よろしくおながいします。

    アルバム

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/12/12(火) 22:30:04.44 ID:CAP_USER9
    2017/12/12

    セレーナ・ゴメス、来年ニューALのリリースを明言「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」

     2017年12月11日、セレーナ・ゴメスがBBCの『The Radio 1 Breakfast Show』に出演し、司会のニック・グリムショーと今後のアルバム・リリースの予定などについて語った。

     セレーナはその前日に、スタジオでマイクの前に立つ自分の写真をインスタグラムに投稿し、「目下。来年まで。私がいるのはここ」とキャプションに添えていた。
    司会のグリムショーは、先日行われた【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード】のスピーチでも「来年は最高のアルバムを作る」と彼女が発言していたことにも触れ、彼女に単刀直入に来年の予定について尋ねた。

     発言の真意について聞かれた彼女は、「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」と明言し、
    「私の今年1年がどんなものだったかみんな知っていると言ってもいいでしょう。私は自分の音楽に心血を注いでいる。チャートや数字のことは関係ない。
    自分の音楽のためにどうクリエイティブになれるかということが大事だった」と語っている。
    また彼女は、「次のアルバムのインスピレーションが本調子になっていると無事に言えるから、(アルバムは)すぐに出るわ」とも話している。

     20年近く音楽活動を続けてきた今、ようやく自分が関心がある音楽に打ち込めるようになった気がすると彼女は明かしており、体調もいいそうだ。
    「自分が掘り下げたいような新たな音楽の領域を作り出して、人を驚かせることを楽しめる状態にいるのが嬉しくて。
    健康の為に少し休業していて、それは良かったんだけど、もう戻ってくるから!」と彼女は語っている。

     人気子役として芸能界入りし、キャリアが長いだけあって「年をとりすぎているかしら?」と冗談を言う25歳の彼女だが、
    「変かもしれないけど、自分はまだ何も始めてすらいないと感じることが多いのよ。
    長い間やっているけれど、一時期……20代だし、成長するのはいつだって厄介じゃない?
    私がつながりを持てたことがない人たちは、まだまだたくさんいるから」と、当分辞める気はないと話している。


    Currently. Until the next year. Here’s where I’ll be.[selenagomez]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/24327980_1611693865536391_5148696894821629952_n.jpg

    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000058/58333/610x_image.jpg
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58333/2

    【【音楽】セレーナ・ゴメス、来年ニューALのリリースを明言「“もしかしたら”じゃない。アルバムは出る」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★ 2017/12/11(月) 05:41:06.57 ID:CAP_USER9
     歌手・工藤静香(47)の名曲ばかりのトリビュートミニアルバム『Shizuka Kudo Tribute』が20日に発売される。同作は男性声優7人が参加する話題作で、6日に解禁されたメイキング映像第1弾では森久保祥太郎(43)、下野紘(37)、鈴村健一(43)、梅原裕一郎(26)、谷山紀章(42)、関智一(45)、梶裕貴(32)ら全員の美声も初お披露目された。

     今年、ソロデビュー30周年を迎えた工藤。1月から公式インスタグラムを開設したほか、メモリアルイヤーを機にテレビ復帰も果たし、安全地帯の玉置浩二(58)やB'zの松本孝弘(56)といった大物アーティストの楽曲提供を受けた記念アルバム『凛』のリリースも話題となった。一見、順調そうに見えるソロデビュー30周年だが、その内情はあまりにも落差がある。

    「工藤本人もソロデビュー30周年にはかなり意気込んでいたようですが、周囲が思ったように盛り上がらない。一昨年から続くSMAP解散騒動でのイメージダウンが著しく、往年のファンですら離れてしまったとも。8月に発売された記念アルバムもオリコンが発表した週間CDアルバムランキングの結果は21位で、初動売り上げはわずか2950枚。必死の宣伝活動も虚しく、枚数はまったく伸びませんでした」(スポーツ紙記者)

     1990年代後半に女性歌手として不動の地位を築いた工藤だが、昨年のSMAPの解散騒動でネガティブなイメージがついてしまい、人気低下に歯止めがかからない状態だ。夫・木村拓哉(45)の仕事に口出しもしていると報じられ、インスタグラムでプライベート情報を発信する度に木村のファン以外からも総スカンを食らう惨状に。

