よろしくおながいします。

    classic

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/11/14(火) 23:55:31.63 ID:CAP_USER9
    2017/11/14 20:49

    ジョー・リン・ターナー来日 <鋼鉄フェス Vol.3 「Joe Lynn Turner with Orchestra/Legacy of“RAINBOW”」>開催決定

    ジョー・リン・ターナー(Joe Lynn Turner)の来日決定。<鋼鉄フェスティバル Vol.3 「Joe Lynn Turner with Orchestra/Legacy of “RAINBOW”」>が、2018年2月24日(土)に“鉄のまち”愛知県東海市の東海市芸術劇場にて開催されます。
    当日は名古屋フィルハーモニー交響楽団との共演でレインボー(Rainbow)の名曲の数々を披露する予定です。

    <鋼鉄フェスティバル Vol.3 「Joe Lynn Turner with Orchestra/Legacy of “RAINBOW”」>

    開演日:2018.02.24(土)

    開演時間:
    [開場]12:15~[開演]13:00
    [開場]17:15~[開演]18:00

    会場:愛知県東海市 東海市芸術劇場 大ホール

    出演:

    [シンポジウム] 13:00~
    広瀬和生(BURRN! 編集長)
    ジョー・リン・ターナー

    [ライブ] 18:00~
    ジョー・リン・ターナー(Vo.)
    竹本泰蔵(指揮)
    名古屋フィルハーモニー交響楽団

    予定曲目:

    Street of Dreams
    I Surrender
    Can’t Let You Go
    Stone Cold
    Spot Light Kid
    Catch the Rainbow
    Rainbow Eyes
    Gates of Babylon(Instrumental version)
    Eyes of the World
    Weiss Heim
    Maybe Next Time

    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.tokai-arts.jp/performance/sponsor/perform/4680/


    http://amass.jp/97314/

    【【音楽】ジョー・リン・ターナー来日 <鋼鉄フェス Vol.3 「Joe Lynn Turner with Orchestra/Legacy of“RAINBOW”」>開催決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/08(水) 15:27:22.52 ID:CAP_USER9
    May J.初のフルオーケストラコンサート、豊かな歌声響かせた17曲
    2017年11月7日 11:57
    http://natalie.mu/music/news/255723
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1107/mayj/extra/news_large_11671_DSCF8459.jpg
    http://cdn2.natalie.mu/media/1711/1107/mayj/extra/news_large_11671_DSCF9467.jpg

    「billboard classics」はbillboardがクラシック音楽の新たな魅力を提示するために開催しているコンサートで、今回はMay J.と東京フィルハーモニー交響楽団・ビルボードクラシックスオーケストラが共演した。
    これまでにオーケストラとの共演経験はあるMay J.だが、フルオーケストラをバックに単独公演を行うのはこれが初めてのこととなる。大きな拍手に迎えられ姿を見せた彼女は華やかなブルーのドレス姿。
    オーケストラが高らかに演奏した1曲目は「Sparkle -輝きを信じて-」で、May J.は朗らかな歌声でこの曲を歌い上げた。

    最初のMCで彼女は「いよいよこの日がやって来ました」とひと言。そして「単独でフルオーケストラとライブをするのは初めてなんです」と、この公演にかける意気込みを言葉ににじませた。
    MCののちに披露されたのは、彼女が大好きだというホイットニー・ヒューストン「I Will Always Love You」のカバー。
    May J.は曲の冒頭をアカペラで歌い、オーケストラは彼女の歌声に寄り添うように優しい音色で曲を彩っていった。

    流ちょうなイタリア語と圧巻のファルセットを聴かせた「Time To Say Goodbye」、八代亜紀とのコラボソングとして発表した「母と娘の10,000日 ~未来の扉~」と、その後も彼女は多彩な楽曲を用意して観客を楽しませる。
    第1部の最後はオリジナルナンバーの「Have Dreams!」で、オーケストラの面々は歌声に合わせて指を鳴らし、軽やかに曲の世界観を表現していた。

    【【billboard classics】May J.初のフルオーケストラコンサート、豊かな歌声響かせた17曲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: カーディフ ★ 2017/11/07(火) 19:23:20.80 ID:CAP_USER9
    フランスの国民的シャンソン歌手、シャルル・アズナヴールの2年ぶりとなる来日公演が2018年5月21日(月)に大阪、23日(水)に東京で開催されることが決定した。

