よろしくおながいします。

    キャリア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 05:59:08.57 ID:CAP_USER9
    2018.4.14
    D・ボウイのギタリスト、M・ロンソンのキャリアを振り返るサントラ発売

     デヴィッド・ボウイのバンド「スパイダース・フロム・マース」のギタリストとして知られるミック・ロンソンのドキュメンタリー映画「Beside Bowie:The Mick Ronson Story」のサントラ盤「ビサイド・ボウイ:ザ・ミック・ロンソン・ストーリー」が6月8日にリリースされることが13日深夜、発表された。ロンソンの全キャリアを振り返る初の公式アルバムでもある。

     ロンソンは英北部ハル出身。1970年代前半、ボウイの名盤「ハンキー・ドリー」「ジギー・スターダスト」「アラジン・セイン」などで演奏し、74年にCream誌でベスト・ギタリストの2位(3位はエリック・クラプトン)に選ばれるなど人気を博した。

     その後もイアン・ハンター(モット・ザ・フープル)とのコンビや、ボブ・ディランの「ローリング・サンダー・レビュー」ツアーのギタリストとしてロック史に大きな足跡を残したが、93年に早世している。

     ボウイはロンソンについて「ロックのデュオとして、僕たちはミック(・ジャガー)とキース(・リチャーズ)、アクセル(・ローズ)とスラッシュくらいだと思ってたよ。ジギー(・スターダスト)とミック(・ロンソン)はロックン・ロールの二元性を体現した存在だったんだ」と称賛を送っている。

     映画は昨年、海外で公開。ボウイがナレーションを担当し、リック・ウェイクマン(イエス)、ジョー・エリオット(デフ・レパード)、ロジャー・テイラー(クイーン)、ハンター、ボウイの元妻アンジーらの証言を通して、音楽業界で一時代を築き、ギターの技術を通して多大な尊敬を集めたロンソンへのトリビュートとなっている。

     サントラにはソロだけでなくボウイ、エルトン・ジョン、ハンター、クイーン、マイケル・チャップマンとの主要なコラボ作品を収録。エリオットによる「ディス・イズ・フォー・ユー」のカバーと、ボウイのピアニスト、マイク・ガーソンからのロンソンへのピアノ・トリビュートという、2曲の未発表曲も収録されている。

     サントラはCD、配信、LP、カラーLP(日本ではUNIVERSAL MUSIC STORE限定)の形態で発売される。 映画に出演、寄与した人々は次の通り。

     マイク・ガーソン、メアリー・フィネガン、ボブ・ハリス、ジョン・ブリュワー、スージー・ロンソン、アンジー・ボウイ、ミック・ロンソン、ケヴィン・キャン、デヴィッド・ストップス、マギー・ロンソン、トニー・ヴィスコンティ、ダナ・ギレスピー、ジョー・エリオット、ローレンス・マイヤーズ、ミック・ロック、リック・ウェイクマン、チェリー・ヴァニラ、トニー・ザネッタ、デヴィッド・ボウイ、イアン・ハンター、ルー・リード、アール・スリック、ルル、グレン・マトロック、マーク・ネヴィン、ロジャー・テイラー。


    「ビサイド・ボウイ」のジャケット。デヴィッド・ボウイ(左)とミック・ロンソン
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2018/04/14/Images/d_11162743.jpg
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/14/0011162742.shtml

    【【音楽】D・ボウイのギタリスト、ミック・ロンソンのキャリアを振り返るサントラ発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/04/04(水) 22:19:47.95 ID:CAP_USER9
    2018/04/04 12:11
    キング・クリムゾン結成50周年、そのキャリアを総括する日本ツアーが11月、12月に決定

    キング・クリムゾン(King Crimson)結成50周年、そのキャリアを総括する日本ツアーが11月、12月に決定。東京、北海道、宮城、石川、大阪、福岡、広島、愛知で行われます

