よろしくおながいします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2018/06/20(水) 05:24:38.82 ID:CAP_USER9
    2018/06/20 03:11
    ポール・マッカートニー 新アルバムは2018年秋、ダブルAサイド・シングルを6月20日リリース

    ポール・マッカートニー(Paul McCartney)がダブルAサイド・シングル「I Don't Know / Come On To Me」を6月20日にリリース。この2曲の新曲は2018年秋に発売されるポールの新アルバムに収録される予定。リリース元はCapitol Records。新アルバムの詳細は近日発表されます。スタジオ・アルバムのリリースは2013年の『New』以来。

    新曲の「I Do not Know」はバラード。また「Come On To Me」はリヴァプールのパブで先日行ったサプライズ・ライヴにて披露した新曲。


    @PaulMcCartney
    https://twitter.com/PaulMcCartney

    ※動画は引用元サイトにてご確認ください。
    http://amass.jp/106678/

    【【音楽】ポール・マッカートニー 新アルバムは2018年秋、ダブルAサイド・シングルを6月20日リリース 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2018/06/20(水) 09:33:34.57 ID:CAP_USER9
     エレファントカシマシの23枚目のオリジナルアルバム『Wake Up』のテンションが高い。「Wake Up」「夢を追う旅人」「RESTERT」「旅立ちの朝」……など全12曲。曲名にも表れている通り、不屈の心がヴォーカルの宮本浩次の声でぶれることなく歌われていく。

    「どんなに悪ぶってきても、ふり返れば僕たちはいつも“理想と敗北”を歌い続けてきました。それしかできないというかね。バンドのメンバーも50代になりましたけれど、人間って、変化はしてもなかなか成長はしないのかな、と感じています。デビュー当時から最新作まで、結果的に一貫して1つのテーマを歌えてきたことは幸せです」

     人には、なりたい理想の自分がある。しかし、なかなか望み通りにはいかない。そんな現実へのやるせなさ、怒り、悲しみ、それでも前を向こうとする歌詞が、リスナーから共感を得てきた。アルバムに収録されている多くの曲は2017~2018年のデビュー30周年ツアー中につくられた。昨年、ツアー中の大宮ソニックシティを訪れたら、バックヤードに宮本の声が響いていた。

    「あれはアルバムの2曲目の『Easy Go』です。最近は実際に歌いながら歌詞を書くことが多くなりました」
    ツアーは47都道府県すべてで行われ10万人を動員。さいたまスーパーアリーナでの最終公演には同世代の仲間、スピッツとMr.Childrenもかけつけた。

    「30周年のツアーは、エレカシ史上最高のライヴでした。自分たちに誇りを持てた。どの会場にもお客さんが集まってくれて、30周年記念のベスト盤も高セールスで、初めて紅白歌合戦にも出場しました。30年間続けてきてよかった。歌手でよかった。はっきりと思えた1年です。僕個人のことをいいますと、この1年で顔が変わったんですよ。ツアーのスタート時は、期待と不安におののきながら道の端を遠慮がちに歩いている、50代なのにちょっと書生さんみたいな顔でした。それが、手前みそになりますが、エレファントカシマシのヴォーカリストとして自信をもって歌う男の顔になった。自分でもびっくりしました」

     その宮本のマインドがストレートに反映されているのが、アルバムのラストナンバー、「オレを生きる」だろう。

    「たとえ笑われようが、夢を抱いて、オレはオレの人生を生きるしかないことを歌っています。エレカシはミスチルの真似も、スピッツの真似もできません。僕はユーミンにも桑田佳祐さんにもなれません。エレカシはエレカシとして、理想と敗北を歌っていくしかない。でも、それこそが僕たちが勝負できるテーマです。30年かけて確信することができました」

     事実エレカシは何度も大きな危機を乗り切ってきた。レコード会社から2度も契約を切られた。宮本は耳の病気で手術もした。それでも立ち上がり、逆境すらも歌詞や音に反映させた。このバンドは、宮本浩次が思っていること、感じていることを背伸びせず、謙遜も卑下もせず等身大で歌い演奏する。裸の自分をさらけ出してきた。だから、宮本の歌は宮本が歌わなくてはならない。ほかのシンガーがカヴァーしても、魂を伝えきれない。楽曲と、作り手歌い手がこれほど同化しているバンドはほかにはちょっと見当たらない。

    「音楽にはもちろん技術は必要です。でも、それ以上に、そのミュージシャンだからこそのものはなくてはいけない。そこに絶対に輝きがある。その輝きが共感を呼びます」

     エレカシは6月23日に29年連続の日比谷野外音楽堂で恒例のライヴを行い、6月25日から「エレファントカシマシ TOUR 2018 “WAKE UP!!”」をスタート。「FUJI ROCK FESTIVAL’18」「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」など多くの夏フェスにも出演する。

    「今の自分たちにとって最高のアルバムができたので、ライヴではその1曲1曲をしっかりと伝えたい。歌詞もメロディも演奏も、リアリティをもって伝わるように万全の状態を整えて臨みます」(神舘和典)

    31年目をスタートしたエレファントカシマシ
    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2018061500077_1.jpg
    全国で10万人を動員した30周年ツアー最終公演で熱唱する宮本浩次
    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2018061500077_2.jpg
    30周年ツアー最終公演はさいたまスーパーアリーナで大フィナーレを迎えた
    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2018061500077_3.jpg
    キャリア全域にわたり代表曲を歌う選曲でファンを魅了した
    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2018061500077_4.jpg
    エレファントカシマシ23枚目のオリジナルアルバム『Wake Up』(ユニバーサルミュージック)
    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2018061500077_5.jpg

    2018.6.19 16:00dot.
    https://dot.asahi.com/dot/2018061500077.html?page=1

    【【音楽】エレカシの宮本「ミスチル、スピッツの真似もできないけど、理想と敗北を歌い続ける」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/19(火) 21:21:30.53 ID:CAP_USER9
    DA PUMP、新曲MV1000万再生突破に歓喜
    2018年6月19日17時44分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806190000607.html

    DA PUMP
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201806190000607-w500_0.jpg

    7人組ダンスボーカルユニット、DA PUMPの新曲「U.S.A.」のミュージックビデオ(MV)のYouTube再生回数が19日、1000万回を突破した。

    同楽曲MVは先月16日に公開され、懐かしいユーロビートのサウンドにのせて歌われる絶妙な歌詞や、1度見たら忘れられないインパクトのあるダンスと奇抜な衣装などが“ダサかっこいい”と話題になり、3日間で100万回の再生数を記録した。

    そして19日、パフォーマーのDAICHIは同日午後3時前からツイッターで「もうすぐ まもなく あとちょっと」と1000万回再生達成の瞬間を見守り、その数分後に大台を突破すると「ギャーーーーー1000万回再生 皆さんが沢山再生してくれたお陰で達成することが出来ました!!本当にありがとうございます」と歓喜の声をあげた。

    ボーカルのISSAもツイッターで「皆々様のおかげです」とファンに感謝。「これからもDA PUMPらしく真面目にふざけてダサかっこいいチームを目指して頑張りますのでよろしくお願いします」と呼びかけた。

    【【音楽】DA PUMP、新曲「U.S.A.」のミュージックビデオが1000万再生突破に歓喜 】の続きを読む

    このページのトップヘ