よろしくおながいします。

    ももクロ

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/08/11(金) 08:36:42.01 ID:CAP_USER9
    ももいろクローバーZの最新シングル「BLAST!」(キングレコード/8月2日発売)が発売初週に5.0万枚を売り上げ、2017年8月14日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:7月31日?8月6日)で初登場3位を獲得。前作「ザ・ゴールデン・ヒストリー」(2016年9月発売:最高2位)に続いて2作連続のTOP3入りを果たした。
    およそ1年ぶりのシングルとなる今作には、初回限定盤A・B(いずれもCD+Blu-ray)と通常盤(CD)の3タイプが存在し、全タイプに「Yum-Yum!」「Survival of the Fittest -interlude-」「BLAST!」を収録。さらに、初回限定盤Aにはニューヨーク・ヤンキース田中将大投手の登場曲「何時だって挑戦者」、初回限定盤Bには「境界のペンデュラム」、通常盤には「何時だって挑戦者」と「境界のペンデュラム」が収められている。

    現在、YouTubeでは表題曲「BLAST!」のミュージックビデオなどが公開中。また、ももいろクローバーZの10周年を記念した単独ライブ(詳細は未発表)が行われることや、2018年7月28日(土)・29日(日)には、アイドル界最大の夏フェス“夏S”が開催されることも発表されている。その他、彼女たちの最新情報については、公式サイトを参照されたい。

    ■【ももクロMV】ももいろクローバーZ「BLAST!」MUSIC VIDEO
    https://youtu.be/OlJ2IBf_Im8



    ■【ももクロMV】ももいろクローバーZ「境界のペンデュラム」MUSIC VIDEO
    https://youtu.be/BD1BkOEhie0



    ■ももいろクローバーZ「Survival of the Fittest -interlude-」 from 『BLAST!』
    https://youtu.be/XbM-x-AXNNE



    ■週末ヒロイン ももいろクローバーZ オフィシャルサイト
    http://www.momoclo.net/

    http://music-book.jp/music/news/news/152931

    【【芸能】ももクロ「BLAST!」が週間3位獲得で2作連続のシングルTOP3入り、NYヤンキース田中将大投手の登場曲など収録】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/08(火) 13:55:31.93 ID:CAP_USER9
    ももいろクローバーZが、「ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会」を開催した。2日間で述べ100,902人を動員し、この夏で最も大規模なコンサートを行った女性アイドルグループとなった。アイドル戦国時代と言われ続けながらも、殆どのアイドルグループがドームでのコンサート・ライブも果たせない中、なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか?

    今回、味の素スタジアムでの取材をする中で気づいたのは、「親子連れの多さ」だ。最近では、NMB48吉田朱里のように、アイドル活動以外で女性人気を獲得する例もあるが、ももクロの人気は異質。「しっかりとした」キッズルームや授乳室が完備している女性アイドルグループのライブは多くの取材をしているが見たことが無い。また、年配者のファンの姿も多く見かけ、まさに老若男女どの年代のファンも存在することが大規模コンサートになると解る。
    なぜか?

    ライブを一度体験すればまた見たくなる。友人にすすめる、親と行く、子供を連れて行く…ももクロのファンの輪はライブを行うごとに拡大していく。中には会場に通うことで友だちを見つけ「モノノフ」を増やしていく面々も。こんな現象が起きるのも、ももクロのライブが誰が見ても楽しく、笑顔になり、元気をもらえる構成になっているからだ。

    女性アイドルグループは男性ファンが殆どを占める中で、良くも悪くもファンを満足させるためにセクシーな楽曲や男性目線で可愛く思える演出に偏る傾向にある。そういった状況をいち早く脱却できたももクロのライブは、構成の幅がぐっと広がり子供から老人まで、男女問わず楽しめる内容に毎回なる。そして、会場へ足を運んだファンを満足させるからリピーターが増える。好循環が生まれている。

    また、統計をキチンと取ったわけではないが、会場へ足を運んだ肌感覚として「箱推し」が他のアイドルグループよりも圧倒的に多く感じる。それは、序列や順位付けを行うことを望んでいないメンバーたちの思いを、しっかりとファンも理解し応援をしているからだろう。もちろんそれぞれ推しのカラーを身にまとっているが、会場の温かさは箱推しの雰囲気だ。

