よろしくおながいします。

    アルバム

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/06/15(金) 23:13:19.53 ID:CAP_USER9
    2018年6月15日 16:28
    TOWA TEI × 砂原良徳 × バカリズムのアルバム「3」に夏帆、麻生久美子が参加

    TOWA TEIの変名プロジェクト・Sweet Robots Against The Machineが7月18日にリリースするニューアルバム「3」の収録曲およびジャケットアートワークが公開された。

    TOWA TEI、砂原良徳、バカリズムの3人で制作される「3」。本作には女優の夏帆が歌唱で参加した「ダキタイム」「アニマル」、麻生久美子がバカリズムとデュエットする「捨てられない街角」を含む全10曲が収められる。

    また「3」はCDに加え、2枚組の12inchアナログも同時リリース。アナログには「フューチャリズム」「ダキタイム」「覚えてはいけない九九」「非常識クイズ」「集会」のインストゥルメンタルバージョンが追加収録される。

    TOWA TEIは本作の発売を記念したイベントを8月4日に東京、18日に京都で開催。詳細は後日アナウンスされる。

    Sweet Robots Against The Machine「3」収録曲

    01. フューチャリズム(Futurism)
    02. ダキタイム(Dakitime)
    03. サセル体操(Gymnastics to make)
    04. 覚えてはいけない九九(Do not remember 99)
    05. アニマル(Animal)
    06. 非常識クイズ(Insane quiz)
    07. 捨てられない街角(Boxes)
    08. レイディオ(Radio)
    09. 集会(Assembly)
    10. かわいい(Kawaii)

    (※アナログ盤には1、2、4、6、9のInst.verを追加収録)

    >>2以降につづく)


    砂原良徳、麻生久美子、TOWA TEI。
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/owarai/2018/0615/sratmwithasou_fixw_730_hq.jpg
    Sweet Robots Against The Machine「3」ジャケット
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/owarai/2018/0615/SRATM3_jacket_fixw_640_hq.jpg
    夏帆
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/owarai/2018/0615/SRATM_kaho_fixw_640_hq.jpg
    Sweet Robots Against The Machine(撮影:田島一成)
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/owarai/2018/0521/SRATM_fixw_640_hq.jpg
    https://natalie.mu/music/news/286890

    【【音楽】TOWA TEI × 砂原良徳 × バカリズムのアルバム「3」に夏帆、麻生久美子が参加 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/06/04(月) 22:31:26.05 ID:CAP_USER9
    2018/06/04
    カニエ・ウェスト、ニューAL『Ye』を練り直した経緯/タイトルの意味/メンタル・ヘルスについて語る

     2018年6月1日にニュー・アルバム『Ye』をリリースしたばかりのカニエ・ウェストがラジオ・パーソナリティーのビッグ・ボーイとのインタビューで、アルバム収録曲を練り直した経緯やアルバム・タイトルの意味、そして自身のメンタル・ヘルスについて語った。

     インタビューは米ワイオミング州で盛大に行われた『Ye』のリスニング・イベントで収録された。アルバム内容を変えたことについてカニエは、「宇宙が与えてくれているエネルギーと釣り合うものにしたかった」と話している。また、“奴隷は選択だった”とTMZのニュースルームで発言して物議を醸した後にアルバムを作り変えたそうで、「みんなで腰を据えてすごく言葉を絞り込んだ。あと分かるようになったのは、見出しが大事だってことで、あらゆる小節が使われる可能性があるからアルバムから削除した小節がある。その話題とかについてあまりにも取り扱いに注意を要する内容だったから」と語っている。

     タイトルについては、「確か“Ye”は聖書で一番多く登場する単語で、聖書では“you”という意味だ。だから俺はお前であり、俺は俺たちであり、つまりは俺たちなんだ。“オンリー・ワン”という意味の“Kanye”から“Ye”だけにしたのは、俺たちの善悪や混乱など全てを反映しているから。このアルバムは俺たちの在り方を反映したものになっている」と説明している。

     彼はまた、自身のメンタル・ヘルスについて、「俺は幸運だし恵まれている。精神的問題を抱えているカニエ・ウェストではない人たちのことを考えるとね。自分は(アルバムを)制作して全てよしって思えるけど、それができない人たちがいるわけで」と語り、「俺は39歳になるまで診断されてなかったんだ」と精神疾患を抱えていることを認めた。

     その後カニエは自身の双極性障害について、「アルバムでも言ってるけど、障害じゃなくてスーパーパワーなんだ」と話している。


    ◎インタビュー映像
    https://www.youtube.com/watch?v=qPpUaeChvuY



    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000064/64050/650x_image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/64050/2

    【【音楽】カニエ・ウェスト、ニューAL『Ye』を語る 「アルバムでも言ってるけど、俺の双極性障害は障害じゃなくてスーパーパワー」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: スレ立て代行@ベクトル空間 ★ 2018/06/04(月) 00:32:25.33 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/285019

    テレビ朝日系にて放送中のスーパー戦隊シリーズ最新作
    「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のイメージソング集第3弾
    「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ミニアルバム3」に、
    ルパンイエローの早見初美花役を演じる工藤遥(ex.モーニング娘。'17)が歌う「秘めた想い」が収録される。

    「秘めた想い」は本日6月3日の放送でオンエアされた楽曲。ミニアルバムには、
    これまで多くの特撮ソングを手がけてきた作詞家の藤林聖子が詞を書いたフルサイズ音源が収められる。
    2017年12月の日本武道館公演をもってモーニング娘。'17を卒業した工藤にとって、これが卒業後初の歌唱音源となる。