    「工藤としては、メモリアルイヤーの締めくくりとして紅白出場が目標にあったがそれもあえなく落選してしまった。記念アルバムの売り上げ不振に加えて紅白落選とあっては、今後の芸能活動は難しい。まるで近年の和田アキ子(67)のような印象になりつつあります」(前出・記者)

     30周年のお祝いが終わった後の工藤は、せめて夫のサポートに専念する方が賢明なのかもしれない。それはそれでファンの反感を買いそうだが。

    文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
    >>1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1383830/

    【【芸能】総スカン食らう工藤静香の惨状 歌手活動に暗雲?アルバム不振に紅白落選で”和田アキ子化”の懸念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/11/18(土) 05:14:15.01 ID:CAP_USER9
    2017/11/17 15:18

    FLYING KIDS、アルバム『みんなあれについて考えてる』を2018年2月に発表

     新メンバーとして、SWING-O(key)、Elli(vo)、宇賀まり(sax)、竹本一匹(perc)の4人が加入し、9人編成で活動を展開しているFLYING KIDSが、オリジナル・アルバム『みんなあれについて考えてる』を2018年2月14日(水)にリリースすることを発表。
    本作には、11月3日に発売されたキャリア初の7inchアナログ盤「新・我想うゆえに我あり」収録楽曲など全12曲を収録予定です。

     FLYING KIDSは、2018年に迎える結成30周年を記念した3ヶ月連続ライヴ〈BACK 2 THE EGG〉の第1弾〈HISTORY1〉を11月16日に東京・原宿クロコダイルで開催。
    自らの歴史の幕開けともなる代表曲「幸せであるように」「心は言葉につつまれて」などを披露しながら、アルバム『みんなあれについて考えてる』のリリースについても明かし、観客を盛り上げました。


    http://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z322035267.jpg
    http://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z322035268.jpg
    http://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z322035269.jpg
    http://www.cdjournal.com/main/news/flying-kids/77860

    【【音楽】FLYING KIDS、アルバム『みんなあれについて考えてる』を2018年2月に発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ストラト ★ 2017/11/06(月) 10:08:10.64 ID:CAP_USER9
    「ジェニーはご機嫌ななめ」などのヒット曲で知られる、日本を代表するニューウェイブバンド、ジューシィ・フルーツが、2018年2月14日のバレンタインデーに、ニューアルバムをリリースすることが明らかとなった。

    ジューシィ・フルーツは近田春夫のバンドだったBEEFを前身として1980年に結成。
    デビュー曲「ジェニーはご機嫌ななめ」は、テクノ風アレンジと、リードボーカル、イリアのファルセットボイスで注目され、オリコン最高位5位、37万枚のヒットを記録した。

    その後も「恋はベンチシート」など数々のヒット曲を生むが、1984年に惜しまれながら解散。
    その後、2013年からジューシィ・フルーツとして単発的にライブ活動を再開し、当時からのファンだけでなく、新しいファンも増えるなか、11月5日に赤坂グラフィティにて行われた単独ライブにて、来年2月14日にニューアルバムをリリースする事を発表した。

    アルバムのリリースは、1984年のラストアルバム以来、実に34年ぶり。
    この日スペシャルゲストとして参加した近田春夫がこのアルバムに新曲を書き下ろすこともあわせて発表され、超満員となった会場は大歓声に包まれた。

    リリース情報
    2018.02.14 ON SALE
    ジューシィ・フルーツ
    ALBUM『タイトル未定』

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000001-mnet-musi

    ジューシィ・フルーツ
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1105/711/extra/news_xlarge_1105_main.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1105/711/extra/news_xlarge_IMG_9391.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1105/711/extra/news_xlarge_IMG_9392.jpg

    【【ニューウェイブ】ジューシィ・フルーツが、まさかの34年ぶりのアルバムをリリース 近田春夫書き下ろし曲も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/10/11(水) 20:25:19.51 ID:Fhdr/haZ0
    大滝詠一『A LONG VACATION』
    小沢健二『LIFE』

    他に候補は?

    【日本音楽史上最も名作なアルバムといえばwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