よろしくおながいします。

    entertainment

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: かばほ~るφ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/21(木) 17:49:01.72 ID:CAP_USER9
    『逃げ恥』民放連・テレビドラマ最優秀賞を受賞
    2017-09-21 11:40

    TBS系で昨年10月期に放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が21日、
    「平成29年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビドラマ番組」の最優秀賞を受賞した。

    同賞は、テレビ・ラジオの番組、CM、放送技術の向上と、放送活動のより一層の発展を図ることを目的に、
    日本民間放送連盟(民放連)が1953年に創設。会員である全国の民放各社から参加のあった
    番組・事績を対象に毎年1回実施し、優れた番組、優秀と認められた事績を顕彰している。

    那須田淳プロデューサーは、受賞を感謝し「このドラマは、民放の連続ドラマらしい楽しみが
    いっぱい詰まった作品にしようと心がけました。火曜日というウイークデイのドラマですから、
    視聴者の皆さまが一日の終りに自分へのご褒美みたいに楽しみにしていただけて、
    いろいろな世代の方にそれぞれの楽しみとテーマを見つけていただけるようなや
    多様性のある作品を目指しました」と改めて番組の狙いを説明。

    新垣結衣や星野源をはじめとした出演者やスタッフ、脚本家の野木亜紀子氏の創意工夫に感謝を述べ
    「民放の連ドラらしいエンタメ感に彩られたこのドラマを同じく民放でお仕事されている皆さまから
    ご評価いただけたことは本当に光栄ですし、審査員の皆さまにも感謝の気持ちでいっぱいです」
    とコメントを寄せた。

    ORICON NEWS
    http://www.oricon.co.jp/news/2097630/full/
    ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演した(左から)星野源、新垣結衣
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170921/2097630_201709210436913001505977434c.jpg


    日本民間放送連盟賞/2017年(平成29年)入選作品・事績
    https://www.j-ba.or.jp/category/awards/jba102347

    【【ドラマ】「逃げ恥」、民放連・テレビドラマ最優秀賞を受賞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/21(木) 07:02:51.00 ID:CAP_USER9
     ABCテレビ(大阪市福島区)の秋の改編会見が20日、同局で行われ、ヒロド歩美アナ(25)が10月1日スタートの新番組「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)への抱負を語った。

     東山紀之(50)がキャスターに初挑戦する報道番組にレギュラー出演。7月から東山も参加して週1回の勉強会をしていることを明かし「東山さんから出てくる質問が鋭い」と語った。

     自身は「朝だ!生です旅サラダ」(土曜前8・00)との“土日連投”で「違った顔を見せたい」と話した。

    [ 2017年9月21日 06:32 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/kiji/20170920s00041000238000c.html
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/jpeg/20170920s00041000297000p_view.jpg

    【【テレビ】ABCヒロド歩美アナ、10月から“土日連投”「違った顔見せる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 05:13:49.53 ID:CAP_USER9
    加勢大周……。そういえば今から10年ほど前、バラエティ番組『くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン』(日本テレビ系)でやっていた「ベタドラマ」に出ていました。

    あの作品から加勢の存在を知った人にとって、おそらく彼は少し古臭い顔をしたイケメンにしか見えないはず。
    ちょうど、笠置シヅ子をカネヨンのおばさん、定岡正二をとんねるずに罵倒されるおじさんと最初に認識した場合と同様、まさか昔はすごい人だったなんて思いもしないことでしょう。

    しかし実際、彼はすごい人だったのです。

    かつては、吉田栄作・織田裕二と並び称されていた

    1990年、サザン桑田の初監督映画『稲村ジェーン』の主演オーディションに合格して、芸能界デビュー。
    同作の大ヒットで顔が売れた加勢は、一躍、注目の若手俳優となります。

    その後は、『はいすくーる落書2』(TBS系)、『学校へ行こう』(フジテレビ系)、『ADブギ』(日本テレビ系)など、話題のテレビドラマに次々と出演。
    一時は、吉田栄作・織田裕二と並び称され「トレンディ御三家」(平成御三家)などと呼ばれていたものです。

    独立騒動で事務所と揉めた加勢大周

    1991年には、CM契約社数ランキング1位にも輝き、絶頂期ともいえる人気を誇っていた加勢でしたが、突如として暗雲が立ち込めます。
    きっかけとなったのは、当時の所属事務所からの独立。加勢はかねてより、給与未払いをはじめとした事務所側の不誠実な対応に不満を抱いていました

    このままでは未来がない……。そう考え、実母を社長に据えて個人事務所設立を画策したのです。

    けれども、契約が1991年4月に自動更新されていたため、4月4日に送った契約解除の申請書は無効扱いに。
    意に介さず、加勢は個人事務所で活動を開始するも、そうはさせじと事務所側は、「契約解除の無効」「5億円の損害賠償」「加勢大周の芸名使用禁止」を求め、提訴してきたのでした。