    2018年5月22日(火)に御年94歳を迎えるシャルル・アズナヴール。日本のシャンソンファンの熱い想いに応え、奇跡の来日公演が決定した。

    シャルル・アズナヴールは1924年生まれ。1946年にエディット・ピアフに認められ本格的に歌手活動を開始。その後、当時ピアニストであったポール・モーリアを
    アレンジャーに迎え数々のヒットソングを発表。代表曲に、後にエルヴィス・コステロがカバーしリバイバルヒットした『She』(映画『ノッティングヒルの恋人』主題歌)などがある。
    今年8月には、80年以上にもおよぶ芸能活動の功績が讃えられ、ハリウッドの殿堂入りを果たした。

    http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201711070003

    【【音楽】シャルル・アズナヴール、奇跡の来日公演再び】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/29(日) 22:06:38.65 ID:CAP_USER9
    2017年10月28日21時04分

    不来方と県立浦和が最優秀団体に 全日本合唱コン高校

     第70回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の高校部門が28日、大阪市のフェスティバルホールで開かれた。
    全国9支部から選ばれた35団体が出場し、Aグループ(8~32人)は不来方(こずかた)(岩手)、Bグループ(33人以上)は県立浦和(埼玉)が最優秀団体として文部科学大臣賞を受賞した。
    不来方は10年連続金賞で、3年連続の文部科学大臣賞。29日は中学校部門があり、39団体が混声の部と同声の部に分かれて出場する。

     成績は次の通り。

     高校A【金賞】不来方(岩手)=文部科学大臣賞、宇都宮中央女子=大阪府知事賞、佐賀女子=大阪市教育委員会賞、出雲北陵中・高(島根)、畝傍(うねび)(奈良)
         【銀賞】日本女子大付属(神奈川)、帯広三条(北海道)、杉並学院(東京)、米子北斗中・高(鳥取)、妻(宮崎)
    (中略)

     高校B【金賞】県立浦和(埼玉)=文部科学大臣賞、会津(福島)=大阪府知事賞、松山女子(埼玉)=大阪市教育委員会賞、幕張総合(千葉)、鶴岡北(山形)、岡崎(愛知)、西城陽(京都)
         【銀賞】盛岡第四、郡山(福島)、叡明(埼玉)、浦和第一女子(埼玉)、札幌旭丘、熊本第一、星野(埼玉)、安積黎明(あさかれいめい)(福島)
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://www.asahi.com/articles/ASKBX4JQSKBXULPI002.html

    【【音楽】不来方と県立浦和が最優秀団体に 全日本合唱コン高校】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/10/20(金) 21:55:50.93 ID:CAP_USER9
    2017/10/20 13:09 

     圧倒的なカリスマ性で“帝王”と呼ばれたオーストリア出身の指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)の356枚組ボックス・セット『カラヤン録音大全集~The Complete Recordings on DG & DECCA』(CD + DVD + Blu-ray Audio 479-8160 オープン価格 / 直輸入盤)が12月上旬に発売予定。
    1人のアーティストとしては史上最大のボックス・セット(ユニバーサル ミュージック調べ)となっており、全世界で2,500セットの完全限定です。

     没後30年近くが経ってもなお、クラシック史上最強のアーティストであり続けるカラヤン。彼が遺した録音はLP、CDなど全形態累計で2億枚以上の売上を記録しています。

     このボックス・セットは、カラヤンがドイツ・グラモフォンとデッカに遺したすべての音源を収録。
    1939年発売の「魔笛」から、最後の録音となった1989年4月23日録音のブルックナーの交響曲第7番までを収録しています。
    CDが330枚、DVDが24枚、Blu-ray Audioが2枚の合計356枚組となっており、毎日一睡もせずに聴き続けたとしても、すべての音源を聴くには約半月かかります。

     紙ジャケ仕様で表・裏ともにオリジナル・アートワークを踏襲しており、外箱は革張り、内箱は本棚のようなデザインを採用するなど、豪華な仕様。140ページのハードカヴァー・ブックレット内のエッセイには、一部日本語訳も収録。
    重量は15kg、シリアル番号入りです。

    ヘルベルト・フォン・カラヤンの356枚組ボックス・セット発売 1人のアーティストとしては史上最大

    ■2017年12月上旬発売予定
    『カラヤン録音大全集~The Complete Recordings on DG & DECCA』
    CD + DVD + Blu-ray Audio 479-8160 オープン価格
    【芸能】
    ※直輸入盤

    [収録内容]
    356枚組BOXセット(CD330枚 + DVD24枚 + Blu-ray Audio2枚)
    全世界2500セット完全限定BOX
    シリアル番号入り
    日本語解説入り


    ヘルベルト・フォン・カラヤンの356枚組ボックス・セット発売 1人のアーティストとしては史上最大
    http://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z312000362.jpg

    ※動画はソースにてご確認ください。
    http://www.cdjournal.com/main/news/herbert-von-karajan/77586

    【【音楽】ヘルベルト・フォン・カラヤンの356枚組ボックス・セット発売 1人のアーティストとしては史上最大】の続きを読む

    このページのトップヘ