よろしくおながいします。

    ももクロ

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 16:34:53.34 ID:CAP_USER9
    http://lopi-lopi.jp/asset/files/news/2017/09/22/q7ee0uj7/detail.jpg

    ももいろクローバーZが2017年10月25日(水)に発売するLIVE Blu-ray & DVD「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市?笑顔のチカラつなげるオモイ?」のパッケージデザイン及び店舗購入特典が公開された。

    パッケージには、のしスリーブ付きの特殊仕様となり、ライブ当日に配布された埼玉新聞による号外の再編集版が同梱される。店舗特典としては富士見市のゆるキャラ「ふわっぴー」とももいろクローバーZとのコラボレーションステッカーが配布される。

    LIVE Blu-ray & DVD『ももクロ春の一大事2017 in 富士見市』は初回限定版のみ特殊パッケージ、封入特典付きで販売される予定だ。富士見市のPR大使である有安杏果にフューチャーしたセットリストや、「行く春来る春」の初ライブパフォーマンス、元JUDY AND MARY・TAKUYAのバックバンド参加等、見逃せない内容が目白押しのライブとなった「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市」には2日間で45,178人を動員、ライブビューイングには約15,000人が来場し、約7万人がライブを体感している。

    今回、発表された店舗購入特典はライブにも出演した富士見市のゆるキャラ「ふわっぴー」とのコラボレーションステッカーシート(B5サイズ)に決定した。ステッカーシートには「ふわっぴー」のほか、「ふわっぴー」作者によるももいろクローバーZ描き下ろしステッカーが並ぶ。特典のステッカーの配布店舗は後日発表される予定だ。

    http://lopi-lopi.jp/asset/files/news/2017/09/22/q7ee0uj7/sub_4.jpg
    http://lopi-lopi.jp/detail/16609/

    【【芸能】ももクロ、LIVE BD&DVD「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市」は特典まで富士見市コラボ!!】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 18:05:48.55 ID:CAP_USER9
    ももいろクローバーZ(左から百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに)
    https://cdn.fashionsnap.com/news/assets_c/2017/09/momoclo-pinkhouse-20170921_146-thumb-660xauto-745435.jpg

     伊勢丹新宿店が9月21日、「ピンクハウス(PINKHOUSE)」と人気アイドルグループももいろクローバーZ(以下、ももクロ)によるコラボイベント「ブームは違和感から ~PINK HOUSE 35th anniversary~」の開催を記念してファッションショーを行った。メンバーがモデルとして登場し、ピンクハウスでコーディネートしたルックを披露した。

    9月20日から開催されている「ブームは違和感から ~PINK HOUSE 35th anniversary~」はピンクハウスとももクロによる2回目のコラボイベント。「ブームは違和感から」をテーマに掲げ、"違和感"から生まれる斬新なスタイリングを提案している。
     会場では、ピンクハウスが今回のためにデザインしたオリジナルアイテムのほか、「ジーヴィジーヴィ(G.V.G.V.)」や「フラボア(FRAPBOIS)」「アトリエ染花」「sAn」とそれぞれコラボしたアイテムをラインナップ。目玉商品として、セミオーダーとなる数量限定シリアルナンバー入りスタジャンを用意。代表曲にちなんだワッペンがポイントで、ももクロのメンバーカラー5色に黒を加えた計6色から好みのカラーとシリアルナンバーを組み合わせることができる。スタジャンは9月22日に伊勢丹オンラインストアで限定販売を開始した。
     伊勢丹新宿店の営業終了後に開かれたファッションショーには、抽選で選ばれた180人のファンが招待された。各メンバーは2パターンのコーディネートとスタジャンを組み合わせたルックを披露。メンバーとの距離が近いステージで招待客からは歓声が上がり、中には嬉し泣きするファンも見られた。
     佐々木彩夏は「こういうショーは初めてで、お客さんとの距離も近くて照れくさかった。ママもおばあちゃんもピンクハウスが好きで、私にも買ってくれる。普段もよく着るので、お仕事でも着れてすごく嬉しい」とコメント。全身ブラックのコーディネートを着用した玉井詩織は「黒は地味になりがちですが、このコーディネートは可愛さとカッコ良さを兼ね備えていて好きです」と語った。デザイナーが特別にデザインしたスタジャンはメンバーも気に入っているといい、百田夏菜子は「思い出がワッペンになっていて愛を感じました」と笑顔を見せた。同スタジャンはショー会場で特別に先行販売を実施。最後にピンクハウスのくまのキャラクター カールくんが登場し、各メンバーに花束を贈呈した。
    ■ブームは違和感から ~PINK HOUSE 35th anniversary~
    会期:2017年9月20日(水)?25日(月)
    会場:伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/ザ・ステージ #2