    ファンの間でも場所取り、グッズの争奪戦などなど会場でも多々熾烈な争いを目にすることがアイドル現場では多いが、ももクロファンは自ら行動を律し、自分たちもまた楽しい会場を作る努力をしている。モノノフに話を聞けば頑張っているももクロメンバーに対するリスペクトで、ファンも行動には責任をもっていると話していた。だからこそ、今回のライブでももクロも運営もオープニングで「タッグパートナー」として会場の全景を映し「モノノフ」とアナウンスしファンを紹介、称えることが出来たのだろう。

    アイドルとファンの理想的な関係が、ももいろクローバーZには備わっている。そこに、壮大で洒落の利いた演出が施され様々な豪華出演者が登場するのだから、中毒者が続出するのもうなずける。

    アイドルであることを貫き通すももクロだが、すでにそのライブはアイドルの枠を越えている。来年の10周年に向け、スケールのでかすぎるとんでもないライブやイベントの告知がサプライズ発表されたが、まだまだ進化し続けるももいろクローバーZの人気は更に拡大していきそうだ。(取材/編集部・高橋学)Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z

    2017/08/06 news.dwango.jp
    https://news.dwango.jp/2017/08/06/143719/idol/

    写真
    https://news-img.dwango.jp/wp-content/uploads/2017/08/b17c1dd2f834491f2f24d0b550a2f2a8-1024x683.jpg

    2017/08/07(月) 23:19:31.42
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502115571/

    引用元: ・【芸能】<ももいろクローバーZ>なぜスタジアムライブを成功させられるのか?なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか? ★2©2ch.net

    【【芸能】<ももいろクローバーZ>なぜスタジアムライブを成功させられるのか?なぜももクロだけが人気を拡大し続けているのか? ★2】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/08/02(水) 20:36:14.97 0
    971 読者の声(福井県) (ワッチョイ c645-ZO1u [119.238.17.46]) sage 2017/08/02(水) 20:30:40.21 ID:uN9KdQu00
    SG
    *1 167,587 キスは待つしかないのでしょうか?/HKT48
    *2 120,542 帆を上げろ!/BOYS AND MEN
    *3 *22,109 BLAST!/ももいろクローバーZ
    *4 ---,--- Easy Love/SF9
    *5 ---,--- 『ラブライブ!サンシャイン!!』デュオトリオコレクションCD VOL.1 SUMMER VACATION(夏への扉 Never end ver./真夏は誰のモノ?/地元愛■満タン☆サマーライフ)/Aqours
    *6 ---,--- U/三浦大知
    *7 ---,--- ハイテンション!我っが人生!/轍/チャオ ベッラ チンクエッティ
    *8 ---,--- SEXY SEXY SEXY/UNIONE
    *9 ---,--- だってアタシのヒーロー。/LiSA
    10 ---,--- DRY AI/Q’ulle
    11 ---,--- えがおのオーケストラっ!/ハロー、ハッピーワールド!
    12 ---,--- ○○○○○/ベイビーレイズJAPAN
    13 ---,--- スカッとサマラバ☆/つぼみ
    14 ---,--- himawari/Mr.Children
    15 ---,--- move on! イバラミチ/GRANRODEO
    16 ---,--- 教えてダーウィン/ピュアリーモンスター
    17 ---,--- Futurism/高垣彩陽
    18 ---,--- Gimmie Love/PlusM
    19 ---,--- 螺旋のユメ/シド
    20 ---,--- FREEDOM/Crossfaith

    引用元: ・【速報】ももクロの新曲BLAST!がオリコン初日22,109枚の大爆死 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【速報】ももクロの新曲BLAST!がオリコン初日22,109枚の大爆死】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    きゅう ★@無断転載は禁止 2017/07/30(日) 16:16:38.50 ID:CAP_USER9
    プロデューサーの柏原収史(中央)に「夢は日本武道館公演で会場をダンスで揺らすこと」と誓うPottya=東京・大手町(撮影・小倉元司)
    http://www.sanspo.com/geino/images/20170730/ido17073005020001-p1.jpg

