よろしくおながいします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    名無しさん 2018/08/11(土) 05:03:13.78 ID:CAP_USER9
    8/11(土) 5:00 スポニチアネックス
    キンプリ“王道第一歩” 初の全国ツアー ジャニー社長「間違いなく一時代築く」

     5月にデビューしたジャニーズ事務所の6人組「King&Prince」の初の全国ツアーが10日、横浜アリーナで開幕した。

     デビュー曲「シンデレラガール」は売り上げ70万枚を超えて大ヒット中。いずれ劣らぬ美形ぞろいで“ジャニーズの王道アイドル”との呼び声高いトップスター候補。公演を見届けたジャニー喜多川社長が「間違いなく一時代を築く」と断言する中、“王道の第一歩”を堂々のステージで踏み出した。

     登場から規格外だった。宝箱のような宙づりのゴンドラが下降しながら開くと、それぞれのカラーの玉座に鎮座した6人が登場。メンバーがジャニー社長の助言を仰ぎ、スタッフと決めた華やかでゴージャスな演出にファンからは悲鳴にも似た歓声が起きた。

     元は別々の3人組だったがデビュー決定時に合体。開演前の取材に、初代リーダー岸優太(22)は「気合の表れ」と大きく刈り上げた髪形で現れ「6人でツアーを回らせていただく感謝を毎公演込めたい」と話した。

     6人になって個性がより際立ち、輝きも増した。永瀬廉(19)は「(6人体制が)ハマってるなと我ながら思うときがある」と特別なオーラを自覚。TBSドラマ「花のち晴れ」に主演した平野紫耀(21)は「6人になってからの強さ、勢いを感じてほしい」と力を込めた。

     「ジャニーズが築いてきたエンターテインメントの歴史に、キンプリの名を刻めることは誇らしい」と岩橋玄樹(21)は感無量。高橋海人(19)は「年を重ね、ジャニーさんの期待に応えたい」と話した。この日は、10月10日に2枚目のシングルを発売することも発表。NHK紅白歌合戦への意欲を聞かれた神宮寺勇太(20)は「声が掛かるならばぜひ」。6人の前には無限の可能性が広がっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000165-spnannex-ent

    【【ジャニー】ジャニー社長、今度はキンプリをごり押してしまうwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    名無しさん 2018/08/10(金) 22:38:25.72 ID:CAP_USER9
    2018年08月09日
    L’Arc~en~Ciel結成秘話をTETSUYAが語る!メンバーとの出会いは…

    J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。8月4日(土)のオンエアでは、L’Arc~en~Cielのベーシスト・TETSUYAさんがゲストに登場。ベースを始めた理由や、L’Arc~en~Ciel結成秘話などを伺いました。


    ■ベースとの出会い

    中学生の頃、先輩の家に置いてあったギターに興味を惹かれたというTETSUYAさん。当時、よく聞いていたScorpionsの『Big City Nights』などをコピーしながら独学で弾き方を覚えていきました。ベースを始めるきっかけとなったのは、バンド結成を目論む先輩の「ベースでもやれば?」という提案。

    TETSUYA:最初は「ベースって何? ギターと何が違うの?」って感じでした。でもギターの弦が6本でベースが4本だから、簡単なのかなって。楽器も実物を見ないでカタログだけで買ったんです。そうしたら、届いたときに初めてギターより大きいってことに気づいて(笑)。先輩の方が体が大きかったので「なんで小さい俺がこんな楽器を持つの?」って思ってました。

    渋々ベースの練習を始めたTETSUYAさんでしたが、ギターに比べて練習していても面白くなく、一時は「騙された!」と思ったとか。しかし、いざバンドで演奏をしてみるとイメージはがらっと変わりました。

    TETSUYA:ベースを1人で家で弾いている分には全然楽しくなかったんです。でも、その先輩とドラムと3人か4人で演奏をした時に初めて「ベースって気持ちいいな!」と思えるようになりました。

    中学・高校と、その後もTETSUYAさんはベースとしてバンド活動を続けます。


    ■L'Arc~en~Ciel結成秘話

    TETSUYAさんがリーダーを務めるL’Arc~en~Cielは今年で結成27周年を迎えます。「最初はプロになる気はなかった」のだそう。結成に至るまでの不思議な経緯を明かしてくれました。

    TETSUYA:当時一緒にやってたバンドのメンバーが、突然「大阪で一人暮らしをしながらプロを目指す!」って不動産屋さんに行って。そのとき、僕は何気なく「じゃあ俺の部屋も見ておいて」って伝えたんです。特に深い意味はなくて、間取りとか家賃の相場を知りたかっただけだったんですけど、そいつ、何を思ったか僕の部屋まで契約してきちゃって(笑)。「はぁ!?」って感じでしたね。

    結局、TETSUYAさんは契約時に払う内金惜しさに大阪で1人暮らしを始めることに。その後、バンド結成に向けて人脈を作ろうと大阪のライブハウスに足を運んでいたそうです。

    TETSUYA:ちょうど「ZI:KILL」のライブに行ったときに声をかけた人が同じようにメンバーを探していて、それで一回スタジオに入ることになったんですね。そのときに彼が連れて来たのがhydeとドラムのperoでした。僕の中ではまずこの2人は決まったんですけど、最初の彼のギターに不安があって。それで、色々な人とセッションを重ねて「ギターはこの人かな」って思った人(Hiro)に声をかけて合体したのが第1期L’Arc~en~Cielです。

    こうして1991年2月に結成されたL’Arc~en~Cielは1993年にアルバムでインディーズチャート1位を獲得。そのままの勢いで結成3年目の1994年にメジャーデビューを果たし、その人気は現在でも続いています。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    no title

    https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/08/84-tetsuyalarcenciel.html

    【【秘話】TETSUYAが語るL'Arc~en~Cielメンバーとの出会い…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    名無しさん 2018/08/10(金) 22:03:05.09 ID:CAP_USER9
    歌手の倖田來未が8月9日、なんとも“ド派手な”ヘアスタイルでのオフショット画像を公開。
    その姿を見たネット上のファンからは、早くも「かっこいい!」という声が続出するなど、大きな話題となっている。

    これは同日、倖田が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼女は、
    「NEW hair!!チェンジからのDNAツアーのリハーサルの合間、みんなで並んで見たら。
    まぁ、なんて、派手な集団なんだ笑笑 明日のスッキリは、このメンバーでお送りします!お楽しみにぃー」と紹介しつつ、
    一緒にツアーを巡っているダンサー女性たちとの集合ショットを公開。

    2種類のゴールドで染め分けられた金髪の倖田自身をはじめ、オレンジやブルーといった派手な髪色でクールなポーズを決める彼女たちの姿に、
    画像を見たネット上のファンからは「髪色可愛い(ハート)」「みなさん、かっこよ~(ハート)」「めっちゃかっこええです、姉様(ハート)」
    「yellow新鮮!!!WATCH OUTかなあー(ハート)カワイイカワイイカワイイ」
    「ほんと何しても似合ってしまう(ハート)」「お派手な來未ちゃんかっこえー(ハート)」と、その魅力を絶賛する声が続出することとなった。

    倖田といえば、先頃行われたPV撮影の際に、カラフルな “ユニコーンカラー” や
    “黒髪ショート” など、様々なヘアカラー&スタイルを相次いで披露して話題となったばかりだが、
    今回の新しいヘアスタイルも、ネット上のファンの声を見る限り、その評判はなかなかのものと言えそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15141349/
    2018年8月10日 16時19分 AbemaTIMES



    【【芸能】倖田來未が2色の金髪に染めた結果…】の続きを読む

    このページのトップヘ