    https://www.fashionsnap.com/news/2017-09-22/pinkhouse-momoclo/

    【【芸能】ももクロが「ピンクハウス」を着用、伊勢丹新宿店でファッションショー開催】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/09/19(火) 18:54:24.56 ID:CAP_USER9
    「“チャン”(ももクロChan)は本当に身内な感じ」と語る百田夏菜子
    https://news.walkerplus.com/article/119255/658455_615.jpg

    ももいろクローバーZの冠番組「ももクロChan~Momoiro Clover Z Channel~」(以下「ももクロChan」)が、毎週火曜にテレビ朝日で放送中。同局の動画サイト「テレ朝動画」で'10年11月に始まり、'13年4月から地上波にも進出。ももクロらしい自由で楽しい番組を展開し、他の番組では見られない素顔を見せている。

    地上波放送が節目となる5年目に突入したことを受け、リーダーの百田夏菜子を直撃。連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK総合ほか)の撮影で出演が減っていたが、今年の春から本格復帰。「参加率低いですが」と笑いながらも、番組について語ってくれた。

    “チャン”は身内な感じ
    【写真を見る】百田夏菜子は「純粋に企画を楽しんでいる」と話す
    https://news.walkerplus.com/article/119255/658456_615.jpg

    ――「ももクロChan」は百田さんにとってどんな番組ですか?

    常に身近にあるものですね。他の番組に出させていただくときは、「よし!」って気合いを入れたり、ちょっとおすまし気味になったりとか、よその人に会うような気分になるんです。

    でも、“チャン”(ももクロChan)は本当に身内な感じで、撮られていることにすら気付かないこともあるんですよ。自分でもびっくりするくらいで。この間のツアー中も、ずっと“チャン”の定点カメラが(バックステージで)回っていたんですけど、“チャン”のスタッフさんが横に立っているのにナチュラル過ぎて気にならなくて、存在を忘れてしまうというか(笑)。

    前に番組のアンケート(ももクロ関係者ぶっちゃけアンケート)で、「トイレで洗った手を服で拭きそうな人」で1位だったんですよ。ヘアメークさんの意見で。そのときは「そんなことない!」って言ったんですけど、そのツアー中に定点カメラが回っているのを忘れていて、カメラの前で洗った手をめっちゃ振っていたのが映っていました(笑)。

    それは“よそ行きモード”だったら気を付けるじゃないですか。「タオルでちゃんと拭こう!」って思うのに、“チャン”は普段の自分が出てしまうというか、気付いたら撮られていることが多いので、一番素に近い私たちを撮ってくれているんじゃないかなって思います。

    ――番組で百田さんはどんな役割ですか?

    ちゃんとスタジオにセットを組んでやる企画もあるんですけど(笑)、そういう企画だと東京03の飯塚悟志さんが来てくれて、しおりん(玉井詩織)が飯塚さんと一緒にMC的なことをやってくれたりするんですけど、基本的に私と高城れにはだいたいふざけています。何にも考えないです(笑)。純粋に企画を楽しんでいますね。

    演出の佐々木(敦規)さんからは「お前、普通はこうするだろ!」って注意されることがすごくあるんです。でも、勝負事は勝負なんで。例えば、全部クリアしたら100万円をもらえる企画があって、みんなで“ガチ”に取りにいったんですね。最後のぶら下がり棒で、スタッフさんは「気を使って落ちるだろう」って思っていたみたいなんですけど、「いや、落ちねーよ」って(笑)。結局、それはクリアできなかったんですけど、裏では私がクリアしそうになって、ざわざわしていたみたいです(笑)。

    ――“ガチ”なところもこの番組の魅力ですね。印象に残っているハプニングなどはありますか?

