よろしくおながいします。

    キムタク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 19:43:28.39 ID:CAP_USER9
    嵐・二宮和也との共演映画「検察側の罪人」の公開が2018年に控えている木村拓哉。
    発売中の「週刊新潮」や「週刊女性」によると、すでに次回作が決定しており、10月にも新作映画の撮影が開始されるという。

    「記事によると木村は、東野圭吾のベストセラー小説『マスカレード・ホテル』の映画化で主演を務めるようです。
    同作品は一流ホテルを舞台としたサスペンスで、ある殺人現場に残された暗号から次の犯行現場がホテルだと警察が予測。
    木村の演じる刑事がホテルの従業員として潜入捜査を命じられるという物語です」(芸能記者)

    木村といえばこれまで、月9など数多くの恋愛ドラマに出演してきた。
    それが昨今は、映画「検察側の罪人」での検察官役や次回作での刑事役などお堅い役柄が続いており、ラブストーリー俳優からの脱却を試みていると思われる。

    ところが今回の映画主演情報がネットに掲載されると、原作ファンの間で猛反発が起きているという。

    「本作で木村の演じる役は、原作では30代の若き刑事という設定。
    しかし木村といえば今年45歳になる中年男性ですから、原作ファンからは『イメージと違う。
    もっとキムタクにあった役があるだろう』『原作破壊にもほどがある!』と辛辣な意見が飛び交っています」(前出・芸能記者)

    硬派な役柄もこなせる俳優へとシフトチェンジを図る木村。
    新作映画では、原作ファンを納得させるほどの演技を期待したいところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355657/
    2017.09.16 17:59 アサ芸プラス

    【【芸能】キムタク、「検察側の罪人」の次の主演映画の配役に原作ファンがブチギレ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 00:16:12.08 ID:CAP_USER9
     木村拓哉が15日に放送されたFMラジオ局TOKYO FMの
    「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP」(金曜・後11時)で、
    昨年末で解散したSMAPの稲垣吾郎(43)、草ナギ剛(43)、
    香取慎吾(40)が9日に独立した後初めてとなる同番組に臨んだ。

     放送内では3人の話題に触れることは無く、趣味のサーフィンについて
    熱く語るなどしたが、この日最初の選曲は1994年に発売されたSMAPの
    「たぶんオーライ」だった。

     するとツイッター上では「最初からSMAPは珍しい」「本当にありがとう」
    などのファンのコメントが次々と投稿されていた。

     先週8日の放送では2曲目でSMAPの「This is Love」を選曲。
    「everything is gonna be allright!
    (すべてがうまくいくよ)」と歌詞中の一言を添えていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000286-sph-ent

    【【芸能】キムタクが3人退社後初ラジオ 最初の選曲はSMAP「たぶんオーライ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/09(土) 22:09:24.77 ID:CAP_USER9
    波岡一喜は、木村拓哉や岡田准一などジャニーズタレントとの共演の機会が多い俳優だ。波岡は、2005年公開の『パッチギ!』で映画デビューし、今ではドラマや映画、舞台などで活躍する名バイプレイヤーとして知られている。

     07年に映画『HERO』、10年には映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』で、木村と共演。V6岡田の主演映画『SP THE MOTION PICTURE』や『図書館戦争』にも出演している。他にも東山紀之、TOKIO松岡昌宏、KAT-TUN亀梨和也、NEWS加藤シゲアキ、Hey!Say!JUMP山田涼介とも共演経験があり、さらに9月8日でジャニーズ事務所を退所した元SMAPの草なぎ剛とも、09年の映画『BALLAD 名もなき恋のうた』で共演した。

     波岡がドラマデビューを果たしたのも、04年に放送された木村の主演ドラマ『プライド』(フジテレビ系)だった。当時、撮影現場でいっさい台本を開かない木村に対し、波岡は「尊敬しかない」という目で見ていたという。

     そして映画『HERO』で再共演。撮影では、法廷シーンに2週間をかける予定になっていたが、まず、その2週間分の撮影シーンのリハーサルを通しでやることになった。台本にすると20~30ページ分で、およそ20分間にわたる長さ。しかし木村はここでも台本をまったく見ず、かつ一度も間違えずにこなしたという。もちろんリハーサルで誰かが間違えても特に問題はないが、木村の演技はすでに「完璧」だったらしい。

     波岡が泣くシーンでは、「感情どうこうではなく」木村のあまりのすごさに感動して、自然に涙がボロボロと流れたという。波岡だけではなく、木村の作り出す空気に、他の共演者の間にも自然と緊張感がみなぎり、監督まで圧倒されていたようだ。

     波岡は、草なぎの優しさにも感動したという。『BALLAD』の打ち上げの席で、「波岡さん、これ、もしよかったら……」と、草なぎから袋を手渡された。開けてみると、中にはデニムのパンツが。「えっ、なんですか!? これ」と驚くと、「波岡さん、いつもいい感じのダメージのデニムはいてたんで、きっとデニムが好きなんだろうなぁと思って」と、プレゼントしてくれたのだという。そんなプレゼントを共演者からもらったのは初めてだったという波岡は、思わず「好きっ!」と思ったのだとか。しかも、草なぎは波岡だけにではなく、キャストそれぞれに自分が選んだプレゼントを渡しており、波岡は、その心遣いに感動したそうだ。

