで渋い表情に(フジテレビ系「良かれと思って!」より)
    http://www.sanspo.com/geino/images/20171018/div17101803000001-p1.jpg
    http://www.sanspo.com/geino/images/20171018/div17101803000001-p2.jpg
    http://www.sanspo.com/geino/images/20171018/div17101803000001-p3.jpg
    http://www.sanspo.com/geino/news/20171018/div17101803000001-n1.html

    【【テレビ】"いしだ壱成" 2度目離婚を突然告白!純一パパから「愛」あるダメ出し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/10/08(日) 22:22:46.25 ID:CAP_USER9
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/08/kiji/20171008s00041000344000c.html
    2017年10月8日 20:59

     「嵐」の松本潤(34)が8日、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)にゲスト出演。
    お笑いタレント・宮川大輔(45)の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」100回目記念スペシャルを盛り上げた。

     松本と宮川は、タイで行われた「田植え祭り」に参戦。田んぼに設置された4メートルの平均台と45度の上り下りの坂、そして、足を取られる底なし沼を突破し、苗を植える田んぼのトライアスロンに挑んだ。

     1分以内でゴールすることが予選通過の目安となるレースだが、今大会は地元の猛者たちが予想以上の好記録を連発。
    そんな中で登場した松本は、泥だらけになりながら53秒72の好記録をマークし予選通過を決めた。“お祭り男”の宮川は45秒05を叩き出し、予選1位で決勝に進んだ。

     直後に行われた決勝では松本が抜群の身体能力を見せ、予選から大幅にタイムを縮める43秒72を記録。優勝が期待された宮川は45秒91に終わった。

     最終順位は、松本が優勝者とわずか0・28秒差の2位。宮川が3位となった。
    宮川とともにトロフィーを受け取った松本は「大輔さんには勝てたけど、チャンピオンに勝てなかったね。1位獲りたかったんだけどな~」と悔しさをあらわにしていた。

    【【テレビ】嵐・松本潤「イッテQ!」世界の祭りで奮闘 “お祭り男”宮川大輔に勝利】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/04(水) 05:03:34.30 ID:CAP_USER9
    10/4(水) 5:00 サンケイスポーツ

    フジ藤井弘輝アナ、音楽番組に初挑戦!父のF-BLOODと共演熱望

     歌手、藤井フミヤ(55)の長男でフジテレビの藤井弘輝アナウンサー(25)が、13日スタートの同局系「Tune(チューン)」(金曜深夜2・25)で音楽番組に初挑戦することが3日、分かった。先輩の宮澤智アナ(27)とのタッグで音楽の面白さを独自の視点で紹介する内容。父と叔父の藤井尚之(52)の兄弟ユニット、F-BLOODとの共演を熱望し、「僕も生まれたときからF-BLOODですから」と胸を張った。

     入社2年目にして念願だったフジテレビの“音楽の顔”を射止めた!

     音楽一家に育ち、学生時代は趣味でドラムをたたいていたという藤井アナは「音楽番組を担当させていただくことが夢だったので感無量です。学生時代に楽しんできたことが直接仕事に役立つなんて」と感激しきりだ。

     「Tune」は、“金曜深夜にホットな音楽情報を”というコンセプトでメジャーな旬の音楽を幅広く紹介。アーティストの素顔に触れるトークやライブ、密着取材など音楽シーンの面白さを独自の視点で取り上げる。

     同番組の看板として、宮澤アナが初の単独レギュラーMCに決定。藤井アナはロケMCとして自らアーティスト取材に出かけるコーナーを担当。昨年10月から「めざましテレビ」に出演しているが、バラエティーのレギュラーは初挑戦で「僕はライブを見ると疲れがぶっ飛ぶ人間で、常に生活の中に音楽がある。中学のときに影響を受けたフジファブリック、くるりとか尊敬する方から若手まで最大限に魅力を引き出せたら」と意気込む。

     父のフミヤにはメールで伝えたといい、「お~、よかったじゃん」と返信が来たことも告白。

     父と叔父、尚之の兄弟ユニットで“藤井家の血”という意味があるF-BLOODは、今年結成20周年で精力的に活動。その血を引く藤井アナは「よ~く考えたら僕は生まれてからずっとF-BLOOD。メンバーは(父が)ボーカルとギター、(叔父が)サックスでドラムはいない。機会があったらドラムをやりたいです」とキッパリ。一夜限りの“F-BLOODトリオ”が「Tune」で誕生するかも!