    めっちゃあると思いますよ。もはや何をハプニングと言うのかわからないくらい…いろいろありますね(笑)。メーキングで(カメラを)回してくれていることが多くて、そういう中で起こるハプニングが多いですね。ふざけていて気付かずにどぶに落ちちゃったりとか、噴水広場で遊んでたら急に水が出てきてびちょびちょに濡れちゃったりとか。普通にロケをしていても、(台本にはない)違うところで盛り上がっちゃうんです。




    https://news.walkerplus.com/article/119255/

    今回のインタビューについて「ももクロファン以外の方に知ってもらえる機会になれば」と語る
    https://news.walkerplus.com/article/119255/658458_615.jpg

    【【芸能】ももクロ・百田夏菜子の“ガチ”がスタッフをざわつかせた!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/09/19(火) 05:25:03.65 ID:CAP_USER9
     熱心なアイドルやアーティストのファンが加入する「ファンクラブ」。数千円という年会費を払って、一体どんなサービスを受けられるのだろうか。ファンにとっては、本当にお得な特典なのだろうか──。代表的な日本国内のアイドル・アーティストのファンクラブを具体例にして、検証してみる。

     まずは、コンサートに行くなら、ファンクラブに加入することが必須だといわれているのが、ジャニーズ事務所のアイドルたちだ。ジャニーズのファンクラブは、入会費1000円、年会費4000円。ジャニーズ全体のファンクラブということではなく、ひとつの名義につき好きなグループを1つ選択することとなる。

     ジャニーズのファンクラブの最大の特典は、コンサートや舞台のチケット優先販売だ。アイドル事情に詳しいフリーライターA氏が説明する。

    「ジャニーズの場合は、各プレイガイドで一般販売されるチケットの数も少なく、確実にコンサートチケットを入手したいのであれば、ファンクラブに入ることが必須です。特に嵐のような人気グループでは、ドームツアーであっても一般販売されず、そのうえファンクラブ内の申込数も多いので、“落選まつり”になって、なかなかチケットが入手できない。当選する確率を上げるために、複数名義でファンクラブに入り、何口も申し込むファンも少なくないようです」(以下同)

    https://www.moneypost.jp/200701
    https://www.moneypost.jp/200701/2/
    https://www.moneypost.jp/200701/3/

     そのほかファンクラブ限定のメルマガや会報もあるが、やはり最大の特典はチケット優先販売ということになるだろう。

     一方、EXILEや三代目J Soul Brothers、GENERATIONSらを擁する「EXILE TRIBE」(LDH所属)では、全グループをまとめて対象にした「EXILE TRIBE FAMILY」というファンクラブを結成している。年会費は4000円で、チケットの優先販売や会報誌などといった定番の特典のほか、ファンクラブ会員限定のイベントも開催されている。

    「コンサート終演後のバックステージに招待する企画や、『あなたの夢を、叶えます!!』と題して、抽選で選ばれたファンクラブ会員が、メンバーからダンスを教えてもらったり、LDHのスタッフ体験をしたりできるという企画もあります。それらの体験ができるファンの数は限られていますが、かなりプレミアムなサービスといえるでしょう」

    AKB48のファンクラブ、年会費は破格の480円!

