よろしくおながいします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 豆次郎 ★ 2017/12/23(土) 17:14:26.13 ID:CAP_USER9
    12/23(土) 17:10配信
    ボブ・マーリーのベストアルバム、通算500週間トップ200入り 米

    【AFP=時事】ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ(Bob Marley and the Wailers)のベストアルバム「レジェンド(Legend)」が米国のアルバムチャートに通算500週間ランクインするという金字塔を打ち立て、レゲエの「神様」マーリーのレガシーをさらに確固たるものとした。


    「レジェンド」は、マーリーが36歳でがんで亡くなった3年後の1984年にリリースされ、有名なヒット曲「ゲット・アップ・スタンド・アップ(Get Up Stand Up)」「ノー・ウーマン・ノー・クライ(No Woman No Cry)」「レデンプション・ソング(Redemption Song)」などが収録されている。

     同アルバムは、米ビルボード(Billboard)トップ200の今月14日の最新の週間チャートで170位にランクイン。米国のアルバムチャートの通算ランキングで2位となった。1位は英ロックバンド「ピンク・フロイド(Pink Floyd)」のアルバム「狂気(Dark Side Of The Moon)」で、こちらは1973年のリリースから934週間ランクインし、最新チャートでも196位につけている。

    「レジェンド」の米国での売り上げは1500万枚を突破しているが、トップ10入りを果たしたのはオンライン販売が開始された2014年のみ。英国では12週間1位を記録している他、トップ100内には、スウェーデンの伝説的ポップグループ「アバ(ABBA)」と英ロックバンドのクイーン(Queen)のベストアルバムに次いで、通算803週間ランクインしている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00000028-jij_afp-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171223-00000028-jij_afp-000-1-view.jpg

    【【音楽♪】ボブ・マーリーのベストアルバム、通算500週間トップ200入り 米】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2017/12/23(土) 20:12:34.25 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712230000538.html
    2017年12月23日17時55分

     歌手・荻野目洋子(49)が23日、85年にレコード盤で発売したヒット曲「ダンシング・ヒーロー」のCD発売記念イベントを都内で行った。

     オリジナル盤など15バージョンを収録している。

     同曲が注目されるきっかけは今年8月、大阪府立登美丘高ダンス部が、高校ダンス部日本一を決める大会で、同曲で準優勝したこと。
    バブル時代を連想させるカラフルな衣装で、コミカルなキレのあるパフォーマンスを繰り広げた。

     この映像がYouTubeに投稿されると、再生回数が2000万回を記録するなど話題となり、ビルボードチャートで2位にランクイン。
    ワイドショーも取り上げ、荻野目もテレビ各局の音楽番組で引っ張りだこになる人気ぶりだ。
    「3人の子を持つ母として、今年の始まりは穏やかにマイペースだったのに、終盤はわーっと忙しくなった」。

     登美丘高の生徒とも何度か共演している。「こんなキレキレに踊れる高校生がいるとはビックリ。信じられないキレとパンチ力です」。
    自身の子どものダンスは「普通ですキレキレではない」という。

     32年ぶりの「ダンシング-」再ブームには「こんな日が来るとは思っていなかった。いろんな世代に楽しんでほしい」と感慨深げ。
    「この曲が自分自身を大きくしてくれた。パワーの生まれる楽曲です」。デビュー2年目に出会った最大のヒット曲にあらためて感謝した。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201712230000538-w300_1.jpg

    【【音楽】荻野目洋子「こんな日がくるとは」『ダンシング・ヒーロー』ブーム再来に感慨】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 湛然 ★ 2017/12/23(土) 21:10:57.69 ID:CAP_USER9
    2017.12.23 土曜日

    ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

    ノエル・ギャラガーはオアシスの1994年のシングル“Whatever”のミュージック・ビデオでなぜあんな小汚い格好をしていたのかについて説明している。

    ノエル・ギャラガーはクリスマス週の第1位を獲得していないが、この年最も近くまで迫っていて、イースト17によるクリスマスのクラシック“Stay Another Day”とマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”に負けて、3位に甘んじている。

    “Whatever”の成功にもかかわらず、この曲のミュージック・ビデオでノエルは小汚い格好をしており、その理由について「アラン・カー・クリスマス・チャッティ・マン」という特別番組でアラン・カーに説明している。

    「あの日は酔っ払っていたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。

    「徹夜して飲んでてね。あの時着ていたのは、普段ミュージック・ビデオの撮影の時に着るものじゃなかったんだよ」

    「あの夜は出掛けて、パブに行ったんだ。起きたらメイダ・ヴェールのバス・ターミナルだったんだ」

    彼は次のように続けている。「まだ携帯電話のある時代の前だったからね。ミュージック・ビデオの撮影をどこでやるか知らなかったんだ。誰とも連絡をとる方法がなかったんだよ」

    「俺がタクシーを止めようとしている時にレーベルの奴がたまたま通りかかってね。どこに行くかも知らなかったんだけどさ。でも、素晴らしいビデオにはぴったりだったんじゃないかな」

    クリスマスが好きかどうかを尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「クリスマスは嫌いだよ。俺は2人のアイルランド人にクリスマスにちなんで名付けられたんだけどな!」

    「(クリスマスの)広告を見るとムカつくんだよ。最近放送されてる(ヴォーダホンの)マーティン・フリーマンのやつとかな。ナンセンスだね。あれのどこがクリスマスと関係あるんだ?」

    「クリスマスで何をやんなきゃいけないんだろうね? イエス様にしなきゃならないことは? 誰もイエスのことなんて言ってないだろ」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    Oasis - Whatever [OasisVEVO]
    https://www.youtube.com/watch?v=EHfx9LXzxpw



    Photo: OasisVEVO
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/12/noel-gallagher-whatever-720x458.jpg
    https://nme-jp.com/news/48074/

    【【音楽】ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