     波岡一喜が慕う、木村拓哉と草なぎ剛。木村はジャニーズにとどまり、草なぎはジャニーズを去った。だが、今後もそれぞれの現場で、ファンだけでなく共演者をも魅了する二人であり続けることだろう。

    日刊大衆2017年9月9日07時05分
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_29356/?ptadid=

    【【芸能】<共演者が圧倒された!>「キムタクのプロ意識」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/08(金) 07:24:47.35 ID:CAP_USER9
    敏腕検事を演じても武士に扮しても「キムタク」にしか見えないのが、逆に木村拓哉の魅力だった。だが、SMAPが解散し、今年45歳を迎える男がいつまでキムタクを演じられるのだろうか。そこで、新作のために助っ人で呼んだのが、あの「有名女優」だ。

     ***

     正直言ってSMAPの解散騒動以来、キムタクは何だか精彩を欠いていた。

     1月ドラマの「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)は視聴率こそ良かったものの、1話あたりの制作費が実に1億円以上。金がかかった割には物足りないという評判だった。続いて4月公開の映画「無限の住人」は、1週目の入場者数が6位。以降ずるずると順位を下げ興行収入でも10億円に届かなかったという。

     20年来のファンである女性(40代)が言う。

    「『無限の住人』の舞台挨拶で木村クンを間近で見たのですが、誰もが“変だな”と感じたはずです。悩みが顔に出ているというか、目が心なしか淀んでいる。自分のラジオ番組でも、それまでの洋楽に代えてSMAP時代の曲を毎週流している。こちらが切なくなりますね」

     たしかに、今のキムタクは、グループでの活動がないためCDは出せないし、他のメンバーのようにバラエティ番組への出演もない。残るのはドラマと映画だが、キムタクが「活路」として選んだのが映画だ。

     芸能デスクが言う。

    「すでにキムタクは嵐の二宮和也との共演で話題になった『検察側の罪人』を撮り終え、来年公開が予定されていますが、実は立て続けに次の映画が決まっている。10月にも撮影が始まる予定です」

     新作のタイトルは「マスカレード・ホテル」。ご存じ東野圭吾のミリオンセラーが原作だ

    ■映画俳優をメインに

     この作品は、連続殺人事件を追いかける刑事が、残された暗号から次の犯行現場がホテルであることを掴み、潜入捜査を試みるというもの。もちろん、刑事役はキムタクである。

    「これまで木村は映画を撮ると次にドラマの仕事を入れてきました。ところが今回は、来年の1月ドラマまで仕事を入れず、映画を続けることにしたのです。“これからは映画俳優をメインにやっていきたい”という意向が強く働いてのこと。年を取っても続けられると考えてのことでしょう」(同)

     相手役も選び抜いた。

    「映画ではホテルマンに化けた刑事の教育係として女性のフロントクラークが登場しますが、ヒロインとしてキムタクと掛け合いを演じることになる。白羽の矢が立てられたのは長澤まさみです」(同)

     ご存じ長澤は東宝シンデレラ出身だが、最近はコメディも奔放な女性役もこなせる旬の女優。

     が、映画評論家の北川れい子氏が心配げに言うのだ。

    「今の人気からすると長澤の方が主役を食ってしまうかもしれません。キムタクと同世代といえば、大森南朋や中村獅童がいますが、癖のある役が出来る彼らと比べるとキムタクは中途半端な二枚目なんですね」

     脚本も「HERO」の福田靖氏が決まっているとあってまさに黄金メンバー。これだけ揃えてズッコケたら……。冗談でなくキムタクの正念場である。

    ワイド特集「天つたふ日ぞ 楽しからずや」より

    週刊新潮 2017年9月7日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09080557/?all=1

    【【芸能】失敗は許されない「キムタク」最新映画、選び抜いた共演女優】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: shake it off ★@無断転載は禁止 2017/09/09(土) 01:10:38.32 ID:CAP_USER9
     元SMAPの木村拓哉(44)が8日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉のWhat’s up SMAP!」(金曜後11・00)に出演。同日付でジャニーズ事務所を退社した稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)について言及はしなかったが、SMAPの楽曲「This is Love」と「前に!」を流した。

     番組は通常通り、木村がリスナーからの質問に答える形で進行。主演映画「無限の住人」がドイツで上映されたことなどが話題に上がった。

     終盤には「Everything gonna be alright(すべてうまくいく)」の言葉とともに、SMAPのシングル曲「This is Love」を選曲。ラストもSMAPの「前に!」を流して番組を締めくくった。

     放送後、インターネット上では木村の選曲に対して「これはエールなのかな」「『前に!』が流れてきて泣いた。何も言わなくてもこの曲がすべて」など、3人へのメッセージと受け止め涙する声が上がった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000131-spnannex-ent

    【【芸能】キムタク、ラジオで稲垣&草なぎ&香取に言及せず “意味深選曲”にファン涙】の続きを読む

    このページのトップヘ