     ジャニーズもEXILE TRIBEも年会費4000円だが、女性アイドルも同じくらいの相場だといえそう。たとえば、ももいろクローバーZのファンクラブ「ANGEL EYS」は年会費4200円だ。

    「ANGEL EYESの特典はチケットの優先販売がメインで、そのほか特筆すべきはファンクラブ会員限定のコンサートです。日本武道館、幕張メッセ、西武ドームなど、大きな会場で開催するのが特徴的です。またその一方で2015年にはファンクラブ会員限定のライブハウスツアーなども行っています」

     女性アイドル界の老舗、モーニング娘。やアンジュルムが所属するハロー!プロジェクトのファンクラブは、年会費5100円。こちらもチケットの優先販売が行われている。

    「ハロプロの場合は、全グループまとめてのファンクラブで、所属している40人以上のメンバーのバースデーイベントというものが、ファンクラブ会員限定で開催されています。つまり年間40回以上の会員限定イベントがあり、さらにそれぞれがDVDとなって会員限定で販売される。ファンクラブならではの特典はかなり充実しているといえます」

     そして、年会費がそのほかに比べてかなり安いのがAKB48のファンクラブ『二本柱の会』。その年会費は480円だ。

    「チケットの優先販売や会員限定のグッズ販売など、基本的な特典は他のアイドルとあまり変わりないです。ただ、大きく違うのは、選抜総選挙の投票権を獲得できること。チケット優先販売などの特典は利用しなくても、投票権のために入会するファンも多いです。年会費が480円と安いことで、投票数も増えているのでしょう。ほかのアーティスト・アイドルとはファンクラブの位置づけがちょっと異なりますね」

    「チケット優先販売プラスα」が基本だが、それぞれのアイドルによって様々な特色があるファンクラブ。熱心に応援するファンにしてみれば、数千円の年会費もまったく高くはないということなのかもしれない。

    【【芸能】ジャニーズ、ももクロ…他、各ファンクラブの特典を検証】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/09/05(火) 20:33:53.73 ID:CAP_USER9
    3日(日)夜放送のラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」で、ももいろクローバーZが初出演を果たした音楽フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』の感想を、高城れにと有安杏果が語った。

    http://www.allnightnippon.com/wp/assets/uploads/2017/09/170903_3.jpg

    8月11日、茨城県・国営ひたち海浜公園にて今年で18回目となる『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』の3日目が開催。ももいろクローバーZは会場内最大のステージ “GRASS STAGE”でパフォーマンスを行い、代表曲『行くぜっ!怪盗少女』から、最新曲『BLAST!』まで多彩な楽曲を披露して会場を沸かせた。

    ラジオでは番組冒頭から、「ROCK IN JAPANに出させていただきましたー!」「いえーい!」と喜びの報告をし、憧れのステージであったことや、舞台裏の様子を明かした。

    有安:出演するって聞いたとき、凄く嬉しかったよね

    高城:ステージ上でも言ったけれど、プライベートで行こうとしていたフェスだから、本当に嬉しかった

    有安:わかるわかる。人も凄かったよね!

    高城:ファンの方も、ファンではない方も一緒に盛り上がってくださって嬉しかったです!

    有安:ありがとうございました!

    高城:ケータリング(出演者やスタッフに提供される食事)も凄かったよね

    有安:充実していたね

    高城:『ROCK IN JAPAN』の楽屋は“輪”になっているんだけれど、聞いた話だと出演者同士がみんな仲良くなるために、輪っかにしているって聞いて

    有安:れにちゃんには、もってこいの現場だよね

    高城:すっごい楽しかった

    有安:フェスって、スタッフさんとか演者さんもテンションが上がる屋台を置いてくれているから、それが凄く嬉しいよね。お客さんと一緒に、私たちも裏側で楽しんでいます!

    憧れのステージ上ではもちろん、パフォーマンスを終えた出演者が楽しめような作りになっていた舞台裏でも充実できたようで、「来年もぜひ出たいです!」と次回への意欲を示していた。

    この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

    <期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
    番組名:ニッポン放送「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」
    放送日:9月3日(日)22時~22時30分
    パーソナリティ:ももいろクローバーZ
    タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170903220000
    番組HP:http://www.allnightnippon.com/program/momoclo/

    http://www.allnightnippon.com/news/20170905-8613/

    【初参戦のももクロが感動!『ROCK IN JAPAN FES』の裏側】の続きを読む

    このページのトップヘ