よろしくおながいします。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/08/17(木) 16:07:36.20 ID:CAP_USER9
    さぁ、今年もやってきた東京アイドルフェスティバル2017(以下、TIF)――。

    昨年から1日増え、3日間となったアツいアイドルの祭典が東京・お台場で8月4日~6日の3日間にわたって開催された。

    今年訪れた来場者は、なんと史上最多の8万1378人! 参加グループは223組、1475人ものアイドルがお台場に集結したのだ!

    毎年恒例となった週プレNEWSのTIFレポ! 今年も本日から4日連続で、激アツルポをお届けするーーまずは、8月4日(金)の1日目から!

    【8/4】

    ●佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)[SMILE GARDEN]

    昨年、初めてのソロ参戦でTIFに降り立った、ももいろクローバーZの“あーりん”こと佐々木彩夏。今年も初日の一発目に登場だ。オープニングステージで、今年のTIFチェアマンである指原莉乃の「今年のTIF、トップバッターは、ももいろクローバーZの佐々木彩夏さんです。皆さん、あーりんのステージ楽しむ準備はできていますか!?」という声に会場の熱気が高まる。

    ももクロファンにはおなじみの『overture』が流れ…ると思ったら、流れない!? 代わりに、相撲が始まる前に叩かれる“寄せ太鼓”の音が! 心地よいトトントントンと流れる音色に「一体、何が起こったのか?」と、どよめき苦笑するファン。太鼓が終わると、そのままいつもの『overture』へ。視線がステージに集中すると、そこに現れたのは…なんと、しめ縄付き化粧まわしを付けた“横綱あーりん”! それを見た、ピンクのTシャツを着たファンたちは「あーりん! あーりん! あーりん!」――朝のSMILE GARDENが揺れるほどの“あーりんMIX”を乱れ撃つ。

    それにしても、化粧まわしのなんと似合うことか! 8月25日、26日に両国国技館で行なわれるソロコンサート『AYAKA NATION』をイメージしての横綱土俵入りに会場のテンションは最高潮に。TIF幕開けの1曲目は『だって あーりんなんだもーん☆』! 化粧まわしを曲中、「変わるわよ~」という歌声とともにサラリと外すと『あーりんはあーりん?』へと続く。そして最後の『あーりんは反抗期!』で「本当にコレが一発目?」と思うほど、さらに盛り上がる。

    「あーりんはママが好き」「あーりんはシュークリームが好き」「あーりんはオトナになりたい」「あーりんはカワイい」ということを、これでもかというほど叩き込まれた怒涛の15分間。こうして今年もTIFは幕を開けたのだった。

    (以下省略、続きはソース元でどうぞ)

    https://news.infoseek.co.jp/article/shupure_90020/

    【【世界最大のアイドルフェス】「東京アイドルフェスティバル2017」レポ! アイドルってのは、ゴールのないマラソンなんだよ!】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/08/17(木) 17:52:57.11 ID:CAP_USER9
    ユーミン 荒井由美時代の楽曲軸に主演舞台「今の歌い方で最大限に表現できる」
    2017年8月17日 15:29 http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/17/kiji/20170817s00041000192000c.html http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/17/jpeg/20170817s00041000189000p_view.jpg
    舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表に臨んだ(左から)松任谷正隆氏、斎藤洋介、寺脇康文、松任谷由実、宮澤佐江、六平直政 Photo By スポニチ

     シンガーソングライターの松任谷由実(63)が主演し、歌と芝居が融合する舞台「朝陽の中で微笑んで」(11月27日~12月20日、東京・帝国劇場)の製作発表が17日、都内で行われた。

     由実と帝劇のコラボレーションは3年ぶり3度目。荒井由美時代の1976年に発表したアルバム「14番目の月」に収録した楽曲をタイトルに、夫の松任谷正隆氏(65)が脚本、演出を手掛ける。
    由実は同曲について、「永遠の中で一瞬の巡り合う2人を、バラードのメロディに乗せたかった。歌唱力を無視して作ったので、私の作品の中で最も歌うのが難しい曲。
    その永遠の中のうたかたを、今の歌い方で最大限に表現できると思う」と抱負を述べた。

     由実はストーリーテラーの役割も担い、その中で500年後の未来を舞台にした寺脇康文(55)と宮澤佐江(27)によるファンタジックなラブストーリーが展開する。脚本はキャストが決まってからすべて当て書きされたそうで、寺脇は「世界観が素晴らしい。
    宇宙、死生観が大きなテーマとしてあって、設定は突飛なところもあるが差し引いても現実感がもてる。寺脇康文の新しい、ダークな側面が見ていただけると思う」と自信のほどをうかがわせた。

     宮澤は、2011年のNHK紅白歌合戦で由実が「春よ来い」を歌った際、AKB48のメンバーとしてバックで一緒に歌ったことがあり、「あの時が、一番テレビに映りたかった瞬間だった」と述懐。
    そして、「ユーミンさんの楽曲の中でお芝居ができるなんて、一生に1度あるかどうか。一瞬一瞬をかみしめて、素敵な舞台が届けられるよう頑張りたい」と意気込んだ。

     正隆氏は、アルバム名を挙げその中から全16曲を使用することを明言。由実は、「脚本の中盤からは、こみ上げるものがどんどんあった。ひたすらステージの出来ばえが楽しみ。
    役者の芝居、演出を信じて私はひたすら丁寧に歌うことを心掛けたい」と話していた。

     ほかに六平直政(63)、斎藤洋介(66)らが共演する。

    【【舞台】ユーミン 荒井由美時代の楽曲軸に主演舞台「今の歌い方で最大限に表現できる」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/17(木) 18:37:44.03 ID:CAP_USER9
    あややの祝福にミキティがおかんむり!? 元「モーニング娘。」の“ミキティ”こと藤本美貴(32)が17日、“あやや”こと歌手の松浦亜弥(31)とのメールのやりとりを、自身のブログに掲載した。

     藤本は「あややとミキティ」と題してブログを更新。16日に松浦からメールで「妊娠してたの? おめでと~! なんかネットニュースでみたけど!?」と祝福されたことを明かした。

     このメールのきっかけとなったのは14日に藤本がインスタグラムに投稿した写真。夫の庄司智春(41)と、元「ビートルズ」ポール・マッカートニー(75)の次女でデザイナーのステラ・マッカートニー(45)との3ショットの写り具合が微妙で、ほかの2人が細いこともあり、おなかがふっくらしているように見えたのだ。


    投稿写真には「3人目!?」「妊婦やな」「妊娠してない?」などのコメントが寄せられ、ネットニュースになった。

     藤本はこれまで2児をもうけているが、妊娠するたびに「激太り」とネット上で心ない言葉を浴びせられている。元トップアイドルのプライドがあるだけに、相当気にしていた様子だ。

    最近はヨガインストラクターの資格を取得するなど努力し、体形維持に努めていた。それなのに、松浦が噂を信じ込んだのか、親友をからかったのかは不明だが、“妊娠祝福メール”が送られてきたため、藤本はショックだったのだろう。

     ブログでは「してねーよ」「ちょっとおなか出てる感じになっただけだよ」とキレ気味に返信したことを報告し、「妊娠してません いつ何時もお腹出てるように見えないように気をつけます」と気を引き締めた。

    8/17(木) 17:46配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000045-tospoweb-ent

    【【芸能】<“ミキティ”こと藤本美貴>あややからの妊娠祝福メールに「してねーよ」キレ気味に返信...】の続きを読む

    このページのトップヘ