    <King Crimson>

    【来日メンバー】
    Robert Fripp - Guitar
    Jakko Jakszyk - Guitar, Vocals
    Mel Collins - Saxes, Flute
    Tony Levin - Basses, Stick, Backing Vocals
    Pat Mastelotto - Acoustic And Electronic Percussion
    Gavin Harrison - Acoustic And Electronic Percussion
    Jeremy Stacey - Acoustic And Electronic Percussion, Keyboards
    Bill Rieflin - Mellotron, Keyboards, Fairy Dusting

    ●2018/11/27(火)11/28(水)11/29(木) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/2(日) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
    OPEN 17:00  START 18:00
    (中略)

    ●2018/12/4(火) 宮城・仙台サンプラザホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/7(金) 石川・本多の森ホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/9(日)12/10(月) 大阪・グランキューブ
    12/9(日)OPEN 17:00  START 18:00
    12/10(月)OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/12(水) 福岡・福岡サンパレス
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/14(金) 広島・広島文化学園HBGホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/17(月)12/18(火) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    ●2018/12/21(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
    OPEN 18:00  START 19:00
    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.creativeman.co.jp/artist/2018/12KingCrimson/


    http://amass.jp/103247/

    【【音楽】キング・クリムゾン結成50周年、そのキャリアを総括する日本ツアーが11月、12月に決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/11/24(金) 22:44:04.54 ID:CAP_USER9
    2017/11/23 08:45

    ミッシェル・ポルナレフの51年に及ぶキャリアの集大成 未発表音源も多数収録した23CDボックスセット発売

    ミッシェル・ポルナレフ(Michel Polnareff)の51年に及ぶキャリアの集大成。ほぼすべてのスタジオ録音と未発表音源を含む全430曲を収録したCD23枚組のボックスセット『Pop rock en stock』が海外で12月8日発売。全48ページのブックレット(未発表写真入り)付。

    以下、インフォメーションより

    ミッシェル・ポルナレフ の51年に及ぶキャリアの集大成!決定的な23枚組CDセットの登場! デビュー51年の総決算! ほぼすべてのスタジオ録音と未発表音源を含む全430曲を収録。CD23枚組、全48ページのブックレット(未発表写真入り)付。

    デビュー(1966年)からカマ・スートラ(1990年)までの全スタジオ録音※、未発表ライブ、映画音楽、各国現地語仕様曲、レアトラック、プロデュース作とポルナレフの全活動を総括した内容。未発表音源多数収録!

    スタジオ録音におけるポルナレフ:CD 1, 3, 4, 9, 12, 13, 14, 15
    7インチ・シングル曲、スタジオ録音による全アルバム10作。
    ステージにおけるポルナレフ:CD 2, 6, 7, 8, 10, 11, 13, 16, 18,19, 20, 21
    伝説的コンサートを含むキャリアに沿ったコンサート記録を惜しげもなく、収録。
    1967年 ローザンヌ・パレ・ド・ボーリュー劇場(初出)、パリ・オランピア劇場(初出)
    1972年 パリ・オランピア(日本発CD化)、東京厚生年金会館ホール(初CD化)
    1973年 パリ・オランピア(初出)
    1982年 ブリュッセルTVショウ(世界発CD化)
    1995年 ライブ・アット・ロキシー
    2007年 パリ・ベルシー公演
    2016年 パリ・オランピア公演
    映画音楽におけるポルナレフ:CD 4, 5, 12, 14
    『哀しみの終わるとき(1971年公開)』『大乱戦(1971年公開)』『三銃士(1974年公開)』『リップスティック(1976年公開)』『羽根の生えた蛇の逆襲(1984年公開、日本未公開)』のサントラ盤。※三銃士が初CD化。
    各国現地語で歌うポルナレフ:CD 22
    英語(2曲)、ドイツ語(6曲)、スペイン語(4曲)、イタリア語(10曲)で歌う7インチシングルより構成される全22曲を収録。
    レアトラック・プロデュース作品:CD17, 23
    1977年以降のシングル曲やリミックス曲(5曲が初CD化)と1968年発売予定だった未発表曲、ならびに1980年プロデュース作(初CD化)他で構成。


    http://cdn.tower.jp/za/o/51/600753780251.jpg
    http://amass.jp/97721/

    【【音楽】ミッシェル・ポルナレフの51年に及ぶキャリアの集大成 未発表音源も多数収録した23CDボックスセット発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/17(水) 11:52:06.65 ID:CAP_USER9
    札幌を舞台にした映画「探偵はBARにいる3」が、この冬公開される。大泉洋と松田龍平の相性悪そうでいて息は合っている凸凹コンビも4年ぶりに復活、撮影も無事終了のはずだった。だが、北川景子(30)と前田敦子(25)の“冷戦は打ち上げにいた”のである。