    「Tune」の“Tポーズ”を披露した藤井弘輝アナ。父譲りの音楽DNAで番組を盛り上げる=東京・台場(写真:サンケイスポーツ)
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171004-00000502-sanspo-000-1-view.jpg
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000502-sanspo-ent

    【【テレビ】フジ藤井弘輝アナ、音楽番組に初挑戦!父のF-BLOODと共演熱望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/06(金) 05:35:25.22 ID:CAP_USER9
    2017.10.06.

    「Mr.KING」VS「Prince」ジャニーズJr.新冠番組

     ジャニーズJr.のユニットMr.KING、Princeら総勢10組50人が新冠番組を持つことが5日、分かった。番組はフジテレビのバラエティー「ジャニーズJr.dex」(21日スタート。関東ローカルで毎月1回、深夜2・00。初回は深夜2・10)。
    「index」を略したタイトルはカタログ・図鑑の意味を込め、新時代のスポーツやダンスなどバトルを通じて成長する姿をカタログ形式で紹介していく。

     番組は、キャプテンを務める「Mr.KING」と「Prince」が2組に分かれ、「SixTONES(ストーンズ)」や「Snow Man」らと共に、「新時代の○○」をテーマに対決する。

     「新時代のスポーツ」なら、障害物のあるエリア内を制限時間まで逃げ回る新感覚鬼ごっこ「チェイスタグ」、ボールを蹴って巨大ダーツボードに当て得点を競う新感覚ダーツ「フットダーツ」などで競うほか、アウトドア料理、ダンスなど次世代の事柄で火花を散らす。

     Mr.KINGの平野紫耀(20)は、「ジャニーズでもこんなことやるの!?と思っていただけるくらい体を張ってみたい」と冠番組に気合十分。Princeの岸優太(22)は、「僕たちの真剣な姿を見て」とメッセージした。

     過去にはテレビ番組から人気に火が付きデビューが決まったジャニーズもいる。番組プロデューサーは「Jr.の“取扱説明書”となり、羽ばたいていくきっかけになれれば」と期待を込めた。

     10組は14日から12月24日までの土曜と日曜にお台場特設会場で開催されるライブイベント「お台場 踊り場 土日の遊び場」にも出演する。全55公演を予定している。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/10/06/0010618745.shtml

    【【テレビ】「Mr.KING」VS「Prince」ジャニーズJr.新冠番組】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/10/02(月) 05:24:20.97 ID:CAP_USER9
    2017年10月1日(日) 10時11分

    嵐・松本潤、蜷川幸雄から「この不感症が!」と言われて……

     1日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、嵐・松本潤が過去の挫折経験を語った。

     この日のゲストは、松本、さらには彼を主演にした映画「ナラタージュ」の行定勲監督、松本と交流があるロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎という3人。

     映画「君の名」主題歌「前前前世」のヒットで一躍有名になったRADWIMPSだが、行定から挫折経験を聞かれた野田は、部屋にずっとこもって3年かけて作ったアルバムが不発だったことを明かし、時代と切り離してモノづくりをしてはだめだと語った。

     続いて行定が松本に挫折経験を聞くと、2006年に主演した舞台「白夜の白騎士(ワルキューレ)」を挙げた。世間の評価とは裏腹に松本は「完敗。全然できなかった。足りなかったです」とすべての面で力不足だったことを実感したという。
    さらに同作を演出した蜷川幸雄氏からは、「『この不感症が!』とめっちゃ怒られた」と明かした。

     ただ、行定監督からは初めて松本と飲み会で会ったとき、「彼が酔いながら『僕は監督が望むところに着地したいんです』『(行定)監督に呼ばれていないのはオレができてないからかな』と熱く語っていた」と暴露されていた。


    https://www.rbbtoday.com/article/2017/10/01/154986.html

    【【テレビ】嵐・松本潤、蜷川幸雄から「この不感症が!」と言われて……】の続きを読む

    このページのトップヘ