     総体重343キロ、平均68.6キロの5人組ぽっちゃり限定アイドル、Pottya(ぽっちゃ)が、プロデューサーを務める歌手で俳優、柏原収史(38)と東京・大手町のサンスポ編集局を訪れ、新曲「夏の伝説☆」をPRした。

     同曲のミュージックビデオでは、豊満な水着姿で迫力満点のダンスを披露。体重64キロの犬童舞子(25)は「みんなで、バーベキューをし、お肉を食べながら撮影しました」とニンマリだ。

     2015年1月29日の“いい肉の日”にメジャーデビューした彼女らは、8月6日に東京・味の素スタジアムで行われるももいろクローバーZのライブイベントに出演予定。リーダーで58キロの大木梨渚(26)は「スマートなアイドルさんには、よりキレのあるダンスで対抗したい」と闘志を燃やした。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170730/ido17073005020001-n1.html

    引用元: ・【芸能】5人で総体重343キロ!Pottya、ももクロにダンスで対抗? [無断転載禁止]©2ch.net

    【【芸能】5人で総体重343キロ!Pottya、ももクロにダンスで対抗?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/07/27(木) 05:21:22.63 ID:CAP_USER9
    ももクロとニッポン放送の松浦大介取締役編成局長(画像は『momoiroclover 2017年7月21日付Twitter「2回連続横並び横並び1位」』のスクリーンショット)
    https://s.eximg.jp/exnews/feed/Techinsight/Techinsight_20170723_407424_631b_1.jpg


    ももいろクローバーZが7月22日放送のバラエティ番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で久々に嵐と共演した。それでも二宮和也がももクロで最年長の高城れにを「24歳だったらもう卒業ってことでいいんだよね?」といじれば、百田夏菜子が「今年いっぱいです」と返すような砕けた感じで進行する。

    高城れにが「卒業しなさいって言われてもしがみついているつもりなんで!」と宣言して「珍しいタイプだね」と二宮を感心させるが、百田夏菜子は「来年で10周年になるのでそれを機にメンバーチェンジも」とさらにいじって笑わせた。

    ももクロと嵐のメンバーがそれぞれペアを組んでクイズコーナー“真夏のカレーデスマッチ”に臨むと、二宮&玉井ペアが最後まで正解できずに残り特別ルールで2人が対決した。「清水もつカレーイメージキャラクター、百都かれんちゃんの口癖は何?」の質問を聞いてすでに上がっている松本潤はすぐに分かり、進行の平成ノブシコブシ吉村に耳打ちする。ただ、当の2人はなかなか見当がつかずようやく「もつかれさま」と正解したのは玉井だった。

    “松本潤のTHIS IS MJ”ではプロサッカー選手・内田篤人が「娘が成長して嵐のファンになった時に“パパは嵐に勝った”と自慢したい」とドイツからやって来た。身体能力が試される競技3番勝負「直径3m重さ10kgの巨大フラフープ対決」「“ウーロンジャオズウ”という中国武術の技でカッコ良く起き上がるアクション対決」「いざというとき女子を助けるゾンビアクション対決」を行い、さらに途中で「覚えておけばいつか役立つ 生活の知恵」を紹介した。…

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170723/Techinsight_20170723_407424.html

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170723/Techinsight_20170723_407424.html?_p=2

    結果は僅差で“MJ”こと松本潤が勝利したものの、アクションをばっちりキメながら「生活の知恵」ではオネエ言葉を使うなどアイドルらしからぬ一面も披露する。

    スタジオでVTRを観終わって「ももクロの感想は?」と振られると、百田夏菜子が「スゴくカッコいいところとスゴくカッコ悪いところがちょいちょい見えて。なんなんだろうこの人って?」と素直に答えたので松潤にも大ウケだった。

    そんなももいろクローバーZはラジオ番組『ももクロくらぶxoxo』(ニッポン放送)が4月の聴取率1位(同時間帯)として受賞、8月2日にはニューシングル『BLAST!』をリリースと活躍が続く。同シングルは8月5日(土)・6日(日)に開催されるライブ『ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会』と連動しているというから楽しみだ。
    画像は『momoiroclover 2017年7月21日付Twitter「2回連続横並び横並び1位」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

    【【芸能】ももクロ・百田夏菜子、嵐・松本潤に率直な感想「なんなんだろうこの人?」】の続きを読む

    このページのトップヘ