    裁判は1992年の1審で敗訴になったものの、翌1993年で勝訴。無事に「加勢大周」の名で活動することが認められたわけですが、判決の1週間後、予想のななめ上をいく出来事が起こります。

    「新加勢大周」のデビューが発表される

    なんと、事務所サイドが「新加勢大周」という名の新人タレントをデビューさせると発表したのです。
    「加勢大周」という芸名はもともと、同事務所社長が愛してやまない幕末の偉人・勝海舟からもじってつけた芸名。
    そのため、相当お気に入りだったとのことですが、まさかここまでするなんて……と思ったはずです。

    この行き過ぎた事務所側の対応に、森繁久彌ら大物俳優たちが待ったをかけたおかげで、なんとかこの話はナシに。
    ちなみに、白シャツがトレードマークの細身な加勢に対抗して、黒
    いタンクトップに筋肉ムキムキのイメージで売っていこうと考えられていたその新人タレントは、後に「坂本一生」の名でデビューしました。

    台湾の芸能界にも進出していた

    長きに渡るイザコザのため、加勢のイメージは急落。…

    http://www.excite.co.jp/News/90s/20170916/E1505467455818.html
    90s チョベリー 2017年9月16日 22時00分

    https://i.ytimg.com/vi/MYjg9megeNg/hqdefault.jpg
    http://img09.shop-pro.jp/PA01043/975/product/22384758.jpg

    【【芸能】事務所独立騒動で転落……加勢大周の現在】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: juggler ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 15:13:39.16 ID:CAP_USER9
    2017年9月16日

     マンガ「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」「地獄甲子園」などで知られる漫☆画太郎さんの新連載「珍(チン)ピース」が、16日発売のマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)42号に掲載された。
    漫☆画太郎さんのマンガが、同誌に掲載されるのは約22年ぶりとなったものの、わずか3ページでの打ち切りとなった。

     3ページで打ち切りとなるのは、同誌史上“最速”記録といい、「編集部の手違いで、漫☆画太郎先生のボツ原稿が一部掲載されてしまいました。読者の皆さまにおわび申し上げます。
    『珍ピース』はここで打ち切りとさせていただきます。漫☆画太郎先生の次回作にご期待ください」という謝罪文が掲載された。また、
    マンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で25日から漫☆画太郎さんの新連載(タイトル未定)がスタートすることも発表された。同アプリでは漫☆画太郎さんの読み切りマンガも配信する。

     打ち切りとなった「珍ピース」は、「富・名声・力。かつてこの世の全てを手に入れた男 海賊王ゴールド・ロジャー」などという書き出しで、麦わら帽子のキャラクターが登場するなど同誌の人気作をほうふつさせる内容だった。


    https://mainichi.jp/articles/20170915/dyo/00m/200/019000c

    【【漫画】 [漫☆画太郎] 22年ぶり「ジャンプ」帰還も… 史上最速の3ページ打ち切り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: りんがべる ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/18(月) 10:19:26.95 ID:CAP_USER9
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170918-OHT1T50051.html

     17日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜、後9時)で、タレントのりゅうちぇる(21)が、テレビ収録本番中にうんこを漏らしていたことを告白した。

     楽屋で腹痛を感じていたものの、収まったためそのまま収録に参加。
    その直前にお気に入りのコーヒー牛乳を飲んでしまったことが致命的だったとか。
    本番開始。体を揺すって便意を紛らわせていたがこらえきれずに“決壊”した。
    致命的だったのが白いズボンを着用していたこと。実際の映像がスタジオで流されると悲鳴が上がった。

     「ちょっと実が出ちゃって…。白いズボンだから茶色いのバレるんですよ。それくらい出ちゃって」とりゅうちぇる。
    後ろの席の一般観覧客も悪臭に気づいたように感じたため、休憩に入った時に即振り返って席を立ったが、逆にその決定的な証拠を収録カメラにさらすはめになった。 

     隣に座っていたびびる大木は「休憩に入った時に急に『いや違うの違うの。泥踏んじゃっただけなの』」と釈明されたとVTRで証言。
    「スタジオに座ってて泥がついたって、そっちのほうが圧倒的にうそだろ」と突っ込んだ。
    この事件の後、同番組スタッフからは必ず「今日はちゃんとうんちした?」と確認されるようになったという。


    スポーツ報知 2017年9月18日9時0分

    【【芸能】りゅうちぇる、番組収録中にう○こ漏らしていた】の続きを読む

    このページのトップヘ