     ***

     3月30日、東京では日中18度にまで気温が上がった。夜は多少冷え込んだが、これまでの北海道ロケとは比べものにならない。なにせ「探偵はBARにいる」は、“俺”大泉洋がひどい目に遭うシーンが名物でもあるからだ。

    2011年の第1弾では拉致され雪原に埋められた。13年の第2弾では札幌の大倉山ジャンプ競技場のジャンプ台に吊された。今回、“俺”はといえばススキノのアクションは無論、故郷・江別、石狩と回り、真冬の小樽港で……。

    そんな過酷なロケも3月25日にクランクアップ。日を改めたこの日、暖かい東京・恵比寿にあるパーティ会場を借り切って開かれた打ち上げだったのだ。でも“俺”の“子猫ちゃん”であるはずの、景子ちゃんとあっちゃんはただただ不機嫌で──。

     参加したスタッフは言う。

    「劇中の北川はモデル事務所のオーナーで闇社会とも渡り合うという役どころでしたから、2月1日の製作発表会見から黒のワンピースで、この日の黒のドレスもごく自然でした。これに被っちゃったのが、前田なんです。最後の最後に前田がわざと被せてきたんじゃないか、なんて囁かれましたよ。女性ってこういうのにムッとするでしょ。互いに目も合わせようとせず、一切口も利きませんでしたよ」

     たわいのない話のようだが、これがロケ中からというのは穏やかでない。

    ■キャリアなら同格?!

    「製作発表に出たのは主演の大泉さんと、松田さん、そしてヒロインの北川さんの3人でした。当然、前田は脇役と分かるわけですが、そこから気に入らない。加えて前田は北川に仕える役でしたからね。ロケ中にマネージャーを叱責していたなんて報道もありましたけどね。格上に対して格下から挨拶に行くのが、業界の常識ですが、それもしなかったという。となれば北川も口を利きません」(関係者)

     年齢もキャリアも北川の方が格上のはずだが、民放局員が解説する。

    「それが違うんです。元AKB48エースというプライド。そして映画キャリアは自分とほとんど変わらないから北川とは同格、という意識が前田にあるんです。確かにサブカル系の映画には多く出演してますが」

     現場の評価はといえば、

    「2人とも女優だから扱い難いところはある。でも北川は曲がりなりにも明治大学卒業で記憶力はいいし、知識、教養もある。意見を言うのも筋が通っています。対してAKB卒業の前田は、台詞覚えも悪いし、“不細工”とかネットで書かれるのを気にしてメイクも2~3時間掛かる。現場で言うのは“なんでこんなコトしなきゃいけないの”といったワガママ。オーラも北川に軍配が上がります」(同)

     いくら何でもあんまりだ。そんな前田を擁護するのは映画評論家の北川れい子氏。

    「確かに美人じゃないけど、色々な監督に使われて汚れ役にも挑戦しています。映画『もらとりあむタマ子』(13年)では引き籠もりで、朝から晩まで食べてる役に、可能性を感じました。とても20代とは思えないおばさん顔をすることもあるし、演技派として化けるかも」

     化ける気ある?

    ワイド特集「蝶よ花よと女の舞」より

    「週刊新潮」2017年5月4・11日ゴールデンウイーク特大号 掲載

    2017年5月17日 5時58分 デイリー新潮
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13071866/

    【【芸能】<北川景子と前田敦子に冷戦勃発!>キャリアなら同格?!「探偵はBARにいる」共演】の続きを読む

    このページのトップヘ