    なお「ミニアルバム3」にはこのほか、オープニングテーマ「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」の歌唱も担当する
    Project.Rの吉田仁美が歌って踊る、パトレンジャーの体操曲「ビシバシ体操」も収録。
    ZETKIが歌うルパンレンジャーのイメージソング「ルパンレンジャー Here we go!」や、
    サイキックラバーが歌うパトレンジャーのイメージソング「Searching for Truth」も聴くことができる。

    「ミニアルバム3」は6月27日に発売。同日には高木洋が手がける番組劇中歌を
    収録したサウンドトラックCD「VSサウンドコレクション」もリリースされ、このサント
    ラにはルパンレンジャー、パトレンジャー、グッドストライカー、ギャングラー幹部
    ゴーシュ・ル・メドゥとその一味ナッチョ・クリーピーが繰り広げる“おはなし”も収められる。

    【【芸能】 元モー娘。工藤遥の歌唱曲も収録、「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」アルバム 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/12/12(火) 22:30:04.44 ID:CAP_USER9
    2017/12/12

    セレーナ・ゴメス、来年ニューALのリリースを明言「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」

     2017年12月11日、セレーナ・ゴメスがBBCの『The Radio 1 Breakfast Show』に出演し、司会のニック・グリムショーと今後のアルバム・リリースの予定などについて語った。

     セレーナはその前日に、スタジオでマイクの前に立つ自分の写真をインスタグラムに投稿し、「目下。来年まで。私がいるのはここ」とキャプションに添えていた。
    司会のグリムショーは、先日行われた【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード】のスピーチでも「来年は最高のアルバムを作る」と彼女が発言していたことにも触れ、彼女に単刀直入に来年の予定について尋ねた。

     発言の真意について聞かれた彼女は、「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」と明言し、
    「私の今年1年がどんなものだったかみんな知っていると言ってもいいでしょう。私は自分の音楽に心血を注いでいる。チャートや数字のことは関係ない。
    自分の音楽のためにどうクリエイティブになれるかということが大事だった」と語っている。
    また彼女は、「次のアルバムのインスピレーションが本調子になっていると無事に言えるから、(アルバムは)すぐに出るわ」とも話している。

     20年近く音楽活動を続けてきた今、ようやく自分が関心がある音楽に打ち込めるようになった気がすると彼女は明かしており、体調もいいそうだ。
    「自分が掘り下げたいような新たな音楽の領域を作り出して、人を驚かせることを楽しめる状態にいるのが嬉しくて。
    健康の為に少し休業していて、それは良かったんだけど、もう戻ってくるから!」と彼女は語っている。

     人気子役として芸能界入りし、キャリアが長いだけあって「年をとりすぎているかしら?」と冗談を言う25歳の彼女だが、
    「変かもしれないけど、自分はまだ何も始めてすらいないと感じることが多いのよ。
    長い間やっているけれど、一時期……20代だし、成長するのはいつだって厄介じゃない?
    私がつながりを持てたことがない人たちは、まだまだたくさんいるから」と、当分辞める気はないと話している。


    Currently. Until the next year. Here’s where I’ll be.[selenagomez]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/24327980_1611693865536391_5148696894821629952_n.jpg

    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000058/58333/610x_image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58333/2

    【【音楽】セレーナ・ゴメス、来年ニューALのリリースを明言「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/12/11(月) 05:41:06.57 ID:CAP_USER9
     歌手・工藤静香(47)の名曲ばかりのトリビュートミニアルバム『Shizuka Kudo Tribute』が20日に発売される。同作は男性声優7人が参加する話題作で、6日に解禁されたメイキング映像第1弾では森久保祥太郎(43)、下野紘(37)、鈴村健一(43)、梅原裕一郎(26)、谷山紀章(42)、関智一(45)、梶裕貴(32)ら全員の美声も初お披露目された。

     今年、ソロデビュー30周年を迎えた工藤。1月から公式インスタグラムを開設したほか、メモリアルイヤーを機にテレビ復帰も果たし、安全地帯の玉置浩二(58)やB'zの松本孝弘(56)といった大物アーティストの楽曲提供を受けた記念アルバム『凛』のリリースも話題となった。一見、順調そうに見えるソロデビュー30周年だが、その内情はあまりにも落差がある。

    「工藤本人もソロデビュー30周年にはかなり意気込んでいたようですが、周囲が思ったように盛り上がらない。一昨年から続くSMAP解散騒動でのイメージダウンが著しく、往年のファンですら離れてしまったとも。8月に発売された記念アルバムもオリコンが発表した週間CDアルバムランキングの結果は21位で、初動売り上げはわずか2950枚。必死の宣伝活動も虚しく、枚数はまったく伸びませんでした」(スポーツ紙記者)

     1990年代後半に女性歌手として不動の地位を築いた工藤だが、昨年のSMAPの解散騒動でネガティブなイメージがついてしまい、人気低下に歯止めがかからない状態だ。夫・木村拓哉(45)の仕事に口出しもしていると報じられ、インスタグラムでプライベート情報を発信する度に木村のファン以外からも総スカンを食らう惨状に。

    「工藤としては、メモリアルイヤーの締めくくりとして紅白出場が目標にあったがそれもあえなく落選してしまった。記念アルバムの売り上げ不振に加えて紅白落選とあっては、今後の芸能活動は難しい。まるで近年の和田アキ子(67)のような印象になりつつあります」(前出・記者)

     30周年のお祝いが終わった後の工藤は、せめて夫のサポートに専念する方が賢明なのかもしれない。それはそれでファンの反感を買いそうだが。

    文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
    >>1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1383830/

    【【芸能】総スカン食らう工藤静香の惨状 歌手活動に暗雲?アルバム不振に紅白落選で”和田アキ子化”の懸念】の続きを読む

    このページのトップヘ